京都の超人気ラーメン店「本家 第一旭」が東京にオープン! 本店に10回以上通った記者が食べてみた

店の外に伸びる行列、店内に響く京都弁、九条ネギが中央に鎮座した特製ラーメン、たくあんドーン……これは紛れもなく京都の本店や。まだオープンしたばっかりだから本店のような老舗感はないけど、これから老舗になっていくのだろうか。

待っていたぞ、「第一旭」よライバルの新福菜館が数年前に東京にやってきたときから「次は第一旭が東京来るかも」とか言っていたが、マジで来たな。予想通りだ。しかも、私の職場から徒歩5分の距離に店が出来るなんて……最高すぎる!

・ややこしい「第一旭」

ここで「第一旭」について簡単に説明しよう。そもそも、第一旭という名前のラーメン屋、実はめちゃくちゃある。「本家」やら何やらの流派的なのが色々あって、店名に「第一旭」って付くからといって同じ系列の店とは限らないのだ。このあたり、話が非常にややこしい。

ただ、今回東京の新宿にオープンしたのは、京都の駅前でいつも行列が出来ている「本家 第一旭 たかばし本店」と同じ系列だ。そして「本家」的には、今回が東京初上陸らしい。

ネットで調べたら、会員制の店が東京にあるとか何かのイベントで一時的に出店してたりとかで、そういうのをどうカウントするかが微妙だが、店員さんによると「初上陸」とのこと。

それから店員さんが言うには、「東京の方が京都の本店よりやや高い」らしい。例えば、東京の方は普通のラーメンが780円、ラーメン大が880円、チャーシュー麺が950円、特製ラーメンが1000円になる。

たしかに、京都よりもやや割高な気はするが、「東京の方はどうしても配送料的なのが多くかかってしまう」というから仕方がないだろう。むしろ、あの味をこの価格で食べられるなら「安い」と言えるかもしれない。

・営業時間が違う

そして明らかに違うのは、京都の方は朝5時から営業しているのに対して、東京の方は公式Facebookによると午前11時から。「京都駅前の第一旭といえば、早朝からやってる」と思い込んでいる人にとっては、「全然違うやん」という感じかもしれない。というか、朝5時から営業って、改めて考えたらすごいな。

・ラーメンの味は?

じゃあ、肝心のラーメンの味はどうかとうと……私が食べた限りでは「東京の方が若干コッテリ感強めかな〜」という気がした。ベースは同じなのだが、京都の方がより醤油感が強かったというか、昔風の王道ラーメンだったというかというか……。たまたまだろうか?

とはいえ、東京の方も京都と同じく十分にウマい。なので私は、今後も通うことになるだろう。

ちなみに、私が店員さんに「こちらって何時まで営業されてるんですか?」と聞いたところ「ちょっとまだ未定なんですよ〜」という答えが返ってきた。本日12月7日にオープンなので、閉店時間等がはっきりが決まっている訳ではないようだ。

あとあと調べてみると、公式Facebookには22時までと記載されていたが、現場の人が未定と言っていたので今後また変わるかもしれない。どちらにせよ、「ほぼ一日中開いている」というイメージの京都本店とはその点が違うから、特に京都本店の感覚に慣れた人は注意してくれ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 本家 第一旭 新宿店
住所 東京都新宿区新宿1丁目13-7 東宝ビル1F
時間 11:00〜22:00 ※公式Facebook情報

参考リンク:Facebook @本家 第一旭 たかばし本店
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【漫画飯】10月2日は「豆腐の日」なので『にがくてあまい』に登場する「玄米ご飯の炒り豆腐丼」を再現してみた!

「パ~プ~♪」ラッパを吹きながら、豆腐を売る姿を目にすることも少なくなった。記者の住んでいる地域ではまだ時折見かけるけどな……。さて、本日10月2日は「豆腐の日」であることをご存じだろうか。

そこでひとつ、豆腐を使ったレシピを取り上げることにする。漫画『にがくてあまい』に登場する “玄米ご飯の炒り豆腐丼” だ。シャキシャキ野菜とモッチリ豆腐、プチプチ玄米のコラボレーションが最高の一品だぞ。

・冷めても美味しい「玄米ご飯の炒り豆腐丼」

漫画に登場するご飯って、どうしてあんなにも美味しそうなのだろうか。読んでいるだけでお腹が空いて仕方がない。『にがくてあまい』のメニューは以前にも紹介したことがあるが、登場人物がヴィーガン(完全菜食主義)という設定のため、どれもこれもヘルシー。そして、もちろんウマい。

今回再現してみる「玄米ご飯の炒り豆腐丼」の作り方は、簡単に言えば玄米ご飯を炊いて、炒めた野菜を乗っけるだけ。材料があれば割と手軽にできる。その上、漫画の中で主人公が言っていた通り、冷めても美味しいので弁当にもぴったりなのだ。

【材料】
玄米:好きなだけ
豆腐:1丁
玉ねぎ:1玉
ニンジン:2分の1本
レンコン:2分の1個
干しシイタケ:2~3個
干しシイタケの戻し汁:好きなだけ
ネギ:好きなだけ
ごま油:大さじ3
本葛粉:適当
酒:大さじ1
しょうゆ:大さじ2
みりん:大さじ1
塩:適当

【作り方】
1. しっかり水を含ませた玄米を炊く(圧力鍋で炊くのがベター)。木綿豆腐の水はしっかり切る。

2. その間に野菜を切る。玉ねぎは薄切り、そのほかの野菜、戻したシイタケはみじん切りにする。

3. フライパンにごま油を引き、玉ねぎを炒める。火が通ったらそのほかの野菜を加えて炒める。

4. 野菜がしんなりしたら、木綿豆腐を手でちぎって入れる。

5. 酒、しょう油、みりん(あれば甜菜糖)、塩、干しシイタケの戻し汁(大さじ1ほど)を入れる。

6. 干しシイタケの戻し汁で溶いた本葛粉を流し入れて混ぜる。

7. 玄米ご飯を椀に盛り、6を乗せてネギを振りかければ完成だ! 

・冷めるとよりウマい

干しシイタケの出汁効果で、優しい味に仕上がるぞ。みじん切りにした野菜がポイントで、コリコリシャキシャキの食感がたまらない。そして豆腐に本葛がまとわり付きコーティングされるため、豆腐のモチモチ具合もより一層アップする。

豆腐の水をしっかり切っているので、時間が経って水分が出てくるという心配もない。それどころか、時間が経てば経つほど、具材に味が染みていくという不思議。そのため冒頭に書いたように、弁当にも最適なのだ。

Instagram Photo

畑の肉とはよく言ったもので、豆腐と野菜しか入っていない丼であることを忘れそうになるほどの食べ応え。せっかくの豆腐の日だ。いつもと違うレシピで豆腐を楽しんでみてはいかがだろうか。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【圧倒的】セブンの「ビビンバ」が激ウマすぎて心の底から感動している / 間違いなく2018年のコンビニ弁当で最強

死ぬッッッ……ほどくだらない質問で恐縮だが、みなさんは「一生1つの料理しか食べられない」となったら、何を選ぶだろうか? カレー? 寿司? そば? 「日替わり定食」は無しだとして、私(P.K.サンジュン)は数年前、熟考の末に「ビビンバ」にたどり着いた。

美味しさはもちろんのこと、ビビンバはある種の “そっけなさ” があるので飽きにくい料理であり「どれか1つならばビビンバ」という考えは現在のところ変わっていない。その私は現在、猛烈に感動している……なぜならセブンイレブンのビビンバが、恐ろしいほど理想的で激ウマなビビンバだったからだ。

・ビビンバにはうるさい

こんなことを言うと偉そうに聞こえるかもしれないが、私は少々ビビンバにはうるさい。ビビンバを食べるならば決まった焼肉屋と決めており、これまでコンビニのビビンバは「ビビンバね(笑)」とやや馬鹿にしていたところがあった。

だがしかし、つい先日同じ事務所にいる女性ライターが「セブンのビビンバおいしいですよ!」と言い張るではないか。それでも買う気はサラサラなかったのだが、たまたま立ち寄ったセブンで何を買おうか迷う時間もなく「そういえば……」ということで初めてコンビニのビビンバを購入した次第だ。

正式な商品名は「1/2日分の野菜! 混ぜて食べるビビンバ」で、価格は税込498円。ナムルは大根・豆もやし・にんじん・小松菜の4種類で、それに加え牛肉とコチュジャンがのっている。さらにご飯は麦と白米がブレンドされた、いわゆる “麦めし” だ。

・圧倒的にウマい

ぶっちゃけ、この時点でも「ほうほう、セブンも女性客を狙ってますねぇ(笑)」くらいにしか思っていなかったのだが、レンジでチンしてからよく混ぜて食べてみると……。

ウッッッッマーーーーー! え、なにこれマジでコンビニなの!? 超ウマいじゃん! というか、味付けは当然として、野菜のシャキシャキ触感もご飯とのバランスも最高じゃないか!! セブンはビビンバまでこんなにウマいのかよ!

素晴らしいのはご飯がサラサラしていることで、過剰な水分による “べっちょり感” が全くないこと。むしろ麦めしが口の中でサラリとほぐれ、抜群の口当たりを実現している。美味しいビビンバに共通する「無意識にいくらでも食べられそうな感じ」が、こうも再現されるとは……!

また、適度なボリュームもあるので、これに加えてから揚げでも食べれば男性でも十分に満腹になることだろう。カロリーも1食あたり508kcal、さらに1日の半分の野菜が摂れるとなれば罪悪感はゼロ……どころか「体にいいもん食ってんなぁ」とさえ思えてくる。

個人的に、これまでセブンでは「アンガスカレー」が絶対王者であったが、このビビンバはいともたやすく新チャンピオンに輝いた。それくらいウマい……少なくとも今年食べたコンビニ弁当で1番ウマい!

いま、私がこの段階で心配しているのは「いつ無くなってしまうか?」ということ。どうか、マジでみんな1回食べてみてくれ……超よく混ぜて食べてみてくれ……! そして売れまくって「アンガスカレー」と同じレギュラー商品になってくれと、心の頃から願っている。

参考リンク:セブンイレブン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。