ねぶた祭りの世界を再現!アンテナショップ型居酒屋が12月27日東京上陸!



青森ねぶた祭、五所川原立佞武多祭り、弘前ねぷたまつりなど、各地のねぶた師が祭りの世界を店内で再現した、アンテナショップ型居酒屋「青森ねぶたワールド新橋店」が12月27日にオープン!東京初上陸です。各地の祭りの雰囲気とその力強さを存分にお楽しみください!

店内でねぶた祭りの世界を再現

各地のねぶた師の協力のもと、店内ではミニねぶた等を展示。青森ねぶた祭、五所川原立佞武多祭、弘前ねぷた祭など、青森各地の祭りを店舗に再現しています。懐かしい人も、初めて見る人も、その力強い迫力を感じてみてください!

青森の新鮮な海の幸をどうぞ

「青森ねぶたワールド」では、青森県の各地域の食材を使ったメニューを提供。青森県の生産者とタッグを組んで、新鮮で高品質な海の幸をはじめとする、現地で生産されている特産品の数々を使った郷土料理が味わえるお店です。青森から直送される、鮮魚盛り合わせに舌鼓を打つこと間違いなし!

青森ねぶたワールド新橋店 海の幸

■グランドオープン
12月27日17:00にオープンする同店では、先着100名に青森県産品プレゼント!

青森ねぶたワールド新橋店
http://www.world-one-group.co.jp/shop_detail/nebuta_shinbashi/

所在地 : 東京都港区新橋3丁目13-4 eatus新橋3F
定休日 : なし
営業時間: 平日 11:30~14:30(LO 14:00)/17:00~24:00(LO 23:00)
      土日祝 12:00~23:00(LO 22:00)
TEL   : 03-6809-1777

[@Press]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【暗黒きつねそば】濃厚な甘辛さが絶品! 外観に味ありすぎな浅草橋『ひさご』は そばも猛烈ブラックだった / 立ち食いそば放浪記:第124回


東京だと大体どの駅にもある立ち食いそば屋。行ったことがない駅に行く度、私(中澤)はどんな店に出会えるのかワクワクしてしまう。

JR浅草橋駅近辺を訪れた時のこと。線路の高架下に気になる店を発見した。まるで空いている隙間にハマったようなその店。外観からすでに味ありすぎだ。そこで、入ってみたところ……味ありすぎィィィイイイ

・匂い立つ裏ステージ感

この店の名前は「ひさご」。店の前に色々な物が置かれているせいか、のぼりに入り口が隠れているせいか、単純に肩寄せ合う狭さのせいか、ともかく「裏ステージ感」が半端じゃない。要するに、初見の人は結構入りにくい雰囲気だ。まあ、私は立ち食いそば評論家なので入るけど。

入店すると、入り口から奥に伸びるカウンターは3人入ればいっぱいな感じ。台風21号の影響で朝から大雨が降っていたその日。「やっと落ち着いたかい?」と大将が先客2人と台風の話で盛り上がっていた。話の内容から察するに、どうやら近所の店の人のようである。

・米類は持ち込み

そんな中、「きつねそば(税込350円)」を注文すると、江戸っ子っぽい勢いのある返事。なんとなく、地元民が集まるのも分かる気がする味のある大将だ。ちなみに、メニューは「天ぷら」「わかめ」「たまご」などかなり基本的なもののみ。米類はないようで「持ち込みしてください」という内容の貼り紙が。

・暗黒きつねそば登場

そば屋で米の持ち込みに言及している貼り紙を初めて見た気がする。何から何まで独特の味に満ちた空間だ。そしてついに、そばが到着したのだが……

黒い


つゆ・麺はもちろん、油揚げまで黒く色づいたきつねそばが登場。これぞまさしく『暗黒きつねそば』だ。ひと口食べてみたところ……

濃・厚!!


つゆの濃い甘辛さが舌に記憶を刻むようだ。さらに、そのつゆの味がじっくりと染み込んだ太めの麺がウマイ! だが、なんと言っても素晴らしいのは……

油揚げ。

Instagram Photo
暗黒に染まった油揚げは、噛んだ瞬間じゅわっとつゆがにじみ出す! このつゆを味わうのに、これ以上のトッピングがあるだろうか? いや、ない。そんな3つが三位一体となって口の中に攻めてくるのである。激ウマでないはずがないか。

外観も、店主も、そばも、全てが味ありすぎなこの店。濃厚なつゆには米も合いそうだ。次回は米の持ち込みに挑戦してみたい。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ひさご
住所 東京都台東区浅草橋1-17-2
営業時間 月~金 6:45~18:30
定休日 土・日・祝

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ち食いそば放浪記

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【検証】「モスチキンを食べたことがない男3人」が初めてモスチキンを食べた結果…

人生とは「経験の積み重ね」と言っていいハズだ。良い経験も悪い経験もその人の中に蓄積され、より良い選択ができるようになる。当然ながら若い頃よりはある程度の年齢になってからの方が経験は積み重なっていき、人生が熟成していくのだろう。

それを踏まえてお聞きするが、あなたはクリスマスに何を食べるだろうか? さらに言うならば、どの店のチキンを食べるだろうか? ケンタッキーも王道だし、最近はコンビニチキンだって悪くない。だがしかし、私、P.K.サンジュンは、モスバーガーの『モスチキン』こそ最善の選択だと考えている。

・モスチキン最高

最近は「勢いがない」「業績が悪い」なんてネガティブな話題が多いが、私はモスバーガーが好きだ。正確に言うならば『モスチキン』が大好きだ。私がモスバーガーに足を運ぶ動機の9割はモスチキンであり、出会ったその日から今日に至るまで、モスバーガーでモスチキンを購入しなかったことはたったの1度もない。

特にクリスマスは近所にモスバーガーがあるため、ここ5年程はモスチキンを食べている。ピザやケーキを食べつつ、最低でもモスチキンは4本……これが私なりのクリスマスの流儀であり、逆に言えばモスチキンなしでクリスマスは過ごせない。大げさに言えば「クリスマスはモスチキンのために存在する」と言ってもいいだろう。だがしかし……。

信じがたいことに、我らがロケットニュース24編集部には、人生で1度もモスチキンを食べたことがないメンバーが3人もいた。それぞれ39歳・36歳・34歳と「それなりに経験があってもいい年頃」だというのに、ただの1度もモスチキンを口にしたことがないというのだ。し、信じられん……!

・初めてのモスチキン

今年ももうすぐクリスマスがやってくる。彼らがモスチキンを知らずに平成最後のクリスマスを迎えるなんて、あまりにも不憫ではないか。というわけでモスチキンを購入し、初めてのモスチキンを食べてもらうことにした。

モスチキンを見るなり「全部形が一緒だ……」「ケンタッキーと違う……」などとザワつく3人。なんと可哀想な男たちであろう? 日本で生まれTOKYOで働いているにもかかわらず、モスチキンを初めて目にしたというのだ。そして……。

震えながら……。

おびえながら……。

そして戸惑いながら……。

モスチキンを食べる3人。

さあ、どうなんだ。初めてのモスチキンはどうだったのか? 3人の正直な感想が以下の通りである!

GO羽鳥(39歳)の感想
「おいしいよ。おいしいんだけどね。ちょ〜っと、衣が主張しすぎてて油っこいと感じたなァ〜。歌舞伎揚げと鶏肉を食べている感じというか。実はケンタッキーも油っこくて苦手なんだけど、それとは違った油っこさ。でもまあ、おいしいよ。大根おろし+ポン酢+白ネギとかあわせて食べたい感じかなァ〜。」

中澤星児(36歳)の感想
「食べるのはおろかモスチキンの存在さえ知らなかった私。見た時はぶっちゃけペラさが気になった。こんなのチキンじゃねえ。しかし、食べてみたら納得の味。

カリッと揚がった厚い衣には “重さ” があるが、胸肉がさっぱり受け流してくれてバランスがグッド。固いイメージのある胸肉に柔らかさと歯切れの良さを感じるのはぺライからこそなのかも。肉汁ブシャー系のチキンが苦手な私は、今後これ一択になるかもしれない

あひるねこ(34歳)の感想
「そもそもモスバーガー自体にあまり行かないので、モスチキンは完全にノーマークというか存在を意識したことがなかった。なので驚きだ。こんなにウマいものだったとは! 他のチキンにはないサクサク感、いやザクザク感がたまらんぞ!!

チキンといえばケンタ一択だった私の中で、新たな選択肢が誕生した瞬間と言えるだろう。どっちが上かは判断がつかないが、手軽にスナック感覚で食べられるのが魅力だと思う。クリスマスにモスチキン、余裕でありだね!

最近、食欲の低下が著しいGO羽鳥はさておき、中澤とあひるねこは大満足だったようだ。……嬉しい、嬉しいよ! モスチキンの魅力に気付いてくれてありがとう!! そう、モスチキンて最ッ高に美味しいんだよ! これで僕らもモスチキン仲間さ!!

というわけで、3人中2人は大絶賛したモスチキン。日本中探しても、この3人以外にモスチキンを食べたことがない人間など存在しないとは思うが、万が一「モスチキンを食べたことがない」という人は、ぜひ1度ご賞味いただきたい。マジで美味しいんだから!

参考リンク:モスバーガー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。