チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

2018年夏、7月20日と8月1日はうなぎ屋が忙しくなる「土用の丑の日」である。近年、価格が高騰していると言われているうなぎだが、親しみやすい価格設定でグッと身近な存在にしているのが、牛丼屋などをはじめとする大手外食チェーンだ。

そこで今回は、「すき家」「吉野家」「なか卯」「ほっともっと」のうな丼(うな重)をテイクアウトして食べ比べ、どこが1番おいしいのかチェックしてみることにした。購入した商品の内容は次の通りだ!

【購入した商品】

吉野家『鰻重 一枚盛』750円 (669kca)
すき家『うな丼 並盛』790円 (679kcal)
なか卯『うな重』850円 (693kcal)
ほっともっと『うな重』790円 (711kcal)
※価格はいずれも税込

最も高い「なか卯」と最も安い「吉野家」で100円の価格差がある。ちなみにうなぎの産地は、いずれも中国産だった。

また、カロリーについては最大で約40kcalの差なので、全体の量に大きな違いはないと考えても良さそうだ。それでは、筆者の個人的な意見にはなるが、各社のうなぎ弁当を食べ比べた感想をランキング形式でご紹介していくゾ!

・第4位:吉野家『鰻重 一枚盛』750円

4社のなかで、見た目も食感も明らかに残念だったのが「吉野家」だ。商品の個体差を少なくするためか、3つの切り身を組み合わせて1枚にしてあり、端がボソボソと崩れてしまっているのが印象に残った。

食べてみると、見た目と同じく食感もボソボソしており、タレの味も強すぎてうなぎの旨味がイマイチ感じられない。ひつまぶし的な食べ方には合いそうだが……そういったメニューが無い点もまた残念だ。牛丼に定評のある吉野家だけに、今後に期待したい。

・第3位:ほっともっと『うな丼 並盛』780円

ボリュームがあって脂も乗っているが、皮が厚く身も硬めだったのが「ほっともっと」である。また、付属される小袋入りのタレの味にクセがあり、米発酵調味料からきていると思われるアルコールの匂いが少し気になった。

同商品に関しては、時間が経ってしまった場合はレンジで温めてから味わうのがベターだろう(弁当容器は電子レンジ不可)。そして、好みにもよるが付属のタレは量が多めなので、かけすぎに注意した方がいいかもしれない。

・第2位:すき家『うな丼 並盛』790円

前述の2社に比べてクセが少なかったのが「すき家」。柔らくなめらかな舌触りのうなぎが甘めのタレで仕上げられていて食べやすかった。今ひとつだった点として、皮のねっとりとした食感が挙げられるが、ご飯と一緒に食べればさほど気にならないレベルである。

すき家の情報によると、中国の福建省で養殖されたうなぎを使用。養殖を始めるまえから店舗で販売されるまで11回にも渡る検査を実施しており、これは一般的な国内養殖うなぎよりも厳しいものだという。もしかすると、そうしたこだわりが味に現れているのかもしれない。

・第1位:なか卯『うな重』850円

そして、4社の中で最もおいしかったのが「なか卯」だ。ふっくらとしたうなぎの食感に加えて、臭みやしつこさを感じさせないタレの濃さもまた絶妙。本格専門店で食べるような焼きたての味には及ばないが、香ばしく仕上がっていて豊かな味わいが楽しめた。

ご存知の方も多いかと思うが「なか卯」は「すき家」と同じ「ゼンショーグループ」が運営するチェーン店。うなぎの質感や味の濃さはそれぞれ異なってはいるものの、今回の食べ比べで同グループのうなぎに対する強いこだわりを見たような気がする。

以上、食べ比べてみた結果、個人的な意見としては「なか卯」のうな重が最も美味しく感じた。他の3社に比べてやや高価だが、うなぎの市場価格を考えれば高コスパといえる。気になる方はぜひその味をご自身で確かめてみてはいかがだろうか。

参考リンク:なか卯すき家ほっともっと吉野家
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【嘘やろ】かつやの新商品『デミたまメンチカツ』を食べに行ったら「ミルクボーイ」が “あのネタ” をやっていてそれどころじゃなかった

少々ハードルを上げすぎたのかもしれない──。今年に入り、私(あひるねこ)は反省していた。とんかつチェーン「かつや」の新商品に対してである。これまで数多くの “頭おかしい” 系メニューを生み出してきた「かつや」。とは言え、それが毎回続くとは限らないのだ。

その証拠に、前回は『青ねぎ味噌チキンカツ』、今回は『デミたまメンチカツ』と、非常に真っ当な商品ラッシュが続いている。なるほど、ここ最近はどういじり倒してやろうかばかり考えていたが、たまには真面目にレビューしてみるのもいいかもしれない。しかし……結論から言うと、それは無理だった。

・待望の新作

本日2020年2月7日より販売が始まった『デミたまメンチカツ』。「かつや」はハンバーグ派にもぜひ食べてもらいたいと自信をのぞかせる。丼(税抜590円)にするか鍋定食(税抜690円)するか迷いつつ、メニュー写真を見ると定食推しっぽかったのでそちらをチョイスした。

・主役はメンチカツ

鍋定食は大きなメンチカツが2個にキャベツの千切り、ご飯、とん汁(小)がセットだ。丼だとメンチが玉子でとじられているらしいが、定食は上から生卵が落とされている。

加えて見るからに濃厚そうなデミグラスソースと粉チーズがかかっており、大きさといい厚さといい かなりのボリューム。ソースもたっぷりで、先ほどからメンチがひたひたに浸っているぞ。きっと旨味が衣全体に染み渡っていることだろう。

半分に切られたメンチを持ち上げると、ズッシリとした重みが箸に伝わってくる。お肉が隙間なくギチギチに詰まっているようだ。卵の黄身とよく絡めれば……。

うむ、絶対ウマい。

頬張ると、ジューシーな肉汁とソースが口の中で弾けるように広がるのを感じる。言うまでもなくウマし。やはりメンチカツには、男の子っぽいとんかつソースよりも華やかなデミグラスソースがよく似合う。加えてご飯もよくすすむ。

メンチはキャベツの下にも隠れており、思った通りガッツリとした食べ応えだ。ただ一つだけ要求すると、粉チーズの存在感はもう少し欲しかった気もする。ここがもしサイゼなら、軽く倍はバシがけしていたかもしれないな。とは言え、総合的には大満足だった。ごちそうさまでした。

・ここから本題

さて、我ながら何の面白みもない記事になってしまったが、実はこれには理由がある。正確に言うと、入店の段階で私は『デミたまメンチカツ』どころではない事態に遭遇していたのだ。ではここで、丼か定食で悩んでいた場面にまで時を戻そう……。

「メニュー写真を見ると定食推しっぽかったのでそちらをチョイスした」

そう、この部分である。一見、私の注意はメンチの方に向いているようだが、メニューの下の方をよく見ると……。

いやコーンフレークやないか!!!

・まさかのミルクボーイ

え、コーンフレーク!? 「かつや」で!? コーンフレークはね、まだ朝の寝ぼけてる時やから食べてられるのよ。そんな時間から「かつや」に来るような客は、コーンフレークなんて求めてへんのよ。ならコーンフレークとちゃうがな! と思い再びメニューを見てみると……。

やっぱりコーンフレークやないか!!!!

コーンフレークを衣のかわりにして、鶏肉をカラッと揚げとるやないか! 3月6日に発売されるという『ザクザクスパイシーチキンカツ丼』。この “ザクザク” と表された食感はきっと、コーンフレークによるものに違いない。開発担当者の頭ん中どうなっとんねん。

・さすが俺たちの「かつや」

あまりにも衝撃的な新メニュー予告によって、私の意識は完全にそちらに持って行かれてしまった。もちろん先述したように、『デミたまメンチカツ』は味・ボリュームともに申し分のない新商品だ。しかし……。今はもうコーンフレークのことしか考えられない状態である。続報に鬼期待。

参考リンク:かつや
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

魚介&野菜にこだわった、築地絶品グルメ「Green Kitchen」誕生!


「セロリ、カボチャ、イカのマリネ 柑橘風味」 レモンでマリネした天然のイカ、カボチャ、炊いたものとコンフィした2種類の食感と味わいを楽しめる根セロリ。スパイスでマリネしたオレンジ。

築地に通う人や食通に聞くと、だいたい築地で本当に美味しいと評判の店は、場内にあって早朝から昼までの営業がほとんど。たくさん飲食店が軒を連ね、観光客で賑わってはいるもの、実際のところ、場外にはほんの数店しかないそうです。

そんな数店の中に、今年2018年7月2日にオープンしたばかりの知る人ぞ知るカジュアルなダイニング「Green Kitchen」が仲間入りしました! 波除通りに面した、波除神社のすぐ目の前。わずか10席のカウンターだけのこじんまりとした空間です。ヘルスコンシャスな知人、ヌメロ・ブロガーでもある「NATURAL SPIRIT」の渡辺太紀乃さんに連れて行っていただきました!

IMG_4630
店内の壁面の棚には、スパイスやハーブがずらりと並んでいます。

ここのウリは、一流レストランや寿司屋にしか卸してないような、目利きの仲卸から仕入れた魚介と野菜がメインの旬な食材と、それらを引き立てるフォン(出汁)とオーガニックなスパイス&ハーブを使った手の込んだお料理。ラターブル・ドゥ・ジョエル・ロブションなどフレンチレストラン、オーガニックビストロで経験を積んだシェフなだけに、食材をそのまま、ではなく、フレンチで培った技を生かし、しっかりひと手間をかけた美味しいものがテーマだという築地キュイジーヌが楽しめます。

その日、仕入れた食材に合わせた日替わりメニューが基本ですが、なかでもイチ押しの、看板メニューはというと、梶谷農園のたっぷりハーブを使ったサラダと、アワビのまるごとステーキ! まだ、2回しか(既に2回も、ともいうが、、)訪問していないので、メニューを制覇できてませんが、他にもおすすめメニューはたくさんあります。

まずは、野菜メニューからご紹介。

IMG_4598
「スパイス風味 野菜の盛り合わせ」¥1,000
カボチャはカルダモン、ニンジンはキャラウェイ、ひよこ豆はメース(ナツメグの種子の周りの皮)、きのこは胡椒と唐辛子とコリアンダー、冬瓜はシナモン、玉ネギとカブは白ワインとコリアンダー、ゴボウとレンコンはターメリックとフェヌグリークと、聞いたことのあるお馴染みハーブから初耳のものまで、野菜によってスパイスを使い分けて炊いているのだそう。いわゆるピクルスとはまた違う、それぞれに香り豊かな複雑な味わいです。

IMG_5039
「梶谷農園の20種ハーブサラダ」¥950
名だたる星付きレストランに野菜を届け、多くのレストランやシェフたちが仕入れをウェイティングしている、広島・梶谷農園のハーブ約20種を贅沢に使ったサラダ。ハーブ自体のしっかりした濃厚な味を堪能する、塩とオリーブオイルを効かせた、シンプルな味付け。だが、脇にさりげなく添えてある、ケークサレにも注目! むしろここに手間がかかっていました。
中に挟んであるペーストが美味しいのなんのって。中身を聞いたところ、一つは、黒にんにくと、レーズン、クランベリー、ブルーベリーを赤ワインで煮込んでペースト状にしたもの。瓶詰めがあれば、絶対お土産に買って帰りたい!というやつです。もう一つは、トマトフォンデュ。これだけでもお代わりしたくなリます。

そして、魚介はというと、魚はもちろんなのですが、海老、カニ好きにはたまらないお料理が日替わりで用意されています。

私のお気に入りメニュートップ3に入るであろう、「ポテトサラダとズワイガニ」。ほぐしたカニの身がたっぷり乗ったボテトとタルタルソースが別々になっていて、食べる時にポテトサラダにするというスタイル。じゃがいもは、蒸すのではなく、油で揚げることで、甘みを引き立たせるのだとか。900円とは思えない、たっぷり紅ズワイガニはほぐして、トマトのコンフィ、フェンネルの葉、エシャロットを白ワインで煮詰めたものと和える。横には、マヨネーズ的な立ち位置の、半熟卵のクリームソースに、ヨーグルトで発酵させた野菜を添えて。

こんな素材重視の料理に合わせるワインも、もちろん自然派にこだわったラインナップ。滋賀県のヒトミワイナリーのガス感のあるロゼをグラスでいただくつもりが、結局ボトルを開けてしまいました。自然派ワインなのに、ボトルも3000円台〜用意されていて、これまた酒飲みにはありがたい良心的。


小島三生シェフが見せてくれた、特大車海老!

この日のおすすめを何品か食した中で、素材部門でダントツだった「江戸前特大天然車海老」(¥1,800)。こんな大きいサイズの車海老は見たことない! 好みに合わせて調理してくれますが、私はシェフにお任せしました。外はパリッと香ばしく皮まで食べられ、中は信じられないほどプリッと柔らかく甘くて。

見た目は地味ですが、カニ好きな私のハートを掴んだ、お気に入りトップ3入り、「活ワタリガニのスープとズワイガニのコロッケ」(¥1,050)。カニクリームコロッケだと思ったら大間違い。クリームソースに風味づけに気持ち程度の身が入ってるような代物ではございません。カニミソとカニの身だけで構成されている! 肉感的なコロッケなんです。そして、カニのエキスが凝縮されたスープも感激。

肉厚で脂の乗った鮮魚のマリネ。この日は、いいアジが入ったとのことで、「アジのマリネ ねずの実風味」を。「マグロの血合いムース」は、ポートワインとレーズンバターで調理し、レバーのような濃厚さなのに全く臭みなくホイップのように軽くてさっぱり。オレガノ風味のクラッカーと一緒に。定番中の定番「オニオングラタンスープ」があるのがまたほっこり嬉しい。

そして、「Green Kitchen」の超目玉のメイン料理である、「特大アワビのまるごとステーキ 肝ソース」は、このサイズで、この調理で、ななんと、3,850円! 事件です。しかも今まで食べたどんなアワビよりも柔らかくて、美味しかった。赤い満願寺とうがらしと、半分黄色いきゅうりなど、レアな野菜のソテーもたっぷり添えられていて大満足です。アワビの下ごしらえで一緒に煮た大根もアワビのお出汁が効いてて旨いんです。

ここまで辿り着く頃には、大満足なのですが、デザートは別腹な余力のある方は、ぜひ食後のデザートまでいってください!

最後に、店名について。「グリーン」という名には、エコ的な視点で、食材を無駄にせず、いろんな部位を余すことなく使う、サスティナブル、という意味が込められているのだそう。

先日、行ったばかりなのに、またすぐ行きたくなる。次はずっと気になっている、希少な部位だという、鮪の脳天の唐揚げにチャレンジしたいと思っています。席数もわずかなので、本当は教えたくないけど、本当にいい素材で、美味しくてお得なので、食べてみてもらいたい、という複雑な気持ちです。

IMG_4631

Green Kitchen
住所/東京都中央区築地6-23-7 唐杉ビル1階
TEL/070-3123-7667
営業時間/17:30〜23:00(土日は、10:00〜14:00もオープン)
定休日/水曜
URL/www.facebook.com/TsukijiGREENKITCHEN/

「食のプロ御用達! クチコミ築地グルメ案内」を読む

クリエイションが詰まったインターナショナル・モード誌『Numero TOKYO』のWEBサイト