こんなに安くていいの?『業務スーパー』の合鴨ロースで作る年越し蕎麦が最強すぎる



威風堂々!コスパ最強『業務スーパー』の合鴨ロースが丸ごと一本235円(税抜き)と衝撃の価格にして味も抜群なので年末の年越しそば用にご紹介します。

18-12-28-10-37-01-766_deco

鴨南蛮の『南蛮』は差別用語であった!?

鴨南蛮が好きだ。年越し蕎麦は、毎年、鴨南蛮を食べています。

shutterstock_1228347463

ところで、なぜ『鴨そば』ではなく『鴨南蛮』なのでしょうか?

そのルーツを探ると、古代中国まで遡ることになります。

実は古代・中国では中国以外の地域はすべて野蛮であるとする乱暴な考え方がまかり通り、インドシナをはじめとする南海諸国のことを南蛮と呼んでいた。

じゃあ、中国から見て北に位置する国を『北蛮』と呼び、東は『東蛮』と呼んでいたのかまでは分かりませんが、とにかく鴨南蛮の『南蛮』は、元々中国では『野蛮』から転じた差別用語であったようです。

そしてその影響か、日本でも室町あたりから江戸時代にかけて、タイ、ルソン、ジャワなどの南洋諸島の国々を南蛮と呼ぶようになります。

さらに南方を経由して渡来してきたポルトガル人やスペイン人を南蛮人と呼び、彼らが病気を予防する薬膳としてネギ料理を好んだことから、いつしかネギの入った料理までもが『~南蛮』と呼ばれるようになったという。

shutterstock_1135669688
それが、飲食店としては歴史のある蕎麦屋では現在にまで受け継がれ、大きなネギの入った蕎麦を未だに『鴨南蛮』や『カレー南蛮』と呼んでいるようです。

業務スーパーでも人気商品

18-12-28-10-35-43-362_deco

さて。そんな『鴨南蛮』にピッタリな一品がこちら。『業務スーパー』の合鴨ロースです。

18-12-28-10-36-41-321_deco

デ、デカい!

18-12-28-10-54-42-596_deco

そう思わず声をあげてしまう迫力満点のルックス。威風堂々。その存在感に圧倒されそうになる一本丸ごと合鴨ロース。

しかもこれ、たったの235円(税抜き)です。

普通のスーパーなら700円、高級スーパーなら1000円オーバーで売られていてもおかしくはありません。

調味液に漬け込んだ合鴨をじっくりと燻製した『業務スーパー』の冷凍食品の中でも人気の商品です。

年越しそばに使うなら優に5人分以上はある

是非、年越しそばに使ってほしいお薦めの一品。蕎麦に使う分には、優に5人分以上はあるので、一般的な家庭では一本あれば充分。

もちろん冷凍食品なので解凍が必要です。冷蔵庫の中に一日入れておけば、基本自然解凍されています。

お急ぎの場合、袋のまま軽く流水にさらした後、そのまま水につけておけば5、6時間で解凍されます。

いずれにせよ、それなりにお時間かかるので年越しそばに使用する場合は余裕をもって解凍の時間を設けておきましょう。

18-12-28-10-37-44-352_deco

解凍後、カットすると、もうその見た目から旨さが伝わるしっとり感。断面は奇麗なピンク色で食欲をそそります。

いやん。とてもじゃないけど、お蕎麦を作るまで我慢できません。

18-12-28-10-38-23-693_deco

ひと口、つまみ食いすると、それはもう人をダメにする旨さ。ボリューム満点でジューシー。つまみ食いする手が止まりません。

そこをなんとか食い止め、我慢。お蕎麦の準備にとりかかります。

18-12-28-10-38-03-362_deco

ネギを5センチ大に切り、軽くフライパンで焼き目をつけます。

おつゆを煮立て、鴨肉と長ねぎを加えてサッと火を通します。

たっぷりの熱湯でそばをゆで、水気をきって器に入れる。

そしてこの器につゆをかけ、鴨肉・長ねぎをのせ、お好みで揚げ玉や七味唐がらしをふれば出来上がり。

18-12-28-10-39-27-739_deco

鴨からにじみ出る黄金の油がつゆの表面を輝かせます。普通の蕎麦では出ないこってりとした味わい。

18-12-28-10-39-44-156_deco

これは自信をもっておススメ。食べて納得コスパの良さ!

18-12-28-10-40-52-694_deco

是非、平成最後の年越し蕎麦は、業務スーパーの一本丸ごと鴨ロースを使ったコスパ最強『鴨南蛮』を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

スシローがやってる寿司居酒屋「杉玉」に行ってみた! ちょっと飲むのにちょうどいいし、寿司はスシローよりウマい / 東京・阿佐ヶ谷

私(あひるねこ)ね、スシロー大好きなんですよ。いいよねぇスシロー。でもスシローって、酒を飲むにはいまいちな気がするのだ。あまり安くないし薄いし、なによりあのファミリーな雰囲気がどうも酒と合わない。

そんな時に出会ったのが、寿司居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」である。なんとここ、スシローグループが手掛ける新業態の店舗らしいぞ。スシローがやってる居酒屋……コイツは気になる! というわけで、東京・阿佐ヶ谷店に行ってきた。

・スシローの居酒屋

現在、神楽坂・神保町・阿佐ヶ谷・武蔵境・兵庫県西宮に店舗を構える「杉玉」(2018年12月14日現在)。阿佐ヶ谷店は、JR阿佐ヶ谷駅から出てすぐの場所にある。

外観から寿司系の居酒屋であることは想像がつくのだが、スシローの気配はまったくしない。言われないとまず分からないだろう。

店内は寿司がレーンを回ってタッチパネルが……ないから安心してほしい。テーブル席にカウンター席、どうやら2階もあるようだ。雰囲気はいかにもこじゃれた居酒屋という感じで、これまたスシロー感ゼロ。

・安いメニューが多い

「杉玉」の特徴として、税抜299円のメニューが多いという点が挙げられる。例えば生ビールはグラスで299円だったり(ジョッキは499円)、日本酒は半合で299円だったり、ちょっとだけ飲みたい的なニーズに合わせてきている印象だ。

・海鮮つまみに挑戦

で、メニュー名がまたユニークなのである。例えば『ねぎまぐろとオリーブオイルの素敵過ぎる出逢い。(299円)』。なんだかノリがスシローっぽくない。実際に頼んでみると……。

うお! ねぎとろなのにバケットが付いてきた!! 創作居酒屋感がハンパないぞ。でも食べてみると……。

あー、これはウマいわ。名前の通りねぎとろにオリーブオイルがかかっているのだが、脂っぽさを感じない。すでに味が付いており、バケットにも酒にもよく合うではないか。なるほどなるほど、ココはこういうお店なのね。

・変わった料理が多い

天ぷらにも面白いメニューがあったぞ。『おでんの大根なのに天麩羅(税抜299円)』って名前なんだけど……いや全部説明してもうてるがな! そう、おでんの大根なのに、天ぷらなのだ。初めて食べたが、衣の中から出汁がジュワッと出てきてウマし。

・主役は寿司だろ

とは言え、やっぱり海鮮も食べたいよね。ってことで寿司頼もう、寿司! 好きなネタを3貫選ぶ『王道寿司(税抜299円)』を、まぐろ、えび、あじのチョイスで注文してみた。ちょっとつまむにはちょうどいい量だ。

うむ……普通にウマい。なんというか、思ったよりもしっかりしたネタで驚いてしまった。よく見るとシャリに赤酢を使っている。スシローも以前やってたよね。値段が上なのだから当然だけど、寿司はスシローよりウマいと思うぞ。

調子がいいので、1日限定10食という『雲丹といくらのこぼれ軍艦(税抜299円)』も頼んでみたい。すると、オシャレな皿の上にいくらがオシャレにこぼれている寿司が来た。映える……! これはなかなかに映えそうなルックスだ。

・日本酒は半合から

こうなったら酒しかあるまい。てなわけで日本酒を半合いただく。安くて299円、純米吟醸レベルは499円で飲めるようだ。注文すると皿にこぼれるまで注いでくれるぞ。これまた、ちょっと飲むにはちょうどいい量と言えるだろう。個人的にはまるで足りないけど。

・流行るか?

最後はシメに『鯛出汁あさりラーメン(税抜299円)』でフィニッシュ。海鮮系の居酒屋はリーズナブルと言われていてもそれなりに値が張るところが多いので、ちょっとの量を安く飲める「杉玉」を重宝する人は、この先増えそうな気がする。

お通しと席代がないのもベリーグッドだ。スシローを基準に考えてしまうと「超安い!」ってほどでもないが、じゅうぶん選択肢に入る店と言えるのではないか。今後も店舗はどんどん増えるようなので、ちょっと寿司で飲みたくなった時はぜひ寄ってみてほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 鮨 酒 肴 杉玉 阿佐ヶ谷
住所 東京都杉並区阿佐谷南3-37-1 大森ビル 1~2F
時間 11:30~14:30 / 17:00~23:30(平日)、11:30~15:00 / 16:00~23:30(土日祝)
休日 年中無休

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

正統派洋食店でテイクアウトして楽しむ絶品のカツサンド / 東京都葛飾区立石の「洋食工房ヒロ」

香ばしいラードの香りに、サクサクの衣。ジューシーな肉のウマミと脂の競演。ソースをたっぷりとかけてアツアツのご飯と一緒に頬張れば…… そんな料理の味わいを想像するだけで唾液が溢れてくる料理の1つと言えばトンカツ。

トンカツだけを取ってみても完成された味わいであるのに、それをパンに挟むことによって、お土産や携帯食として進化を遂げ、もともとのトンカツとはまた別の味わいで楽しみ方が産まれたのが、カツサンドではないだろうか。

手軽な携帯食として美味しく味わえるカツサンドは、まさにサンドイッチの王様とも呼べるメニューの1つといっても過言ではないだろう。

それ故に、日本全国、たくさんの場所でカツサンドは提供されており、現在ではコンビニでも提供されるメニューにもなるほど一般的となっている。

例えば、多くの市場で働く人々に愛されている築地の名店として名高いセンリ軒のお土産カツサンドに、銀座のクラブ御用達の「みやざわ」のカツサンドカツカレー発祥の地で産まれたカツサンドに、京都で愛されるカツサンド、さらには名古屋で愛されるカツサンドに、八王子にしかないご当地カツサンドなどなど、美味しいカツサンドのお店の名前を挙げればキリがない。

今回は、日本各地に存在するたくさんのカツサンドを提供しているお店の中から、吞ん兵衛の聖地・立石でテイクアウトできる絶品のカツサンドをご紹介したい。

お店の名前は「洋食工房ヒロ」だ。

・京成立石駅から徒歩10分程度、知る人ぞ知る名店「洋食工房ヒロ」
吞ん兵衛の聖地とも呼ばれる京成立石駅に知る人ぞ知る名店として洋食好きの人々から愛されているのが今回ご紹介する「洋食工房ヒロ」。

こちらのオーナーは浅草の名店「ヨシカミ」で12年もの間コックとして働いてから、生まれ育ったこの地にお店を構えたという歴史があるため、もちろん料理の腕は折り紙付きだ。

閑静な住宅街の中に佇む一軒の美味しい洋食店、それが「洋食工房ヒロ」なのだ。

・美味しい定食メニューの数々
こちらのお店には様々な魅力的なメニューがたくさん存在する。

例えば、芸術的なエビフライ定食はお客の目も舌も楽しませてくれる最高のランチメニュー。

サクサクとしたエビフライを味わえば、濃厚なエビのウマミとサッパリとしたタルタルソースとのハーモニーを堪能する事ができる。

一般的な定食屋のメニューにおいて、ドがつくほどの定番である豚の生姜焼きも、このお店にかかれば、芸術的かつ絶品のメニューへと変貌を遂げる。

厚切りの豚の肩ロースを使用した生姜焼きはタレの味わいとの相性も抜群。

しっとりと、柔らかく仕上げられている豚の肩ロースは、非常に香ばしく焼き上げられており、ご飯が止まらなくなるウマさなのだ。

・オススメしたいテイクアウトのカツサンド
そんな閑静な住宅街の中に佇む芸術的かつ絶品のメニューを味わえる洋食店「洋食工房ヒロ」では、美味しいテイクアウトメニューが存在している。

それこそが、今回ご紹介したいカツサンドだ。

美しい赤い箱に隙間無く詰め込まれたカツサンドは、箱を開けると香ばしいトーストされたパンとカツの香りを一気に届けてくれる。

カツサンドのカツは2枚とボリュームたっぷりで、濃厚なソースの味わいと、シャキシャキとしたキャベツの楽しい食感と、絶妙のハーモニーを楽しませてくれる。

まさに正統派のカツサンドがここにはあるのだ。

おいしい料理に、暖かいおもてなしの接客、全てが暖かく包み込んでくれるようなお店のスタイルに、ついつい長居してしまいそうになる、そんなうれしい洋食店、それが「洋食工房ヒロ」。

古き良き下町の香り残る、立石だが、実はこの吞ん兵衛の聖地はもしかしたら、再開発によって大きくその形が変わってしまう可能性がある事をご存知だろうか。

現在の立石の雰囲気を味わえるのは、今だけ、そんな状況になってしまうかもしれない。

そんな場所へ、美味しいテイクアウトのカツサンドをゲットする下町散策に出かけてみてはいかがだろうか?

きっと、これまでよりももっと、立石の懐の深さに驚いてしまうに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 洋食工房ヒロ
住所 東京都葛飾区立石7-2-4
営業時間 11:00~14:00 / 18:00~20:00
定休日 月曜・火曜

明日、旅に行きたくなるメディア