【2019年福袋特集】誰か私の手を止めてくれっ…! 『ゴディバ』の福袋チョコは無限に食べられる!!

ココだけの話、記者は日ごろチョコレートを積極的に口にしない。あまり食べすぎると、にきび……いや三十路ともなると吹き出物ができたりするしな。しかしそんなことを言っていられないほどに、思わず伸ばす手が止まらない、それが『ゴディバ』の福袋。あな恐ろしい、袋の中身は以下の通りだ! 

・『ゴディバ』(3000円)福袋の中身

・ニューイヤーアソートメント(8粒入)
・プレステージ ビスキュイコレクション レディゴディバ ノア ダークチョコレート(12枚入)
・ゴディバ ミルクチョコ ミニプレッツェル
・パールチョコレートミルク
・トートバッグ
──以上の5点だ! 
※中身が違う可能性もあります

・縦型トートバッグ

ここ数年、ゴディバのトートバッグと言えば横型だったが2019年は縦型。キャンパスノートなども出し入れしやすそうだ。さて、中身だが特に食べる手が止まらなかったのが「プレステージ ビスキュイコレクション レディゴディバ ノア ダークチョコレート」だ。商品名長いな……。

なんと言おうか、ブルボンの製造するビスケット「アルフォート」を少し軽やかにした感じだ。アルフォートは割とドッシリとした食感と味わいで、これまたクセになるが、ひとまずここでは置いておく。ゴディバのコレは比べると、よりサクサクっとした生地に、パリッとしたチョコでできている。

つまりバクバク食べやすい危険な一品。しかも12枚入りという枚数がちょうどよく、ちょっと気を抜くと一瞬で食べてしまうのだ。非常に危険である。誰か私の手を止めてくれっ……!

「そんなに言うほどじゃないでしょ」と思っているソコのあなた。購入してみれば、きっと記者の気持ちを分かっていただけることだろう。当然、福袋は定価で買うよりも安い。気がつけばゴディバのクオリティーにやられているはずだ。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ! →「2019年福袋特集」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【B級グルメ】神戸のソウルフード・ぼっかけ焼きそばを食べられる長田本庄軒に行ってきた! 丸亀製麺と同系列で安心のクオリティ

日本全国に点在するB級グルメ。飾らずもジャンキーな味わいで人々を魅了するB級グルメの世界は、奥が深い。

今回は神戸発のソウルフード・ぼっかけを使用した「ぼっかけ焼きそば」を初めて食べてきたので、その味をご紹介したい。

訪れたのは、丸亀製麺でお馴染みのトリドールホールディングスが運営する長田本庄軒。いやが上にも期待は高まるぞ!

・神戸で愛されるぼっかけ

そもそも「ぼっかけ」とは如何なる食べ物なのか。簡単にいうと、牛すじとコンニャクを醤油ベースの味付けで煮込んだ料理。

一説には神戸市長田区が発祥の地といわれており、うどんや焼きそばなどに「ぶっかけて」食べることから、転じて「ぼっかけ」の名になったようだ。昨今のB級グルメブームもあり、現在では神戸のご当地グルメとして定着しつつある。

そんな「ぼっかけ」を使用した焼きそばやモダン焼きなどを食べられるのが、今回紹介する長田本庄軒。前述のとおり丸亀製麺と同系列で、店内で製麺するなど共通するこだわりもある。今回は神戸にある三宮センタープラザ店にお邪魔してきた。

・焼きそばコッテリ、ぼっかけアッサリ

センタープラザは駅前の商業施設で、地下は飲食街となっている。かつ丼の人気店として知られる吉兵衛の本店や ON THE CURRY ! も入っており、三宮で食事に困った際には意外と重宝する場所だぞ。

さて、お目当ての長田本庄軒だ。鉄板の回りをカウンター席が囲む造りで、目の前で料理が焼き上げられるのを見ることができる。鉄板焼きならではのジュージュー音と香ばしい匂いが立ちこめ、それに吸い寄せられるように次々と客がやってくる。

ぼっかけ焼きそば並(650円)を注文。プラス200円でぼっかけを増量できるとのことだったので、追加することにした。

手際よく料理を仕上げていく店員さんを眺めながら待つ。焼いているのを見ているだけでお腹が減ってくる、これも鉄板焼きの醍醐味のひとつだ。食欲がマックスに高まったところで料理が到着した。

焼きそばの上にたっぷりトッピングされた、ぼっかけ~! コレを食べに来たんですよ、コレを。

焼きそば自体は甘辛いソースで濃厚な味付け。一方ぼっかけは結構アッサリめの味で、焼きそばと一緒に食べると丁度バランスが良い。すじコンのクニュクニュとした食感と、大きめに切られたキャベツのシャキシャキとした食感がナイスコンビネーション。

ぼっかけが白飯とも合うのではと思いライスも注文してみたが、ぶっちゃけ白飯にはあまり合わなかった。というのも、ぼっかけ自体がアッサリ目の味付けだから。あくまで焼きそばと一緒に食べるのがオススメだ。

・味変もオススメ

「長田スパイス」なるものが卓上に(というか鉄板上に)置いてあったので、使ってみることに。

チリパウダーのような味で、焼きそばにかけると辛味がプラスされてジャンキー度がアップ。B級グルメはこうじゃなきゃ、という味になった。辛いのが苦手でなければ試してみるといいだろう。

ちなみに長田本庄軒は今回ご紹介した三宮センタープラザ店を含め、全国に計10店舗を展開している(2019年7月9日時点)。ただし10店のうち6店は関西に固まっているので、関西以外ではちょっとレア度が高いかも。なかなか他ではない味を手軽に楽しめるので、見かけたら入ってみて欲しい。

・今回紹介したお店の情報

店名 長田本庄軒三宮センタープラザ店
住所 兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1 三宮センタープラザB1F
時間 10時45分(土日祝10時)~22時(LO / 21時30分)
休日 無休

参照元:長田本庄軒
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【超簡単レシピ】優しい甘さのブラジルの朝食ケーキ「ボロ・デ・フバ」



朝の食卓にケーキが並ぶことの多いブラジル。なかでもとうもろこしの粉で作る「ボロ・デ・フバ(Bolo de Fubá)」は、朝食時にはもちろん、午後のティータイムならぬコーヒータイムにも欠かせない定番ケーキです。黄金色のボロ・デ・フバ、調べてみたら驚くほど簡単に作れることが分かりました。

ボロ・デ・フバのレシピ

ブラジルの朝食ケーキ「ボロ・デ・フバ」

全ての材料をミキサーにかけるのがブラジル流。ミキサーがなければ、ボウルと泡立て器を使って作りましょう! ブラジルのレシピサイト「Cyber Cook」に掲載されている「ボロ・デ・フバ」のレシピを参考に、分量や焼き時間を日本のご家庭に合うよう調整したレシピをご紹介します。

【材料】(18〜21cmの丸型1台分・1カップ=200ml)
サラダ油・・・1/2カップ(70ccぐらいでもよさそう) 
砂糖・・・3/4カップ
卵(S)・・・2コ
牛乳・・・1カップ
とうもろこしの粉・・・1カップ
薄力粉・・・1/2カップ
ベーキングパウダー・・・小さじ1+1/2

【作り方】
1. 材料をミキサーに入れて、全体が滑らかになるまで混ぜ合わせる。
2. 180℃に予熱したオーブンで約45分程度、表面がきつね色になるまで焼く。竹串を刺してみて生の生地がついてこなければ焼き上がり。

ボウルで作る場合の1の手順:ボウルにサラダ油、砂糖、卵を割り入れて泡立て器でよく混ぜる。とうもろこしの粉を加えて、さらによく混ぜる。牛乳を1/2カップ分加えて滑らかになるまで混ぜたら、合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーの半量を加えて混ぜる。残りの牛乳1/2カップ分、残りの粉の順に滑らかになるまで混ぜる。

マフィン型で作ってもOKです
※今回はマフィン型を使用、焼き時間は30分。ケーキの型が小さいと火の通りが早いため、焼き時間は短めになります。6コ分のマフィン型で12コ分作れます。ブラジルでは、中央にくぼみのあるシフォンケーキ型のような焼き型を使うことが多いようですが、丸型や角型などでも、マフィン型で作っても問題ありません。

とうもろこしの粉はどこで買える?

ほんのり黄色、パウダー状のコーンフラワー

国内のスーパーでは見かけないとうもろこしの粉。粗挽きタイプのコーンミールと、パウダー状のコーンフラワーがあります。輸入食品を扱うカルディや製菓材料専門店TOMIZ、通販サイトアマゾン・ジャパンなどで購入できます。今回は口当たりの優しいパウダー状のコーンフラワーを使用。

甘さ控えめで、朝にぴったり!

ベリー系のジャムと合わせても!

ブラジルのレシピで再現したボロ・デ・フバは、しっとりしていてとても美味! 香ばしいのは、とうもろこしの粉が入っているからでしょうか? 甘さ控えめなので、朝食にぴったりです。

ベリー系のジャムをつけていただくと、さらにおいしさがアップする模様。ラズベリーやカシスジャムとの相性が良かったです。本場ブラジルでは、ココナッツやチーズ、フルーツを焼き込むこともあるようですよ。

とてもカンタンに作れるので、とうもろこしの粉が手に入ったらチャレンジしてみてはいかがでしょう? 朝食にもティータイムにも重宝するケーキです。

[oliviascuisine.com]
[All photos by sweetsholic]

Please do not use images without permission.

~人生に旅心を~