【餃子の王将】人気のため販売期間が延長になった『五目あんかけラーメン』 はやっぱりウマかった / 1月31日まで

トロトロでアツアツのスープの上に、生姜がドン。その周りには、エビ・しいたけ・豚肉・にんじん・うずらの卵・キャベツ・たまごなどの具材が散りばめられている。麺は全く見えない──。

王将の期間限定メニュー『五目あんかけラーメン』は、その見た目からして不思議な安心感があった。食べる前から「これは間違いないヤツ」と確信してしまうというか。そして実際に食べてみると……「やっぱりな」である。裏切りは一切ない。

野菜やエビの旨味が染み出したスープは優しい味で、いくらでも飲んでいられそう。「これで雑炊作ってもウマそう」なんて思いながらそこに箸を入れると、ボワンという感触が。

発掘するかのように、そいつ(麺)を下から引っ張り出し、餡(あん)をたっぷり絡めて食べたら……「アッツ!」となりながらも、箸をどんどん口元に運んでしまう。至福。ただただ至福である。

・販売期間が延長になったメニュー

なお、『五目あんかけラーメン』は元々2018年12月31日までの期間限定商品だが、ホームページによると「大好評につき1月末まで延長」になったらしい。それも納得だ。だって、寒い時期はこんなの食べたいやん? 暖まりたいやん?

まあ実際のところ、『五目あんかけラーメン』じゃなくても、体が暖まるメニューはいくらでもある。たとえば、おでんなんかもそうだが、『五目あんかけラーメン』の場合は生姜がポイントではなかろうか。

この生姜のおかげで、ポカポカが長続きする気がするぞ。

・セットメニューも

なお、『五目あんかけラーメン』は単品で税抜584円。これだけでもいいが、餃子3個に杏仁豆腐がついてくるフェアAセット(税抜750円)や、餃子1人前(6個)にライスがついたフェアBセット(税抜880円)なんてのもある。

また『五目あんかけラーメン』の販売は、一部店舗をのぞく全国の「餃子の王将」と京都高島屋店以外の「GYOZA OHSHO」で、期間は2019年1月31日までとのことだ。

さすがにもう1度延長されることはない……ような気がするので、気になっている人は1月中に店舗へ行ってみてくれ。

参考リンク:餃子の王将「五目あんかけラーメン 販売のお知らせ」(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【レシピ】酢豚の “元の料理” って何か知ってる? 有力候補「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」が激ウマ / 沢井メグのリアル中華:第15回

日本の中華料理の定番といえば、餃子、麻婆豆腐、ラーメン、そして忘れちゃいけないアイツ、パイナップルを入れるかどうかで議論を呼ぶ「酢豚」だ。

さて「酢豚」というのは日本でつけられた名称であるが、本場中国ではどれが酢豚にあたるのだろう? 今日はその “原作候補” のひとつを紹介したい。第15回「沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理」は「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」だ。

・酢豚の原作候補「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」

糖醋排骨(たんつーぱいぐー)は、文字通り「豚のスペアリブ(排骨)」を「砂糖(糖)」と「酢(醋)」で味付けした料理だ。日本語に訳すなら「スペアリブの甘酢煮」とでも言ったところである。すでに酢豚っぽい!

その起源は浙江省と江蘇省とも言われている。両省ともに上海に隣接しているが、あのエリアの料理の特徴は「甘い」ことだ。あのあたりで何も言わずに「トマトの玉子炒め」を頼むと、砂糖で味付けされてしまった……という話はよく聞くあるあるエピソードだ。

さて糖醋排骨も甘酢煮とは言うものの、日本の酢豚と比べると酸っぱさより甘さがまさり、白ごはんにより合う味わいだ。そしてパイナップル否定派に朗報! パイナップルは入ってないぞー!! それではさっそく作ってみよう!

……と、その前に1つだけお伝えせねばならないことが! 日本では骨付きスペアリブがなかなか手に入りづらい。ここはこだわっても良かったが、たくさんの人に作ってみてほしかったので手に入りやすい豚バラブロックを使用した。いわば糖醋肉なのだが、味わいは糖醋排骨。もちろんスペアリブが手に入る人はそちらでどうぞ!

【材料】

・豚バラ肉:500g
・砂糖:大さじ5
・酢:大さじ1
・味覇など中華スープの素:小さじ1/2
・ネギ:適量
・白ゴマ:適量
*下味用
・醤油:大さじ3
・酒:大さじ2
・酢:大さじ4
酢は中国の香酢を使うとより現地っぽいが、日本の白い酢でもOKだ!

【作り方】

1.ネギを輪切りに、豚肉を一口大に切る。

2.1を15分煮る。茹で汁は後で使うので捨てないで!

3.2から肉を取り出し、下味用の調味料・醤油大さじ3、酒大さじ2、酢大さじ4に25分漬け込む。

4.3を多めの油で揚げ焼きにする。

5.3の肉だけ鍋に移し、2の煮汁を250cc、3のつけ汁、砂糖大さじ5と味覇小さじ1/2と一緒に煮汁が飛ぶまで煮込む。

※煮汁の量は鍋の大きさによって加減してください。肉が浸るくらいが目安。

6.煮汁がなくなったら、酢大さじ1をふりかけて味を整える。

7.皿に盛り付け、ネギと白ゴマを散らして完成。

・後味スッキリ! 最後まで美味しくいただける肉料理

上述のとおり、日本の酢豚より酸味が少なく甘い。一口目の印象は、東坡肉(とんぽーろう)と同じ方向を向いているようにも感じられるが、酢が入ることで後口スッキリ。もたれを感じることなく、最後まで美味しくいただけるのだ。日本の酢豚はどうしてあんなに酸っぱさの主張も強いんだろう。酢豚が苦手な人は、糖醋排骨風に仕上げると良いかと思う。

さてこのレシピは私・沢井が中国で食べたものをなんとなーく再現したもの。現地には、肉を油で揚げるバージョンなど他の作り方もあるので、皆さんも自分の好きな味を探してほしい。

さて、糖醋排骨は、酢豚の原作候補とお伝えしたが、もうひとつ候補として有名な料理が存在する。それは「古老肉(ぐーらおろう)」。どこが酢豚っぽくて、何が糖醋排骨と違うのか。また次の機会に紹介したい。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

★こちらもどうぞ→『沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』シリーズ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【新宿ラーメン巡り】透き通る美しいスープに豊富なトッピングが浮かぶ至福の一杯 / 麺宿 志いな『得製 潮そば』

東京でも初雪が観測され、厳しい寒さを迎えている日本列島。アツアツのラーメンをフーフーしながらズズッといただけば、格別のウマさが感じられる時期がやってきた。

そんな中、レポートするのは新宿御苑前駅のほど近くにあるラーメン屋「麺宿 志いな」である。透き通る美しいスープに豊富なトッピングが浮かぶ『得製 潮そば』を味わってきたのでご紹介したい。

・カフェのような外観で店内もシャレオツ&綺麗

「麺宿 志いな」は東京メトロの新宿御苑前駅から徒歩5分ほどのところにある。筆者は同店に13時40分頃に到着。まるでカフェのような外観の店に入れば、店内もシャレオツ&綺麗! 清潔感が漂っていて気持ちが良い。

・『得製潮そば』をチョイス

席の状況をみると、十分空きがあってすぐに座れそうな雰囲気だ。よし、それでは食券を購入しよう。今回は同店の1番人気だという「潮そば(税込750)」に豊富なトッピングが加わった『得製 潮そば(税込950円)』をチョイスした。

その後、カウンターに届いたラーメンを見ると……くわぁ! ラーメンもこれまたシャレオツ&綺麗!! 透き通るスープにバランス良く盛られているのは、ワンタン、穂先メンマ、味玉、2種のチャーシュー、水菜、ネギ、そして細かく刻まれた柚子の皮が少々だ。

スープをレンゲですくうと、油がキラキラ輝いてまるで宝石のようである。すかさず口に運んで味わってみたら、まろやかな塩と鶏ダシの豊かな旨味が広がってウマい!! クドさを排除しながらしっかりとしたコクが感じられる絶品スープだ

下に隠れている麺も気になるぞ。ということで、箸でトッピングをかき分けて麺をリフトアップしてみたところ、ほぅ、細めのストレートか。なるほど、こいつはしなやかで艶もあっていかにもウマそうだ。

ズズッといただけば、ウ、ウマッ! スープをキャッチするのに程よい細さとコシを残した茹で加減がたまらない。しかし、それでいて主張は控えめで、ついついトッピングへと箸がすすむ。スープ、麺、ワンタン……スープ、麺、チャーシュー……と気づけば至福のラーメンループに突入だ。

・全てが抜かりなし

トッピングも抜かりない。ワンタンは舌触りがツルっとなめらかで、具の鶏肉を活かした自然な仕上がり。

豚肉のチャーシューはしっとり柔らかく、噛めばジワリと旨みが滲み出る。

さらに鶏肉のチャーシューは、皮の香ばしい風味がアクセントになっていてウマかった。

また、穂先メンマは柔らかいながらもコリコリとした歯応えが心地よく、味玉の濃いめの味付けもスープにピッタリだ。その他、食べ進めていくうちにフワリと柚子の香りが感じられるところも変化があって楽しかったぞ。

こんなにウマいならもっと行列が続いてもおかしくないのになぁ……と思って調べてみたら、同店は約6カ月前の2018年7月にオープンしたばかりらしい。今後、誰もが知る名店になる可能性は大。食べてみたい方は「麺宿 志いな」を早めに要チェックだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 麺宿 志いな(めんじゅく しいな)
住所 東京都新宿区四谷4-30-15 市川ビル 1F
時間 ランチ11:00~16:00 / ディナー18:00~21:00
休日 日曜、毎月1度連休あり(Facebookで要確認)

参考リンク:Facebook @shiinamenjuku
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「 新宿ラーメン巡り
こちらもどうぞ → シリーズ「 北海道ラーメン探訪

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。