【もはや暴力】居酒屋「甘太郎」で6000kcalの恵方巻を食べてきた! 総重量1.5kg・全長50cmのモンスター『悪魔の恵方巻』!!

恵方巻って何だっけ……? 思わずそう呟きたくなるくらい、昨今の恵方巻はエキセントリックな方向に進化を続けている。もはや並の恵方巻では驚かない体質になってしまったが、さすがの私(あひるねこ)もコイツには軽く引いたよね。

居酒屋「甘太郎」が期間限定で販売している新メニュー『悪魔の恵方巻(税抜3990円)』前回の記事でお伝えした通り、驚異の6000kcalを誇るカロリーモンスターだ。甘太郎に言いたい。誰が頼むんだよ! ちょっと心配になってきたので、実際に食べに行くことにした。

・甘太郎にて

6000kcalといえば、成人男性の平均摂取カロリー約3日分である。そんな膨大なカロリーをたった1本の恵方巻に詰め込んでいるなんて……。あまりに常軌を逸しすぎていて、先程から震えがガタガタ止まらない。

・悪魔を呼び出す

挑戦するのは編集部の佐藤、Yoshio、原田、そして私の4名だ。全員、どちらかと言うとカロリーを減らしたいお年頃である。6000kcalの化物を前に、果たして勝ち目はあるのだろうか?

飲み物を頼もうとしても、「俺、黒ウーロン茶で……」「あ、俺も」と、まさかのオール黒ウーロン茶。ビビりすぎだろ、ここ居酒屋やぞ。

と、その時!

「お待たせしましたー」という声と共に、いよいよ姿を現した『悪魔の恵方巻』! ぎゃァァァァァァアアアアア!! ついに来やがった……! これが、6000kcalを誇る空前絶後の恵方巻かーーーーッ!!

デケーーーッ! つーか長ぇぇぇぇぇえええ!!

魔改造されたプラレールかよ! 総重量約1.5kg・全長50cmというデータ以上に凶悪な印象を受けるそのルックス。身にまとった邪悪なオーラはまさに悪魔か。これ、本当に恵方巻……?

・死闘の始まり

「今年の方角は東北東なので、あちら側ですね!」と指差す店員さん。いや、申し訳ないけど方角とか気にしてる場合じゃないから。これから悪魔と死闘だから。

さて、恵方巻とは本来そのままかぶりつくモノだが、この『悪魔の恵方巻』はそもそもそんな食べ方を想定していないようだ。

・カロリー爆弾

メインの海苔巻きは、豚ヒレカツ3本をガーリックライスで包んだもの。この時点でなかなかヘヴィーである。しかし、その上にさらにピザ、ソーセージ、スクランブルエッグ、牛カルビ焼肉、とどめにマヨネーズがかかっているのだ。うむ、情報量が多すぎてよく分からん。

ハサミでぶった切ると……

掛け値なしのカオスが。

さあそれでは、悪魔を4等分し気合いをいれていただきます! 4等分とはいえ、そのカロリーはいまだ圧倒的。30~40代の男が22時すぎに食べるにしては、いささか重すぎる代物だ。しかしそれでも……食べる!

カロリー? 上等だよ……!

「悪魔とか言ってワンパンだったわ」って書いたる……!

うおおおおおおおおおお! 4人のオッサンは明日の胃もたれも考えず、捨て身のノーガードで突っ込んでいった。ところがその時、予想外の事態が。

これ超ウマ~~~~い。

・まさかの激ウマ

なんと、ただのカロリーモンスターだと思っていた『悪魔の恵方巻』が、思った以上に激ウマだったのだ! よく考えたら中に入っている具で嫌いなモノなど一つもない。どこを食べても、どこから食べても、盆と正月とクリスマスが一緒に来たようなスペシャル感に溢れていたのである!

最初はあんなに怯えていた我々だが、途中から「これウマいよ」「全然食える」「もう1本いっとく?」などと壮大に手のひらクル~。そして最終的に……。

全員余裕の完食!

・普通に使える

こんなん誰が頼むねんと思っていた『悪魔の恵方巻』。一人で食べるのはちょっと無理だが、居酒屋のパーティーメニューとしてなら大いにアリではないだろうか。

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫の甘太郎42店舗(横浜西口本店は除く)で2月3日までの販売となるので、大勢で行った時に割と軽い気持ちで挑戦してみてもいいかもしれない。正直、悪魔とか言ってワンパンだったわ。

参考リンク:手作り居酒屋 甘太郎
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【居酒屋探訪】東京五大煮込みの1つ、葛飾区・京成立石の「宇ち多゛(うちだ)」

東京の吞ん兵衛たちがこよなく愛する居酒屋メニューの1つと言えば「煮込み」。

おそらくそれぞれの吞ん兵衛がそれぞれの愛する「煮込み」の味があり、どれが一番というのは人によって様々であろう。

まことしやかにささやかれている東京三大煮込みや五大煮込みというものには、森下の「山利喜(やまりき)」、千住の「大はし」、月島「岸田屋(きしだや)」、立石「宇ち多゛(うちだ)」、門前仲町「大坂屋(おおさかや)」の5つが挙げられている。

どのお店ももちろん甲乙つけがたいのだが、その中で今回ご紹介したいのが、立石の「宇ち多゛(うちだ)」だ。

・創業1946年(昭和21年)のもつ焼きの名店
「宇ち多゛(うちだ)」の創業は1946年(昭和21年)。

1946年(昭和21年)といえば、第二次世界大戦後、1年も経っていない状況。

戦後の混沌とした状況の中、GHQによる日本統治が行われ、財閥解体が実施され、日本国憲法が公布されるなど、戦後の日本の礎となるような様々な施策が実行されて行った年。

そんな混沌とした時代に、こちらのお店は産声をあげたのだ。

今でも変わらない雰囲気のこちらのお店には、多くのもつ焼きファンが平日の昼間から列を作るため、いまなお愛され続けているお店である事が分かる。
IMG_7664

・絶品の煮込み
そんなお店で誰もがオーダーするメニューの1つと言えば、東京5大煮込みの1つとして数えられている、「宇ち多゛(うちだ)」特製の煮込みだ。

他のお店のようにコンニャクやネギ、豆腐などの具は一切なく、モツオンリー。

それぞれのモツの部位が持つ食感や味わいの違いがしっかりと分かる、それでいてまったく臭みなどない、新鮮で手間のかかった下ごしらえだからこそ味わえる、たっぷりのモツの煮込みを堪能できるのがこちらのお店の煮込みなのだ。

そんな美味しいモツ煮と一緒に美味しい好みの酒を味わう、まさに立石の醍醐味の1つと言っても過言ではない。
IMG_7663

・焼き物ももちろん美味しい
煮込みを味わったのなら、美味しい焼き物を味わうことをオススメしたい。

外側がカリッ焼き上げられたシロは、絶妙な食感と美味しい脂を楽しむ事ができるし、もし可能であればアブラと呼ばれる部位も一緒にタレでオーダーすれば、妖艶なうまみを楽しむ事ができる。
IMG_7662

新鮮なレバーはサクサクとした食感と独特のレバーの甘みを感じられる最高の逸品であるし、
IMG_7982

運が良ければ「タン生」と呼ばれるタンを茹でた美味しいツマミにもありつけるかもしれない。
IMG_7979

終戦からすぐに創業し、時代を超えて今なお愛されている煮込みとモツ焼きのお店、「宇ち多゛(うちだ)」。

そんなお店ののれんをくぐって、常連さん達と椅子を並べて、店内の時間を楽しんでみる、そんな旅を楽しんでみてはいかがだろうか?

きっとそこには、日本がこれまで経験してきた様々な歴史の跡を少しだけ感じられる、そんな素晴らしい空間があるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 宇ち多゛ (うちだ)
住所 東京都葛飾区立石1-18-8 仲見世商店街
営業時間 月曜日~金曜日 14:00頃~19:30頃 ただし売切れ次第終了 土曜日 10:30頃~14:00頃 ただし売切れ次第終了
定休日 日曜日・祝日

明日、旅に行きたくなるメディア

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

平瀬智行氏&TAX、ベガルタ愛あふれる新春トーク

異色のベガルタ新春コラボが実現した。ベガルタ仙台OBで現クラブコーディネーターの平瀬智行氏(41)が仙台を拠点とする4人組ロックバンド、Monkey Majikのドラマーで熱狂的サポーターのTAX(43)と「居酒屋トーク」を交わした。親…

ニッカンスポーツ・コム 仙台最新ニュース