【名古屋】名駅バスターミナルビル10階にある「社員食堂」がコスパ最高 / 窓側席からのトレインビューも完璧すぎた


愛知県名古屋市にある『名鉄バスセンター』は、中・長距離バスが発着する巨大バスターミナルである。名古屋駅スグの立地で、名鉄百貨店ヤング館のシンボル・ナナちゃん人形前からバスターミナル3階までの直通エスカレーターがあるのはご存知の方も多いだろう。

そして今回ご紹介するのは、同じ「名鉄バスターミナルビル」内にある食堂だ。実はあまり知られていないのだが、10階までエレベーターで上がると名鉄の社員食堂があり、コスパ最高 & 景色がたまらなくイイらしい。てことで、さっそく行ってきたゾ!

・地下からGO

先述したとおり、名鉄バスターミナルビルは名古屋駅からスグの場所にある。とは言え、外は鬼のような暑さだったため、名駅地下街「サンロード」を歩いてビルを目指すことにした。名鉄バスセンターの案内看板通りに進めば、まず迷うことはない。よーし、さっそくエレベーターを発見ッ


しかし、エレベーターの案内板に “食堂” の文字はないようだ。いやまあ社員食堂だから当たり前か~ということで、気を取り直してエレベーターで10階へ。フロアマップを確認してみると……おっ、見つけました! 間違いありません。「食堂」の2文字、無事発見でありますッ!!

・薄暗い廊下の先に……

ただ、なんと言いますか、廊下がやけに薄暗いな。マップの通りに進んでも「本当に食堂あるのかよ」と疑ってしまう雰囲気である。昼間からビミョーに恐怖を感じたが、突き当りを曲がった先に……たしかに食堂は存在した。ここが噂の社員食堂かッ!


さて、まずはメニューを確認。定番の麺類・ご飯類は一通り揃っていて「小松菜のからし和え」や「野菜サラダ」など、おかずは種類豊富で100円から。かなり良心的である。筆者はトレーに「切干大根煮(100円)」をのせて、名古屋メシ「きしめん(350円)」を注文した。

・支払いはICカードのみ

会計は超スムーズ。なぜなら支払いが「manaca(マナカ)」などの交通系ICカードのみだからだ。トレーを置いたらピピッ! と「料金」と「カロリー」が表示される。読み取り機にカードをタッチして支払を済ませてから窓側の座席を確保。なぜかと言うと……

窓側座席からは、JR・新幹線・名鉄・あおなみ線が一望できるからである! 実を言うと『旅と鉄道』なる旅行雑誌を読んでこの場所を知った時から「いつか行ってみたいなァ~」と密かに楽しみにしていたのだが……予想以上の絶景で気持ちィィィイイイイーーッ!!

もちろん料理もグッド。パパッと来てサクッと食べられる社員食堂とは言え、きしめんも切干大根煮も家庭的な味わいでナイスである。コスパ良い名古屋メシを食べられる上にトレインビューも満喫できるとは……マジで最高としか言いようがない。


なお、食堂は一般開放されているが、もちろん食事代金を払った人の利用が優先。弁当の持ち込みや休憩のみの利用は控えるようにしよう。営業時間は11時~15時で限定的(夕方は、事前予約の弁当を提供するのみ)だが、来た甲斐はあったと断言できる絶景食堂であった。う~ん本当に大満足である!

・今回ご紹介したスポットの詳細データ

店名 名鉄バスターミナルビル食堂
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-4名駅バスターミナル10F
時間 11:00~15:00 / 16:30~18:00(事前予約のお弁当の提供のみ)

参考リンク:旅と鉄道
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

氷の世界の愉悦|たったひとつを叶える旅<31>

旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。
あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

真冬だけ現れる、氷でできた村

降るような星空 しかりべつ湖コタン
降るような星空 しかりべつ湖コタン

標高810mの然別湖は、北海道では最標高の湖。真冬に凍った然別湖の上に、期間限定で幻の村「しかりべつ湖コタン」が出現。夜間はマイナス30度にもなる酷寒の村では、降るような星々が眺められます。「しかりべつ湖コタン」は然別湖から切り出した透明度の高い氷と雪のみですべての建物が作られ、春になると村は消えてしまいます。

雪と氷でできた「アイスバー」へいらっしゃい

アイスバー しかりべつ湖コタン
アイスバー しかりべつ湖コタン

壁や天井などが全て雪と氷でできている「アイスバー」。バーを支える氷柱の透明感に心を奪われることでしょう。「寒さ」をネガティブに捉えるのではなく、氷の美しさ、寒さを愉しむために村(コタン)が作られたのです。

宝石が輝くような氷のグラス


氷のグラス しかりべつ湖コタン

透明度の高い氷のグラス。すべて手作りで、自作も可能。グラスについては製氷会社が作ったものなので、安心して口にできます。綺麗な色のお酒を選ぶと、宝石のような美しさです。天然氷でできたグラスで飲むお酒は、最高に美味しいはず。

源泉掛け流しの氷上露天風呂

氷上露天風呂 しかりべつ湖コタン
氷上露天風呂 しかりべつ湖コタン

氷と雪の村のお楽しみは、雪で出来た氷上露天風呂。源泉掛け流しの茶褐色の天然温泉は、遮るものが何もなく開放感いっぱい。逆に言うと丸見えですので、水着など用意することをオススメします。また外気と温泉の温度差が60度ほどあるので、注意して入浴することが必要です。

今回のたったひとつは、氷の世界を愉しむ真冬だけ現れる村「しかりべつ湖コタン」。私たちが旅へ向かわずにいられないのは、日常で求められない「たったひとつ」に出逢うためなのです。
 

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
冬だけ湖上に築かれる幻の村 しかりべつ湖コタン[しかりべつ湖コタン/北海道河東郡]

しかりべつ湖コタン

開催期間:2019年1月26日(土)〜3月21日(木)予定
天候によりしばしば中止・閉鎖されるようなので、訪問直前に必ず最新情報の確認をお勧めします。
場所:北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地
主催:然別湖コタン実行委員会
Website: http://kotan.jp

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

日本でも屈指のウマさを誇る『R’s』の味を継承したハンバーガー店『アルデバラン』が六本木にオープンしていた!

当編集部でもっともハンバーガーに精通した男、P.K.サンジュン。彼が言うには、日本でも1・2を争うウマさを誇るハンバーガーは、千葉・松戸市の「R’s」なのだとか。そんなに言うなら、1度は食べてみたい! そう思いながら、なかなか行く機会を見つけることができずにいた。

実はそのR’sの味を継承したお店が、2018年6月1日に東京・六本木にオープンしていた。おお! 近くで食べられるのなら行くしかない! ということで、早速そのお店「アルデバラン」に向かった。

・入り口どこ?

お店は東京メトロ日比谷線の六本木駅から徒歩約5分。六本木ヒルズのほぼ真裏に位置する。建物の前まで行くと、メニュー看板が出ており、地下1階にお店があることを示してあるのだが……。地下に降りる階段が見当たらない。

扉はあるけど、コレを開けていいのか? 違うお店だったらどうしよう、う~ん……。しばし考えた後に扉を開けると、そこが入り口だったらしい。

開けるとすぐに階段があり、店内へと続いていた。後からわかったことだが、この時、店主はちょっとした買い物に出ていたらしく、扉を閉めていた。普段はここの扉が開けっ放しになっているので、すぐに入り口に気付くはずだ。

・ハンバーガー屋に見えない

階段を降りると、そこは退廃的な雰囲気の漂うバー。立派なソファーとDJブース。それにグランドピアノまで置いてあって、とてもハンバーガーを出す店とは思えない。

額装されたメニューには、リアルバランバーガー(税別1600円)のみが記されている。店主もこれがオススメと言うので、注文することにした。

・星型の皿

注文から提供までには10~15分程度かかるようなので、ゆっくり食事ができない人は注意。ちなみに本家のR’sでも10分程度かかることがあるそうだから、いずれのお店も時間にゆとりをもって訪問しよう。

そうして待った後に出てきたのは、星型の皿に乗った一品。アルデバランとは、おうし座の1等星を意味している。星皿に乗ったリアルバランバーガーは、その輝きにもふさわしいということか?

・肉を食わせるハンバーガー

和牛100パーセントのパティを使用し、タマネギとチェダーチーズ、半熟に焼いたたまごとテリヤキソース。

それをバンズで挟んだシンプルなハンバーガー。レタスやトマトはない。肉を食わせる気満々であることが、その見た目からよくわかる。

・パティの存在感

ハンバーガー袋に入れて一口頬張ると、最初のバンズの食感に驚く。見た感じであまりわからないのだが、表面をサッと炙っているらしく、カリッ! とした歯ごたえ。そのあとにふんわりとした感触。

いきなり「ハッ」とさせられたかと思うと、そこから怒涛の肉祭りだ。たまごもチーズもタマネギも、これらすべては完全なるパティの引き立て役に徹し、強い肉感を前面に押し出した味を楽しむことができる。

あえてバンドで例えるならパティはボーカル、たまご・チーズ・タマネギはひたすらリズムを刻むバックバンドのようだ。そのくらい味を下支えして、パティの存在を前へ前へと押し出し続ける。ある意味清々しいまでの肉の独壇場である。強烈な肉味を堪能したい人にはオススメ! ただし現在のところ(2018年7月19日時点)、営業時間が短いので要注意だ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 アルデバラン
住所 東京都港区西麻布3-2-9サンライズ六本木地下1階
営業時間 11:00〜17:00
定休日 月曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。