【横浜】ガッツリ過ぎる「スタミナカレー」は1度食べたらヤミツキ必至! 生姜焼きと卵がドーンと乗って激烈ウマい!


美しく盛り付けられた料理と出会うとテンションが上がる。決して “芸術的に” という意味ではなく、パッと見ただけで “食欲をそそる” ナイスコンビネーション的な料理がたまらないのだ。たとえば、横浜のB級ソウルフード『バーグ』の「スタミナカレー」なんか最高である。

ということで今回は、見た目も味も最強と名高い「スタミナカレー」を紹介したい。1度食べればヤミツキ必至で、空腹時に高確率で脳裏に浮かぶメニューとなるだろう。ひさしぶりに食べてみたら……ああ~やっぱりやられちゃいました。

・バーグ 弥生町店

やって来たのは、横浜市中区。市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町駅」6B出口から歩いて数分、大通り公園沿いに『バーグ 弥生町店』はある。目印は黄色い看板。デカデカと “スタミナカレーの店” と書いてあってインパクト抜群だ。もう食欲がそそられる。早く食べたい。

・スタミナカレー

同店名物「スタミナカレー」は、カレーの上に厚切り豚の生姜焼きと卵(生卵or玉子焼き)をドーン! と乗せて820円。注文時に「スタミナ生」「スタミナ焼き」と伝えるのが常連なんて言われているが、筆者はいまだに “常連です” 的な空気を出すことができず……「スタミナカレーの生卵入りお願いします」とフルで伝えるようにしている。

それはさておき、注文してからあまり待たずに「スタミナ生」が運ばれてきた。なんというか、さすが「空腹時に脳裏に浮かぶメニュー」である。ビジュアルは間違いなく100点、相変わらず、欲望をむき出しにしてガツガツ食べたくなるカレーです。

・スプーンが止まらん

ここはもちろんガッツリ大口を開けて食らうのが正解! 粘土の高いドロリとした濃厚なカレーに生卵がまろやかに絡み、パンチ力抜群の豚バラ肉と合わせて食べれば……最強レベルでご飯がススムくんである。おいおいマジで美味すぎるだろーーー!

生卵をかき回してスタミナ肉とカレーをガツガツ。やはり……スプーンが止まらん。余計なことを考えずにスピード感MAXでひたすら食べ続ける。食べ応えがあるだけでなく、しっかり美味しいからすぐに思い出すのだろう。ああ、大満足でごちそうさまでした。

ちなみにだが『バーグ 弥生町店』は、横浜スタジアムから徒歩15分圏内にあるから野球観戦の前に行くのもオススメだ。スタミナカレーからの球場でビールはマジで最強だぞ。機会があればぜひ試してみてくれ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 バーグ 弥生町店
住所 神奈川県横浜市中区弥生町2-18-1
時間 11:00~15:00 / 17:00~21:30
休日 月曜日

参考リンク:スタミナカレーの店 バーグ
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

春を感じて食欲を満たす「甘くない」ピンクグルメ4選



この時期は今が旬の苺をふんだんに使ったスイーツや、見た目にも華やかな春の彩りスイーツを目にする機会が多くなります。桜や梅の淡いピンク色をモチーフにした春グルメは、甘いものだけではありません。今回は「甘くない」春のピンクグルメに注目。これからの季節にぴったりな、食欲を満たしてくれる春のグルメをご紹介します。

1/2PPUDO 桜色スープの「春色とんこつラーメン」

春色ラーメン

とんこつラーメンでおなじみ一風堂グループの新しいスタイルのお店1/2PPUDO(ニブンノイップウドウ)。小ぶりサイズのラーメンと豊富なサイドメニューをその日の気分に合わせて組み合わせることができる「選ぶ楽しさ」にこだわったお店が、この春限定発売を開始したのは「春色とんこつラーメン」。

鮮やかな赤色が特徴の野菜「ビーツ」を使った、ほんのりとした桜色のスープが特徴。紫キャベツ、菜の花、桜えびなど、春を感じるトッピングと共にいただきます。単品での注文はもちろんのこと、餃子やサラダ、スイーツなど30種類にも及ぶサイドメニューとセットで味わうこともできます。
 

販売期間 :3月1日(金)~4月20日(土)」
※「渋谷ヒカリエ店」のみ3月7日(木)~3月31日(日)まで
販売店舗 :1/2PPUDOセレオ八王子店、1/2PPUDOルミネ立川店、1/2PPUDO渋谷ヒカリエ店、一風堂 ルミネエスト新宿店
価格 :単品価格 815円(税別)、セットメニューでの注文で1杯当たり500円(税別)
販売杯数 :30杯/日

[PR TIMES]

桜の香りが楽しめる見た目も華やかな「桜そば」

桜そば

ラーメンよりもさっぱりした蕎麦派の方には、渡辺製麺の桜の香りが楽しめる「桜そば」がオススメ。桜の葉を麺に練りこんだ上品な味わいを楽しめるお蕎麦です。家庭で作れる生そばと半生そばがあり、どちらも4月末までの期間限定発売。通販サイトや渡辺製麺通販カタログより購入することができます。
 

販売期間   :2019年2月15日(金)~4月30日(火)
<渡辺製麺通販係>
フリーダイヤル0120-77-2083(月~土 9:00~17:00、日曜祝日は定休、携帯電話からも可)

[渡辺製麺 楽天市場トップページ]
[渡辺製麺 Yahoo!ショッピングページ]
[PR TIMES]

イケアの桜フェア開催期間中に食べられる「桜ドッグ」

桜フェア

スウェーデン発祥の家具ブランドイケアでは、桜をテーマにした「桜フェア」を開催中。イケアのビストロといえば低価格で楽しめる美味しいグルメが人気ですが、中でも有名なホットドックの春バージョンが「桜フェア」に合わせて登場。ピンク色のホットドッグバンにソーセージを挟んだ、見た目のインパクトも抜群の桜ドッグを期間中楽しむことができます。
 

開催期間 :2019年2月28日(木)〜4月7日(日)
開催場所 :全国のイケアストア

[PR TIMES]

ボタニカル食材カフェの「桜バーガー」&「春野菜ブルームパスタ」

ボタニカルパスタ

「植物とともにカジュアルでリラックスしたライフスタイル」をコンセプトにした渋谷神宮前の「BOTANIST Tokyo」では、5月上旬までの間の春限定メニューを提供中。「春野菜のプルームパスタ」は、トマトを練りこんだ桜色パスタに、春を感じる野菜やキノコを絡めた春らしい一品です。パスタのトッピングとしては珍しい苺も使用されており、隠し味のバルサミコ酢との相性も抜群です。

ピンクバーガー

「BOTANIST Tokyo」からもう一品ご紹介。ビンクの見た目が可愛らしい「サクラバーガー」は、紅芋を練りこんだバンズに新鮮な野菜やビーガンチーズと大豆のパティをサンド。ビーツで色づけしたオーロラ風ソースが見た目にも楽しい春気分を味わわせてくれます。
 

BOTANIST Tokyo
販売期間 :2019年2月1日(金)~2019年5月8日(水)
東京都渋谷区神宮前6-29-2 1F(店舗)、2F(カフェ)
営業時間 :11:00~20:00

[PR TIMES]

見た目のインパクトも抜群な春のピンクグルメはどれも期間限定の商品ですので、気になる方は早めにお試しください。これからのシーズンに色を添える「甘くない」春グルメで、気分を盛り上げてみませんか。

[A Photo by shutterstock.com]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

どっちがウマい? 叙々苑とモスの「焼肉ライスバーガー」を食べ比べてみた結果…

高級焼肉店の代名詞とも言える「叙々苑」。同社の商品を取り扱うネットショップをチェックしてみたところ『焼肉ライスバーガー(冷凍)』を発見した。説明によれば、選りすぐりの国産牛肉を叙々苑秘伝のたれで焼き上げているとのことだ。

さて、いったいどれだけ叙々苑の焼肉ライスバーガーはウマいのだろうか? 今回はモスの焼肉ライスバーガーと食べ比べながら、味の違いを確かめてみることにしたぞ。

・叙々苑の焼肉ライスバーガーは全2種類

叙々苑の焼肉ライスバーガーのラインナップは「特製」と「辛口」の全2種類となっている。気になる価格だが、筆者が購入した「叙々苑プレミアムショップ」では、いずれも税抜420円。またこれに加え、地域によって907〜1556円の送料がかかる。

一方、モスの焼肉ライスバーガー(正式名称:モスライスバーガー焼肉)は税込390円。叙々苑よりは少しばかりリーズナブルだが、スーパーなどで売っている冷凍の焼肉ライスバーガーに比べれば、決して安いとは言えない価格設定だ。

・モスの方がボリューミー

それではまず重さを比べてみよう。叙々苑の商品をレンジで温めてから、包みのままの重さを測ってみると……

「特製」が128gで「辛口」が123gだった。一方、モスは173gとなっており明らかにヘビーである。

続いて、包みを開けて見比べてみると……こ、これは!

やはり重いだけあって、モスの方が圧倒的にボリューミーだ!! さらにライスの部分を持ち上げて中身をチェックしてみると、特に肉の量に差がある印象を受けた。

・いざ実食

さあ、いよいよ実食である。まずは、叙々苑をガブリ……ウマッ! モッチモチのご飯の食感と甘辛い牛肉から滲み出てくる旨みがたまらない。

ちなみに「特製」はごま油の風味がポイントとなっていて、「辛口」は唐辛子の風味はするものの刺激はマイルドで食べやすかった。

続いて、モスバーガーをいただいてみると……うわっ!! 超ウメェェェエエエエエーーーーーッ!!!

ご飯はふんわり、肉はジューシーで柔らかく、それぞれの風味がしっかりと感じ取れた。お店で作られたばかりというだけあって、食感も味わいも豊かだ。ウマさに定評のある叙々苑だからといって、冷凍と出来立てを比べるのはちょっと酷だったかもしれない。

というわけで焼肉ライスバーガーは、「冷凍の叙々苑」よりも「出来立てのモス」の方がウマかった。──がしかし、叙々苑は長期保存が可能という点では大変便利である。ネームバリューもあるので贈り物にも良いだろう。

参考リンク:叙々苑プレミアムショップ「焼肉ライスバーガー」、モスバーガー「モスライスバーガー焼肉」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。