出会いの少ないおしゃれ男女が、今良縁を求めて繰り出すお店

おしゃれフードトレンドを追え! Vol.22

アパレル業界人の残念な恋愛事情。この店なら出会える!?

未婚率が高いおしゃれ業界、

その原因は何か?

 

生涯未婚率が上がり続けている。50歳まで一度も結婚したことがない人の割合は男性23.37%、女性14.06%(厚生労働省管轄の国立社会保障・人口問題研究所が発表した2015年度集計データ)で、男性のおよそ4人に1人、女性のおよそ7人に1人が生涯未婚ということだ。東京ではさらに未婚率は高いようだが、自分のまわりにも独身者(バツ0)が大勢いるのを見ると、おしゃれ業界人が未婚率を上げてるんじゃないか?とも思う。40歳以上で独身というのが何ら珍しくない業界なのだから。

 

華やかそうなおしゃれ業界、出会いも豊富そうだが、実は恋愛の面ではかなり恵まれていない。というのも、女性から見たアパレル業界の男性は「若い頃は収入がかなり少ない。なのにファッションにお金をかけ過ぎる、夜遅い、土日出勤が多い(販売だと土日出勤)、仲間との飲み会が多い」との低評価。男性からするとアパレル業界の女性は「お金がかかる、ファッションセンスにうるさい、遊んでそう、不規則な生活についていけない」など同じく不人気。

 

男女ともに他業界にはモテないおしゃれ業界人だから、同業者同士でくっつけば一番手っ取り早い。お互いの仕事も理解できるし、揃っておしゃれ好きだから買い物も楽しいし、刺激し合えるのでは?とも思う。しかし、おしゃれ業界人同士で結婚できるのは数少ない幸せな方々。大半のアパレル業界人は、駆け出しの20代で必死に仕事してふと気づいた時は30代半ば。誰もが「同業者とは結婚したくない!」と唱え、異業種のパートナーを求めているのだ。

 

ファッション業界は何かと狭い世界。さらに噂話が大好きな人種なので「誰々さんと誰々さんが付き合ってるらしい」「別れて次はあそこのプレスと付き合ってるんだよ」「あの子は不倫だって」など、面白そうな熱愛情報は瞬く間に業界中に知れ渡る。慎重にいかないと同業者は危険だ。おしゃれ業界同士の成功の出会いパターンは、アパレル勤務(女)×アパレル勤務(男)、ファッション誌編集者(女)×カメラマン(男)、ブランドPR(女)×デザイナー(男)、モデル(女)×スタイリスト(男)などが代表例。仕事で出会ったり、パーティーで紹介されたりといったなれそめが多いだろう。しかしこれも、35歳以上になると出会い自体が少なくなる。そうなると同業者ばかりが集うレセプションパーティにいくら行っても、仕事しても取材しても目ぼしい出会いは皆無だ。

 

そこで、ファッション業界人が求めるのは「クリエイティブな業種の会社員などのおしゃれで話が合いそうな人」。例えば広告代理店会社員、建築家、インテリア系の会社員、IT系などとはうまく行きそうだが、これがなかなか出会わない。まわりの友達に「誰かいない?」と聞いても年齢が上がれば数少ない……。

“出会い難民”が今集うのはここ!

煉瓦窯で焼いた肉の盛り合わせ(3種盛り合わせ)3,300円(税別)

 

そんな出会い難民の業界人が、中目黒の「PAVILION(パビリオン)」に集っていると最近話題だ。中目黒の高架下にあるPAVILIONは、男女の出会いに限らず「人と人との距離を縮める」をテーマにした店で、アート作品も客同士が会話を始めるきっかけになる一つのトリガー。店内には、とてつもなく狭い席や懺悔室といった空間もあり、物理的に距離が縮まるような席もあれば、PAVILION独自の通貨「ROMAN」というものもある。ROMANでしか注文できないメニューが用意されていて、「小さなブーケ」や「あちらのお客様からです」など距離を近づける仕掛けもたくさん。有名人の方がキープされているお酒が飲めるというユニークなシステムもあり、藤井フミヤ、斎藤工といった名前が並ぶ。

 

PAVILIONでは出会いイベント「ラブ活」や「MEET@Table」が行われ、その実績の高さも注目だ。ラブ活第1回がカップル成立7組、第2回は17組成立。ここでいうカップルというのは、「付き合う」ということを前提にしたものではなく「もっと話をしてみたい!」という想いが両想いだったペアのことを指すそうだ。「ラブ活」で知り合ったカップルが婚約したというから、夢がある。自己紹介を兼ねたゲームコンテンツがあったり、テーブルごとに食に絡めたクイズに挑戦したり、席替えをしつつ色々な人とコミュニケーションを取りながらお酒と食を楽しめる。場所柄か、アート系やクリエイティブ系職種の男女が集まるとあってファッション人とも親和性が高い。ここのメイン料理は、特注の煉瓦窯を用いた和牛などのお肉。遠赤外線効果で低温からじっくり焼き上げた柔らかいお肉とワインで、ラブ運が増すことだろう。現在、次回イベントを計画中とのことだ。

「あかどら1000 ginza」出典:エッグログさん

 

そしてもう一軒。ファッション業界人たちが厚い信頼を寄せるのが隠れ家的なダイニングバー「あかどら1000 ginza」だ。男性誌エスクァイアなどで編集者をしていたオーナーで、白金台で中国茶とイタリアンの店として親しまれたDORA ROSSO 千年茶館が銀座に移転した。外に看板が出てないので、入り口がわからず隠れ感がすごい。10人がけほどの大きなテーブルでワイワイ飲むスタイルで、とにかく顔の広いオーナーさんが誰かを紹介して繋げてくれる。

 

オーナーの奥様が風水をやっていて、店の立地も風水的には完璧なのだとか! 何組もここで知り合って結婚しているのはオーナーの顔の広さと風水のおかげかも。オーナーの加藤夫妻の自宅サロンにいるような、温かなおもてなしがお客たちに愛されて、口コミで「ここに行ったら出会える」と未婚男女たちが度々店を訪れている。熟年カップルの成立が多いとオーナーからご報告が。

「ザ パブリックスタンド」出典:マス オオヤマさん

 

若手のメンズスタイリストやメンズエディターたちはカジュアルなバーで若い女の子と出会っているようだ。新たな出会いの聖地と呼ばれているのが恵比寿の「ザ パブリックスタンド」。ガラス張りでおしゃれな内装の中、カジュアルに仲良くなれるスタンディングバーとのことで人気だ。料金システムは男性が3,240円、女性は1,080円(税込)で朝5時まで飲み放題だ。出会いを求めて来ている人も多いバーなので、あちらこちらで会話をする男女が。美男美女が多めという情報もある。業界以外のかわいい女の子と出会えるとスタイリスト男子が喜んで通っている様子なので、おしゃれメンズと話したい女子にはぜひオススメしたい。

 

自由を好み、かっこいいことを求め、妥協ができないファッション業界の未婚男女たち。好きな洋服にお金を費やしても嫌な顔一つしないお相手を探すのは、なかなか困難だ。そこで、最後に頼りになるのは誰かの紹介。仕事でもコネクションと信用を大切にしている業界人だからこそ、信頼できる誰かからの紹介を待っているわけだ。自分と相性のいい店を見つけ、そこから繋がるご縁を見つけ出したい。願・良縁!

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

〈噂の新店〉「日本人のイタリアン」に誇りを。故郷の鮮魚で作り出す、東京リストランテの今

本場の技を“東京らしく”

リストランテからバールといった店の位置付けにはじまり、料理の多様性についてはもはや説明不要なイタリアンだが、最近の東京イタリアンの面白いところは郷土系と革新系に大きく二分されるところだろう。

 

日本では肉ブームの後押しもあって、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェのステーキ)を売りにしたトラットリアや、それこそ肉料理をメインに供するビステッケリアのオープンが続いた時期もあったが、日本人シェフの感性が息づいた繊細なイタリアンもまた、東京イタリアンの人気をずっと支えてきた。

シェフの佐々木泰広さん

 

今年7月に恵比寿から代官山に移転した「アルモニコ」は、いまの東京らしさを表現する軽やかで繊細なイタリアンだ。シェフの佐々木泰広さんは、モデナの「Osteria Francescana(オステリア フランチェスカーナ)」をはじめ、本場での修行経験を持つが「日本人が作るイタリアン」に対する誇りと思想は、年々強くなっているようにも見える。

生まれ故郷の鮮魚で、旬の味わいを表現

恵比寿時代から自分が生まれ育った大分・豊後水道で揚がる魚介を積極的に料理に取り入れてきた。自身が働いたエミリア・ロマーニャ州にも漁業が盛んな地域があり、その経験を重ねている部分ももちろんあるが「日本の旬を感じられるイタリアンを追求したい」という佐々木さんの料理は、とりわけ魚介使いが印象的だ。

今回の移転にあたって、ディナーは7品構成の8,800円(税別)のコースのみに。関アジのカルパッチョや紫うにの冷製フェデリーニ、イサキのフリットなど、その日の仕入れで軽妙にコースを組み立てる。以前と変わったのは、新たに炭火を導入したこと。

 

「炭を扱うのは簡単ではないけれど、僕、じつは肉を焼くのも得意なので、これを機会にチャレンジしていきたいなと思っているんです」と話す。

東京イタリアンの“今”を感じる空気感

席数もぐっとコンパクトになったが、カウンター6席と1テーブル、個室が1室という造りは“活き”のよいシェフの料理を一番よい状態でゲストに楽しんでもらえるベストな空間だ。シェフとの距離感は近いが、洗練された雰囲気や料理はあくまでリストランテの構え。だが、気負わない空気感が断然、今っぽい。

恵比寿でひとつの時代を経てきたシェフも脂がいい具合にのりつつ、いい意味でどこか肩の力が抜けた様子。悠々自適に料理を楽しむ佐々木シェフの姿を眺めていると、東京イタリアンは伝統と革新のはざまで、確実に進化していると思える。

写真:上田佳代子

取材・文:小寺慶子

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

鮎から野草まで。若き気鋭のシェフが見つけた自然の恵みあふれる“東京の森”

〈運命の食材・特別編〉

東京の森に、美味しさを求めて

都心から1時間半。食材入手ルートに同行してわかったこと

 

野山で草木や花を友として遊んできた少年が、長じてイタリア料理をめざし、単身渡伊。技術と感性を磨き、自らの可能性を試したいからと、敢えて、生まれ育った京都を離れて、東京に店を開いたのが3年前。その名もイタリア語で草を意味する“erba” da nakahigashi。かつての少年の父は、摘み草料理で名高い京都「草喰 なかひがし」の店主・中東久雄さんと聞けば合点がいくことだろう。

 

「エルバ ダ ナカヒガシ」オーナーシェフの中東俊文さんは、西麻布という都心に店を構えながら、週に2~3回、1時間半ほどかけて緑深いあきる野市の秋川渓谷に通い続けている。あきる野市の道の駅から渓谷の山歩き、そして秋川の鮎名人が釣る鮎まで、中東さんの食材の入手ルートに同行することで、素材や料理への熱い思いが見えてきた。

新鮮でリーズナブルな食材の宝庫、道の駅に到着

初夏のある日、西麻布の店から一路、あきる野へ。都心への渋滞とは逆方向ゆえ、1時間かからずに道の駅「八王子滝山」に到着。

 

「都心のスーパーに比べれば、収穫してから売り場に並ぶまでの時間が半分ほどですから、鮮度が全く違うし、なんといってもリーズナブル。ヤングコーンが束になって200円。トマトも味が濃いんですよ。葉唐辛子って知ってますか? じゃこと炒め煮するとすごく美味しいんですよ」。見るまにかごがいっぱいになる。

 

買い物終了後は秋川渓谷を目指す。京都に生まれながら、なぜ、あきる野市にたどり着いたのかと尋ねると「夏にはどうしても鮎を焼きたくて、初めは京都から送ってもらっていたんです。でも鮎のように繊細な魚を生きたまま運ぶのは難しい。そこで、ネットを検索しまくって、秋川に鮎釣り名人がいることを見つけました。あたって砕けろで、行ってみたんですね。何度も足を運ぶうちに心を開いてくれて、名人・小峯和美さんの鮎を購入することができるようになりました。都心から1時間半でこんなに豊かな自然があることがうれしくて、そのたびに山を歩きまわりました。体が山を渇望していたんですね。同時に、せっかく東京という土地で店をやるのだから、近郊でとれたものを食べるべきだと思えてきました。身土不二の考え方です。京都から食材を送ってもらうのをやめて、あきる野市に通うようになったのです」。

都心から1時間半、秋川渓谷へ

今回はその片鱗を紹介してもらった。車を停めて、まずは、道沿いに生えている山いちごを採取。口に入れると、瑞々しい甘酸っぱさがあふれ出す。その合間にもシオデという野生のアスパラガスのような山菜を見つけては摘んでいく。

 

「これ、なんだかわかります? この蔓にむかごがなるんですよ」と教えてくれる。平らに開けている土地には、野生のミツバやカタバミがたくさん自生している。今日の冷菜に添える予定だそう。そのすぐそばにあるドクダミは、干してお茶にする。大きなイタドリの葉ははさみで切り取り、何枚も重ねて持ち帰り、盛りつける皿として使う。崖を登ったところには、山椒の木が群生していて、その香りの清々しさといったらない。必要な分だけ葉は取るが、実は取らずに秋まで完熟させ、より複雑でスパイシーな風味を楽しむのだという。帰りがけにも、明るい橙色のノカンゾウの花を見つけ、車を停めた。

 

「甘くて優しい味なんですよ、ほんの少しとろみもあって、金針菜みたいですよ」と嬉しそうに説明してくれる。山の中であでやかに咲き誇る花も、中東さんの手にかかれば美味食材になるのだ。

「山は、繰り返し同じところに行き、固有の生態系を知ることが大切です。春になると、このあたりには何が芽吹くのか、花が咲くのはいつ頃で、その後2週間もすれば実がなり始める。そんな自然のサイクルを体で覚え、森の知恵を授からなければ、野草を料理に使うことはできません」とも教えてくれた。

 

最後の目当ては、稀代の鮎釣り名人

 

あきる野市での仕入れの最後は秋川の鮎だ。秋川漁協の公認のおとり鮎の販売所にもなっている「舘谷売店」の主であり、鮎釣り名人の小峯和美さんの元を訪ねる。

「ほれ、昨日釣って、一日泥をはかせた鮎を30尾。秋川だけじゃ揃わないから、支流も行ったよ。むしろそっちのほうが苔の状態がいいね」と小峯さん。今年は鮎が少ないと嘆きながらも、名人のプライドにかけて、最高のものをそろえて中東さんに渡したいという思いが伝わってくる。

そんな信頼関係が築かれたのも、中東さんの自然を愛する心や、料理に対する真摯な姿勢があってこそだ。早速、酸素のポンプ付きのクーラーボックスに移し、東京へ向けて出発。鮎は時間との勝負だ。東京へ戻る1時間の間でさえ、弱ってしまうものもあるのだという。であれば、無理に京都から送ってもらってもいい状態で出せるわけがない。「鮎のおかげで豊かな東京の自然にたどり着けて本当によかったです」と中東さんは笑う。

 

とれたての食材を、料理に

店についたら、早速荷をほどき、本日の戦利品で料理を始める。料理に使わない野草や花も店を飾る生け花として使う。

 

まず1品目は「エルバ ダ ナカヒガシ」のシグニチャーディッシュでもある、サイフォンで沸かすミネストローネスープだ。

サイフォンの上の部分にトマト、ケール、ニンジンの葉、かぼちゃの種など、旬の野菜を干したものを入れ、下には生ハムとチーズでとったピュアなスープを入れて加熱。沸騰して野菜のエッセンスや香りを取り込んだスープを、季節野菜を盛り込んだ皿の中に注ぐ。シンプルでありながら、野菜の旨みをまとったスープの、淡い中にも大地を感じさせる豊かな味わいに陶然となる。具材である野菜は、ゆでたり蒸したり、炭火で焼いたり、それぞれの持ち味を最大限に生かす処理が施されている。

 

続いては、鮎の塩焼きエルバ ダ ナカヒガシ風。「小峯さんが全霊をかけて釣った鮎の尊い命をいただくには、イタリアンにおいても塩焼きに勝るものはありません。アクセントにビーツのカルピオーネをソルベにしたものを添えました」。

 

ベルナルドの器に描かれた流水文が、鮎の泳いでいるような姿と絶妙のマッチングを見せている。「実はこの皿、父が親しくしていた京都の作家さんの息子さんの作品です。父が昔オーダーしたのと同じ流水紋を、あえて洋食器に描いてもらったという思い入れのある器なんです」と中東さん。京都のバックグラウンドに現在の世界観を重ねた、まさにエルバ ダ ナカヒガシを象徴する一皿といえるだろう。

 

最後の料理は、塩もみしてカチカチになった鮑をすりおろすという、魯山人が好んだ鮑とろろをアレンジしたもの。冷たいパスタにたっぷりと鮑をかけ、先ほど摘んできたカタバミやアカザ、スベリヒユなどを添え、ノカンゾウの花をあしらって完成。海と山の恵みが出会った、なんとも贅沢な一皿だ。

 

「植物には食べて美味しいもの、食べられるけれど美味しくはないもの、食べると毒になるものがあると父に教わりました。大切な森の恵みを料理に生かそうと思っても、自然を見分ける術がなければできません。森と共に暮らし、先人から学んだ森を生かす知恵を受け継いでいきたいと思います」と中東さんは言う。「エルバ ダ ナカヒガシ」の料理には、どの一皿にもそんなの命が詰まっているのだ。

撮影:小野広幸