【世界の美食】中華料理とマレー料理が融合したニョニャ料理が食べられるマラッカのレストラン「ニョニャ63」

多民族国家マレーシアの4大料理といえば、マレー料理、中華料理、インド料理、そして、19世紀後半までにマレーシアに移住した中華系移民男性が現地の女性と結婚し、生まれた子孫=プラナカンの家庭料理であるニョニャ料理。

ニョニャ料理は、中華系の食材や調理器具を使いマレーシアの香辛料や味付けでアレンジされているので、中華料理ともマレーシア料理とも違う、独特の味わいです。

今回はマレーシア南西岸に位置するマラッカ州の州都であり、古くから交易で栄えた世界遺産の街、マラッカ(またはムラカ)で人気のニョニャ料理レストラン「 ニョニャ63(Nyonya 63)」を紹介します。

ニョニャ63は、キリスト教会やビクトリア女王記念噴水があることで知られるオランダ広場から、マラッカ川を隔てたチャイナタウンエリアにあるレストランです。

店内に入ると、そこはプラナカン文化を感じさせる衣類や日用品の並ぶショップスペース。

その奥にある吹き抜けの庭を通り抜けると、レストランスペースがあります。

ニョニャ63の料理は、ボアカルア、コリアンダー、シナモンパウダー、ジンジャーフラワーなど、さまざまなスパイスを使用しているのが特徴です。

中華料理と同じ食材を使っていても、マレー料理らしさが感じられる理由はそこにあります。

円卓にさまざまな大皿料理が並ぶところも中華風ですが、盛り付けはどこかエキゾチック。

春巻きのようなもの、豚バラ肉を使った肉じゃがのようなもの、野菜の和えものなど、全体的に中華料理っぽいのに、スパイスが効いていてエスニック。辛いものはかなり辛いですが、和食っぽさを感じるマイルドな味付けのものもあり、辛いものばかりというわけではありません。

日本人にとって親しみやすい味のものもあるので、グループでいろいろ注文して取り分けて食べるのがおすすめです。

レトロかわいい水筒に入っていたのは、お茶ではなく、バタフライピーのドリンク。

タイなどでもポピュラーなバタフライピー(マメ科の植物)は、鮮やかな青色が美しいドリンクですが、マレーシアでは甘く味付けされて出てくるのが一般的らしく、個人的には料理といっしょに飲むにはちょっと甘すぎると感じました。

デザートは細いゼリーをトッピングしたかき氷。マレーシアの定番デザート「アイスカチャン」は、豆やコーン、ゼリーなどさまざまな具がのっていますが、こちらはシンプルなかき氷です。

素朴でやさしい味わいのかき氷は、スパイスの効いた料理の後にぴったりでした。

マレーシアのマラッカへ行ったら、ぜひここでしか食べられないニョニャ料理を味わってみてはいかがでしょうか。きっとマラッカ旅行のおいしい思い出になるに違いありません。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 ニョニャ63(Nyonya 63)
所在地 No. 63 Jalan Tun Tan Cheng Lock 75200 Melaka, マレーシア
Facebookページ https://www.facebook.com/nyonya63/

明日、旅に行きたくなるメディア

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

華やかなビジュアルにうっとり!芸術的なスパイスカレー「カレーの惑星」【東京スパイスカレー特集】



ときには刺激的だったり、ときには爽やかだったり。
ピリッとした辛味と芳醇な香りが織りなすスパイス。
食べた瞬間から、舌と胃だけでなく細胞まで熱くしてくれるスパイスはもはや快楽性物質ではないでしょうか。

ところでここ数年、“スパイスカレー(スパイスカリー)”なるものが大阪で爆発的なブームを巻き起こしており、大阪名物の新定番として注目されています。

さらにそのムーブメントは東京にも飛び火し、専門店が続々と登場。その勢いはとどまることを知らず、大阪に負けない盛り上がりを見せているんですよ。

今回の特集では、そんな東京でも食せる魅惑のスパイスカレーをピックアップ。
第3回は、芸術的な盛り付けが話題の「カレーの惑星」をご紹介しましょう!

スパイスカレーの定義とは?

さて、そもそも「スパイスカレー」ってどんなものなのでしょうか?

某店主によれば、スパイスカレーの発祥は大阪・北浜にある「カシミール」というお店とのこと。その独創的な味に影響を受け、数々の名店が大阪で誕生。カレーマニアの枠を超えて幅広い層に親しまれるようになったのだそう。
一方、東京にも以前からスパイスカレー的なカレーを提供するお店は存在していたようなのですが、数も少なく今日のようなブームにはならなかったとのこと。

さらにスパイスカレーには以下のような特徴があることも判明しました。

・欧風ではなく、どちらかというインドやスリランカ系。
・基本はライス。
・野菜やアチャール(インド版漬物)がトッピングされたワンプレートスタイル。
・スパイスやハーブはお店独自で調合。

“これといった決まりはない”とも言えるスパイスカレー。この自由なスタイルこそが個性ある味わいを生むのかもしれません。

目印は「フジカラー」の看板


下北沢駅から歩くこと10分ほど。一番街商店街の一角にあるのが「カレーの惑星」。かつてこの地にあったカメラ屋さんの看板をそのまま利用しているという外観がなんともユニーク。


ナチュラルな雰囲気の店内はカウンター席と小さなテーブル席が3つ。窓から日差しがたっぷり差し込み居心地の良さ抜群です。


ランチメニューではカレーを4種用意。単品と2種盛りから選べます。


カウンター上には多彩なスパイスが鎮座。店内は心地よい香りに包まれ、食欲も一層刺激されてきます。


自家製ラッシー(350円)。まろやかな甘味とすっきりした酸味。カレーとの相性も抜群。

目も舌も楽しませてくれる、アートなスパイスカレー


「とりももとレンコンのバターチキンカレー」と「合挽肉のスパイシー焦がしキーマ」の2種盛り(1,380円)。スパイスやハーブ、野菜がセンスよく散りばめられ、芸術的な美しさ!思わずうっとりしてしまうほどのビジュアルです。


紫キャベツのアチャールがさらに華やかな色彩感をプラス。



スパイスの香りが際立ちながらもマイルドで優しい味わいの「とりももとレンコンのバターチキンカレー」。鶏肉は大変柔らかくライスとも見事に調和。


舌先をピリッと刺激する辛味の「合挽肉のスパイシー焦がしキーマ」。ひき肉の絶妙な焦がし具合によってビター感を演出。食べ進めるごとに重層的なスパイス感と香りを楽しめる至福の逸品でした!

総評:芸術的センスが光るスパイスカレー

アートのようなスパイスカレーは、誰しもが写真に収めたくなるほどのビジュアル感。さらに見かけだけなくカレーの実力も最高峰!目も舌も楽しませてくれる、個性際立つスパイスカレーでした。

カレーの惑星
住所 東京都世田谷区北沢3丁目34−3
電話番号 03-6407-9220
営業時間 <平日>11:30〜15:30,18:00〜20:00 <土日祝>11:30〜20:00
定休日 なし
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13194397/

[All photos by Nao]

東京のスパイスカレー専門店を6つピックアップした【東京スパイスカレー特集】もお見逃しなく!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【超簡単レシピ】しっとり美味! アメリカ生まれのチョコ入りバナナブレッド

超お手軽!バナナブレッド



ボウルひとつで気軽に作れるものが多い、アメリカンスイーツ。完熟バナナを使った、しっとりおいしいバナナブレッドも、そのひとつ。ブレッドという名前がついているけれど、パウンドケーキやマフィンに近い食感です。


(C)sweetsholic

アメリカの料理本にもレシピサイトにも、さまざまなレシピが載っていますが、基本の材料はバナナと卵と薄力粉とオイルと、至ってシンプルです。ナッツやココナッツを入れたりと、アレンジも楽しめますよ。

今回はチョコを入れてよりケーキっぽく仕上げた、軽い食感のオリジナルレシピをご紹介します。

チョコ入りバナナブレッドのレシピ

チョコ入りバナナブレッド
(C)sweetsholic
 

【材料】(15cmの丸型、または16〜18cmのパウンド型1台分)
砂糖・・・70g
サラダ油・・・50cc
卵(L)・・・1コ
バニラオイル・・・少量
薄力粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
完熟バナナ・・・中1本
ビターチョコ・・・30〜50g

【作り方】
下準備:卵は室温に戻す。型にはバターを薄く塗り、オーブンシートを敷いておく。

1. ボウルに砂糖、サラダ油、卵、バニラオイルを入れ、泡立て器で混ぜる。

2. 1に合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを入れて、泡立て器でよく混ぜる。粉気が残っている状態で、フォークで潰して滑らかな状態にしたバナナと包丁で砕いたチョコを加え、ゴムべらで混ぜる。

3. 生地を型に流し入れ、170℃に予熱しておいたオーブンで35分ぐらい焼く。中央に爪楊枝をさしてみて、トロッとした生地がついてこなければOKです。ついてくるようなら、ケーキにアルミホイルをふんわりとかけて、さらに5〜10分程度焼く。

崩れにくいバナナブレッドは、ピクニックにぴったり
(C)sweetsholic

このチョコ入りバナナブレッド、崩れにくいのでピクニックにはもちろん、焼いてから常温で3日ぐらいは大丈夫なので贈り物にも! ピクニックの予定がなくても、焼きたくなるおいしさです。

レシピ制作:sweetsholic

[Photos by Shutterstock.com] 

『【超簡単レシピ】優しい甘さのブラジルの朝食ケーキ「ボロ・デ・フバ」』『【レシピ】おもてなしや手土産にぴったり!チーズが主役のケーク・サレ3選』などもぜひチェックしてくださいね。

~人生に旅心を~