新緑の季節に合う、抹茶の贅沢和スイーツを期間限定で



シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」では、5月1日から31日までの期間限定で、新緑の季節にふさわしい芳醇な抹茶の香りと味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が楽しめます。抹茶と相性のよい和スイーツを味わってみては。

芳醇な抹茶の香りの大人な和スイーツ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」で、芳醇な抹茶の香りで大人上品な味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が登場。5月1日から31日までの期間限定で楽しめます。風味豊かな抹茶と相性の良い和の素材を使った和スイーツを用意しています。新緑の季節、抹茶好きにはたまらない香り豊かな1品で優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

抹茶に和トッピングを贅沢に使用

「抹茶ムースとチーズタルト」

「抹茶ムースとチーズタルト」(550円)は、ベイクドチーズケーキを閉じ込めたタルト生地に、抹茶のムースがのっています。ムースの中にはミルクチョコクリームが入っており、トップには抹茶チョコクリームがリング状に絞ってあります。仕上げに、黒蜜のゼリーに金箔が飾ってあります。渋めの抹茶の風味とまろやかなチーズケーキのまろやかなハーモニーが魅力です。

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」(550円)は、和を感じさせる落ち着いたデザインの陶器に、黒胡麻のムース、抹茶のプリンが重なっています。プリンの中には、黒蜜ゼリーと抹茶の生地を閉じ込めています。プリンの上にはあずきのクリームをたっぷりとのせ、三色豆や黒豆、金箔をトッピング。ほろ苦い抹茶と深みのある黒胡麻の味わいを、黒蜜の優しいあまさでまろやかにしているのも特徴です。

「抹茶とチョコレートムース」

「抹茶とチョコレートムース」(550円)は、抹茶の生地にドーム型にした抹茶のムースをのせ、三色豆や金箔を飾り、見た目が美しい上品な和スイーツになっています。ムースの中にはチョコレートのムースと抹茶のブリュレを閉じ込め、濃厚なのにまろやかなテイストを堪能できます。

「抹茶と甘夏のデニッシュ」&「抹茶のコロネ」

「抹茶と甘夏のデニッシュ」(320円)写真右は、葉っぱ型のデニッシュ生地の周りに、クッキー生地を、中央に抹茶風味のカスタードを絞って焼き上げています。求肥、抹茶クリーム、黒豆と“和”のトッピングと、爽やかで大粒の甘夏を1度に楽しめます。

「抹茶のコロネ」(205円)写真左は、抹茶生地をコロネ型にして焼き上げ、マスカルポーネとカスタードを合わせたクリームが絞ってあります。表面にはホワイトチョコを、最後にきな粉と抹茶パウダーをふりかけています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
カフェ「トスティーナ」 “抹茶スイーツ&ベーカリー”
期間:5月1日~5月31日
開催店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)10時~23時
電話番号:047-355-5555

PR TIMES

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

在学6年目のベテラン学生にオススメグルメを聞いたら究極に旨いラーメンと出会った / 学生グルメの旅・大阪府立大学編

各地の学生にウマイ飯屋を教えてもらう、シリーズ「学生グルメの旅」。第2弾の今回は大阪府立大学の周辺グルメを調査することにしよう。

長時間に及ぶ聞き込みの末、ベテラン学生からの濃ゆ~いグルメ情報をゲット。キャンパス周辺を知り尽くした彼らが絶賛するラーメン屋の正体とは……!

・歴史ロマンの薫る街

大阪府立大学は中百舌鳥キャンパス、羽曳野キャンパス、りんくうキャンパスと3つのキャンパスを構えている。なかでも最も規模の大きい中百舌鳥キャンパスへと今回はやってきた。

場所は大阪府の堺市で、最寄駅は南海電鉄の白鷺駅。このあたりにはニサンザイ古墳や御廟山古墳など多くの史跡が残されており、学生街であると同時に歴史深い地でもある。

それではさっそく周辺のグルメ情報を聞き込みスタート!

・パイセンの意見を聞け!

今回も通行中の学生20名に取材を行い、それぞれオススメの店を1つずつ挙げてもらった。得票数は以下の通りである。

・ラーメン荘 歴史を刻め(ラーメン) 4票
・ラーメン ロケットキッチン(ラーメン) 3票
・麺や 鳥の鶏次(ラーメン) 3票
・グリル家 Kutta(洋食) 2票
・新徳島拉麺 まる徳ラーメン(ラーメン) 2票
・豚麺(中華料理) 2票
・花梨(中華料理) 1票
・厨(定食) 1票
・Quello Quella(イタリアン) 1票
・FLEURAGE(居酒屋) 1票

20票のうち12票までがラーメン屋。前回の立命館大学編に続いて、ラーメン強しを印象付ける集計結果となった。思えば筆者も学生のころはラーメンばかり食ってたなあ……。

さて得票数のうえでは4票を集めた「ラーメン荘 歴史を刻め」がトップだが、今回は2位タイの「ラーメン ロケットキッチン」を訪問することにした。それはなぜかというと、ベテラン学生による熱い推薦があったからだ。

このロケットキッチンを推してくれたのは、大学院2回生の3人組。大学院2回生ということは、この場所で学び始めて6年目ということになる。つまり周辺のグルメ事情を知り尽くした「頼れるパイセン」なのである(多分)。

そんな彼らが「ずっとこのへんを食べ歩いている僕らを信用してください」「間違いなく中百舌鳥エリアでは一番ウマイ店です」と三者三様に口を揃えてプッシュしたのが、ロケットキッチンなのだ。これは無視できない。今回はここで決まりだ!

・完成度がすごい

大通りの国道310号線から少し脇道へと逸れた場所。隠れ家のように佇むお店へとやってきた。

ラーメンの種類は複数あったが、まずは基本のトリ塩パイタンを食べるべしと聞かされていたので、そちらをチョイス。価格は半熟煮卵入りで850円だ。

品の良い盛り付けからは、学生向けのガッツリ飯というよりも「味で勝負するタイプのラーメン」という印象を受ける。なんとなく院生からの推薦を受けたのが分かるような感じだ。

そして、やはり味に間違いはなかった。味のベクトルとしては正統派の鶏白湯。決して珍しいタイプのラーメンではないのだが、ハンパなく完成度が高い

濃すぎず薄すぎず、鶏の甘味を余すことなく感じられるものの重さは皆無だ。卓上には味変用の調味料も用意されていたものの、これは味変せずに最後までスープを飲みたい。そう思わせるような奥行きのある味わいだった。

スープをよく捕まえる平打ちの麺も特徴的。またトッピングで追加した半熟煮卵はトロトロ度が絶妙で、これまで食べた半熟煮卵のなかでも屈指の美味しさだった。

筆者の普段の活動エリアである京都にも鶏白湯の名店とされる店はあるのだが、それと比べても全く引けを取らないクオリティ。彼らを信じてよかった……。ありがとう、3人組……。俺は絶対に君たちのことを忘れない……。

ということで、今回は「学生グルメの旅」大阪府立大学編をお届けしました。ネットの検索では出てこない、学生のナマの声に基づくグルメ企画。次は貴方の街の大学に行くかもしれません!

・今回紹介したお店の情報

店名 ラーメン ロケットキッチン
住所 大阪府堺市北区百舌鳥梅町3-9-8
時間 11時30分~15時 / 18時~22時
休日 日曜日(ただし不定期に営業する場合あり)

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「学生グルメの旅

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【まさに天界】蛇口から焼酎が無限に出て来る居酒屋が最高過ぎた! ビールも100円ってマジかよぉぉぉぉぉ~!! 大阪『海援隊沖縄 肝(ちむ)どん』

何ごとも限りがあるから美しい──のかもしれない。しかし、そんな奇麗ごとを言っちゃいられない事案が発生した。なんと、焼酎が無限に出て来る魔法のような蛇口が存在するらしい。しかも聞いて驚け! 飲み放題なんだぞっ!! 

なんとも素敵な蛇口を設置しているのは、大阪の居酒屋『海援隊沖縄 肝(ちむ)どん』だ。聞くところによると、ビールも100円だと言うではないか……。なんなの? 私をどうしたいの? 訳がわからないので、取り急ぎ実地検証してみることにした。

・ナチュラルに設置された蛇口焼酎

『海援隊沖縄 肝どん(ちむどん)』では、その名の通り沖縄料理などをメインに提供している。大阪内に6店舗あるが、今回記者は難波店にお邪魔した。店頭の看板やのぼりにデカデカと「ビールは100円 オールタイムこの価格」と書かれており、それだけで “アタリ” な店であることがわかる。

店に入るとまず、目に入るのがカウンターに設置された蛇口だ。あまりにナチュラルなため、一瞬見逃しそうになるが、これが恐らく焼酎が出て来るという夢のような蛇口だろう。はやる気持ちを抑えるために、まずはオリオンビール(税別100円)を注文。ちなみに、チャージは300円だった。

・ついつい飲み過ぎちゃうので注意

少し落ち着いたところで “ミミガーコーレーグスー(390円)” や “ゴーヤチャンプルー(490円)” などをツマむ。さあ、いよいよ、蛇口焼酎(600円)を注文だ。店員さんに頼むと、すぐさま氷や水など “焼酎セット” を用意してくれた。もしかしたら、店員さんは内心「え? 一人で飲むの?」と思ったかもしれないが……。

とにかく、あとは自由に蛇口をひねれば簡単。無限に焼酎が出て来るぅぅぅぅ~! これは何と言うか……危険なやつだ!! ついつい飲み過ぎてしまうやつだ。みんな、ペースを考えて飲もうな。とにもかくにも、このような夢のような蛇口がこの世に存在することは事実であった。

家の近くにこんな居酒屋があったら、ついつい毎日通ってしまいそうなので、むしろ近所になくて良かったなと思った次第だ。『海援隊沖縄 肝(ちむ)どん』恐るべしである。フードメニューも言うことなしの美味しさだったので、飲兵衛さんは試しに行ってみてはいかがだろうか。文字通り浴びるほど飲めちゃうぞ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 海援隊沖縄 肝(ちむ)どん 難波店
住所 大阪府大阪市中央区千日前15の8
時間 月~木・日曜16:00〜24:00、金・土・祝前日16:00〜翌02:00

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。