ハーゲンダッツのリアル店舗で味わった「ドヤ感」と「敗北感」について / ベトナムで見つけた天国

ハーゲンダッツは別格。価格的に高くて別格という意味だけでなく、人気の面でも別格だ。新作が出る度に必ずと言っていいほどネット界隈で話題になるアイスは、ハーゲンダッツくらい。まるでアイドルである。

そんなハーゲンダッツのアイス、スーパーやコンビニのアイスコーナーで圧倒的な存在感を放っているのは多くの人が認めるところだろうが、 2013年に日本での店舗がゼロになったことをご存知だろうか。会社が、日本での店舗運営から撤退したのだ。

その後、期間限定のハーゲンダッツショップがちょくちょくオープンすることはあったが、通年でやっているお店はなくなってしまった。日本では。ただし、海外では……

まだまだあるぞ〜〜〜〜〜!! 例えば、ベトナムはホーチミンにもハーゲンダッツの店舗があり、アイスクリームはもちろん、アイスクリームをベースにしたスイーツがいろいろと売られている。

そのどれもが、シャレオツ。ただただ、シャレオツ。今で言うとところの、インスタ映えしそうなものばかりだ。例えば、私が注文した『summer paradise』なるものは、ドライアイスの煙とともにやってきた。まるでショーである。

日本にはないハーゲンダッツの店舗で、俺はこんな贅沢なものを食っている。そう思ったときに、自分の中でドヤ感がなかったと言えば嘘になる。

むしろ、知り合いのハーゲンダッツ好きの顔が浮かび、「あいつも食いたいやろな〜。ハーゲンダッツの店、行きたいやろな〜。俺いま、そこに居るねんな〜」と、しみじみと噛み締めたことは事実だ。

しかし同時に、敗北感があったことも認めねばなるまい。なぜなら、完全に観光客ホイホイのお店だと分かったから。価格も観光客仕様で、先の『summer paradise』は日本円で1000円くらいする。日本では普通かもしれないが、ベトナムの物価を考えれば明らかに高い。

おまけに、周りから聞こえて来るのは韓国語や中国語で、ベトナム人らしき姿は店員さん以外に見当たらない。

そんな「観光客がターゲットのお店」に行くことはなるべく避ける——というのが、私が海外を旅行の際、自分に課してきたルールであった。したがって、出来るだけ現地の人が利用するようなカフェやレストランに行こうと努めてきたのだが、ハーゲンダッツを前にしたら……私のちんけなこだわりなど一瞬で砕け散った。

ハーゲンダッツに負けたのか、ベトナムの暑さに負けたのかは分からないが、とにかく私は何かに負けたのだ。だから、そこで食べたハーゲンダッツは、敗北感が入り混じった複雑な味がした──

……というのはで、ドヤ感が圧勝していたからメチャクチャうまかった\(^o^)/

うひょおおおおおおお! マジでうめえええええええええええ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

おわり。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ハーゲンダッツ・レタントン通り店
住所 20 Lê Thánh Tôn, Bến Nghé, Quận 1 TP.HCM
時間 9:00~23:00

参考リンク:ハーゲンダッツ(英語 / ベトナム語)、日本経済新聞
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

《ブラジル》2019年10大ニュース=ボウソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様

26日のボウソナロ氏(Antonio Cruz/Ag. Brasi)

 2019年も「激動のブラジル」の印象は変わらず、多くのニュースで賑わったが、それらの中で本紙が独自に順位をつけた10項目を紹介し、振り返ってみる。

 第1位は、「ボウソナロ大統領、世界で有名人に」。就任前から「南米のトランプ」として注目され続けていた大統領は、その数々の言動で世界的に有名な存在となった。
 その象徴とも言えたのが、8月に起きた、アマゾンの森林火災の拡大に対する国際的な批判に対し、「世界はブラジルからアマゾンを奪おうとしている」との持論を展開し、森林伐採拡大を擁護。森林伐採や森林火災を巡って、フランスのマクロン大統領や俳優のレオナルド・ディカプリオ、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんと批判の応酬をしたことで、知名度が国際的になった。
 第2位は、「ヴァザ・ジャット報道」。ハッカーがアクセスした、ラヴァ・ジャット作戦班の携帯電話での会話内容が報じられ、検察との癒着や政治家の選り好みなどの疑惑まで浮上したことで、これまではブラジル国内で「絶対的な正義」との印象だったセルジオ・モロ現法相のイメージが大きく揺らいだ。
 第3位は、11月の「ルーラ元大統領の釈放」。モロ法相が判事時代に行ったルーラ氏の裁判がヴァザ・ジャットで揺らいだことや、ボウソナロ政権への国民の猜疑心が、有罪判決後の刑の執行時期に関する最高裁の判断を間接的に変えさせた。
 第4位は、「社会保障制度改革」の承認。FHC政権の時からの懸案だった同制度が、時間がかかったものの承認されたことはボウソナロ政権には朗報だった。
 第5位は、大統領長男フラヴィオ上議の疑惑。リオ州議時代の職員、ファブリシオ・ケイロス氏の口座への幽霊職員による巨額振込み疑惑は年始から騒がれ、捜査再開で過熱中だ。
 第6位は、ボウソナロ家のマリエレ・フランコ氏殺害関与疑惑。殺害容疑者が事件当日に大統領宅に連絡を取ったとの門番の証言で10月に浮上した。大統領次男カルロス氏は現在も、リオ市警に関与が疑われている。
 第7位は、サッカーのフラメンゴの全国制覇と南米一。ブラジル・サッカー史に残る華やかなメンバーのチームだった。
 第8位は、「南米の動乱」。チリ、エクアドル、コロンビアで新自由主義経済に反対する民衆デモ、ペルーで大統領と国民議会が機能停止の応酬、ボリビアで大統領選違反疑惑を巡り、極右勢力の暫定政府誕生など、荒れに荒れた。
 第9位は、ドルがレアル・プラン後では最高値の1ドル4・20レアルを突破。他方、サンパウロ株式市場の平均株価指数も11万6千ポイントに達し、新記録を更新した。
第10位は、ボウソナロ大統領による所属政党・社会自由党(PSL)離党と新党結成だ。

ブラジル発の生情報をほぼ毎日、約20本も配信。サッカー、リオ五輪、デモなど社会情勢、経済、企業、政治、日系社会、日本移民の歴史など各種情報を、豊富な写真付の記事やコラムなどで詳しくお伝えします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

新緑の季節に合う、抹茶の贅沢和スイーツを期間限定で



シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」では、5月1日から31日までの期間限定で、新緑の季節にふさわしい芳醇な抹茶の香りと味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が楽しめます。抹茶と相性のよい和スイーツを味わってみては。

芳醇な抹茶の香りの大人な和スイーツ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」で、芳醇な抹茶の香りで大人上品な味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が登場。5月1日から31日までの期間限定で楽しめます。風味豊かな抹茶と相性の良い和の素材を使った和スイーツを用意しています。新緑の季節、抹茶好きにはたまらない香り豊かな1品で優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

抹茶に和トッピングを贅沢に使用

「抹茶ムースとチーズタルト」

「抹茶ムースとチーズタルト」(550円)は、ベイクドチーズケーキを閉じ込めたタルト生地に、抹茶のムースがのっています。ムースの中にはミルクチョコクリームが入っており、トップには抹茶チョコクリームがリング状に絞ってあります。仕上げに、黒蜜のゼリーに金箔が飾ってあります。渋めの抹茶の風味とまろやかなチーズケーキのまろやかなハーモニーが魅力です。

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」(550円)は、和を感じさせる落ち着いたデザインの陶器に、黒胡麻のムース、抹茶のプリンが重なっています。プリンの中には、黒蜜ゼリーと抹茶の生地を閉じ込めています。プリンの上にはあずきのクリームをたっぷりとのせ、三色豆や黒豆、金箔をトッピング。ほろ苦い抹茶と深みのある黒胡麻の味わいを、黒蜜の優しいあまさでまろやかにしているのも特徴です。

「抹茶とチョコレートムース」

「抹茶とチョコレートムース」(550円)は、抹茶の生地にドーム型にした抹茶のムースをのせ、三色豆や金箔を飾り、見た目が美しい上品な和スイーツになっています。ムースの中にはチョコレートのムースと抹茶のブリュレを閉じ込め、濃厚なのにまろやかなテイストを堪能できます。

「抹茶と甘夏のデニッシュ」&「抹茶のコロネ」

「抹茶と甘夏のデニッシュ」(320円)写真右は、葉っぱ型のデニッシュ生地の周りに、クッキー生地を、中央に抹茶風味のカスタードを絞って焼き上げています。求肥、抹茶クリーム、黒豆と“和”のトッピングと、爽やかで大粒の甘夏を1度に楽しめます。

「抹茶のコロネ」(205円)写真左は、抹茶生地をコロネ型にして焼き上げ、マスカルポーネとカスタードを合わせたクリームが絞ってあります。表面にはホワイトチョコを、最後にきな粉と抹茶パウダーをふりかけています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
カフェ「トスティーナ」 “抹茶スイーツ&ベーカリー”
期間:5月1日~5月31日
開催店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)10時~23時
電話番号:047-355-5555

PR TIMES

~人生に旅心を~