【ブーム間近?】新大久保で「UFOチキンフォンデュ」なるものを食べてみた結果…SNS映えの向こう側が見えた

『UFOチキンフォンデュ』という食べ物をご存知だろうか? おそらく多くの読者にとっては初めて耳にする言葉に違いないと思う。初めてだと信じたい。どうか初めてであってほしい。ちなみに私は知らなかった。

仮にもニュースサイトのライターでありながら流行に疎いという致命的な弱点を持つ私は、先輩ライターさんたちの情報収集力をいつも脅威に感じている。『UFOチキンフォンデュ』はそんな私が幸運にも偶然発見した韓国グルメのニューカマーなのである。

みんなが大好きなチキンとチーズとUFOの合わせ技……これは流行る予感しかしない!

・UFOチキンフォンデュとは

場所は新大久保。韓国料理店の看板にデーンと書かれた『UFOチキンフォンデュ』は、よく観察すると他にも多くの店で提供されているようだ。このエリアではすでに流行っているとみていいのかもしれない。

看板を見るかぎり、丸い容器中央のチーズを囲むようにフライドチキンっぽいものが配置された料理らしい。「UFO」の名はその形状からきているのではと推測されるが、食べてみれば他にもUFO要素がある可能性は否定できない。

また、名称についてだが、『UFOチキンフォンデュ』『UFOフォンデュ』『UFOチーズボンチキン』など店によって若干呼び名が違う。しかし、写真の雰囲気からすると同じ料理とみてよさそうである。

見た目は似ていても『チーズチキン』など “UFO” の文字が抜けたものに関しては、ひとくくりにしてよいか悩むところだ。

同じ「チーズとチキン」であったとしても『チーズ鶏カルビ』『ヌンコッコプチャン』くらい違ってくれば、さすがに別料理と定義するべきだろう。

近年、たてつづけに新大久保発のチーズのグルメが大流行している。UFOチキンフォンデュは果たしてチーズドッグ、ハットグに次ぐスターグルメとなるのだろうか?

・さっそく行列に並んでみた
新大久保駅から徒歩3分。ビル2階にある『Goobne Chicken(グッネチキン)』の新大久保本店をランチタイム(平日)にのぞいてみると、1階にまで続く大行列だ。時間をずらして16時に行ったら15分待ちで入店できた。

韓国で人気のチェーン店と知り、「あんまり新しい情報じゃないのかな?」と不安になったが、入店してみると客のほぼ全員が20歳前後の若い女子だったのでホッとした。おそらく今のところ、年長者と男子にはあまり知られていなさそうだ。

1人前で8個ついてくるチキンの味は10種類から2つ選べる。この日は初めてなのでスタンダードな「オリジナル」と一番辛い「ボルケーノ」をチョイスした。2人前で2580円(税抜)。2人前注文するなら1人で来ても入店できるそうなので、友達がいなくても大丈夫。

そして運ばれてきた品は……

下に置かれたコンロが見えぬほどのサイズ! 存在感! この時点ですでにSNS映えに関してはかなりの高得点といえるだろう。UFOの正体は丸型の鉄板だったらしい。

シュレッダーチーズが炎で少しずつ溶けてゆき、なんともいい匂いである。

「チーズはスタッフが混ぜに来るので触らないで」という注意書きに従ってじっと10分ほど待つ。隣席の外国人客を見るとかなり早めに自分で混ぜてしまっているようだ。しかし別に注意されている様子もなかったので、どちらでもいいのかもしれない。

トロットロに溶けたチーズはますますSNS映えしそう!

・撮影はほどほどにしましょう

食べる前にまず絵になる写真を撮ろうとしてみる。しかし、やってみるとコレがなかなか上手くいかない。

イメージでは「チーズが勝手にチキンにまとわりついてくる」はずだったのだが……実際には「頑張ってチキンにチーズを乗っけている」感じである。おまけに赤いタレがチーズと混ざり、やればやるほどチーズが汚くなっていく。

奮闘すること3分……なんと早くもチーズが固まりはじめたではないか。

残念ながらこれ以上の撮影はあまり意味がなさそうだ。私は潔くチキンを食べることにした。うん。ウマい。特に『ボルケーノ』のほう。照り焼きのような感じで日本人好みだ。さすが韓国からやってきただけのことはあってほどよい異国の風味がする。

と、いうことももちろんあるが、何よりやっぱりトロトロのチーズは理屈抜きでウマい!

唯一惜しかったのは「3段階で1番辛い」というほどには辛くなかったことである。辛さが苦手でない人は、迷わず「ボルケーノ」をチョイスするのがオススメだ!

・時間との戦い

チキン8本といっても骨のついた部位なので、ひと口目の段階ではペロッとイケそうな気がした。しかし濃厚なチキンとチーズの組み合わせはかなり胃にこたえ、私の場合は2本目から1口ごとに休憩を要するハメに。

すると10分ほどで「おこげ」ができはじめ……

ほどなくしてチーズの油がかなり分離してくる。

最後にはチーズが完全に固まってしまった。

・チーズの命は短い

冷めて固まったチーズもそれなりにおいしい。でもやっぱり熱々トロトロのほうが私は好きだ。そして、チーズが熱々でいられる時間は思った以上に短いのであった。

一般的なチーズフォンデュが長時間トロトロのまま楽しめるのは、牛乳やワインなどの液体が多く混ぜられているからだ。「チーズ」といっても実際にはシチューとの中間のような感じである。

それに比べて『UFOチキンフォンデュ』は正真正銘チーズのみで勝負している。おいしさと引き換えに短い生涯を選んだワケだ。おしゃべりもそこそこに若い女子たちが一心不乱にチキンをかじっているのは、その潔い心意気が支持されているからなのかもしれない。

注文した瞬間からカウントダウンは始まっている。写真を1枚だけ撮った後はモタモタせずに食うべし!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

施設名 Goobne Chicken 新大久保店
住所 東京都新宿区大久保 2-32-1 2F
時間 11:00〜24:00
休日 無休

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ゴーゴーカレーがパンになってる! 地域限定販売の「カレーチーズ デニッシュ」を食べてみた!!

男は黙ってカツカレー。濃厚でドロッとした黒いルーが特徴のゴーゴーカレーは、どちらかといえば “野郎” が好むカレーだろう。ルーの上にカツ、さらにその上にはソースがかかっており、千切りのキャベツにマヨネーズをぶちこむ……とことん男らしいスタイルは今さら説明するまでもない。ココイチが柔ならゴーゴーカレーは剛だ。

どこか癖になる味がたまらないが、そのゴーゴーカレーが新たなステージに一歩踏み出していたのでお伝えしておかねばなるまい。そう、スーパーのパンコーナーを見回りしていると、ゴーゴーカレー監修のパン「カレーチーズ デニッシュ」が売っていたのである。これは試してみるしか選択肢がない! ゴーゴー!!

・お手頃価格の地区限定商品

と勢いのまま買ってみたはいいものの、いつから売っていたのだろうか。気になったので調べてみたところ、2019年7月1日から関東・中部・関西・四国地区限定で販売開始していた。

値段は98円と安めの設定。本家のカレーが値上げしてハードルが上がった分、パンの方は気軽に味わうことができる。ちなみに同商品は第一パンとコラボしており、金沢カレー協会が認定しているとのことだ。

・開封の儀

さて、開封する前に袋を見ると「ブラックカレーフィリングにチーズを入れてデニッシュ生地で包み、チーズをトッピングしました」と書いてある。チーズを2発ぶちこむあたり、さすがゴーゴーカレー。期待を裏切らない男らしさだ。中身を取り出すと……

デニッシュ生地のパンがコンチャース! どこにでもあるような外見だが、勝負の分かれ道はここからだろう。何しろ、パカッと割ればゴーゴーカレーのDNAが入っているのである。ひとまずナイフでズバンと切ってみる。いでよっ、ゴーゴーカレー!

ウホッ……!!

ちょっと中身が寂しいかなぁ(´・ω・`)

確かに黒いルーはゴーゴーカレーを彷彿(ほうふつ)とさせるし、パンを食べたら “らしい” 味もする。個人的にカレーパンとしてアリ。しかしながら、空洞がなんというかこう……男らしくギッシリ詰めて欲しかったというのも本音だ。うーん、デニッシュ生地でカレーを詰め込むのは想像以上に難しいのだろうか。

・ホテルの朝食でも食べられる

何はともあれ、値段を考えたら安いことに変わりない。地域限定なので全国のゴーゴーカレーファンが食べるのは難しいが、運良く見つけたら手にとってみるといいだろう。なにせ98円である。

ちなみにゴーゴーカレーの監修しているパンには、ノーマルの「カレーパン」もある。こちらは見当たらなかったので、ファンが爆買いしたのかもしれない。あとR&Bホテルチェーンでは、2019年8月1日より無料朝食で焼き立てのゴーゴーカレーパンが食べられる。全国のR&Bチェーン全店舗、全ての宿泊者が楽しめるとのことなので泊まったファンはマストだ。

参考リンク:ゴーゴーカレー監修 カレーパンPR TIMES
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

新緑の季節に合う、抹茶の贅沢和スイーツを期間限定で



シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」では、5月1日から31日までの期間限定で、新緑の季節にふさわしい芳醇な抹茶の香りと味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が楽しめます。抹茶と相性のよい和スイーツを味わってみては。

芳醇な抹茶の香りの大人な和スイーツ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」で、芳醇な抹茶の香りで大人上品な味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が登場。5月1日から31日までの期間限定で楽しめます。風味豊かな抹茶と相性の良い和の素材を使った和スイーツを用意しています。新緑の季節、抹茶好きにはたまらない香り豊かな1品で優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

抹茶に和トッピングを贅沢に使用

「抹茶ムースとチーズタルト」

「抹茶ムースとチーズタルト」(550円)は、ベイクドチーズケーキを閉じ込めたタルト生地に、抹茶のムースがのっています。ムースの中にはミルクチョコクリームが入っており、トップには抹茶チョコクリームがリング状に絞ってあります。仕上げに、黒蜜のゼリーに金箔が飾ってあります。渋めの抹茶の風味とまろやかなチーズケーキのまろやかなハーモニーが魅力です。

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」(550円)は、和を感じさせる落ち着いたデザインの陶器に、黒胡麻のムース、抹茶のプリンが重なっています。プリンの中には、黒蜜ゼリーと抹茶の生地を閉じ込めています。プリンの上にはあずきのクリームをたっぷりとのせ、三色豆や黒豆、金箔をトッピング。ほろ苦い抹茶と深みのある黒胡麻の味わいを、黒蜜の優しいあまさでまろやかにしているのも特徴です。

「抹茶とチョコレートムース」

「抹茶とチョコレートムース」(550円)は、抹茶の生地にドーム型にした抹茶のムースをのせ、三色豆や金箔を飾り、見た目が美しい上品な和スイーツになっています。ムースの中にはチョコレートのムースと抹茶のブリュレを閉じ込め、濃厚なのにまろやかなテイストを堪能できます。

「抹茶と甘夏のデニッシュ」&「抹茶のコロネ」

「抹茶と甘夏のデニッシュ」(320円)写真右は、葉っぱ型のデニッシュ生地の周りに、クッキー生地を、中央に抹茶風味のカスタードを絞って焼き上げています。求肥、抹茶クリーム、黒豆と“和”のトッピングと、爽やかで大粒の甘夏を1度に楽しめます。

「抹茶のコロネ」(205円)写真左は、抹茶生地をコロネ型にして焼き上げ、マスカルポーネとカスタードを合わせたクリームが絞ってあります。表面にはホワイトチョコを、最後にきな粉と抹茶パウダーをふりかけています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
カフェ「トスティーナ」 “抹茶スイーツ&ベーカリー”
期間:5月1日~5月31日
開催店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)10時~23時
電話番号:047-355-5555

PR TIMES

~人生に旅心を~