【ブーム間近?】新大久保で「UFOチキンフォンデュ」なるものを食べてみた結果…SNS映えの向こう側が見えた

『UFOチキンフォンデュ』という食べ物をご存知だろうか? おそらく多くの読者にとっては初めて耳にする言葉に違いないと思う。初めてだと信じたい。どうか初めてであってほしい。ちなみに私は知らなかった。

仮にもニュースサイトのライターでありながら流行に疎いという致命的な弱点を持つ私は、先輩ライターさんたちの情報収集力をいつも脅威に感じている。『UFOチキンフォンデュ』はそんな私が幸運にも偶然発見した韓国グルメのニューカマーなのである。

みんなが大好きなチキンとチーズとUFOの合わせ技……これは流行る予感しかしない!

・UFOチキンフォンデュとは

場所は新大久保。韓国料理店の看板にデーンと書かれた『UFOチキンフォンデュ』は、よく観察すると他にも多くの店で提供されているようだ。このエリアではすでに流行っているとみていいのかもしれない。

看板を見るかぎり、丸い容器中央のチーズを囲むようにフライドチキンっぽいものが配置された料理らしい。「UFO」の名はその形状からきているのではと推測されるが、食べてみれば他にもUFO要素がある可能性は否定できない。

また、名称についてだが、『UFOチキンフォンデュ』『UFOフォンデュ』『UFOチーズボンチキン』など店によって若干呼び名が違う。しかし、写真の雰囲気からすると同じ料理とみてよさそうである。

見た目は似ていても『チーズチキン』など “UFO” の文字が抜けたものに関しては、ひとくくりにしてよいか悩むところだ。

同じ「チーズとチキン」であったとしても『チーズ鶏カルビ』『ヌンコッコプチャン』くらい違ってくれば、さすがに別料理と定義するべきだろう。

近年、たてつづけに新大久保発のチーズのグルメが大流行している。UFOチキンフォンデュは果たしてチーズドッグ、ハットグに次ぐスターグルメとなるのだろうか?

・さっそく行列に並んでみた
新大久保駅から徒歩3分。ビル2階にある『Goobne Chicken(グッネチキン)』の新大久保本店をランチタイム(平日)にのぞいてみると、1階にまで続く大行列だ。時間をずらして16時に行ったら15分待ちで入店できた。

韓国で人気のチェーン店と知り、「あんまり新しい情報じゃないのかな?」と不安になったが、入店してみると客のほぼ全員が20歳前後の若い女子だったのでホッとした。おそらく今のところ、年長者と男子にはあまり知られていなさそうだ。

1人前で8個ついてくるチキンの味は10種類から2つ選べる。この日は初めてなのでスタンダードな「オリジナル」と一番辛い「ボルケーノ」をチョイスした。2人前で2580円(税抜)。2人前注文するなら1人で来ても入店できるそうなので、友達がいなくても大丈夫。

そして運ばれてきた品は……

下に置かれたコンロが見えぬほどのサイズ! 存在感! この時点ですでにSNS映えに関してはかなりの高得点といえるだろう。UFOの正体は丸型の鉄板だったらしい。

シュレッダーチーズが炎で少しずつ溶けてゆき、なんともいい匂いである。

「チーズはスタッフが混ぜに来るので触らないで」という注意書きに従ってじっと10分ほど待つ。隣席の外国人客を見るとかなり早めに自分で混ぜてしまっているようだ。しかし別に注意されている様子もなかったので、どちらでもいいのかもしれない。

トロットロに溶けたチーズはますますSNS映えしそう!

・撮影はほどほどにしましょう

食べる前にまず絵になる写真を撮ろうとしてみる。しかし、やってみるとコレがなかなか上手くいかない。

イメージでは「チーズが勝手にチキンにまとわりついてくる」はずだったのだが……実際には「頑張ってチキンにチーズを乗っけている」感じである。おまけに赤いタレがチーズと混ざり、やればやるほどチーズが汚くなっていく。

奮闘すること3分……なんと早くもチーズが固まりはじめたではないか。

残念ながらこれ以上の撮影はあまり意味がなさそうだ。私は潔くチキンを食べることにした。うん。ウマい。特に『ボルケーノ』のほう。照り焼きのような感じで日本人好みだ。さすが韓国からやってきただけのことはあってほどよい異国の風味がする。

と、いうことももちろんあるが、何よりやっぱりトロトロのチーズは理屈抜きでウマい!

唯一惜しかったのは「3段階で1番辛い」というほどには辛くなかったことである。辛さが苦手でない人は、迷わず「ボルケーノ」をチョイスするのがオススメだ!

・時間との戦い

チキン8本といっても骨のついた部位なので、ひと口目の段階ではペロッとイケそうな気がした。しかし濃厚なチキンとチーズの組み合わせはかなり胃にこたえ、私の場合は2本目から1口ごとに休憩を要するハメに。

すると10分ほどで「おこげ」ができはじめ……

ほどなくしてチーズの油がかなり分離してくる。

最後にはチーズが完全に固まってしまった。

・チーズの命は短い

冷めて固まったチーズもそれなりにおいしい。でもやっぱり熱々トロトロのほうが私は好きだ。そして、チーズが熱々でいられる時間は思った以上に短いのであった。

一般的なチーズフォンデュが長時間トロトロのまま楽しめるのは、牛乳やワインなどの液体が多く混ぜられているからだ。「チーズ」といっても実際にはシチューとの中間のような感じである。

それに比べて『UFOチキンフォンデュ』は正真正銘チーズのみで勝負している。おいしさと引き換えに短い生涯を選んだワケだ。おしゃべりもそこそこに若い女子たちが一心不乱にチキンをかじっているのは、その潔い心意気が支持されているからなのかもしれない。

注文した瞬間からカウントダウンは始まっている。写真を1枚だけ撮った後はモタモタせずに食うべし!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

施設名 Goobne Chicken 新大久保店
住所 東京都新宿区大久保 2-32-1 2F
時間 11:00〜24:00
休日 無休

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

台北で人気屋台の朝ごはんを「はしご」しよう!人気の3店舗を現地ルポ【台湾】

信陽街永和豆漿(シンヤンヨンハードウジァン)

信陽街永和豆漿は豆乳が人気のお店

まず、最初に訪れたのが、「信陽街永和豆漿(シンヤンヨンハードウジァン)」です。ここは豆乳がおいしいお店として有名。行ってみると、朝からせわしなくお店の人が働いています。店内も持ち帰りのお客さんが並んでいたり。あまりのローカルな雰囲気に躊躇していたら、お店のおばさんが声をかけてくれました。

片言の日本語で注文のお手伝いをしてくれました

「どうしようどうしよう」とメニューを見ながら悩んでいると、「豆乳?」と聞かれたので「そうです」と答えると、「あたたかいの?冷たいの?」と片言の日本語で聞かれました。そうなのです。台湾の朝ごはんには温かい豆乳「鹹豆漿(28TWD)」があるのです。筆者たちの目的はこちらだったので、早速注文!ついでに冷たい豆乳(小:18TWD)も注文しました。

温かい豆乳「鹹豆漿」

すると、目の前にある大きな鍋から大きなお椀に鹹豆漿をすくってくれました。これが鹹豆漿か…なんて考えているううちに「次は何?」と聞かれたので、ずっと食べてみたかった蛋餅(23TWD)と小籠包(半:30TWD)を注文しました。

朝から混んでいます

店内はすでにいっぱい!日本人のお客さんも何人か来ていました。すでに朝ごはんでは有名なお店になっているようです。それでもローカル感は半端ないです。

揚げパンもたっぷり!

蛋餅と小籠包

こちらが注文したメニューたち。どれもホカホカの出来立てですが、回転が速いので注文したらすぐに出てきます。

これがずっと食べたかった温かい豆乳「鹹豆漿」です。熱々の時は普通にスープみたいな感じですが、冷めてくると豆乳が固まって豆腐のようになってきます。ダシが効いてるようで、酸っぱさもあり、とても不思議な味なのですが、クセになります。

冷めてくるとおぼろ豆腐っぽくなります

台湾では鹹豆漿に「油條」と言われる揚げパンをたっぷり入れて食べるのが当たり前。え〜、揚げパンを入れるの?と思いますが、食べてみると不思議と合うんですよ!今では入ってないと物足りないほどです。

蛋餅にはソースをかけて

クレープに卵焼きという組み合わせが美味しい

蛋餅には少し甘めのしょうゆ味のようなソースをかけます。クレープに卵焼きを乗せた料理なのですが、朝ごはんにぴったり!これもついつい箸が進んでしまいます。

マルッとした小籠包

もっちりした皮の中には肉餡がぎっしり

このお店の小籠包は、私たちがよく食べる小籠包とはちょっと違う感じ。どちらかというとミニ肉まんって感じで皮が厚めでした。もちもちしてとても美味しかったです。

メニューは全て手作り!

これだけ食べても一人日本円で約250円というから驚き!しかもお店で全部手作りしてて全てが美味しいのですから、朝ごはんは外で食べたくなるのもわかります。台北に来たら絶対に行きたいお店が増えました。

信陽街永和豆漿
住所:台北市中正區信陽街11號
営業時間:5:00〜10:30

青島飯糰(チンダオファントァン)

台湾式おにぎりのお店「青島飯糰(チンダオファントァン)」

お腹がいっぱいになったところで次に訪れたのが、「青島飯糰(チンダオファントァン)」。こちらは台湾式のおにぎり屋さんのお店です。お店は構えておらず、完全に屋台のお店です。すでに長い行列ができていました。早速最後尾に並びます。

メニューはこちら

こちらがメニューの一部。台湾のおにぎりは日本のおにぎりと違うと聞いたのですがどんな感じなのでしょう?並んでいるうちに注文するメニューを選びます。オリジナルと思われる「原味」(30TWD)と、海苔と卵とが入った「海苔葱蛋」(40TWD)を注文しました。「白米」か「紫米」か聞かれるので、原味は紫、海苔は白にしました

おばちゃんが手早くおにぎりを作ってくれます

注文するとおばちゃんが目の前で手際よくご飯を広げておにぎりを作ってくれます。これが早いこと早いこと!!しかも具沢山!

こちらが具材たち

これがおむすびの中に入っている具材。右端は揚げパン(油條)です。揚げパンをおにぎりに入れちゃうの??台湾人は揚げパンが好きなんですね。

栄養価が高いという紫米

この赤っぽい色をしたのが、紫米。とても栄養価の高いお米なのだそう。せっかくだから食べてみることにしました。

あっという間に出来上がります

注文を受けるとすごい速さで作ってくれるので、回転は早いです。並んでいてもすぐに自分の番が来るので、注文するメニューは前もって決めていくのが良いと思います。おにぎりは持ち帰ってホステルでいただきます。

ビニール袋に入っています

こちらが台湾式おにぎり。日本のおにぎりとはだいぶ違う感じですね。ビニールに入って俵型にギュッギュッと強く握ってあります。

ギュギュッとした飯糰

開けてみるとこんな感じ。お米は固めで、ちょっともち米っぽい感じもあります。とにかく具沢山!揚げパンもしっかり入ってます。

紫米の歯ごたえがいい感じ

こちらが原味。中には甘辛く煮込んだ「肉鬆」と言われる肉でんぷが入っています。そして、揚げパンと細かく刻んだザーサイが入っています。これはどのメニューにも入っている具材のようです。食べてみると、紫米の硬めのご飯が食べごたえがあり、美味しかったです。

卵焼きがいいアクセント

「海苔葱蛋」には基本の具材にネギの入った卵焼き、そして海苔が巻かれています。白いご飯の方は紫米よりは柔らかく日本のおにぎりに近かったです。卵焼きがいいアクセントになっていました。台湾式おにぎりの「飯糰」もクセになってしまう美味しさなのです。

青島飯糰
住所:台北市中正區青島西路13號
営業時間:6:00~10:00

老蔡水煎包(ラオツァイスウェジェンバオ)

3種類の水煎包の老蔡水煎包

最後に行ったのが、「老蔡水煎包(ラオツァイスウェジェンバオ)」。水煎包のお店です。水煎包は肉まんなどを蒸し焼きにした料理。日本ではあまり見かけませんが、台湾ではよく食べられる人気のメニューです。

出来立て熱々の水煎包

お店で扱う水煎包のメニューは3種類。豚肉、ネギ入りの肉包(肉まん)、ニラ、ハルサメ、炒り卵入りの韮菜包(ニラまん)、キャベツ、ハルサメ、シイタケ入りの高麗菜包(キャベツまん)のみで、各15TWDです。今回は3種類全部買ってみました。店頭にずらっと並ぶ水煎包が美味しそう!

トッピングのソースも置いてあります

お店には水煎包につけるトッピングが置いてありましたが、そのままでも十分美味しそうなので、そのまま持ち帰ります。

カップが可愛いドリンクも人気

水煎包以外にも豆乳やミルクティーなどのドリンクも売ってて、ドリンクごとに違うデザインのカップがとても可愛いんですよ。台湾の女の子たちに人気らしく。SNSなどにアップされたりしているよう。

もちもちの水煎包

こちらも持ち帰っていただきました。できれば熱々をその場で食べたほうが美味しく頂けると思います。袋から出してみると、もちもちの水煎包が現れました。

もっちりした皮に具材がいっぱい!

せっかくなので、具材がわかりやすいように半分に切ってみました。びっしりと具材が入っています!食べごたべも十分です。皮ももっちりしていて、どれもそれぞれの味がしっかり出てて、最後まで美味しくいただきました。

老蔡水煎包
住所:台北市中正區許昌街26-1號
営業時間:6:20~23:00

台湾旅行に来たら朝ごはんのはしごを!

台湾に来たら朝ごはんのはしごを!

初めて朝早く起きて朝ごはんのはしごをしてみました。台湾には本当にいっぱいの朝ごはんの屋台があって、どれも捨てがたく、次回訪れた時はまた違うお店でチャレンジしたいと思いました。

皆さんも台湾に訪れたら、地元の方たちと一緒に朝ごはんの屋台のはしごを試してみてくださいね。

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

新緑の季節に合う、抹茶の贅沢和スイーツを期間限定で



シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」では、5月1日から31日までの期間限定で、新緑の季節にふさわしい芳醇な抹茶の香りと味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が楽しめます。抹茶と相性のよい和スイーツを味わってみては。

芳醇な抹茶の香りの大人な和スイーツ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」で、芳醇な抹茶の香りで大人上品な味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が登場。5月1日から31日までの期間限定で楽しめます。風味豊かな抹茶と相性の良い和の素材を使った和スイーツを用意しています。新緑の季節、抹茶好きにはたまらない香り豊かな1品で優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

抹茶に和トッピングを贅沢に使用

「抹茶ムースとチーズタルト」

「抹茶ムースとチーズタルト」(550円)は、ベイクドチーズケーキを閉じ込めたタルト生地に、抹茶のムースがのっています。ムースの中にはミルクチョコクリームが入っており、トップには抹茶チョコクリームがリング状に絞ってあります。仕上げに、黒蜜のゼリーに金箔が飾ってあります。渋めの抹茶の風味とまろやかなチーズケーキのまろやかなハーモニーが魅力です。

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」(550円)は、和を感じさせる落ち着いたデザインの陶器に、黒胡麻のムース、抹茶のプリンが重なっています。プリンの中には、黒蜜ゼリーと抹茶の生地を閉じ込めています。プリンの上にはあずきのクリームをたっぷりとのせ、三色豆や黒豆、金箔をトッピング。ほろ苦い抹茶と深みのある黒胡麻の味わいを、黒蜜の優しいあまさでまろやかにしているのも特徴です。

「抹茶とチョコレートムース」

「抹茶とチョコレートムース」(550円)は、抹茶の生地にドーム型にした抹茶のムースをのせ、三色豆や金箔を飾り、見た目が美しい上品な和スイーツになっています。ムースの中にはチョコレートのムースと抹茶のブリュレを閉じ込め、濃厚なのにまろやかなテイストを堪能できます。

「抹茶と甘夏のデニッシュ」&「抹茶のコロネ」

「抹茶と甘夏のデニッシュ」(320円)写真右は、葉っぱ型のデニッシュ生地の周りに、クッキー生地を、中央に抹茶風味のカスタードを絞って焼き上げています。求肥、抹茶クリーム、黒豆と“和”のトッピングと、爽やかで大粒の甘夏を1度に楽しめます。

「抹茶のコロネ」(205円)写真左は、抹茶生地をコロネ型にして焼き上げ、マスカルポーネとカスタードを合わせたクリームが絞ってあります。表面にはホワイトチョコを、最後にきな粉と抹茶パウダーをふりかけています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
カフェ「トスティーナ」 “抹茶スイーツ&ベーカリー”
期間:5月1日~5月31日
開催店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)10時~23時
電話番号:047-355-5555

PR TIMES

~人生に旅心を~