令和はコレが来る! 東京・高田馬場「はんばーぐますお」のタマゴカツバーガーは絶品ッ!! 流行間違いなしだ

つい最近、大阪発祥のタマゴカツサンドを知ってしまった私(佐藤)。タマゴ焼きをカツレツにする発想自体が私のなかになく、なおかつそれをサンドイッチにするなんて……。食べるまでは頭のなかに「?」が浮かんでいたのだが、食べてみたら「なぜ今まででなかったのか?」と、疑問そのものが逆転してしまった。

東京でもアノ味を楽しみたい。そう思って調べてみたところ、東京にもあった! しかも、サンドイッチではなくハンバーガーとしてタマゴカツを提供しているのである。これは食ってみたい!

・高田馬場のお店

そのお店「はんばーぐますお」は、東京・高田馬場にある。JR高田馬場駅の戸山口から徒歩約3分のところだ。

メニューを見ると、お店の売りはやはりハンバーグ。

A5黒毛和牛を使ったハンバーグメニューが充実しており、タマゴカツを使ったサンドイッチ、ハンバーガーの提供は時間曜日限定。注文できるのは、平日の14~18時。そして土日祝となっている。タマゴカツサンドはドリンク付で700円。ハンバーガーはドリンク付で800円。

・一見フィッシュバーガー

実際にハンバーガーを注文してみると、たっぷりのポテトまでついている。これは結構お得かも。ファストフードのセットメニューでも、内容によっては1000円近くするなかで、ドリンクとポテトがついて1000円でお釣りがくるのは嬉しい。

主役のハンバーガーはパッと見た感じ、フィッシュフライバーガーのように見える。

トッピングは、チーズにアボカド。それにケチャップとマヨネーズを合わせたオーロラソースがたっぷり。大阪帰りに新幹線の車内で食べたタマゴカツサンドは、濃厚な “どろソース” が使われていた。オーロラソースはタマゴカツに合うのか?

・この味を知らない人生

半割りにしてみると、カツの中身はたしかにタマゴ。分厚いタマゴ焼きは、しっかりとした衣をまとっている。食べてみると、カツのサックリとした食感が印象的だ。ザックリとした歯ごたえがしたあとに、タマゴの柔らかい甘さが口に広がる。

新幹線の車内で食べた、作り置きのサンドイッチとは違い、このハンバーガーは出来たて。したがって、衣の歯触りが心地いい。硬めのバンズとの相性も良い。タマゴ焼きは、揚げることでポテンシャルが2倍も3倍も上がるようだ。そんなことを今まで知らずに生きてきたとは……。今になってとても損していた気分になる。

もはや、タマゴカツを知らない世界には戻れない。身近な食材でありながら、こんなにまで知らないことがあったなんて。何でもっと早く知ることができなかったんだ……。

・令和はタマゴカツの時代

おそらく、令和元年。つまり今年は、タマゴカツバーガーの時代が来るのではないだろうか。そのうち、大手のハンバーガーチェーンも、これに似た商品の販売を行う可能性も十分に考えられる。その前に1度このお店に来て、予習をしておくべきだ。タマゴカツバーガーはマジで侮れないぞ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 はんばーぐますお
住所 東京都新宿区高田馬場1-29-6野菊ビル1F
営業時間 11:30~23:00(タマゴカツサンド、タマゴカツバーガーの提供は平日14~18時、土日祝)
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

サラダに乗せると「一気にお店っぽくなる」食材ベスト5。イチゴが大活躍

 最も手軽な“野菜料理”と言えば、「サラダ」。最近ではカット野菜のバリエーションも充実していて、誰でもカンタンに、色とりどりのサラダを作ることができるようになっていますよね。

 でも、カット野菜に頼りすぎて、見た目や味がマンネリしていませんか? 実は、“いつもと違うアイテム”を1つ2つ加えるだけで、途端にあか抜けたサラダを作ることができるんです。また、味や栄養のバランスもググっと高めることも可能に。

 そこで今回は、いつものサラダを見た目・栄養的にレベルアップしてくれる「スター食材」を5つ厳選してご紹介したいと思います。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

新緑の季節に合う、抹茶の贅沢和スイーツを期間限定で



シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」では、5月1日から31日までの期間限定で、新緑の季節にふさわしい芳醇な抹茶の香りと味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が楽しめます。抹茶と相性のよい和スイーツを味わってみては。

芳醇な抹茶の香りの大人な和スイーツ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのカフェ「トスティーナ」で、芳醇な抹茶の香りで大人上品な味わいの “抹茶スイーツ&ベーカリー”が登場。5月1日から31日までの期間限定で楽しめます。風味豊かな抹茶と相性の良い和の素材を使った和スイーツを用意しています。新緑の季節、抹茶好きにはたまらない香り豊かな1品で優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

抹茶に和トッピングを贅沢に使用

「抹茶ムースとチーズタルト」

「抹茶ムースとチーズタルト」(550円)は、ベイクドチーズケーキを閉じ込めたタルト生地に、抹茶のムースがのっています。ムースの中にはミルクチョコクリームが入っており、トップには抹茶チョコクリームがリング状に絞ってあります。仕上げに、黒蜜のゼリーに金箔が飾ってあります。渋めの抹茶の風味とまろやかなチーズケーキのまろやかなハーモニーが魅力です。

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」

「抹茶プリンと黒胡麻ムース」(550円)は、和を感じさせる落ち着いたデザインの陶器に、黒胡麻のムース、抹茶のプリンが重なっています。プリンの中には、黒蜜ゼリーと抹茶の生地を閉じ込めています。プリンの上にはあずきのクリームをたっぷりとのせ、三色豆や黒豆、金箔をトッピング。ほろ苦い抹茶と深みのある黒胡麻の味わいを、黒蜜の優しいあまさでまろやかにしているのも特徴です。

「抹茶とチョコレートムース」

「抹茶とチョコレートムース」(550円)は、抹茶の生地にドーム型にした抹茶のムースをのせ、三色豆や金箔を飾り、見た目が美しい上品な和スイーツになっています。ムースの中にはチョコレートのムースと抹茶のブリュレを閉じ込め、濃厚なのにまろやかなテイストを堪能できます。

「抹茶と甘夏のデニッシュ」&「抹茶のコロネ」

「抹茶と甘夏のデニッシュ」(320円)写真右は、葉っぱ型のデニッシュ生地の周りに、クッキー生地を、中央に抹茶風味のカスタードを絞って焼き上げています。求肥、抹茶クリーム、黒豆と“和”のトッピングと、爽やかで大粒の甘夏を1度に楽しめます。

「抹茶のコロネ」(205円)写真左は、抹茶生地をコロネ型にして焼き上げ、マスカルポーネとカスタードを合わせたクリームが絞ってあります。表面にはホワイトチョコを、最後にきな粉と抹茶パウダーをふりかけています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
カフェ「トスティーナ」 “抹茶スイーツ&ベーカリー”
期間:5月1日~5月31日
開催店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)10時~23時
電話番号:047-355-5555

PR TIMES

~人生に旅心を~