【まさか】タイ料理大好きっ子がスシローの「本格トムヤムラーメン」を食べた結果…

どれを食べてもハズレなし、数ある回転寿司チェーン店の中でも断トツのコスパを誇る我らがスシロー。中には1度も食べたことがないネタも存在するが、それだってきっと美味しいに決まってる。スシローの安定感は全盛期のヒョードルに匹敵するハズだ。だがしかし……。

今回は大変残念なお知らせをしなければならない。というのも、タイ料理が大好きな私、P.K.サンジュンがつい先日まで販売されていた『本格トムヤムラーメン』を食べてみたところ、おそらくスシロー史上初の黒星が待っていたのだ。

・トムヤムクンのラーメン

2019年4月下旬から発売されていたスシローの本格トムヤムラーメン。その名の通り、タイ料理の大定番「トムヤムクン」をベースにしたラーメンで、かなり辛く仕上げられていることが最大の特徴だ。価格は1杯380円、店舗によっては400円である。

タイ料理が大好きな私はもちろんトムヤムクンも大好物。都内のタイ料理店はもちろんのこと、本場タイでも幾度となくトムヤムクンを食している。ちなみに日本で1番美味しいと思うトムヤムクンは、茨城県にある「バンセンストア」のトムヤムクンだ。

・スシローならば大丈夫

それはさておき、タイ料理が大好きな私が食べてもスシローの『本格トムヤムラーメン』は間違いなく美味しいハズ。なにせ、これまでスシローで食べた料理の中で「これはダメだ」なんてものは1つとして存在しなかった。寿司とは程遠いタイ料理でも、スシローならば……!

というわけで、スシローで『本格トムヤムラーメン』をオーダー。追加のパクチーも100円でオーダーできるのも非常にありがたい。さすが無敵のスシロー。トムヤムラーメンを食べる消費者の心理を分かりぬいている。

やってきた本格トムヤムラーメンは、レモングラスとコブミカンが香る “香りはマジで本格派” のトムヤムクンだ。具にはワンタンがトッピングされており、ボリューム的にもちょうどいい。さっそく一口いただいてみると……。

辛ッ!

あ、結構辛い!!

けど全然美味しくないッッ!!!!

ズバリ申し上げるが、本格トムヤムラーメンは圧倒的に旨味が足りていなかった。トムヤムクンに限らず、辛い料理はその分の旨味がなければ美味しくならない。辛ければ辛いほど旨味を強くする、これは激辛料理のセオリーである。

その点、本格トムヤムラーメンは “ただ辛いだけのトムヤムクン” になってしまっていた。愛するスシローにこんなことを言うのも気が引けるが、ハッキリ言って本格トムヤムラーメンは駄作。タイ料理好きとしては到底受け入れられないクオリティであった。

ところが──。

当編集部のスシローマスター、中澤星児は本格トムヤムラーメンが「美味しかった」という。彼はそこそこ味覚が確かな男なのだが、念のため「トムヤムクン食べたことある?」と尋ねたところ、

「いや、ないです」

……と教えてくれた。つまり、本格トムヤムラーメンは、タイ料理好きにとっては超イマイチで、タイ料理ビギナーにとっては美味しく感じる一杯なのかもしれない。

今回は厳しいジャッジを下したが、それでもスシローが最高であることは紛れもない事実である。さあ、スシローよ。もう1回トムヤムクンで勝負してみろ。そしてタイ料理好きの俺に「ウマい!」と言わせてくれ。リベンジはいつでも受け付ける。

参考リンク:スシロー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

この夏飲みたい新作ドリンク!旬のチェリーが入った「タピオカチェリーラテ」



“今”を編集するコーヒーショップ「Roasted COFFEE LABORATORY」から初夏の新作ドリンクが登場!アイスラテに甘酸っぱいチェリーとタピオカが入った「タピオカチェリーラテ」や、エスプレッソのフローズンドリンクなど3種が期間限定で楽しめます!

タピオカの食感が楽しめるアイスラテ

夏の新作ドリンクは、まもなく旬を迎える“チェリー”を使用した「タピオカチェリーラテ」が登場。アイスラテのほろ苦いコクとクリーミーな味わいと共に、チェリーの爽やかな甘酸っぱさと、タピオカの食感が楽しめる一杯です!

タピオカチェリーラテ


酸味が際立つグリオットチェリーを使用した自家製シロップを、こだわりのアイスラテと合わせました。口いっぱいに広がるチェリーの甘酸っぱさとタピオカが加わった、満足感の高い一品に仕上がっています。
「タピオカチェリーラテ」600円

夏季限定のエスプレッソドリンク

Roasted COFFEE LABORATORYで人気の「エスプレッソトニック」に加え、 「エスプレッソライムフリージング」が新たにラインナップ。どちらも暑い夏のリフレッシュに最適の一杯です。

エスプレッソトニック


キレのよいトニックウォーターを加えた、コク深いエスプレッソに、ほのかにアガベシロップの甘みが感じられるドリンク。トップに乗せたミントの爽やかな香りもお楽しみください。
「エスプレッソトニック」550円

エスプレッソライムフリージング(右)


氷とライムのフローズンに、エスプレッソをかけたフローズンドリンク。爽やかな甘酸っぱさと冷たいのど越しが、夏の暑さを一瞬忘れさせてくれますよ。※東急東横店での展開はございません。
「エスプレッソライムフリージング」620円

※価格はすべて税別

展開日程:2019年5月28日(火)~7月31日(水)
展開店舗:Roasted COFFEE LABORATORY 青山を除く全店
※店舗によりメニューは異なります

“今”を編集するコーヒーショップ

2016年渋谷・神南に誕生した「Roasted COFFEE LABORATORY」は、自家焙煎の豆を使用したコーヒーに、自家製スイーツとミール、音楽やアート、カルチャーをミックスしたローカルイベントなど常に新しい魅力を提案する、渋谷を発祥の地とするにふさわしい”今”を編集したコーヒーショップです。

instagram:https://www.instagram.com/roasted_coffeelaboratory/

SHOP INFORMATION
●渋谷神南店 住所:東京都渋谷区神南1-6-3 神南フラッグ 1F TEL:03-5428-3658
●東急東横店 住所:東京都渋谷区渋谷2-24-1 渋谷駅・東急東横店 西館1F TEL:03-3477-4134
●エソラ池袋店 住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 エソラ池袋 1F TEL:03-5957-0893
●六本木ヒルズ店 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク4F TEL:03-5775-5033
●青山店 住所: 東京都渋谷区神宮前5-52-2 オーバルビル1F TEL: 080-9747-3103

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

北海道発の “シメパフェ” を東京で初体験してみたら、幸福感がすさまじかった / 札幌からの初進出店舗「INITIAL 表参道」

突然だが、皆さんは “シメパフェ” をご存知だろうか。新鮮なパフェを酢で締めたものではなく、食事や飲酒後に締めとしてパフェを食べる行為のことだ。「締めと言えばラーメン」を覆すこの文化は、発祥の地である北海道・札幌では、もはや夜の定番となりつつあるらしい。

東京に住む筆者は最近それを知り、「1日をパフェで締めくくるなんて素晴らしすぎる。札幌市民の生活の質ヤバすぎる」と衝撃を受けていた。そんな折、なんと東京にも「シメパフェ専門店」がオープンしたという情報を入手。さっそく1日の終わりに現地へ向かってみた。

・夜のパフェは一味違う

今回ご紹介するお店は「INITIAL(イニシャル)表参道」。札幌において ”シメパフェ” ブームを先導してきたお店の東京初進出店舗で、5月1日にオープンしたばかり。スイーツ店としては珍しく23時半まで営業しており、「締める者拒まず」の万全の受け入れ体勢である。

筆者が訪れたのは午後8時頃。普段なら1日の疲れで動きが鈍くなる時間帯だったが、この日は足取り軽く現地に到着。なにせこれからパフェを食べるのだ。そう思うだけで、あらゆる苦しみから自由になれる。

初めての “シメパフェ” の効能を早くも実感しつつ、店先のメニュー表を眺める。ぶどうのパフェやマロンクリームのパフェなどが魅力的に並ぶなか、特に目を引いたのは、ふんだんにいちごが盛られた「贅沢いちご(税抜1300円)」

レジで注文を済ませ、席に着いて待っていると、5分もしないうちにパフェがやってきた。

見るからに新鮮な赤色がクリームを覆っている……いちごがツヤを放ち、グラスがライトに照らされてテーブルに影を落とすさまは、まるで舞台女優。なぜだか色気まで感じてしまう。やめろよ、相手はパフェだぞ……? 俺、おかしくなっちゃったのかな……。

「シメパフェ専門店」という夜の空間が持つムードのせいか……あるいはクラクラするようなみずみずしさを見せる、このいちごの魔性のなせるわざか。

心引かれるまま一口ほおばると、甘酸っぱさが弾けた。思わず口角が緩んでしまう。酸味と甘みが6対4くらいの絶妙の比率で、いくらでも食べられそうなほど美味しい。

いちごと並んで、クリームもまた絶品。お店のインスタグラムによれば、「INITIAL」の出身地である北海道の牛乳を使ったクリームとのことで、何ともコクのある味わいに仕上がっている。いちごの酸味との相性は筆舌に尽くしがたい。

夢中になって食べ進めるうちにパフェも残り少なくなってきたが、よく見ればグラスの底まで鮮やかな具材がぎっしり。

いちご果肉のジャムとローズヒップのジュレが底に敷かれているそうで、最後までこちらの舌を楽しませることに余念がない。

・パフェで締められる幸福

10数個のいちごとクリームの山だったが、あっという間に完食してしまった。正直1300円はデザートとしては少し高めだと思っていたが、今となっては美味しさとボリュームを考えれば値段以上の価値があると感じられる。

そして何より、1日の終わりにこの幸福感が得られるのであれば、それ以上のことはない。濃厚でありながらもさっぱりとした後味は、ご飯の締めにもお酒の締めにもふさわしいと言える。「シメパフェ専門店」には、確かに北海道だけに収まりきらない魅力があった。

皆さんもぜひ、このオトナな新文化を体感してみてはいかがだろうか。きっと定番になってしまうこと請け合いである。

・今回紹介した店舗の情報

店名 INITIAL 表参道
住所 東京都渋谷区神宮前6-12-7
営業時間 11:00~23:30(L.O22:30)
定休日 不定休

参照元:Instagram @initial_omotesando
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。