斬新すぎる “冷やしタピオカつけ麺” に挑んだら、想像を絶する味に打ちのめされた / 東京・田町「麺屋武蔵 五輪洞」

何事も決めつけてかかるのはよくない。偏見を持つことで視野が狭まり、新たな体験のチャンスを失うことにもなりかねないからだ。人生は1度きり。なるべく色眼鏡を外して、心のキャンバスを真っ白に保っておきたいものだ。

そんな風に考えていた折、「期間限定で冷やしタピオカつけ麺を始めた麺屋がある」という情報を入手した。ふぅん……絶対ヤバいだろ。昨今のタピオカブームに悪乗りしてしまったのだろうか。わんぱくすぎないだろうか。いや……偏見はよくない。なので実際に食べてみることにした。

・衝撃の一品

山手線の田町駅を降り、徒歩3分ほどでそのお店に到着した。「麺屋武蔵 五輪洞(ごりんどう)」……ド人気ラーメンチェーンの1店舗である。

「人気チェーンなら安心だ」と思いたいところだが、「タピオカつけ麺」という字面には、やすやすと安堵方向に舵(かじ)を切れない油断できなさがある。いったいどんな一品なのか。

店先には2枚の立て看板があり、「濃厚つけ麺」や「ら~麺」といった王道の品々が並ぶ一方……

もう1つの看板には、でかでかと「冷やしタピオカつけ麺」の文字と写真が載っていた。おまけに店名の由来である宮本武蔵が、タピオカの入ったスープをストローですすっているイラストまである。武蔵…… “今” を楽しんでるな。あとやっぱりそうやって飲むんだな。

イラストの武蔵は満喫しているようだが、こちらは生身の凡人だ。緊張しつつ入店し、1000円と引き換えに「タピオカつけ麺」のチケットを手に入れる。食券を買うことをあまりこんな風に言わないが、緊張のせいである。

だってタピオカつけ麺だし……」と思いながら待つこと10分。実物が目の前にやってきた。

麺にはネギダレの乗った冷製蒸し鶏やキュウリなどが盛られていて、風味付けにレモンも添えてある。見た目からして涼やかで、とても美味しそうだ。

だけどスープがだいぶタピオカミルクティー

どうしてなのか。本当にこの麺とスープを引き合わせるべきだったのか。

レンゲでスープを底の方からすくってみると、紛うことなきタピオカがおもむろに姿を現した。看板にあった通り、太いストローも差し込まれてるし……

なんなら「割りスープ用に」とアーモンドミルクも渡されたし……ミルクティー感覚でいかせる気満々だ。大丈夫なのだろうか。不安すぎる。いや……偏見はよくない。そして往生際もよくない。

思いきって麺を箸で持ち上げ、スープに漬ける。一呼吸置いてからすすってみると……

美味しい……

あれ、美味しい……。さすがにスープがタピオカミルクティーそのものということはなく、絶妙に冷やしつけ麺ナイズされているのが口にした瞬間にわかった。

鰹だしとアールグレイオイルが使われているというスープは、ほどよくミルク味を残しつつすっきりとした味わいだった。濃厚ながら舌に変にまとわりつくことがなく、口の中全体に爽やかに広がっていく。何だこれ、どうやったらこんな味が出せるんだ。

想像だにしなかった奥深いスープのコクを、つるりとした喉越しの麺がスムーズに脳へ届ける。その脳はつけ麺の見た目と味のギャップに混乱しているのだが、しかし「もっと味あわせてくれ」と手と口に命令を出すことはやめない。どんどんと風味に引きずり込まれる。

たまにタピオカをすくって食べると、麺とは異なるモチモチ感があって口の中が楽しい。タピオカにもスープの味が染みていて、つけ麺体験を彩ることはあっても邪魔はしてこない。

不思議だ……不思議でいて、実に完成されている。注文の段階で麺量を並・中・大から選べ、及び腰が極まっていた筆者は反射的に並サイズを選んでしまったのだが、これなら中サイズ以上もいけたかもしれない。

するすると麺を食べ終わったあと、割りスープと称されたアーモンドミルクをスープに投入し、飲んでみる。もはや不安など欠片もなかった。ミルク感が濃厚になり、いよいよそれっぽさが増してくるも、つけ麺の延長線上で楽しむことができた。

というか……美味しい……。全部美味しい……。むやみに疑ってしまって申し訳なかった……。

・満足と教訓

そんなわけで、“狂いしメニュー” に思われた「冷やしタピオカつけ麺」は、決して悪ふざけの産物などではなく、むしろ計算され尽くされた味わいでこちらを打ちのめす一品だった。お店の思惑通りに満喫してしまった。まさかあの武蔵が未来の自分だったとは。

とにかくさっぱりした美味しいつけ麺だったので、夏の季節にはぜひともおすすめしたいところだ。7月末までの期間限定かつ、1日の提供数も限られている点には気を付けてほしい。繰り返しになるが、やっぱり偏見はよくない。

・今回紹介した店舗の情報

店名 麺屋武蔵 五輪洞
住所 東京都港区芝5-29-1
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 定休日

参照元:Facebook @menya634
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【漆黒】コーヒーにしても黒すぎる「ブラックカフェラテ」とは? 黒さの正体と味に迫ってみた / 東京ドーム・ブライアントコーヒー

とにかく黒いコーヒーがある。しかも、そのコーヒーはカフェラテになっても黒いらしい。通常のカフェラテといえば、ミルクの白にコーヒーの黒が混ざって茶色になるのが普通だ。でも、黒いコーヒーはカフェラテになっても尚も黒。

なぜそんなにも黒いのか。その正体、そして味にも迫るべく、「ブラックカフェラテ」という飲み物を飲んでみることにした! も、もしかしたら歯が黒くなったりする……?

・東京ドームの「ブライアントコーヒー」

ブラックカフェラテを提供しているのは、「ブライアントコーヒー」というお店。場所は東京ドームの水道橋側にある。ニューヨークのミッドタウンにあるようなお店をイメージしているとのことで、コンテナを改造したお洒落な外観はインスタ映えも期待できそうな見た目だ。

「ブラックカフェラテ」以外にもメニューは豊富で、タピオカドリンクやシェイク系など様々な飲み物がある。食べ物もホットサンドやトーストを取り揃えているほか、かき氷なども置いてあった。

・「ブラックカフェラテ」とは

メニュー看板を見てみると、「ブラックカフェラテ」の説明書きを見つけた。なんでも、コーヒーはエスプレッソで抽出したものを使用して、「竹炭パウダー」で仕上げたらしい。あと、デトックス効果にも期待ができると書いてあった!

「竹炭パウダー」を使用とは、ますます味の方が気になってくる。竹炭というとバーベキューで使われるイメージ。食用もあるが、恐らく多くの人はピンとこないだろう。

・カフェラテの色じゃない

さて、お目当ての「ブラックカフェラテ(540円)」はアイスとホット両方ある。ホットにするとラテアートを描いてくれるようで、アイスだと透明なプラスチックカップで出てくる。そのため今回は、全体の黒さがより際立って見えるアイスで注文してみた。そして実際に見たブラックカフェラテはというと……漆黒!

やはり、単体で見ても相当な黒さだというのが分かる。通常のカフェラテと比べてみると、黒さの違いは一目瞭然。 「ブラックカフェラテ」ではミルクがコーヒーの黒さに負け、白がもはや灰色になっているほどだ……!

どちらかというと見た目はカフェラテよりも、黒ゴマドリンクのような色合いに近い。言われなければ黒すぎて、カフェラテだとは思えないだろう。見た目からだとコーヒーの味が想像できないため、さっそく飲んでみることにした。

・大人の味がするカフェラテ

コーヒーはエスプレッソなだけに、けっこう苦めに感じる。ミルクとしっかり混ぜて合わせても苦いため、エスプレッソが多い部分だとかなりの苦さだ……! 気になる竹炭も、風味が後味にしっかり残るほどインパクトは大。炭の雰囲気が味からしっかりと感じられる。

一言でいうなら大人の味がするカフェラテ。私自身コーヒーが好きなのでクセのあるコーヒーも飲み慣れているつもりだったが、「ブラックカフェラテ」はそれを凌駕するくらい個性的な風味を持っていた。コーヒー好きには一度飲んでみてほしい。

・歯は黒くならない

そして最初に懸念していた「歯が黒くなっちゃうのでは」という心配は、全く問題なかった。全然黒くならないし、「竹炭パウダー」がくっついたりなんてこともしない。なので、デートでも安心して飲むことができるぞ!

コーヒーと竹炭の相性は良いと思ったが、クセはあるので好みは分かれそうである。だからこそ、一度は飲んでみて欲しいと私は感じた。ハマる人にはハマるだろう「ブラックカフェラテ」。東京ドームに行った際は、是非飲んでみてはいかがだろうか?

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

名称 ブライアントコーヒー
住所 東京都文京区後楽1丁目3−61 黄色いビル2F
時間 8:00~22:00

参考リンク:BRYANT COFFEE
Report:mai
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

品川プリンス最上階でサンセットを眺めながら大人な「ハイティー」はいかが?



品川プリンスホテルの最上階にあるダイニングバー「SHIZUKU LOUNGE」で、期間限定のハイティーメニューがスタート。東京の夕暮れをテーマした豪華なスイーツプレートのほか、アミューズやメイン、フリーフローも付いたお得なプランです。

同レストラン初のハイティー企画

品川プリンスホテルSHIZUKU LOUNGE

品川プリンスホテルの最上階39階、東京の街並みを一望するダイニングバー「SHIZUKU LOUNGE」で、同店初となるハイティーメニュー「TOKYO SOIREE(トウキョウソワレ)」がスタートしました。窓一面がオレンジ色に染まる夕焼けの時間帯に合わせて始まる大人なハイティーの時間。アミューズとメイン、豪華なスイーツメニューにドリンクのフリーフローがついたお得なメニューです。この夏、大人なサンセットタイムを過ごしてみては?

TOKYO SOIREEのメニュー

3種のアミューズ

ニューヨークのミシュラン2つ星シェフGABRIEL KREUTHER氏や、イタリアのミシュラン2つ星シェフALBERTO FACCANI氏が来日した際に提供し、好評だったスペシャリテ3種が今回のハイティーのアミューズとして選ばれました。

品川プリンスホテルSHIZUKU LOUNGE「TOKYO SOIREE(トウキョウソワレ)」アミューズ

・サワークリームとイクラのベガースパース
・フェイクオリーブ
・フォアグラテリーヌとピスタチオのキャラメリゼ

メインプレート

メインには、フォアグラや国産牛のビーフシチュー、海老と帆立貝のポワレなどを用意。ひと口サイズになって食べやすいスタイルで提供されます。

品川プリンスホテルSHIZUKU LOUNGE「TOKYO SOIREE(トウキョウソワレ)」メインプレート

・フォアグラとパテのミニバーガー
・国産牛の赤ワイン香るビーフシチュー
・神の海老と帆立貝のポワレ アメリケーヌのエスプーマ

サンセットベジスイーツ

サンセットをイメージした真っ赤なプレートの上には、野菜を中心に取り入れた6種のスイーツが並びます。

品川プリンスホテルSHIZUKU LOUNGE「TOKYO SOIREE(トウキョウソワレ)」サンセットベジスイーツ

・とうもろこしのジェラート 
・キンカンゼリー
・カカオダンテル 
・ローズ型パンプキンプリン
・ゆずメレンゲ       
・ベイクドチーズ

SHIZUKUスイーツ

SHIZUKU LOUNGEのパティシエが、ウッディーな雰囲気のスイーツプレートを完成。

品川プリンスホテルSHIZUKU LOUNGE「TOKYO SOIREE(トウキョウソワレ)」SHIZUKUスイーツ

・ストロベリーのバトンシュー
・チェリーのコンポート入りフロマージュブランムース
・モアロー抹茶
・モアローショコラ

【TOKYO SOIREE(トウキョウ ソワレ)】

期間: 2019年6月24日(月)~11月26日(火)の月・火曜日
時間: 17:00~19:00ラストオーダー
料金: 4,800円(税サ込)
※ スパークリングワイン・ワイン(赤・白)・瓶ビール・ソフトドリンクなど、セルフスタイルのフリーフロー付き
※ご予約制
※ 食材・メニュー内容は変更になる場合あり

[ DINING & BAR TABLE 9 TOKYO「SHIZUKU LOUNGE」]
住所: 東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテルメインタワー39F
公式サイト: https://www.princehotels.co.jp/shinagawa/plan/table9tokyo/TOKYOsoiree/

[PR Times]

~人生に旅心を~