食べログ「ラーメン部門」全国1位の名店が行列の果てに “頂点のラーメン” を見せてくれた / 東京・仙川「中華そば しば田」

グルメ通が集うレビューサイト「食べログ」。美味しいお店を知りたい時には「食べログ」を見るという方も多いのではなかろうか。かく言う筆者も、しばしば「メシ……ヒョウカノタカイ……メシ……」とよだれを垂らして目を血走らせながら利用させてもらっている。

もちろん「食べログ」における点数が絶対というわけではない……が、高評価のお店には心が引かれてしまうものだ。「でかい集合知には巻かれろ」の精神である。例えば、いまラーメン部門で全国1位のお店はどこなのだろう。一度気になりだしたら止まらなくなってきた。

・頂点のラーメン

そんなわけで、さっそく実際に行ってみることにした。2019年7月8日現在、「食べログ」全国ランキングのラーメン部門で1位の座についているのは、東京・調布市の仙川にある「中華そば しば田」というお店である。

レビューの点数(星の数)は4.16。たいていのお店が3点台であることを考えると驚異的なスコアだ。ワクワク感とともに足を運び、現地に到着したのは開店約10分後。人気店とはいえこの時間帯なら、そこまで待たずに入店できるだろうと思っていたのだが……

ザ・行列

Wikipediaに「行列」の参考画像として載っていそうなほど見事な並び具合だった。10分でこれほど並ぶのか。いや、おそらく開店前から列は出来ていたのだろう。「食べログ1位」の威光をナメていた……。

思えばここに来るまでに見かけたお店は、正直に言ってシャッターの下りているところの方が多かった。そんな静かな一帯に、唐突にこの行列が現れたのである。元から名店ではあったのだろうが、「食べログ」がいっそう人気を加速させたと見て間違いはないはずだ。

「しば田」に対するワクワク感が畏敬に変わりつつあるのを感じながら列に並んだ。自分の後ろにも次々と人が増えていく。こんなに面白いほど店に人が来るのは、街づくりのシミュレーションゲームとかでしか見たことがない。

30分ほど待って入店が叶い、食券機の前に通される。煮干しそば(830円)も気になるが、スタンダードな中華そば(830円)を選択した。ついでに大盛りのオプション(150円)も追加する。ここまで待った自分へのご褒美である。

8席あるうちの1つに座り、静かに興奮しながら待つこと10分。とうとう望んでいた丼がやってきた。

キレー……

思わず線香花火を眺める浴衣女子みたいな感想を述べてしまったが、それほどまでに繊細な造形美が目の前にはあった。

微細な泡の浮かんでいる透き通ったスープ……その奥でしなやかな流線を描く細麺……美しさが半端ではない。輝きさえ放っているように見えて、知らず居住まいを正していた。まずはゆっくりとレンゲを差し入れ、スープを一口飲んでみる。

とんでもなく美味しい。決してガツンとインパクトのある味ではない。だがこれは、例えるなら登山の後に飲む岩清水のような、身体のすみずみまで染み渡る味だ。すっきりとキレのある醤油の淡麗さが、渇いた全身をうるおしてくれる。

このままだとスープだけ飲み干してしまいそうだったので、欲を抑えて麺もいただく。小麦の香りが鼻に抜ける。歯切れ良くなめらかなストレートの細打ち麺に、スープのダシの芳醇な風味が絡み、喉の奥にさらさらと流れていった。

それなりに蒸し暑い初夏の日なのに、そして入店前に水分を取っていたわけでもないのに、食べ進めているあいだコップの水を一切飲まなかった。味が薄いのではなく、こちらの舌への寄り添い方が極めて上品なのだ。

ひたすらに清涼感のある仕上がりに、ただただ驚嘆させられる。見た目に加えて、その味わいまでもが信じられないくらいにクリアだ。強烈な中毒性のようなものはない。しかし最後の晩餐をラーメンから選ぶならこれがいいと思えるような、温かな癒しをたたえた一品である。

「中華そば しば田」……圧倒的だ。大盛りを頼んだにもかかわらず、体感では数十秒にも満たない極上の体験だった。

・「隠れない名店」の味

さすが全国の頂点に立った名店の味は格別である。そしてそんな名店を教えてくれた「食べログ」はやはり閲覧の価値のあるサイトだと、そう再認識した次第だ。今後もお世話になることだろうし、機会があれば他ジャンルの名店にも足を運んでみたい。

まだ点数の低い「隠れた名店」を探すのも楽しいが、圧倒的な輝きを放つ「隠れない名店」を訪れると感動すら覚える。「しば田」の行列の果てには、冠にふさわしい、しかし飾らない透明な美味しさがあった。

・今回紹介した店舗の情報

店名 中華そば しば田
住所 東京都調布市若葉町2-25-20
営業時間 火~日 11:00~15:00、17:30~21:00
定休日 月曜日

参照元:「食べログ」全国ラーメンランキングTOP20
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【期間限定・数量限定】ガストの「うな丼(税込1133円)」を食べてみた結果 → まさかの激ウマだった!

夏になると様々な店で登場するうなぎ料理。ある日、ガストの前を通りかかったところ、今更ながら『うな丼』が販売されていることに気がついた。

以前の記事でチェーン店のうなぎを食べ比べていたこともあり、気になってしょうがなくなった筆者は後日、ふたたびガストに足を運んだ。さて、ガストのうな丼はどんな仕上がりなのか……いざ実食DA!

・他のチェーン店に比べて高価

ガストの『うな丼』は期間・数量限定の商品。価格は単品で税込1133円となっている。なお、販売期間を問い合わせてみたところ、8月の前半まで在庫が持つかどうかという状況とのことだ。

参考までに、以前の記事で食べ比べた4社との価格を比較してみると……

【他のチェーン店との比較】

・吉野家『鰻重 一枚盛』750円 (669kca)
・すき家『うな丼 並盛』790円 (679kcal)
・なか卯『うな重』850円 (693kcal)
・ほっともっと『うな重』790円 (711kcal)
・ガスト『うな丼』1133円 (749kcal)

ガストのうな丼が明らかに高価だが、これは味への自信の表れだろうか。期待は高まるばかりである。ちなみに、うなぎの産地は他社と同じく中国産とのことだ。

・激ウマだった

店内の席に座り『うな丼 味噌汁・漬物セット(税込1241円)』を注文。待つこと10分ほどで料理が到着した。大きめの丼にはうなぎの切り身が、ひと切れ+3分の1ほど盛られている。ボリューム感は可もなく不可もなくといったところだ。

それより何より気になるのは味だ。さっそくうなぎに箸を入れてみると、おっ! フワッとしていてメチャメチャ柔らかい!! こいつはかなり良い感じに仕上がっている気がするぞ。ひとくち食べてみたところ……

うめぇぇぇえええええーーーーー!

しっかり脂がのっていながら臭みやクドさはなく、口に入れた瞬間トロッと溶けるような舌触りが感じられた。また、うなぎ自体の味付けはやや濃いめだが、ご飯とのバランスでみるとちょうど良い。

筆者の個人的な感想としては、他の4社と比べるとガストの味が圧倒的勝利! なお、日を改めてテイクアウトも味わってみたが、店内で食べた時と比べて時間が経っている分フワトロ感は劣るものの、やはり他の4社に比べて、食感、味ともに明らかに優れているように感じた。

値は張るものの、正直言ってガストのうな丼は期待を大きく上回る出来だった。前述の通り、期間・数量限定なので、気になる方は早めに食べに行くことをオススメしたい。

参考リンク:ガスト「うな丼」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【機内食ルポ(ソウル⇄イスタンブール線)】韓国の5つ星エアライン・アシアナ航空が大ヒット!



フライト中の楽しみのひとつが機内食。機内ではできることが限られるだけに、機内食がおいしいと、空の旅の満足度も高まりますよね。

今回ご紹介するのは、韓国の5つ星エアライン「アシアナ航空」のユニークな機内食。ソウル=イスタンブール線のエコノミークラスに搭乗した筆者が、往復の機内食の中身をレポートします!

韓国の5つ星エアライン・アシアナ航空

アシアナ航空1

韓国を代表する航空会社のひとつが、1988年に設立されたアシアナ航空。ANAと同じスターアライアンスの一員であり、英国スカイトラックス社による格付けで、5つ星エアラインに認定されています。

日本人なら、日本から韓国に行くときはもちろんのこと、ソウル・仁川空港で乗り継ぎ、ヨーロッパや東南アジアなど、世界各国に向かう乗り継ぎ便を利用する機会も少なくないはず。札幌、仙台、名古屋、福岡など、日本の地方空港にも乗り入れているため、地方在住者にとっても頼もしい存在です。

筆者は福岡からトルコのイスタンブールに向かう際に、アシアナ空港の乗り継ぎ便を利用しました。

ソウル発イスタンブール行き昼食

アシアナ航空2

利用したOZ551便は、10:25ソウル・仁川空港発、16:10イスタンブール新空港着。ただし、曜日によって発着時刻は異なります。

仁川空港を離陸して、最初に出てくる食事が昼食。機内食メニューのリーフレットを用意している航空会社もありますが、アシアナ航空のエコノミークラスにはそれがないので、出てきたときのお楽しみです。

この日の昼食メニューは、韓国料理の「プルコギサムパプ」と、チキンのクリームソースでした。どのようなものかよくわかりませんでしたが、せっかくの韓国系エアラインなので、「サムパプ」を選択。

アシアナ航空3

フタを開けてみると、これがとっても面白い料理でした。葉物野菜にご飯やプルコギ、合わせ味噌のサムジャンなどを包んでいただくのです。機内食で、このような形で生野菜が出てくるのはとても珍しいですね。濃いめに味付けされたお肉をほかの具材と合わせると絶妙で、とてもおいしかったです。

アシアナ航空4

しかも嬉しいことに、温かいお味噌汁付き!筆者の経験上、エコノミークラスの機内食で温かい汁物が出てくるのはこれが初めて。韓国人の食へのこだわりを垣間見た気がしました。

ソウル発イスタンブール行き夕食

アシアナ航空5

夕食のメニューは、目玉焼き載せキムチチャーハン。見た目はちょっと地味というかシンプルですが、食べてみると、チーズが絡んでまろやかで美味。付け合わせのマカロニサラダも、「どこかのレストランで出てくるんじゃないか」と思うほど、本格的なバジル風味でした。

アシアナ航空6

デザートのベルベットケーキは、甘さ強めの白い部分を除けば、甘すぎるのが苦手な筆者にもちょうど良い上品な味わい。機内食のケーキは安っぽい印象があるのですが、このケーキはしっとりしていて、機内食っぽさを感じませんでした。

イスタンブール発ソウル行き夕食



トルコ滞在を楽しんだ後、再びアシアナ航空で帰路へ。筆者が利用したOZ552便は、17:40イスタンブール新空港発、翌9:20仁川空港着でした。

最初の食事は夕食で、ハンバークのような西洋風のメニューと韓国料理の選択肢があったので、再び韓国料理をチョイス。今回は自分で混ぜて食べるビビンパでした。野菜やひき肉などの具材が入った丼ぶりに、自分でご飯やごま油、コチュジャンを加え、混ぜて食べるのです。

アシアナ航空8
あまり美しくなくて申し訳ありませんが、食べる前の写真です。

アシアナ航空の韓国料理は、自分で仕上げる要素があるから楽しいですね。コチュジャンをたっぷり入れたビビンパはかなり辛く、韓国の風を感じました。

イスタンブール発ソウル行き朝食

アシアナ航空9

仁川空港到着も近付き、この旅最後の機内食です。朝食には選択肢がないことも珍しくありませんが、チキンを添えたご飯ものと、オムレツから選べるようになっていました。

アシアナ航空10

早朝の機内でご飯ものはきついので、ここではオムレツをチョイス。機内食のオムレツは卵が硬くなりすぎて、パサパサしていることが多いですが、このオムレツは中が少しとろりとしていて、機内食とは思えないクオリティーでした。オムレツに添えられているトマトや玉ねぎもおしゃれですよね。

いやはや、アシアナ空港の機内食は全体的にレベルが高い!

日本にも似た「おもてなし」も魅力

アシアナ航空11

筆者がアシアナ航空を利用したのは、今回が初めて。機内食のみならず、サービス全般に対する感想は、「またぜひ利用したい!」というものでした。

映画の種類が少ないなど、機内エンターテイメントには若干の不満があったものの、機内食がおいしいうえ、日本の「おもてなし」にも似たきめ細やかなサービスが受けられるからです。

乗客の搭乗が完了し、本格的な機内サービス開始のタイミングになると、客室乗務員が所定の位置に並び、アナウンスに合わせてお辞儀とともに「ようこそ」のような挨拶から始まります。機内の通路をカートが通る際も、「失礼します」といった声かけがありますし、まるで日本のようではありませんか。

アシアナ航空12
アメニティポーチには、スリッパと歯磨きセット

ヨーロッパ系の航空会社などを利用すると、体格の良さや顔の彫りの深さもあってか、若干の威圧感を覚えることがあるのですが、アシアナ航空の客室乗務員に対しては、「低姿勢でいつも笑顔を忘れない」という印象を受けました。

乗客が希望する飲み物を切らしている際は、「申し訳ありません。今お水を切らしていて・・・。後でまた周ってきますから」と、笑顔かつ申し訳なさそうな表情で対応。それを見て、「笑顔かつ申し訳なさそうな表情での接客は、どこの国でも見られるものではない」と気付きました。国によっては、「後から周ってくる同僚にもらってください」と淡々と返されますから。

アシアナ航空13

乗客の大半は韓国人でしたが、隣国だけあって感覚が近いのか、妙なアウェイ感を感じることなく、「ホーム」にいるかのような快適な時間が過ごせました。

アシアナ航空
https://flyasiana.com/C/JP/JA/index

[All photos by Haruna]
Do not use images without permission

~人生に旅心を~