アンパンマングミの「りんご味」がメッチャ美味しい! これってレアなヤツ? 問い合わせたら衝撃の事実が判明 

突然だが、オススメのグミは何? と聞かれたら、皆さんは何と答えるだろう? 私(沢井)は、迷わず「アンパンマングミ」だ。ここで言うアンパンマングミとは、キャラクターをかたどったトレーに流し込まれているタイプのことで、1袋70円くらいで買えるアレのこと。幼児用のお菓子とあなどっている人は、四の五の言わず食べてみてほしい。

──それはさておき。

ぶどう味とオレンジ味しかないと思われていたアンパンマングミに「りんご味」が存在するのをご存知だろうか? もしかしてレアなヤツ!? 実際に食べてみた!

・アンパンマングミ「りんご味」

パッケージに可愛いリンゴが描かれたアンパンマングミ「りんご味」。開封してみると、プワァァ~っとリンゴジュースの香りが広がる。


そしてトレーには、キラキラと黄色に輝くアンパンマンや、おむすびまんが! あかちゃんまんもいる!! これはオレンジやぶどう味で見たことあるトレーだ。

パクッっと食べてみると……

やっぱり美味しい!

ああ、なんだかホッとする。ビックリするような特徴はないけれど、リンゴジュースのような素朴な味がたまらない。グミにもいろんな種類があるけれど、この素直でまっすぐな味がいいのですよ! もっともっと食べた~い!

・あんまり売ってない

……のだが! どこにも売ってない!! 大手スーパーやドラッグストアを探したが、りんご味は見つからなかった。どこに行ってもオレンジ味とぶどう味しか取り扱われておらず、売っていたのはセブンイレブンのなかでも一部のみ。

Twitterでの目撃情報も少ないし……もしかして期間とかエリアとかコンビニ限定だったりするんですか!?

・メーカーに問い合わせてみた

気になったので不二家に問い合わせてみたところ、りんご味は期間や販売場所について制限はかかっていないという。な~んだ、そっかぁぁぁぁ!! 最寄りのお店に入荷されるのを気長に待とう! 

あーヨカッタヨカッタと思ったそのとき、衝撃的な事実を聞くことになる。不二家の方によると「アンパンマングミはぶどう味とりんご味の2種類」であるというのだ。え、オレンジ味は!? まさか……いま店頭に出ている分で終わりということですか!?

「左様でございます」

マジかー! オレンジ、公式サイトからも消えてるーッ! りんご味の登場は嬉しいけど、オレンジ味がなくなるのは寂しい……あの口のなかに刺さるようなオレンジの香りが大好きだったんだよ!

こんにちはりんご味、さようならオレンジ味。いや、りんご味も完全な新発売ではなく再登場なのでオレンジの復活もありうるかも。いろいろ気になるが、いまこの瞬間はオレンジとりんご味が同時に楽しめる貴重な時期だ。気になる人は是非チェックしてみよう!

参考リンク:不二家
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

断面萌え!群馬県産の美しすぎるいちご「やよいひめ」を使ったパフェが登場



甘さと酸味のバランスが抜群の群馬県育成品種のいちご「やよいひめ」を使ったパフェが、期間限定で原宿のカフェ「ZipZap」に登場!「やよいひめ」をふんだんに使用したボンボンパフェ『やよいひめのストロベリーボンボン』。3月15日までです!

断面が美しい!ボンボンパフェ



「やよいひめのストロベリーボンボン」は、「やよいひめ」の “切断面が美しい”という特長を活かしたボンボンパフェ。いちごゼリーといちごジュースの上に、生クリーム、いちごのチョコレートと「やよいひめ」をまるでお花が咲いているかのような形をイメージしてトッピングしています。


やよいひめのストロベリーボンボンが原宿に期間限定で

「ZipZap」では、「やよいひめのストロベリーボンボン」を2019年3月15日(金)までの期間、1,500円(税込)で楽しめます。やよいひめは、「第36回群馬県いちご品評会」にて金賞と県知事賞を受賞した最高品質のプレミアムないちごです。やよいひめは、群馬県が育成した「とねほっぺ」と、栃木県が育成した「とちおとめ」をかけ合わせてできた、群馬県のオリジナル品種なのです。


やよいひめのストロベリーボンボン
店舗 :「ZipZap」
   住所 :東京都渋谷区神宮前6-9-11 堺ビル1F
   電話 :03-3499-1150
期間   :2019年3月9日(土)~ 2019年3月15日(金)
価格   :1,500円(税込)
数量   :1日15品 ※数量限定

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【発汗グルメ】極度の汗っかきが吉野家の新作「牛キムチクッパ激辛」を食べてみたら予想外な結果に…

激辛料理を汗(発汗量)で評価する新感覚のグルメレポートが当連載「発汗グルメ」であるが、私の中での揺るぎないナンバーワンは、2017年に食した吉野家の「鬼辛豚チゲ鍋膳」である。いまだに、あの完成度の高い味、そして発汗速度&発汗量を超える発汗グルメには出会えていない。

ところが!

つい先日、吉野家に行ってみると……なにやら、あの伝説のチゲっぽい商品が新商品として登場しているではないか! これは実食するしかないだろう!!

商品名は「キムチクッパ」で、牛と豚からチョイス可能。さらに無料で「激辛」に変更できるのだという。また、店長のオススメは「半玉」とのことなので、「牛キムチクッパ激辛+半熟卵」をオーダーしてみた。

ほほ〜っ……

辛そうではないのォ……

スマホを自撮りにセットして……

いざ実食!!

ところが!

結論から述べておきたい。汗、一滴もかかず。繰り返す。汗、一滴もかかず! なんとまさかの「ノーアセーでフィニッシュ」なのであった……。

もちろん、ウマイ。スーピーなキムチクッパ、辛いものが食べたいときにはもってこいのメニューであろう。また、店長オススメの通り、半玉を入れて正解であった。黄身が混じり合ったところの美味しさといったら……

しかし!

「激辛」といえば「激辛」なのだが、あの伝説の「鬼辛」の衝撃、そして完成度に比べたら……う〜ん、「普通」かな……と言わざるを得ない。

辛さを何かに例えるならば、「鬼辛」は口の中に火の玉バズーカを食らったような感じ……なのに対し、今回の「激辛」は、舌の上に剣山をチクチクと刺してくる感じとでも言おうか。激辛というわりには、甘いのだ。

逆に考えれば、「絶望的な汗っかきでも、汗をかかずに激辛を楽しめる」ということでもあるのだけれど、私としては汗をダラダラかきながら辛い料理を食べたいのだ。そこに遠慮は一切いらない。私も心を鬼にして檄を飛ばした。なので吉野家にも、「激」ではなく、「鬼」になってほしいのだ。

参考リンク:吉野家「牛キムチクッパ」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24

こちらもどうぞ → シリーズ「発汗グルメ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。