【ウマすぎ注意】UHA味覚糖『麻ピー』を鶏肉と一緒に焼いてみてください! 絶品 中国料理「宮保雞丁(ごんばおじーでぃん)」が5分で完成する奇跡!!

今、中国料理好きに伝えたい! ファミマで麻辣ピーナッツ菓子UHA味覚糖『麻ピー(マーピー)』を、そしてスーパーで鶏肉を買ってきてほしい。なぜならこの2つを一緒に焼くだけで、ある絶品・中国料理が完成するのだ。

ウマ辛ピーナッツを使った料理と聞いてピンときた人もいるはず。そう、宮保雞丁(ごんばおじーでぃん)、鶏肉のピーナッツ炒めが一瞬で完成するのだ!!

・麻ピーで宮保雞丁を作る

宮保雞丁については、『沢井メグのリアル中華:第8回』でも紹介したが、一言でいうと「鶏肉とピーナッツを炒めた辛ウマ料理」だ。発明者が「好きなモノ同士かけあわせちゃえ♪ 絶対ウマイはず♪」と作ったという由緒ファンキーな一品である。

すでに辛ウマな『麻ピー』を使えば、もう9割できたようなものでは? その通り! たった5分で調理完了なのだ。

【材料】

・鶏肉:150g
・麻ピー:1袋
・コショウ:少々
・片栗粉:少々

【作り方】

1. 鶏肉を1口大にカットし、コショウと片栗粉をまぶしておく。より簡単にいきたい人は、この工程をすっとばしてもOKだ!

2. フライパンに油をしき、鶏肉に火を通す。

3. 火が通ったら、麻ピーを1袋投入。肉と馴染んだら完成だ。

・ウマすぎ注意! 調味料として売ってもいいレベル

ハ、ハァ……好吃的不得了!!!!!(ハオチーダブダリャオ / ウマすぎィィィィ!!!!)。プリッとした鶏肉、カリっとしたピーナッツと緩急がついた食感。そこに麻と辣が絶妙に絡む。時折、鼻孔をくすぐるネギの香りが爽やかで良い。肉に麻辣の旨味が移り、『麻ピー』の方も火を入れることで香りがより一層豊かになったようだ。これメッチャ美味しい宮保雞丁じゃないですか! 

何よりこのクオリティの料理が一瞬で完成するということに感動だ。焼いた肉にお菓子を混ぜただけなのに、こうも美味しい料理に変身するとは!! 『麻ピー』、もうお菓子コーナーだけではなく、調味料コーナーにあっても全く違和感がないぞ。

ただ、少々塩気が強い気もする。薄味に仕上げたい人は、アライドコーポレーションの『麻辣ピーナッツ』を使ってもいいかもしれない。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

家系と二郎系が融合した「家系二郎」に “ラーメンの持つ無限の可能性” を見た / 東京・六本木「ラーメン馬場壱家 智の陣」

「家系」と「二郎」。一般的には「家の系譜」を意味したり「次男に付けられることが多い名前」だったりする2文字だが、こってりラーメン好きにとってはそれらの意味合いは変わる。「家系ラーメン」と「二郎系ラーメン」は、どちらも堅固な支持層を抱えた人気流派だ。

そんな巨頭同士が組み合わさったラーメンが存在することを皆さんはご存知だろうか。個性の強い両者の奇跡のコラボとも言うべきそのラーメンの名前は、ストレートに「家系二郎」。果たして「混ぜるな危険」なのか、それとも「混ぜれば悦楽」なのか。

・「家系二郎」、その融合ぶり

あまりに未知すぎる化学反応を確かめるべく、実際に現地に足を運んでみることにした。

向かった先は六本木にある「ラーメン馬場壱家 智の陣」というお店である。

同店は家系ラーメン店なのだが、特別メニュー的に「 “智の陣” 流の二郎系」として「家系二郎」を提供しているようだ。西日暮里にある同系列店「馬場壱家 風の陣」でも食べられるとのこと。

家系も二郎系も好む筆者としては期待感しかない。さっそく店内に入り、「家系二郎ラーメン 並(830円)」のボタンを軽やかに押す。

ただ、どんなラーメンかは全く予想がつかない。今までに味わったことのないような味なのか、あるいは「こってり」と「こってり」が掛け合わされることによって天文学的な「こってり」が生まれるのか。

やがて到着したラーメンは、味についてばかり考えていた筆者の横っ面をはたいてくるようなビジュアルだった。

まず目を奪ったのが、背脂やもやしなどの具材。これらは紛れもなく二郎系ラーメンの特徴だ。

そして具材を浸すスープは茶色がかっていて、家系ラーメンの特徴が表れている。

上は二郎、下は家系。ぱっと見は「こってり界のケンタウロス」かと思うほど見事な融合ぶりだ。いざ目の当たりにしてみるとインパクトがある。しかし事態はさらに思わぬ展開を見せる。

この時の筆者の頭にあった「半分は二郎、半分は家系」という認識は、スープを口に含んだ瞬間に誤りであることが判明した。背脂の風味がガツンとやってきて、その奥から控えめに家系の豚骨醤油が続く。つまり二郎系の色合いの方が強く感じられたのだ。

加えて麺の方も、コシがありつつモチモチとした食感を通して二郎系の印象を与えてくる。丼全体における比率としては、二郎系対家系が6:4か7:3くらいではないかという体感だ。思えば「家系のお店が作る “二郎系” 」なのだから、二郎系が主体となるのは自然ではある。

今までに全く味わったことがない味でも、激しく濃い味でもない。すでに知っている二郎系の味がやんわりと家系ナイズされているような、適度にこってりとした味わいである。だが面白いのは、そういう丼だからこそ美味しさが成り立っているのだろうと感じられる点だ。

おそらく両者を均等の比率で混ぜ合わせたなら、相当な喧嘩が起きて、どっちつかずになっていたはずだ。どちらかがどちらかのサポートに回ることが融合の秘訣なのだろうと思える。

結果として、二郎系の濃厚さを堪能しつつ、後味に家系ならではの醤油感も楽しめる贅沢な一品に仕上がっている。このラーメンを完成させることは決して楽な挑戦ではなかっただろうが、果敢に挑んで成功させたお店の腕前には感服するばかりだ。

・無限大の可能性

強いて欠点を挙げるとすれば、家系の要素もガッツリ味わいたいという場合には不向きかもしれないということだ。しかしその代わりに、新たな二郎系を食べてみたい方や、二郎系をまだ食べたことのない方にもおすすめできるラーメンである。

逆に二郎系のお店が作る家系ラーメンもいずれは食べてみたいところだ。ラーメンが持つ無限の可能性について、「家系二郎」にこってりと教え込まれた気分である。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ラーメン馬場壱家 智の陣
住所 東京都港区西麻布3-20-16
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

虹色シロップとフルーツのかき氷!ハワイで人気のレインボーシェイブアイス

カラフルな虹色シロップがインパクト大!ハワイの定番スイーツ「レインボーシェイブアイス」が、ザ・プリンス パークタワー東京と東京プリンスホテルにて、8月31日までの期間限定で販売中!ホテルのパティシエがアレンジした、SNS映え抜群のひんやりスイーツはいかが?

カラフルなかき氷の下にはフルーツがたっぷり!

ハワイで大人気のスイーツ「レインボーシェイブアイス」を、ホテルのパティシエがアレンジしました。ブルーキュラソー、レモン、キウイ、いちご、ピーチ、ブルーベリーのそれぞれの風味の、虹色シロップがかけられた鮮やかな氷の下に、マンゴー、パイナップル、パパイヤ、イチゴ等、フレッシュなフルーツがたっぷりと敷き詰められています!

バラエティ豊かな味わいのかき氷と、甘酸っぱい果肉が絶妙なバランスの、涼を呼ぶひんやりスイーツをどうぞ召し上がれ。

レインボーシェイブアイス


価  格:単品 1,500円/ドリンクセット 2,300円
【ロビーラウンジ/ティーサロン ピカケ】

レインボーシェイブアイス ※テイクアウト限定


(左)レインボーシェイブアイス~ベリーベリー~
(右)レインボーシェイブアイス~マンゴー&パイン~
価  格:各600円
【ビアレストラン ガーデンアイランド】

 

レインボーシェイブアイス
期  間:8月31日(土)まで
     ※ビアレストラン ガーデンアイランドは9月16日(月・祝)まで
販売店舗:ザ・プリンス パークタワー東京「ロビーラウンジ」(1F)
     東京プリンスホテル「ティーサロン ピカケ」(1F)
              「ビアレストラン ガーデンアイランド」(前庭)
販売時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
     ※ビアレストラン ガーデンアイランドは17:00より
問い合わせ:ザ・プリンス パークタワー東京 TEL:03-5400-1111(代表)
      東京プリンスホテル TEL:03-3432-1111(代表)
      

      

※料金には消費税が含まれております。ロビーラウンジ、ティーサロン ピカケは別途サービス料(10%)を加算させていただきます。
※特定原材料7品目(えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生)による食物アレルギーがございましたら、あらかじめ係へお申し出ください。
※仕入れの状況により、食材・メニューに変更がある場合がございます。
※写真はイメージです。

[PR TIMES]

~人生に旅心を~