【レシピ】酢豚の “元の料理” って何か知ってる? 有力候補「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」が激ウマ / 沢井メグのリアル中華:第15回

日本の中華料理の定番といえば、餃子、麻婆豆腐、ラーメン、そして忘れちゃいけないアイツ、パイナップルを入れるかどうかで議論を呼ぶ「酢豚」だ。

さて「酢豚」というのは日本でつけられた名称であるが、本場中国ではどれが酢豚にあたるのだろう? 今日はその “原作候補” のひとつを紹介したい。第15回「沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理」は「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」だ。

・酢豚の原作候補「糖醋排骨(たんつーぱいぐー)」

糖醋排骨(たんつーぱいぐー)は、文字通り「豚のスペアリブ(排骨)」を「砂糖(糖)」と「酢(醋)」で味付けした料理だ。日本語に訳すなら「スペアリブの甘酢煮」とでも言ったところである。すでに酢豚っぽい!

その起源は浙江省と江蘇省とも言われている。両省ともに上海に隣接しているが、あのエリアの料理の特徴は「甘い」ことだ。あのあたりで何も言わずに「トマトの玉子炒め」を頼むと、砂糖で味付けされてしまった……という話はよく聞くあるあるエピソードだ。

さて糖醋排骨も甘酢煮とは言うものの、日本の酢豚と比べると酸っぱさより甘さがまさり、白ごはんにより合う味わいだ。そしてパイナップル否定派に朗報! パイナップルは入ってないぞー!! それではさっそく作ってみよう!

……と、その前に1つだけお伝えせねばならないことが! 日本では骨付きスペアリブがなかなか手に入りづらい。ここはこだわっても良かったが、たくさんの人に作ってみてほしかったので手に入りやすい豚バラブロックを使用した。いわば糖醋肉なのだが、味わいは糖醋排骨。もちろんスペアリブが手に入る人はそちらでどうぞ!

【材料】

・豚バラ肉:500g
・砂糖:大さじ5
・酢:大さじ1
・味覇など中華スープの素:小さじ1/2
・ネギ:適量
・白ゴマ:適量
*下味用
・醤油:大さじ3
・酒:大さじ2
・酢:大さじ4
酢は中国の香酢を使うとより現地っぽいが、日本の白い酢でもOKだ!

【作り方】

1.ネギを輪切りに、豚肉を一口大に切る。

2.1を15分煮る。茹で汁は後で使うので捨てないで!

3.2から肉を取り出し、下味用の調味料・醤油大さじ3、酒大さじ2、酢大さじ4に25分漬け込む。

4.3を多めの油で揚げ焼きにする。

5.3の肉だけ鍋に移し、2の煮汁を250cc、3のつけ汁、砂糖大さじ5と味覇小さじ1/2と一緒に煮汁が飛ぶまで煮込む。

※煮汁の量は鍋の大きさによって加減してください。肉が浸るくらいが目安。

6.煮汁がなくなったら、酢大さじ1をふりかけて味を整える。

7.皿に盛り付け、ネギと白ゴマを散らして完成。

・後味スッキリ! 最後まで美味しくいただける肉料理

上述のとおり、日本の酢豚より酸味が少なく甘い。一口目の印象は、東坡肉(とんぽーろう)と同じ方向を向いているようにも感じられるが、酢が入ることで後口スッキリ。もたれを感じることなく、最後まで美味しくいただけるのだ。日本の酢豚はどうしてあんなに酸っぱさの主張も強いんだろう。酢豚が苦手な人は、糖醋排骨風に仕上げると良いかと思う。

さてこのレシピは私・沢井が中国で食べたものをなんとなーく再現したもの。現地には、肉を油で揚げるバージョンなど他の作り方もあるので、皆さんも自分の好きな味を探してほしい。

さて、糖醋排骨は、酢豚の原作候補とお伝えしたが、もうひとつ候補として有名な料理が存在する。それは「古老肉(ぐーらおろう)」。どこが酢豚っぽくて、何が糖醋排骨と違うのか。また次の機会に紹介したい。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

★こちらもどうぞ→『沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』シリーズ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

お土産にぴったり!いちご専門店「ICHIBIKO」ニュウマン新宿店の限定商品を紹介

駅ナカだから簡単に立ち寄れる便利さ

新宿駅にオープンしたいちご専門店「ICHIBIKO」

「いちびこ」は一年中いちごを楽しめることで人気のお店。甘いだけでも酸っぱいだけもない、“甘酸っぱさ”を持つブランドいちご「食べる宝石 ミガキイチゴ」を使った様々ないちごスイーツを提供しています。

新宿ニュウマンにオープンした「いちびこ(ICHIBIKO)」ニュウマン新宿店は、テイクアウト専門店になっています。JR新宿駅の新南口改札側にある駅ナカの店舗です。

いちごを背負ったうさぎさんが目印

目印はカゴにいちごを積んだうさぎのマーク。とても可愛いですね。

夜には売り切れている商品も

いちごを使ったジャムも販売しています

夜に訪問したので売り切れの商品が多かったのですが、通常はお土産にも最適な焼き菓子やジャムなどが並んでいるそう。ケーキも遅い時間だと売り切れている商品があるので、早めの訪問をオススメします。

新宿ニュウマン限定の「いちごオーレ」

新宿ニュウマン店はテイクアウト専門なので、カフェで食べられるメニューはありませんが、カフェで出されている「いちびこミルク」が「いちごオーレ」(税抜380円)として提供されています。

「いちごオーレ」には果肉がたっぷり!

「いちごオーレ」にはいちごの果肉がたっぷり!提供される太めのストローで飲むと、甘酸っぱいいちごの味と、ミルクの味が相成って至福のひと時を味わえます。ちょっと懐かしい味で、仕事後とかにほっとひと息に飲みたいドリンクです。

新宿駅限定の「いちごのタルト」はお土産やお持たせにぴったり!

新宿ニュウマン限定で販売されている「いちごのタルト」

他にも新宿ニュウマン限定の商品がありますが、特にオススメしたいのが、「
いちごのタルト」(3個入り:税抜1,350円、6個入り:税抜2,600円)です!要冷蔵の商品なので長距離移動には注意が必要ですが、保冷剤をつけてくれます。

可愛いパッケージはウィリアム・モリスの絵柄

しっかり名前も書かれています

こちらの可愛いパッケージ、実はウィリアム・モリスの絵柄を使ったもの。レトロなのにどこか新鮮なパッケージは、お土産でもらったら嬉しいですね。思わずパケ買いしてしまいそうです。

「いちごのタルト」は手のひらサイズ

「いちごのタルト」は手のひらサイズ。食べやすいが嬉しいですね。上にはサクサクのクランブルがまぶしてあります。

甘酸っぱい「いちびこジャム」がたっぷり!

クランブルの下にはお店でも販売されている「いちびこジャム」がたっぷり。そしてその下にはホワイトチョコ、フィアンティーヌルビーチョコ、いちごのクレームタマンドという層になっています。

甘酸っぱさと甘さのバランスが絶妙です

一口食べてみると、口の中いっぱいにいちごの甘酸っぱい味が広がります。チョコレートの甘さと、タルトのサクサクが絶妙なバランスです。紅茶と飲んだら合いそうです。手のひらサイズなので、ちょうどいい食べごたえだと思います。

「いちご&ミルクジャム」

こちらのパッケージにもウィリアム・モリス

日持ちするお土産が良かったら、いちごジャムの瓶をオススメします。新宿ニュウマンでは「いちごタルト」と同じウィリアム・モリスの包装紙を使ったデザインになっています。これだけでも可愛くてもらったら嬉しいですよね。

2層になっています。

いちごとミルクジャムは食べる際に混ぜて

今回は、いちごジャムとミルクジャムが層になった「いちご&ミルクジャム」(税抜720円)を購入。食べる際に下のミルクといちごを混ぜていただきます。いちごの甘酸っぱさにミルクの相性はピッタリです!

お土産に困ったら立ち寄ってみて

新宿駅でお土産に困ったらうさぎのマークを思い出して

お土産やお持たせに何を持って行こうか悩むもの。新宿駅で悩んだら、このうさぎさんのマークを思い出してみてください。可愛くて美味しいいちごスイーツをお土産にどうぞ。

「いちびこ(ICHIBIKO)」ニュウマン新宿店
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManエキナカ2F
※エキナカショップになりますので、ご利用の際は入場券または有効な乗車券類が必要となります
TEL:03-6457-7856
営業時間:平日 08:30~21:30 土日休 08:30~21:00
定休日:不定休
HP:https://ichibiko.jp/

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

カネヨ『パンケーキにかける醤油』を食べてみた! 醤油のチカラってすごい! スイーツにかけたら100円の商品が4倍増しの味になった

日本人の醤油好きは異常。外国人の目には「何でも醤油味にしたがるよね、そして“刺身用”とか“卵かけご飯用”とか細分化までして、どんだけ醤油好きなのよって思う(笑)」と映るらしい。

変わり種の醤油はさまざまだが、先日、『パンケーキにかける醤油』なるものを発見! 醤油好き民族としては、気にならないわけがない。実際に購入してみた。

・『パンケーキにかける醤油』

『パンケーキにかける醤油』は石川県羽咋郡志賀町にあるカネヨ醤油の商品だ。みりんと醤油でカラメルソースができちゃったりもするしなぁ。なんとなく味の想像はつくかも? ……と、一瞬でも思った自分に喝を入れたい。ただの甘い醤油ではなかったのだ。

・香りはビター! まるで「○○」

香りはビター。スイーツ用なので、メープルシロップのような甘い香りを想像していたのでそのギャップに驚いた。醤油の香りが芳醇で奥深く、匂いだけならまるで辛口の焼き鳥のタレだ。

・前情報ナシに食べてみた

完全におかずの香りだが、これをスイーツにかけたらどうなるのだろう。まずは成分表を見ずに、先入観ナシで食べてみた!

まずはパンケーキにかけてみる。一般的な醤油より粘りはあるものの、メープルシロップやハチミツほどのトロミはなく、かけた途端にパンケーキにシューっと吸収されていく。

だが、これがちょうどいいトロミ! かむと、中に吸収された醤油がジュワ~っと口の中に広がるのだ。味はというと、醤油がかなり強い。


そのなかにフンワリした甘味がある。強めの塩分がパンケーキが元々持つ甘さを引き出し、フンワリした醤油の甘さが華を添えている感じだ。そして最後にキリっとしたコクがあるのが特徴だ。

・ただの醤油風味の甘いソースではなかった

味わったところで原材料を確認すると、使われているのは濃い味の本醸造醤油、能登産はちみつ、能登産りんご100%のりんご果汁、そして能登ワインの赤が使われているそう。どうりで醤油が濃い、そして甘さが上品に整っているわけだ!

アイスにかけると、醤油味が先にくることでアイスの後味がよりスッキリ。


そして、最も醤油の美味しさを感じたのがみたらし団子への追いソースだ。3本100円のみたらし団子が一気に高級な雰囲気に! 1本120円くらいの味に変わったぞ! 味わいが約4倍もアップだ。

ただの醤油風味の甘いソースかと思ったら、予想以上に醤油、予想以上に奥深い味だった。甘じょっぱいスイーツが好きな人には超オススメ。また外国人にも「日本人の醤油へのこだわりはココまできてるよ!」とプレゼントしたいものである。

ちなみに私は志賀町にある「道の駅とぎ」にて800円(税抜)で購入。そのほか羽咋(はくい)の道の駅でも販売しているそう。現在、オンラインショップでは一時的に取り扱いがお休みになっているが、復活も切望だ!

参考リンク:カネヨ醤油『パンケーキにかける醤油』
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。