リセット食材5選。年末年始の食べすぎ・飲みすぎをなかったことに

 仕事や学校が正月休みに入り、好きなだけ飲んで食べてという日々を過ごしている方は少なくないでしょう。年末年始くらい……という気の緩みも良いと思いますが、できれば後々、「しまった!」と罪悪感を感じたくないものです。どうにかして、食べ過ぎ飲みすぎをなかったことにさせられる工夫はないものでしょうか?

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【沖縄】女性一人旅に便利。那覇の「1000ベロ」を知っていますか?



1000ベロがあるお店は看板や張り紙があります。

1000ベロとは

1000ベロとは、基本はアルコールドリンク3杯とおつまみのセット。アルコールは発泡酒や酎ハイがジョッキで出てくることが多いです。質より量の「1000ベロ」です。

時間帯を19時までなどに限っている場合もあります。もともとは会社帰りのおじさまに、短時間でも頻繁に立ち寄ってもらうためのメニューです。

DSC_0286
おつまみの串カツ3種盛りの大きさにびっくり

アグーとんかつコション
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47021920/
住所 沖縄県那覇市久茂地1-2-1 ワイズビル1F
電話 098-943-4275
営業時間11:00~23:00 ラストオーダー 22:00
定休日 なし

女性1人でも気軽に居酒屋に入れる

一人旅のとき、夜ご飯をどこで食べるか悩みます。お酒を飲む時間帯になると、お店もグループやカップルのテーブルセッティングが多くなります。暖簾をくぐりながら「1人ですけどいいですか?」とちょっと肩身の狭い思いをしたことはありませんか?

しかし1000ベロは、基本1人がターゲットです。お店側も、1000ベロ用のカウンターなどを備えていることが多く、気兼ねはいりません。1000ベロにプラスして他のメニューも頼めるので、お腹いっぱいに食べることもできます。せっかくの旅の夜、気兼ねがなく、お財布にもやさしいので、一人で居酒屋のはしごをすることも可能です。

那覇ではおしゃれ系1000ベロも登場

那覇は1000ベロのお店が多くあります。観光客が多いので「とりあえずお店に入ってもらおう」という作戦かもしれません。国際通りの牧志公設市場が一番の激戦区になっています。ドリンクにワインやオリジナルカクテルが選べるカフェバー風、女性向けのお店も登場。

ですが、おしゃれ系でおすすめNO.1は県庁前、久茂地の「COLOSSEO 262」です。1000ベロは19時までの限定ですが、なんと、クラフトビールがオーダーできます。

ワインもなかなかです。ベロベロに質を求めた構成になっています。

DSC_0307

DSC_0306

旅の夜、女性一人でも地元のお店で出来立ての美味しいものを食べたいですよね。プラス、ベロベロならもっと楽しい。

DSC_0309
Beer&wine Dining COLOSSEO 262
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47013724/
住所 沖縄県那覇市久茂地2丁目6 久茂地2丁目6−2 久茂地ガーデンビル 1F
TEL 098-988-9865
営業時間 17:00-24:00(LOフード23:00、ドリンク23:30)
定休日 不定

沖縄観光の際は以下の記事も要チェックです!
『日本国内では沖縄だけ!沖縄のローカルバーガーショップA&Wを現地ルポ』
『那覇空港限定販売!ゲート内でしか買えない風味豊かな「大東寿司」【地元グルメ】』
『沖縄土産におすすめ!革命的なチョコレート専門店「タイムレスチョコレート」』
『君は沖縄ファミマ限定「泡盛コーヒー」を知っているか!?』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【2020年福袋特集】カルディ・コーヒーファーム「もへじ福袋(2000円)」の中身を大公開! 意識高い系のラインナップはこちら

2020年は全10種類を展開するカルディ・コーヒーファームの福袋。断トツの1番人気は食品福袋(3500円)だが、おそらく2番人気は「もへじ福袋(2000円)」であろう。

ぶっちゃけて言うと、毎年かなりクセが強く好き嫌いの分かれる内容なのだが、それでも食品福袋の次に整理券が無くなることも事実である。そんなクセありありの もへじ福袋の内容はというと……。

・和食材ブランド「もへじ」

「もへじ」とは、カルディが手掛ける和食材ブランドのことで、当然「もへじ福袋」も和食材が中心のラインナップとなっている。輸入食材を多く取り扱うカルディ・コーヒーファームの中でも異色の “やや意識の高い和食材” それが「もへじ」なのだ。

・カルディ・コーヒーファーム「もへじ福袋(2000円)」の中身

・ しじみのお味噌汁(20食)
・ コーンポタージュのおせんべい
・ サラダの旨タレドレッシング
・ あんこ飴
・ かに味ラーメン
・ 浅漬けの素(いぶりがっこ風)
・ ほうじ茶アーモンド
・ サイコロキャラメル
・ 煎茶ティーパック

ご覧のように、やはり今年もやや意識が高い内容となっている。それぞれ1つずつだとあまり感じないかもしれないが、このラインナップの中にあえて放り込んでくる「サイコロキャラメル」からは、意識の高さがダダ洩れているようではないか。

カルディの発表によると「もへじ福袋」の中には3000円相当の商品が詰め込まれているとのことだから、単純に考えて「1000円 + バッグ」分お得という計算になる。つまり、普段は輸入食材ばかり購入している人たちの「もへじデビュー」には打って付けの福袋と言えるだろう。

・バッグはかなり人気になりそう

なお、もへじ福袋はバッグの可愛さも人気の理由の1つである。特に今年はピンクを基調にしたデザインなので “バッグ買い” による品薄の可能性も高い。もし「バッグは欲しいけど……」と迷っている人がいたら早めの購入をオススメする。大丈夫、何はともあれ約1000円分お得だから。

というわけで、例年通り「中身はやや意識が高く好みが分かれそう」で「バッグは可愛い」と判明したカルディ・コーヒーファームの もへじ福袋。毎年、食品福袋は即日完売になることが多いが、店舗によって「もへじ」はわずかに残っていることもある。どうしても手に入れたい方は、根気強く探してみるのもイイ……かもしれない。

参考リンク:カルディ・コーヒーファーム「福袋」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。