【2020年福袋特集】「アフタヌーンティーの福袋(5000円)」の中身はこちら / アフタヌーンティー福袋を買ったと思ったらアフタヌーンティー福袋ではなかった

アフタヌーンティって女性に滅茶苦茶人気なのですね。今回縁があって福袋を購入することとなり、初めて知ったわけですが……担当した中で1番競争率が高かったのはこちらでした。

3000円と5000円の2種類が用意されており、購入したのはよりレア度の高かった5000円のほう。中身を紹介していきましょう!

・アフタヌーンティーの福袋(5000円)の中身

・ティーバッグ アールグレイ 3グラム×10個
・ティーバッグ オリジナルブレンド 3グラム×10個
・ティーバッグ アップル 3グラム×10個
・レトルトのパスタソース ボロネーゼ 1人前130グラム
・チョコレート
・クッキー
・洋菓子
・ティーチケット5枚

実のところ、アルコールの入っていない飲み物に関しては全く詳しくなく……家には急須もポットもホット用のカップすらも無いためよくわからないのですが、きっといいものなのでしょう。分かる読者の皆様方の判断にお任せします。

ちなみに今回は池袋の東武百貨店の店舗にて購入しました。朝9時半ごろに、外まで続いていた東武百貨店への入場待機列の最後尾に並び、そのまま中へ。

物凄い数の女の方が並んでおり、通行人が「アフタヌーンティーじゃん」と言っていたので、「あれがそうか」とよくわからないまま並んで購入。

なお、3000円のものは240点、5000円のものは130点しか用意されていなかったので、その時点で並んでいる人の分だけで5000円の方は売り切れるのではないか……という感じ。

私はどうにか買えましたが、購入後に戻って眺めていたら、数分で5000円の方は売り切れました。来年の参考にでもしていただければと。

・何が起きたのかわからなかった

で、その後フラフラしていたら、気づいたんですよ。アフタヌーンティーのすぐそばに、別のアフタヌーンティーがあることに……。しかもそこでも福袋を売っていて、でも特に行列はできておらず、4つほど残っている。

「アフタヌーンティーの福袋をやる」ということで来て、とりあえず行列ができている方をゲットしたものの、すぐそばに別のアフタヌーンティーの福袋があるという状況。

よくみると、行列ができているほうは「Afternoon Tea Tearoom」となっている。そして、行列は無いものの、残り僅かとなっている方は「Afternoon Tea Living」。

なんとなく、同一ブランドによる別の営業形態であることは分かりました。では、私が引き受けた「アフタヌーンティーの福袋」とはどちらを指すのか

これは……と、過去の「アフタヌーンティーの福袋」の記事を見ると、なにやらブランケットやら、鍋やら、タンブラーやら。なるほど、すると今までロケットニュースで特集されていたのは、「Afternoon Tea Living」の福袋なのでは……?

我が灰色の脳みそがその解に至ったところで、残っていた「Afternoon Tea Living」の福袋は残り2つに。さてどうしたものか。やはりあちらもやるべきか? いやしかし、行列的に大衆が支持するのは「Afternoon Tea Tearoom」だろう? などと考えていると

売り切れました\(^o^)/

無いなら仕方がありませんね。今年の「アフタヌーンティーの福袋」は「Afternoon Tea Tearoomの福袋」です。まずお得なのかという点について考えていきましょう。

アフタヌーンティー公式HPのメニューを見ると、紅茶のたぐいは836円。福袋に封入されていたティーチケット5枚で4180円分。他の諸々がどの程度なのかは分かりませんが、全部あわせて820円は確実に超えるでしょう。ということで、お得なのだと思います

いやしかし、紅茶にここまで行列ができるとは……午後ティーくらいしか飲んだことが無いので分かりませんが、さぞ美味いのでしょうな。ところで紅茶といえばイギリス人。

ちょうど米国在住のイギリス人が知り合いに一人いるので、本格的な紅茶の美味さについてオンラインのボイスチャットで聞いてみたところ

「ティーにアルコールは入っていない。でもバドワイザー(ビールの1種)にアルコールは入っている。そしてこいつを吸うともっと……」

などと、いささか曖昧な呂律(ろれつ)で言っていました。彼はすっかりアメリカ化してしまった、全く参考にならないタイプのイギリス人なのでしょう。とりあえず、今度どこかでアフタヌーンティーの紅茶を飲んでみようと思います。

参照元:Afternoon Tea
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ビブリオテークから新雪をイメージした”生食感”なスイーツが新登場

魅力満載! オリジナルクリスマスメニュー

クリスマス生モンブラン


真っ白な雪山をイメージした生モンブラン。生ホワイトチョコクリームや生バニラミルキークリームなど、生にこだわったモンブランをクリスマスツリーに見立て、いちごを飾り付け。親雪のようなふわふわ食感が、口の中でふっと消え、優しい味わいが広がります。アイスミストが消えるまでが、美味しく食べられる時間の目安とのこと。クリスマスにぴったりな、とっておきの一品です。

クリスマス生モンブラン(本体価格:1,200円)

エアリークリームチーズの生バターパンケーキ


ふわっふわのエアリークリームチーズに、練乳“生”バターを組み合わせた絶妙なバランスが魅力です。クリスマス限定のパンケーキ。

エアリークリームチーズの生バターパンケーキ(本体価格:1,700円)

生クリームショートケーキ


新鮮なイチゴをたっぷり使ったシンプルでキュートなショートケーキ。ビスケット生地のサクサク感をアクセントに、ふわふわホイップといちごの甘酸っぱさが相性抜群の一品です。

生クリームショートケーキ(本体価格:820円)

生チョコ ブッシュ・ド・ノエル


ビターチョコレートムースの苦味と、バニラムースの優しい甘味、そしてフランボワーズの酸味。それぞれがお互いの良さを引き立て合った味わいに。大人のクリスマスに似合う、おすすめの一品です。

生チョコ ブッシュ・ド・ノエル(本体価格:850円)

クリスマスデザートプレート


生クリームショートケーキ、生チョコ ブッシュ・ド・ノエル、生ホワイトチョコクリームとバニラのグラスパフェが楽しめる、贅沢なデザートプレート。写真映え間違いなしの見た目と、4つの美味しさが味わえる幸福感は、まるでサンタさんからのプレゼントのよう。クリスマスを華やかに彩る極上のプレートです。

クリスマスデザートプレート(本体価格:1,500円)

スペシャルドリンク2種


冷えた体だけでなく、飲む人の心まで温める2種類のドリンク。クリスマスの雰囲気を、一層盛り上げてくれる一杯となっています。

(左) ホットスパイスダークチョコレート(本体価格:800円)
(右) 焦がしヘーゼルナッツカフェモカ(本体価格:800円)

ビブリオテークのスペシャルメニューで、素敵なクリスマスを過ごしてみませんか?

【イベント情報】
・フェア名:THE CHRISTMAS STORY of bibliotheque<ビブリオテークのクリスマスストーリー>
・開催期間:2019/11/6(水)~12/25(水)
・開催場所:カフェ&ブックス ビブリオテーク全店舗
※店舗によって店頭表示金額が異なる場合がございます。
※販売時期と内容は変更になる場合がございます。

■エリア
[東京]
東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町店 ルミネ1 3F TEL:03-5222-1566
東京都目黒区自由が丘1-11-7 エトモ自由が丘 TEL:03-5726-8172
[大阪]
大阪市北区梅田1-12-6 E~ma B1F TEL:06-4795-7553
[福岡]
福岡市中央区天神2-10-3 VIORO B1F TEL:092-752-7443
[熊本]
熊本市手取本町6-1 鶴屋百貨店 東館1F PARKTERiA TEL:096-323-5270

■WEBサイト
http://www.bibliotheque.ne.jp/

PRTIMES

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

生八ツ橋やいちご大福とドーナツがコラボ!【koe donuts kyoto】

「井筒八ッ橋本舗」と京都ならではのコラボメニュー

koe donuts kyotoの「ドーナツメルト」が京都の名店・井筒八ッ橋本舗とコラボしたメニューがついに完成。「いちご大福」と「大納言小豆クリーム」の2つの味が登場です。新年にふさわしい一品を、イートインにてお召し上がりください!

ドーナツメルト×井筒八ッ橋本舗 いちご大福


koe donuts kyotoで一番人気の「ドーナツメルト ストロベリー」に、いちご大福をトッピングしました。ミルクの生八ツ橋に包まれたいちごと大納言小豆が、ドーナツメルトと相性抜群です。
「ドーナツメルト×井筒八ッ橋本舗 いちご大福」1,100円+tax

ドーナツメルト×井筒八ッ橋本舗 大納言小豆クリーム


柚子が入ったマスカルポーネクリームと、小倉大納言の小豆を砂糖で丹念に炊き上げた餡子を、ドーナツメルトでたっぷりと挟みました。和菓子の上品な甘さをじっくりと味わってください。
「ドーナツメルト×井筒八ッ橋本舗 大納言小豆クリーム」1,200円+tax

 

koe donuts kyoto×「井筒八ッ橋本舗」
販売期間:2020年1月2日(木)~
販売店舗:koe donuts kyoto
販売時間:11:00~20:00(L.O 19:30)

みたらし団子風ドーナツ&八ツ橋の新食感ドーナツ

テイクアウトでも購入できる、井筒八ッ橋本舗とのコラボ商品。生八ツ橋を使用することで、みたらし団子のような食感が味わえる「生八ツ橋のみたらし風」と、砕いた八ツ橋をトッピングした新食感の「八ツ橋りんご」を販売します。

●生八ツ橋のみたらし風(左)
井筒 生八ツ橋とカラメルを「みたらしグレーズ」にのせ、まるでみたらし団子のような食感に仕上げました。
「生八ツ橋のみたらし風」350円+tax

●八ツ橋りんご(右)
細かく砕いた井筒八ツ橋をドーナツにトッピング。八ツ橋のパリッとした食感に、甘酸っぱいりんごとニッキの香りが絶妙なハーモニーを奏でます。
「八ツ橋りんご」300円+tax

ねずみと鏡餅をイメージ!ドーナツのおせちはいかが?

2020年の干支である“ねずみ”や“鏡餅”をイメージしたドーナツなどを含む、新年の限定ボックスをご用意。「koe donuts おせちボックス」は全6個入りで、年明けの1月2日(木)~5日(日)の期間限定での販売です。

koe donuts おせちボックス


おせちボックスだけの限定ドーナツ「金柑ホワイトチョコ」「ラズベリーマウス」「フィナンシェドーナツ金箔黒豆」が入った全6個入りの新年限定のボックス。帰省のお土産や新年のご挨拶にも喜ばれる一品です。

「koe donuts おせちボックス」2,020円+tax
※一日20個限定
※2020年1月2日~5日の期間限定販売

 

koe donuts kyoto(コエ・ドーナツ京都)
所 在 地:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町五五七番地
営業時間:8:00~20:00
アクセス:阪急京都線「河原町」駅 9番出口より徒歩約1分
公式サイト

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~