いちご炒飯!?ありそうでなかった新感覚「いちご料理」を食べつくせ!

いちごを使ったアレンジ料理

【サイアム セラドン】イチゴ炒飯とソムタム タイセット


目を疑うような斬新な見た目ですが、いちごの甘みとタイ米の炒飯が絶妙にマッチして、意外と美味しいんです。辛味のあるソムタム(青パパイヤのサラダ)も、いちごの甘酸っぱさでよりマイルドに。

イチゴ炒飯とソムタム タイセット 1,380円

【オールドマンハッタン】国産牛ローストビーフ イチゴとバルサミコのソース


国産牛×いちご。バルサミコソースといちご、それぞれの酸味が肉の旨味を引き立てる、これまた絶品の一品です。

国産牛ローストビーフ イチゴとバルサミコのソース 1,180円

【ロータスパレス】フレッシュいちごサラダ


色合い綺麗ないちごサラダ。味の想像もつきやすいですよね。。りんごとアボカド、レタスでヘルシー仕様に。

フレッシュいちごサラダ 1,200円

【KUSHIハゲ天】いちごのフランスパンサンド


いちご・カスタードクリーム・クリームチーズをパンにサンド。さっくり揚げた、いちごの揚げパンです。

いちごのフランスパンサンド 480円

もちろんいちごスイーツも!

【ホノルルコーヒー ダイナー】いちごのロールパンケーキ


焼きたてのロールパンケーキにたっぷりいちご。生クリームやアイスにもいちごが使われており、まさにいちご尽くしの一品。

いちごのロールパンケーキ 1,320円

【鼎泰豊(ディンタイフォン)】苺あん小籠包(6個入り)


毎年大人気のデザート小籠包。いちごとあんこの組み合わせは安定の美味しさですよね。

苺あん小籠包(6個入り) 858円

【華湘(かしょう)】苺のブラックタピオカミルクティーアイス


まだまだ人気のブラックタピオカミルクティーを、お皿の上で表現。別々でも、混ぜて食べても楽しめるスイーツ。

苺のブラックタピオカミルクティーアイス 800円

※表示価格はすべて「消費税込み」の価格です。
※全て東武限定メニュー

開催概要
タイトル :栃木県産いちごを使ったスイーツフェア
期間   :2020年1月7日(火)~2月18日(火)
営業時間 :<11階~13階> 11時~22時
      <14階・15階> 月~土曜日・祝日 11時~23時
              日曜日11時~22時
              ※翌日が祝日・振替休日の場合11時~23時
場所   :東武百貨店 池袋本店 レストラン街スパイス 11階~15階
参加店舗数:44店舗 メニュー数45種類
東武百貨店 池袋本店URL: http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/

@PRESS

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

運気アップも期待できる!千葉・一宮町を訪れたら外せない人気観光スポット5選

商売繁盛や縁結びのご利益も! パワーみなぎる「玉前神社」

JR「上総一ノ宮」駅から徒歩10分の場所にある「玉前神社」は、関東屈指のパワースポットとして有名です。縁結びや子授け、子育て、開運のほか、商売繁盛のご利益もあるとのこと。鳥居からして、パワー溢れる神社ですよね。

一の鳥居と二の鳥居の間には、ご神水も。授与所でペットボトル(100円)を購入すれば、お水を持ち帰ることもできます。このご神水は鉄分たっぷりなのだとか。


社殿は黒漆塗りの権現造りでインパクト大! 初めて見る迫力満点な社殿にしばし見とれてしまいました。

境内には裸足になって時計回りに3周まわると「願いが叶う」と言われている「はだしの道」もあります。裸足になって歩いてみましたが、たびたび小石が足の裏に食い込んできて、結構痛かったです。ツボ押し効果もあり、健康運もアップするかも!? (笑)。

そのほかにも、国家「君が代」の歌詞に登場する「さざれ石」や「子宝・子授けイチョウ」もあり、とてもパワフルな神社です。

お守りの種類も豊富。人生の荒波に乗れる「波乗守」や真珠が入っていて霊力が宿っているとされる「御珠守」、女性の心身の健康を守ってくれる「月日守」などがあります。

筆者は「月日守」を授かり、毎日、バッグに入れて持ち歩いています。

出雲大社などパワースポットを結ぶレイライン(御来光の道)の東の起点だと言われている玉前神社。パワーを高めたいのなら、絶対に訪れたい神社でしょう。

玉前神社
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3048
電話番号:0475-42-2711
HP:https://tamasaki.org/

かき氷と静岡おでんが食べられる、行列のできる人気店「赤七屋」

玉前神社のすぐ目の前にあるのは、古い土蔵の外観が印象的な行列のできる人気店「赤七屋」です。平日にも関わらず、外には入店を待つ人の姿も。

扉に貼られた張り紙を見ると、かき氷専門店としての営業は2019年5月で終了したとのこと。しかし、かき氷の提供は続けているようです。また、静岡おでんやおむすびを味わうこともできるそう。

静岡県出身の筆者は「一宮に静岡おでんが食べられるお店があるなんて!」と、感動しました(笑)。玉前神社を参拝した後、こちらでおでんとかき氷を一緒に味わうのもいいかもしれませんね。熱いものと冷たいものを交互に食べるのもなかなか良いものです。次回、こちらのお店を訪れたら、関東ではなかなか見かけない黒はんぺんのおでんが食べたいです・・・。

赤七屋
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3030
営業時間:10:00~18:00(LO 17:30 不定休)
HP:http://www.akashichiya.com/

オープンしたばかり! キュートな雑貨がいっぱいの「たまふく」

「赤七屋」からほど近い場所にあるのがオープンしたばかりの雑貨店「たまふく」です。薬局だったお店をリノベーションして、雑貨店をオープンしたのだそう。店内には、キュートな器やアメリカの西海岸を彷彿させる雑貨、ヴィンテージ小物などが並んでいます。

中でも目を引いたのは、カラフルなバンダナ。90年代のヴィンテージバンダナなのだそうで、最近ではあまり見かけないデザインのものがいっぱいありました。 頭に巻くこともできる大きさで、使い勝手も良いです。

こちらは筆者が購入したバンダナ。どことなく90年代を感じさせるデザインですよね。現在はまだ改装中ですが、カフェもオープン予定とのこと。お茶を楽しみながら、キュートな雑貨をチェックしたいですね。

たまふく
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3068
電話番号:090-3522-9280
HP:https://tamafukuichinomiya.wixsite.com/2019

みかんが丸ごと入った「大福」が有名な「角八本店」

「たまふく」の道路を挟んだ向かいにあるのが「角八本店」です。千葉の名産物「ピーナッツ」を使ったお菓子や一之宮饅頭、九十九里煎餅といったご当地お菓子、お赤飯などを購入できます。

みかんが丸ごと入ったジューシーな「みかん大福」で有名なお店ですが「あんずチーズ大福」や「落花生くりーむ大福」など、ユニークな大福も。その他にも旬のフルーツを使った大福があり、シーズンによって大福のラインナップが変わるようです。

こちらで大福を購入して、食べ歩くのも楽しそうですね。お土産にピッタリなお菓子も揃っていますよ。

御菓子司 角八本店
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3012
電話番号:0475-42-2068
営業時間:7:00~18:00
定休日:毎週木曜日
HP:http://www.kadohachi.co.jp/

ぶらりと海岸沿いを散歩できる「九十九里浜」


九十九里浜に出る前の小道。

一宮町は外房の海に面した町です。「上総一ノ宮」駅からは少し歩きますが、タクシーを使えば5分程度で九十九里浜に行けます。ぶらりと海岸沿いを散歩すると、海の浄化効果もあってか、心身ともに気持ちが良いです。暑さがおさまってくる、この先の季節なら、ゆっくりと海岸線を歩くことができますよ。お弁当を持参して、海を眺めながら食べるのもいいかもしれませんね。人もまばらでのんびりと過ごせます。

番外編:カフェが多い

九十九里ビーチライン沿いには、カフェがたくさんあります。町散策に疲れたら、カフェで一息入れるのもいいでしょう。海に行った帰りに、ランチやディナーを楽しむのもありです。

千葉・一宮町は歩けば歩くほど、ユニークなお店に出会える町歩きが楽しい町でした。東京から特急電車で約1時間で行けますので、日帰り旅行先としても最適ですよ。

[All photos by あやみ]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

イスタンブール新市街・ニシャンタシュ地区のモダンなカフェ「カフェ・ネロ」

トルコ共和国最大の都市、イスタンブールは、首都のアンカラを凌ぐほど都会的な一面があります。ボスポラス海峡によってヨーロッパとアジアに大陸を二分されているイスタンブールは、エリアによって全く違う表情がありますが、都会で洗練された雰囲気が漂っているのはヨーロッパ側の新市街です。

バスやメトロが発達しており、新市街と一口に言っても降りる駅によって全く印象が異なります。外資系の企業もどんどん進出しているビジネス街ではきっちりとしたスーツに身をまとっている人が多かったり、高校や大学があるエリアではトルコの学生の飾らない日常生活を垣間見ることができます。かと思えば、オスマン帝国時代に建てられたドルマバフチェ宮殿や、ショッピングや食事を楽しむことができるノスタルジックな路面電車が走るイスティクラル通りでは世界各国からの旅行者で活気に満ちています。

そんな新市街の中でも、西洋風の街並みがいい意味でトルコらしくなく、高級なブティックやおしゃれなレストランやカフェが軒を連ねるエリアがニシャンタシュです。

ニシャンタシュは、流行に敏感な若い男女に特に人気があるエリア。天気の良い日にはレストランのテラス席で優雅にブランチを楽しんだり、おしゃれな恰好をしてカフェで友達同士で会話を楽しんだり、ショッピングを楽しんでいる地元の人の姿はもはやこのエリアの定番です。

その土地柄のせいか、やや高級志向のカフェが多いのも事実なのですが、ニシャンタシュにありながらもカジュアルでモダンな雰囲気を楽しむことができるカフェが、カフェ・ネロです。

カフェ・ネロは、ロンドンに拠点を置くコーヒーショップのチェーン店。ヨーロッパを中心とする各国に進出し、イギリス、アイルランド、ポーランド、トルコ、アラブ首長国連邦など11か国で1000を超える支店を構えている、イタリアのコーヒーショップにインスパイアされたヨーロッパスタイルのカフェです。

ニシャンタシュのカフェ・ネロは、ヨーロッパ風の街の雰囲気にもよくなじむシックな外観。店内に入るとまずはバーカウンターがあるので、メニューボードに書かれてあるドリンクやショーケースに陳列されているパンやスイーツの中からお好みの商品を選んで、レジで店員さんに伝えてお会計を済ませます。注文した商品をトレイに乗せて、好きな席でいただくという、日本でもよくあるセルフサービススタイルです。

店内は見た目以上に奥行きがあります。一階は日光がほどよく降り注ぎ、ゆったりとしたソファ席やテラス席もあって賑やかな雰囲気です。二階にあがると比較的静かでほどよい照明の明るさが心地よく、ゆっくりと本を読んだりパソコンで作業をするのにはちょうどいい空間になっています。

ニシャンタシュはハイソなエリアというだけあって、どのカフェも価格はやや高め設定のところが多いのですが、カフェ・ネロはチェーン店のなので、チャイ(トルコの紅茶)が5.50TL、ラテやカプチーノが11.00TLという良心的な価格も好ポイントです。

まるでトルコ以外のヨーロッパの街の一角のカフェにいるような気分を味わえるのは、ニシャンタシュのカフェ・ネロならでは。旅行中ちょっと一息つきたくなったら、このエリア独特のモダンな雰囲気を感じながら、ちょっと背伸びした気分でカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Post:GoTrip!http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 カフェ・ネロ ニシャンタシュ店(Caffe Nero Nişantaşı)
所在地 Harbiye Mahallesi, Vali Konağı Caddesi, No 30, Şişli, İstanbul

明日、旅に行きたくなるメディア