湘南で行きつけにしたい隠れ家カフェを発見!北欧スタイルの「SØHOLM CAFE(スーホルムカフェ) 湘南」をレポート

湘南で北欧の風を感じる「SØHOLM CAFE(スーホルムカフェ) 湘南」を発見!

テラスモール湘南の3階にある「くらしテラス」というエリア。その言葉の響きから、すでに気持ちがゆるんでしまう居心地の良いこのエリアに、北欧風のコーヒーブレイク・FIKA(フィーカ)の文化を楽しめる「スーホルムカフェ湘南」があります。

スーホルムカフェ湘南 外観
こちらでは、店内で焼き上げるスウェーデンの伝統菓子「セムラ」など、北欧由来の料理と洗練された伝統スイーツをのんびりといただけます。

北欧で愛される「トスカケーキ」って?

北欧風バターケーキのような「トスカケーキ 340円(税抜)」。にこやかな店員さんの「温めてもおいしいですよ」というアドバイスに心奪われ、温めていただきました。

スーホルムカフェ湘南トスカケーキ
ほんのり温か、ふかふかのケーキ。上にはキャラメリゼの飴色スライスアーモンドがびっしりと。噛むたびに香ばしい甘みがじわじわとやってきます。

スーホルムカフェ湘南 トスカケーキ
ケーキは甘さ控えめ。程よいアーモンドの甘さを感じることができます。このバランスはコーヒーとの相性も抜群ですね。

スーホルムカフェ湘南 トスカケーキ
そして、カリカリのケーキのハジッコを最後にかみしめ、至福の余韻に浸ります・・・。

北欧定番スイーツ「SEMLA(セムラ)」も実食!

もうひとつ北欧定番スイーツ「セムラ」もご紹介します。

スーホルムカフェ湘南 セラム
ブリオッシュにカスタードとピーナッツバターをサンドした「セムラ」のほか、「チョコ」「秋限定キャラメルパンプキン」の3種類(全280円・税抜)が並んでいました。

訪ねたこの日は11月。せっかくなので季節の「キャラメルパンプキン」をいただきました。

スーホルムカフェ湘南 キャラメルパンプキン
手のひらサイズのコロンとしたフォルムが愛らしいですね。お皿にちょこんとのって、食べるのも忘れてほっこりとした気分に・・・。

少し塩気のあるブリオッシュの上にスライスカボチャ、その上にパンプキンクリームが上手に盛られてました。

スーホルムカフェ湘南キャラメルパンプキンセラム
こちらも甘さ控えめで、カボチャの素材がしっかりと主張していました。スイーツのようでおかずのような調度よさ。

ちなみに、現在の季節限定は「ストロベリー&ピスタチオ」のようです。バニラアイス・ホイップクリームトッピング(各50円追加)もできるようなので、好みでアレンジしてみてくださいね。

「幸せの秘訣」に浸るカフェメニューにも注目して!

北欧に暮らしているようなメニューはまだまだありました。

スーホルムカフェ湘南メニュー
カフェラテにエスプレッソショットを追加した「スーホルム・ラテ」、雪を意味するオリジナルヨーグルトスムージー「フロッケ」などのドリンク系も心惹かれます。

スーホルムカフェ湘南 
デンマークのソウルフード「スモーブロー(オープンサンド)」、「3種のデリとサラダのセット」などの食事系メニューも豊富。

スーホルムカフェ湘南ポップ
アイシングクッキーやビスケットなど、華やかなスイーツのラインナップは、見ているだけでも北欧旅行気分を味わえます。

スーホルムカフェ湘南 店内
平日のランチ前に訪ねた時は混雑してませんでしたが、ランチタイムには、おひとりさまからファミリーまで、幅広い層が訪れていましたよ。

スーホルムカフェ湘南店内
トレー、お皿、フォークなど、テーブルウエアからも北欧を連想させます。忙しい毎日から解放される心地よいひと時を、ぜひ、過ごしてみてください!

※2019年11月の情報ですので、予めご了承ください。

SØHOLM CAFÉ 湘南
住所:〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台1−3−1 Terrace Mall湘南3F
TEL:0466-38-2151
営業時間:10:00~21:00(L.O FOOD 20:30)
交通:「辻堂駅」直結
Instagram:@soholm_cafe_shonan

[All photos by kurisencho]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

仙台で本当においしい牛たんを食べたいなら新料理・都留野(つるの)に行こう!

東北地方最大の都市・宮城県仙台市は、牛たん発祥の地として有名。JR仙台駅の中にも「牛たん通り」と呼ばれる名店街があるほど、たくさんの牛たん料理店が軒を連ねています。

そんな牛たん激戦区の仙台で、いわゆるチェーン店ではありませんが、「仙台で本当においしい牛たんを食べたいならここ」と口コミで噂される人気店が、新料理 都留野(つるの)です。

新料理 都留野は、仙台市青葉区一番町のビルの地下1階にある居酒屋さん。牛たん専門店というわけではなく、大将と若いアルバイト数人で切り盛りしているような感じの小さなお店です。

居酒屋なので、ビールはもちろん、日本酒、焼酎もいろいろな銘柄が揃っています。

今回は東北限定のクラフトチューハイ「寶CRAFT」<青森 中まで赤~いりんご>を頼んでみました。青森県五所川原市で栽培された、爽やかな酸味と果肉の赤さが特徴のりんご「御所川原(ごしょがわら)」を丸ごと搾った果汁が使用されており、甘酸っぱいチューハイです。

お通しは新鮮なお刺身。

都留野のメニューの中で特に人気があるのが、「牛たん焼き」と「牛たんタタキ」とのことだったので、その2種類とトマトサラダをオーダーしました。

山盛りにした千切りキャベツにドレッシングをかけ、極薄のトマトスライスをドーム状にかぶせたトマトサラダ。トマトスライスで中のキャベツを包むようにして食べるのがおすすめです。

トマトサラダを食べ終わるころに牛たんタタキが運ばれてきました。

山盛りの刻みネギをよけると、きれいな赤色のタタキが顔を出します。

タタキにはぽん酢がかかっているので、たっぷりのネギといっしょにそのまま口に運びましょう。

牛たんタタキは味わい深く、噛むほどに口の中いっぱいに旨みが広がります。決して固くてかみ切れないわけではないのに、飲み込むのが惜しくなるような味わいです。

お次は牛たん焼き。厚切りの牛たんが一皿に6切れ載っていました。炭火で焼いているせいか、とても香ばしいです。

一口かじって、その柔らかさにびっくり。牛たんってこんなに柔らかいものだったかしら・・・・・・と、今までの牛たんのイメージが覆されるような気がしました。

香ばしくて、柔らかくて、旨みが詰まっていて、間違いなく絶品と言える牛たんです。

山芋をすりおろしたものを丸めて素揚げした「山芋オランダ」も、もちもちした食感がユニークで、「ちょこっとお腹にたまるものが食べたいな」というときにおすすめ。

頑固職人のような雰囲気の店主が切り盛りしていることもあってか、店内は「昭和の居酒屋」的で、雑然としていながらも居心地が良いです。

非喫煙者の筆者にとって唯一残念だったのは、店内が喫煙OKだったこと。居酒屋さんなので仕方がない部分はありますが、タバコの煙の苦手な方は辛いかも知れません。

牛たんタタキと牛たん焼きは口コミの通り絶品だったので、仙台で本当においしい牛たんを食べたいなら新料理・都留野に行ってみてはいかがでしょうか。人気店で席数も少ないため、予約をしてから行くことをおすすめします。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 新料理 都留野(つるの)
住所 宮城県仙台市青葉区一番町4-5-40 おの万ビル 地下1F
営業時間 18:00~22:00
定休日 日曜日
公式サイト http://www.sendai-slowlife.net/turuno/

明日、旅に行きたくなるメディア

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

SNS映え間違いなしのパンケーキ!台湾で人気の2スイーツが初コラボ

台湾発祥の2つの人気スイーツ店

台湾で続く老舗の豆花専門店「騒豆花(サオドウファ)」

「騒豆花(サオドウファ)」

台湾で親子三代にわたって受け継がれる、老舗の豆花(トウファ)専門店「騒豆花(サオドウファ)」。豆腐のようなスイーツ「豆花」は、台湾で昔から親しまれている味です。騒豆花の豆花は、お店で大豆を絞って豆乳を作る本格派。日本では、新宿ミロード、横浜ポルタ、ホワイティ梅田、ルミネ池袋の4店舗展開中です。

海外に進出し始める人気の台湾パンケーキ店「王子神谷(オウジカミヤ)」

「王子神谷(オウジカミヤ)」

台湾全土に14店舗展開する「王子神谷(オウジカミヤ)」。パンケーキを可愛くデコレーションしたSNS映えメニューが人気となり、行列ができるパンケーキ店として知られるように。最近では、香港やマレーシアなどアジア各国に進出しています。

パンケーキにタピオカやさまざまなソースがかかったメニュー

今回のコラボレーションで、「騒豆花ルミネ池袋店」で「王子神谷」のパンケーキが提供されています。パンケーキに、ミルクティーやチョコレート、レモンクリームなどいろいろなソースをかけタピオカをトッピングした、色とりどりのメニューがそろいます。パンケーキの上にキュートな顔がデザインされた、抹茶やタロイモ、チョコレートソースの「モンスター」バージョンも、SNS映え間違いなしの可愛い仕上がりに。

「騒豆花(サオドウファ)」と「王子神谷(オウジカミヤ)」コラボメニュー

[(写真右)カラメルフレイバー、(写真左)アールグレイミルクティー]

「騒豆花(サオドウファ)」と「王子神谷(オウジカミヤ)」コラボメニュー

[(写真右)ウォールナッツカカオ、(写真中央)オレオチョコ、(写真左)フランスレモン]

「騒豆花(サオドウファ)」と「王子神谷(オウジカミヤ)」コラボメニュー

[(写真右)抹茶モンスター、(写真中央)タロイモモンスター、(写真左)チョコレートモンスター]

【騒豆花(サオドウファ)ルミネ池袋店】
所在地: 〒170-0021
東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋 8F
電話: 03-5843-3603
営業時間: 11:00~22:30 (ラストオーダーフード22:00)
公式サイト: https://www.saodouhua.jp/info/425/

[PR Times]

~人生に旅心を~