朝7:30からオープン!大阪・本町で早朝おしゃれモーニングへ【大阪】

本町駅から徒歩二分に突如現れる緑に囲まれた空間

KAILUAHOUSE外観
(C)mayutsutsui

大阪を代表する繁華街である心斎橋から一駅。オフィス街に突如、緑に囲まれた「KAILUA HOUSE」空間が出現します。

大阪では朝7時代からオープンしているカフェは少ないのですが、「KAILUA HOUSE」では朝7時半〜11時までがモーニングタイムです。(土・日・祝日は8時〜、メニューも少し異なります。)

KAILUAHOUSEメニュー
(C)mayutsutsui

平日モーニングメニューの種類は3種類。どのメニューにもコーヒーか紅茶、ラテのドリンクが付いてきます。(ラテはプラス100円)

・アメリカンブレックファースト(1,300円)
(パンケーキ2枚、ベーコン4枚、卵2つ、サラダ、ドリンク2杯)

・自家製パンモーニングセット(500円)
(自家製パン、リリコイハニーバター、目玉焼き、ドリンク1杯)

・クロックムッシュモーニングセット(600円)
(ベーコン、ホワイトソース、チェダーチーズのクロックムッシュ、ドリンク1杯)

アメリカンブレックファーストセットは二人前なので、お友達を誘って朝女子会などをしてみたら楽しそうですね。

KAILUAHOUSE内観1
(C)mayutsutsui

ハワイのおしゃれカフェをイメージしたと言う店内は、広々としていて開放感たっぷり。20019年2月1日にリニューアルオープンしたばかりなので、綺麗で清潔感もあります。

KAILUAHOUSE内観2
(C)mayutsutsui

カウンター席や、テーブル席、ソファー席など座席はいろいろ。テーブル席の後ろにはコンセントもあり、朝から仕事や作業をしたいと言う方には嬉しいサービスですよね。

KAILUAHOUSE内観3
(C)mayutsutsui

店内奥のソファー席は、仕切りはないものの半個室のような空間になっているので、静かな店内でも女子会トークや打ち合わせに使えそう。

KAILUAHOUSE内観4
(C)mayutsutsui

お子様用の可愛らしい海外のおもちゃも用意。小さなお子様連れの方も安心して利用できますね。

とろけるチーズに大興奮!コスパ最強モーニング

KAILUAHOUSE内観5
(C)mayutsutsui

店内は基本的にセルフサービスなので、席を確保したら自分で注文しに行きます。

KAILUAHOUSEケーキ
(C)mayutsutsui

レジ横には、クッキーやプリン、ケーキなどのスイーツ類が並び、どれも美味しそう〜!

KAILUAHOUSEモーニングメニュー1
(C)mayutsutsui

今回は、平日モーニングメニューから「自家製パンモーニングセット」と「クロックムッシュモーニングセット」の二つを注文しました。

クロックムッシュ1
(C)mayutsutsui

カンパーニュパンの上に、薄切りのベーコ、チェダーチーズ、ホワイトソースがたっぷりとかかったクロックムッシュ。

クロックムッシュ2
(C)mayutsutsui

ナイフを入れた瞬間のふわっとろっとしたソースが溢れてきて、食べる前からテンションが上がってきます。

写真だと小さく見えますが、実際に食べてみるとチーズとホワイトソースが濃厚なので大満足な食べ応えです。

パンモーニングセット
(C)mayutsutsui

自家製パンモーニングセットは、焼きたてのパンにハワイで有名なリリコイバターをつけて頂きます。
リリコイバターは、パッションフルーツを煮詰めて作られているので、パンに付けると爽やかな酸味とトロピカルな風味が際立って絶妙!朝から南国気分を味わえます。

KAILUAHOUSEモーニング
(C)mayutsutsui

少し早起きをした日は、「KAILUA HOUSE」で朝からエネルギーをチャージして1日を元気に過ごしてみてはいかがでしょうか。

KAILUA HOUSE
住所:〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目2−14
TEL:06-6484-7002
営業時間:【平日】7:30~23:00(L.O.22:00)、【土・日】8:00~17:00(L.O.16:30)
HP: http://kailuahouse.jp/
アクセス:地下鉄御堂筋線 本町駅1号出口 徒歩3分、地下鉄堺筋線 堺筋本町駅17号出口 徒歩5分

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【裏技】バーミヤンの「W焼餃子(12コ)」は持ち帰りにすると店内注文より200円も安くなる

買い物をする時は1円でも安い方がいいに決まっている。ではそれが200円だったらどうだろう。通常499円のモノを、200円も安く買えたら……? 誰が見てもとんでもない値引き額ではないか。

実はこれ、中華レストランチェーン「バーミヤン」での話なのだ。実は「バーミヤン」で “あること” をすると、499円の『W焼餃子(12コ)』が、なんと299円で買えてしまうのである! 知らない人は必見だぞ。

・バーミヤンの裏技

中華屋に入って必ず頼むものといえば餃子アル。逆に言うと、餃子を置いていない中華チェーンなどありえない。バーミヤンはもちろん、王将にも日高屋にも当然置いてあって、基本的にその値段は似通っている。

バーミヤンの公式サイトを見ると、『本格焼餃子(6コ)』が239円、『W焼餃子(12コ)』は499円となっている(共に税抜)。極めて一般的な価格と言えるだろう。しかし、これを劇的に安くする方法があるのだ。それはズバリ! 持ち帰りにするのである!!

・持ち帰り価格に注目

バーミヤンの持ち帰りメニューを見てみると、焼餃子にのみ「お持ち帰り限定特別価格」という表記があることが分かる。値段は以下の通り。

・本格焼餃子 1人前(6コ):税抜159円
・本格焼餃子 2人前(12コ):税抜299円

……お気付きだろうか? 先述した通常価格との圧倒的なまでの違いを。そう、1人前だと80円、2人前だとなんと200円も安くなっているのだ! すげェェェェェェエエエエ!!

他のラーメンやから揚げなどは、店内注文でも持ち帰りでも値段は一緒だ。なのに焼餃子に関しては、なぜか持ち帰りにした方がはるかに安いのである。サイトにはご丁寧に電話での注文、時間の指定も可という記載まであったぞ。

・覚えておこう

餃子12個で299円とはまさに破格だ。近所にバーミヤンがある人は、これを使わない手はないだろう。今日の帰りにでも寄ってみてはいかがだろうか。

参照元:バーミヤン
執筆:あひるねこ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

SNS映え間違いなしのパンケーキ!台湾で人気の2スイーツが初コラボ

台湾発祥の2つの人気スイーツ店

台湾で続く老舗の豆花専門店「騒豆花(サオドウファ)」

「騒豆花(サオドウファ)」

台湾で親子三代にわたって受け継がれる、老舗の豆花(トウファ)専門店「騒豆花(サオドウファ)」。豆腐のようなスイーツ「豆花」は、台湾で昔から親しまれている味です。騒豆花の豆花は、お店で大豆を絞って豆乳を作る本格派。日本では、新宿ミロード、横浜ポルタ、ホワイティ梅田、ルミネ池袋の4店舗展開中です。

海外に進出し始める人気の台湾パンケーキ店「王子神谷(オウジカミヤ)」

「王子神谷(オウジカミヤ)」

台湾全土に14店舗展開する「王子神谷(オウジカミヤ)」。パンケーキを可愛くデコレーションしたSNS映えメニューが人気となり、行列ができるパンケーキ店として知られるように。最近では、香港やマレーシアなどアジア各国に進出しています。

パンケーキにタピオカやさまざまなソースがかかったメニュー

今回のコラボレーションで、「騒豆花ルミネ池袋店」で「王子神谷」のパンケーキが提供されています。パンケーキに、ミルクティーやチョコレート、レモンクリームなどいろいろなソースをかけタピオカをトッピングした、色とりどりのメニューがそろいます。パンケーキの上にキュートな顔がデザインされた、抹茶やタロイモ、チョコレートソースの「モンスター」バージョンも、SNS映え間違いなしの可愛い仕上がりに。

「騒豆花(サオドウファ)」と「王子神谷(オウジカミヤ)」コラボメニュー

[(写真右)カラメルフレイバー、(写真左)アールグレイミルクティー]

「騒豆花(サオドウファ)」と「王子神谷(オウジカミヤ)」コラボメニュー

[(写真右)ウォールナッツカカオ、(写真中央)オレオチョコ、(写真左)フランスレモン]

「騒豆花(サオドウファ)」と「王子神谷(オウジカミヤ)」コラボメニュー

[(写真右)抹茶モンスター、(写真中央)タロイモモンスター、(写真左)チョコレートモンスター]

【騒豆花(サオドウファ)ルミネ池袋店】
所在地: 〒170-0021
東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋 8F
電話: 03-5843-3603
営業時間: 11:00~22:30 (ラストオーダーフード22:00)
公式サイト: https://www.saodouhua.jp/info/425/

[PR Times]

~人生に旅心を~