〈噂の新店〉品川駅から徒歩1分の新グルメスポット! 4種のレストラン&バーが揃う「ザ・スコア・ダイニング」

2019年12月11日、東京・品川にあるストリングスホテル東京インターコンチネンタルに「ザ・スコア・ダイニング」がグランドオープン。楽譜をモチーフにした4つのレストラン・バーが体験できる、大人のダイニングデスティネーションということで早速話題となっています。

 

そんな新グルメスポットの見どころ・食べどころに、ホテルグルメに精通する東龍さんが迫ります!

「楽譜」がコンセプトの“ダイニングデスティネーション”

都内のホテルでも屈指の高い吹き抜けで、非常に開放感があります

ザ・スコア・ダイニングは、音楽の「楽譜」=「Score(スコア)」になぞらえた複合的な料飲施設。ホテル名の「ストリングス」が「弦」を意味することからも、ぴったりの名前です。

 

地上110メートル、天井高27メートルという開放感あふれるアトリウムの中に位置しているのも、非常に魅力的。品川駅からペデストリアンデッキで直結しているにもかかわらず、隠れ家的なムードがあるので、知っていたら自慢したくなりそう。デートからビジネスの会食、友人や親類との集いにまで利用できます。

オリヴィエ・ロドリゲス氏は2019年1月総料理長に就任し、ゼロから「ザ・スコア・ダイニング」を創り上げました

総料理長を務めるオリヴィエ・ロドリゲス氏はフランス料理やイタリア料理に精通し、日本語が堪能で日本文化にも造詣が深い料理人。2007年から7年もの間、ミシュランガイドで一つ星を獲得し続けたこともあるスターシェフなのです。

個性豊かな4種のレストラン・バー

それでは、ザ・スコア・ダイニングの料飲施設を、入り口に近い方から順番に紹介していきましょう。

「リュトモス」ではヘッドバーテンダーを務める高橋司氏のカクテルを楽しめる。シグネチャーカクテル「TSUKASA」はウォッカベースで山椒が隠し味

「リュトモス」はギリシャ語でリズムを意味するカフェ&バー。色々なコンペティションで活躍し、ヘッドバーテンダーを務める高橋司氏によるミクソロジーカクテルが早速人気となっています。

 

「メロディア」はイタリア語でメロディを意味するイタリアングリル。グリルを用いたイタリア料理が中心で、コースもアラカルトも提供しています。美しいプレゼンテーションも見ものです!

 

「チャイナシャドー」はラテン語の「ハルモニア」=「ハーモニー(調和)」をテーマとした中国料理。オーセンティックなチャイニーズキュイジーヌだけではなく、モダンな食材や調理法を用いた新しい中国料理も体験できます。

「風音」では季節ごとに異なる黒毛和牛や千葉県印西市の柴海農園などの直送野菜を提供

「風音」は隠れ家風の場所にある鉄板焼。料理長を務める瀧澤 経(おさむ)氏は洋食が得意で、シェフを務める佐藤千晶氏は鉄板焼のベテランです。旬の和食材を用いた鉄板焼を目の前で豪快に仕上げてくれます。

「メロディア」のランチは“いいとこどり”のハーフブッフェ

メロディア店内

どれも魅力的な施設ばかりですが、特に使いやすいのがメインダイニングの「メロディア」。総料理長のロドリゲス氏が料理長の山本健太郎氏と共に腕をふるいます。

魚介類にも力を入れていて、配置の妙を楽しめるプレゼンテーションでサプライズを与えてくれる。写真はオマール海老のグリル(イメージ)

ランチにはいくつかのコース(3,500円〜)が用意されていますが、最もおすすめなのが「ヴィヴァーチェ」5,500円。アンティパストやサラダがブッフェ形式で、パスタが一皿つき、メインディッシュは一品選択。そして、最後のデザートも一品選択することができます。

 

前菜はブッフェで心ゆくまで楽しめ、パスタとメインディッシュはできたてがサーブされ、最後に選べるデザートで締めくくるという、お得なコースです!

ロングパスタからショートパスタまで様々なパスタが自家製。写真は、黒トリュフをスライスしたポテトのラビオリ(イメージ)

パスタは自家製で非常にもちもち感があるので、その食感を楽しんでくださいね。メインディッシュは自慢のグリル料理。ビーフ、ポークから魚介類やチーズまで、様々なものが用意されているので、どれをチョイスするか悩んでしまうほどです。

美食を楽しめる「メロディア」のディナーコース

黒毛和牛フィレ肉のグリルは代表的な一品。心地よい薫香が広がり、赤ワインソースとの相性も抜群です

ディナーには4皿の「ソナタ」8,000円、5皿の「シンフォニア」11,000円、6皿の「マエストロ」13,000円の3コースのほかに、8,000円で2名から注文可能なシェアリングメニュー「インシエメ」(伊語で“一緒に”の意)が用意されています。

 

中でも体験してもらいたいのが、ロドリゲス氏のエスプリとメロディアのガストロノミーを存分に体験できるマエストロです!

 

前菜、パスタ、リゾット、魚料理、肉料理、デザートとイタリアンのフルコースを楽しめます。トリュフや手長海老、黒毛和牛など高級な食材をふんだんに用いた料理の数々を提供しているのです。

目の前で仕上げてもらえるアシェットデセール。写真はティラミスに熱々のエスプレッソがかけられているところ

使用しているプレートや食材の配置、目の前で行われるパフォーマンスなど、プレゼンテーションや味にあっと驚くような工夫が凝らされているので、ぜひとも体験してみてほしいです!

 

<店舗情報>
◆リュトモス
住所 : 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー
TEL : 03-5783-1258
営業時間 : ティータイム 6:30~15:00 アフタヌーンティー 14:00~18:00(L.O.16:30) バータイム 17:00~24:00(L.O…

<店舗情報>
◆メロディア
住所 : 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー
TEL : 03-5783-1258
営業時間 : 朝食 6:30~11:30(L.O.10:30) ランチ 11:30~15:00(L.O.2:30) ディナー 18:00~22:00(L.O….

<店舗情報>
◆風音
住所 : 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー
TEL : 03-5783-1258
営業時間 : ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) ディナー 18:00~22:00(L.O.21:00)

 

■チャイナシャドー
住所:東京都港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26F
TEL:050-5590-6897
営業時間:ランチ 11:30a.m.〜3:00p.m. (L.O. 2:30p.m.)/ディナー 6:00p.m.〜10:00p.m. (L.O. 9:00p.m.)
定休日:無休
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13004000/

 

文:東龍・食べログマガジン編集部

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

世田谷にソイパスタ・ビーガンラーメン専門店 糖質ゼロ、グルテンフリー麺も

イタリアン「Gavy Setagaya(ギャビーセタガヤ)」(世田谷区世田谷2、TEL 03-5799-6870)が、ソイパスタ・ビーガンラーメン専門店としてリニューアルオープンして1カ月がたった。

みんなの経済新聞ネットワーク

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

〈噂の新店〉これが本気のアルデンテ! 隠れ場イタリアンで絶品パスタを頬張る

国産豚の炭火焼や本格パスタで満腹になる5,000円のコース

都営地下鉄・御成門駅から徒歩5分、JR新橋駅から徒歩9分の場所にある「QUATTRO MANI 82」。全18席の小さなイタリア料理店でふるまわれるのは、紀州備長炭で丁寧に焼かれた肉料理や、イタリアで学んだシェフによる本格パスタの数々だ。アラカルトで自由に楽しむのもいいが、今回は店の魅力をギュッと詰め込んだ5,000円のコースを紹介する。

シェフとソムリエの2人で紡ぐ、確固たる世界観

店名の“QUATTRO MANI”は“4つの手”を意味するイタリア語。ソムリエとシェフの4つの手から、繋がりを築いて輪を広げていく。

新橋五丁目、日比谷通りから一本入った静かな路地に佇む、小さなイタリア料理店「QUATTRO MANI 82」。窓からもれる灯りが道行く人の目を引き、店内は笑い声が絶えることがない。2019年10月27日にオープンしたばかりだが、すでに予約が取れない日もあるほど。店を訪れているのはイタリアを愛し、ワインを愛する人々だ。

木製のテーブルやチェアが置かれた店内は、カジュアルでありながらクラシカルな印象も与える。

店に入ると、木の温もりを感じさせるテーブルと椅子が並んでいる。壁に飾られているのは、シェフがイタリアでの修行中に撮影してきた写真。友人宅に招かれたような雰囲気ながら、その細部にセンスのよさが滲んでいる。隣のテーブルとの間隔も広く、まわりを気にすることなくプライベートな会話も楽しめる空間が心地よい。

オーナー兼ソムリエの富松範臣さんと、グランドシェフの鈴木慎平さん。共に1982年生まれ。

店を切り盛りするのは、オーナーソムリエの富松範臣さんとグランドシェフの鈴木慎平さん。たった2人ですべてをまかなっている。富松さんは西麻布の鉄板焼き店などを営んでいたやり手の経営者。その明朗快活な人柄にファンも多く、当然ながらワインの知識は豊富。グランドシェフの鈴木慎平さんは27歳でイタリアに渡り、トスカーナ州の海辺の町・カスティリオンチェッロや、農産物の宝庫と謳われるエミリアロマーニャ州のレッジョ・エミリアなどで3年の経験を積んだ。そのなかにはミシュランの一つ星店「カマティルデ」や、ビブグルマンを獲得した「リストランテ オリビエロ」などが含まれる。

共に1982年生まれのこの2人がタッグを組んだのが「QUATTRO MANI 82」である。

シェフの技が光る先付けに、ヘルシーな前菜盛り合わせ

5,000円のコースから「先付け」と「前菜盛り合わせ」。

今回紹介するのは5,000円のコース(前日までに要予約)。この日の「先付け」は、「揚げポレンタ」と「ゼッポリーニ」。「揚げポレンタ」は、トウモロコシの粉を湯に入れ、パルミジャーノ・レッジャーノとペコリーノチーズ、少量のバターを合わせて練り上げ、冷やし固めてセモリナ粉をふって揚げたもの。「ゼッポリーニ」はピザ生地に青のりを練り込んで揚げたパン。“粉もの”は、鈴木シェフの得意メニューのひとつ。シンプルなレシピだからこそ、腕が光る。

 

「前菜盛り合わせ」は、季節の野菜や魚を使った料理を8品ほど楽しめる。「ワカサギのカルピオーネ」「アスパラのビスマルク風」「マグロのコンフィと赤タマネギと白いんげん豆のサラダ」など手のこんだ料理ばかり。同店では、長野県上伊那郡の大島農園から届く有機野菜を使用しており、大自然のなかで育った野菜は風味の濃さが違う。

グラスワイン「Roccamena Primitivo 2015」1,000円。ボトルは3,000円から。

ワインはイタリアを中心に幅広く揃う。「ありきたりなものは置かず、土着品種のマニアックなものをセレクトしている」とオーナーソムリエの富松さん。グラスはスプマンテ1種、赤ワイン2種、白ワイン2種があり、ボトルワインは150本ほど用意している。

例えば「先付け」にはスプマンテやシャンパーニュが、「前菜盛り合わせ」には辛口のスッキリした白ワインがよく合うが、もちろんそれだけが正解ではない。富松さんと相談しながら、新しい組み合わせを探すのも楽しい。

一晩寝かせたスープと、イタリア思い出のパスタ

「天城軍鶏の出汁を使った有機野菜のミネストローネ」。軍鶏の奥深い出汁に、野菜のうまみが加わる。

本日のスープは「天城軍鶏の出汁を使った有機野菜のミネストローネ」。タマネギ、ポロネギ、チリメンキャベツ、ビーツ、チェリートマト、ニンジン、セロリ、ジャガイモ、キノコなど15種ほどの具材が入った野菜たっぷりの仕上がりだ。具材を細かく切っているのはそれぞれの風味をスープに溶け出しやすくするため。完成したミネストローネを一晩寝かせることで、味わいがさらに増していく。提供する直前にスキレット鍋ごと火にかけ、最後にパルミジャーノ・レッジャーノとオリーブオイルを加える。幾重にも重なるうまみのハーモニーは格別だ。

魚介を贅沢に使ったラグーソースが絶品の「エルバーナ」。

このコースのうれしい点は、3種類のパスタのなかから好みの品を選べること。この日にチョイスしたのは「エルバーナ」。じっくり炒めた香味野菜をベースに、アサリ、ムール貝、タコ、イカを細かく切り、トマト、赤ワイン、貝の出汁、そしてニンニクとトウガラシを加えて3時間ほど煮詰めている。トスカーナ州にある海辺の町のリストランテでも供されていた一品で、鈴木シェフにとって思い出の味でもある。

濃厚な貝の香りと、極限まで凝縮されたうまみ……。はじめてこの味に出会ったとき「あまりにもおいしく感動した」と鈴木シェフは振り返る。

備長炭でじっくりと火入れした国産豚のおいしさに感動

コースのメインは「国産豚の炭火焼」。備長炭で約20分かけてじっくり焼き上げる。

メインは「国産豚の炭火焼」。備長炭を使って焼くときのポイントは「近火の強火」。温度を下げず、かつ煙や炎が上がらないよう炭を巧みにコントロールしていく。炭から遠ざけて休ませ、また近づけて火を入れ、約20分かけて肉汁を閉じ込めていく。

マルドンの塩、そしてシェフが自分の手で粗くつぶした香りの高い黒胡椒をふる。皿に添えられているのはフランス産のディジョンマスタードと、隠し味にたまり醤油を使ったタスマニア産の粒マスタードだ。

上質な肉は、塩と胡椒のみで十分に美味。味の変化が欲しいときに、マスタードをつけていただく。

表面は香ばしく、なかはしっとりジューシーな焼き上がり。国産ブランド豚の脂に上品な甘味があり、噛むたびに奥深い風味が口いっぱいに広がっていく。決してしつこくはないが、ほどよい余韻を残すのが特徴だ。軽い飲み口の赤ワイン、ロゼワイン、そして樽香の利いた白ワインと合わせてもマッチする。

クラシカルなドルチェでコースを〆る

エスプレッソの苦味が利いた「ティラミス」。シンプルな品こそシェフの腕が光る。

この日のドルチェはクラシカルな「ティラミス」。エスプレッソをしっかりしみ込ませた苦味のあるスポンジを敷き、マスカルポーネに卵を混ぜて作ったシンプルなクリームのせている。ココアパウダーとクランブルを贅沢にふりかけてあり、食感のおもしろさが際立つ。デザートのクオリティはディナーの満足度に直結するが、こちらも申し分ない。

 

すべての料理をひとりで作る鈴木シェフが行きついたのが「仕込みには時間をかけ、シンプルな味つけで提供する」というスタイル。

気をつけているのはコースを通してのバランスだ。野菜、魚、肉を、偏りなく楽しめるようにしているため、食べ疲れることがない。女性を中心にファンが多いのは、このさり気ない心遣いが影響しているのだろう。

週替わりのランチから「ジャガイモとインゲンのジェノベーゼ」。アルデンテのパスタはもちもちの食感で噛み応えもある。

今回ご紹介したのはディナータイムのコース料理だが、ランチタイムもコストパフォーマンスが高くオススメ。3種のパスタから好きな品を選べ、サラダ、自家製スキャッチャータ、ドリンクがついて1,200円。

例えば「ジャガイモとインゲンのジェノベーゼ」は、バジルだけでなくミントを加えることで爽快感をだし、ペコリーノチーズとパルミジャーノ・レッジャーノでコクをプラスしている。アルデンテのゆで加減がすばらしく、ランチでこの完成度のパスタが食べられるのかとうれしくなる。

シェフとの会話を楽しめるカウンター席なら、ひとりでも気軽に来られる。アラカルトメニューも豊富。

オープンからそれほど経っていないのに、これほど軸がしっかりしている店も珍しい。実は富松さんと鈴木さんは、日本代表選手を数多く輩出するサッカーの名門高校「静岡学園」のサッカー部で出会った仲。2人の阿吽の呼吸から生まれる、飾らず自然体な空気感に店全体が包まれているのだ。

料理やワインのレベルは愚直に追求しながらも、気心知れた友人の家を訪れたような気分で食事を楽しめる。「こんな店があったらいいな」を叶えてくれる場所だ。

 

※価格はすべて税抜

<店舗情報>
◆QUATTRO MANI 82
住所 : 東京都港区新橋5-24-5 根岸ビル 1F
TEL : 050-5456-1330
営業時間 : 【ランチ】月~金 11:30~14:30(L.O.14:00) 【ディナー】 月~金 18:00~23:00(L.O.22:00) 土・祝 17…
定休日 : 日曜日

 

取材・文:梶野佐智⼦(grooo)
撮影:松村宇洋