ファミマの一部店舗で「おでん」がレンジで温めるタイプに → 生まれて初めてコンビニおでんを食べてみた

実はコンビニのおでんというものを食べたことがなかった。理由は販売スタイルに抵抗があるから。そう、あのむき出しのスタイルだ。おでんはあらゆるものに晒され続け、中には指でツンツンつつき回す動画を公開する人もいる始末。絶対に無理である。そういうわけで、とにかく食べたことがなかった。

しかし2020年1月14日からファミリーマートが一部店舗にて、注文毎にパックから取り出してレンジで温めて売るスタイルでの提供を始めたという。これは良さそうな気がする。この機にファミマの新おでんをレビューしつつ、コンビニのおでん自体も初体験してみることに。

・4個か6個入りパック

さて、コンビニのおでんこそ初めてだが、おでん自体はもちろん何度も食べたことがある。味については昨今のコンビニのことだ。間違いなく美味いのだろうし、そこは心配していない。それよりも気になるのが具である。

レンチンするのだというが、そうなると例えば はんぺん は入っているのだろうか? 昔レンチンしたところ、縮んでふわふわ感が失われてしまった記憶がある。それに卵は爆発してしまうだろう。こういった不向きな具材は、何か特殊な技術で解決したのだろうか……?

などと考えつつ、レンチンスタイルに変更した店舗に来てみると……

選べるオプションは4個入り(税込み268円)か、6個入り(税込み358円)。具材としては、どちらにも含まれるものが大根、こんにゃく、ちくわ、さつま揚げ。6個入りで追加されるのが、たけのこと昆布

なるほど、もとより電子レンジでもOKな具材に絞ったようす。これで良しとするか否かは、それぞれの主義や好みも入ってくるだろう。個人的には、はんぺん、卵、ソーセージ、そしてロールキャベツがあると最高だが、この6個入りセットでもそこそこ満足できる気がする。

あるいは自由に好きな具材だけを選べない点こそ、人によっては最も大きなマイナス面になるのかもしれない。6種類でそもそも選択肢は少ないが、例えば大根だけ10個食べたいという人だっているかもしれない。まあ細かいところは他の商品同様、反響を見つつ改良していくのだろう。

・レンチン

いざ注文すると、店員さんが取り出したのは袋入りのパック。これを開封し、中身を容器に入れてレンチンするだけで終わる。今までよりも圧倒的な時間と手間の短縮具合。おでん用の鍋を洗う手間もなくなるし、従業員的には嬉しい変更な気がする。レジの待ち時間も減って客としてもうれしいはず。

しかもこのパックは常温保存が可能らしい。おでんのポップでも「フードロス削減」を謳っていたが、これなら確かに無駄は減るだろう。客から注文された分しか調理されないのだから。

そもそも1日平均でどのくらいロスが出るものなのか知らないが、間違いなく毎日出続けているはずだ。たまにレジ袋に具を放り込んで廃棄している姿を目にすることもある。しかし、新しい方式なら賞味期限を迎えるまで廃棄は出ない。

その賞味期限も長いようだ。購入するものを開封前に見せてもらったところ、今年の6月の日付が印字されていた。ちなみに最大で180日持つとのこと。これだけの長期保存が可能なら、店舗としては入荷数や在庫処理のコントロールもやりやすい。

本社からすればフランチャイズ加盟店からの発注数は減るだろう。それに、おでん自体の売り上げが今後どうなるかもわからないと、マイナス面が目立つ。しかしフランチャイズ加盟店や従業員からすれば、利点だらけの施策なのではなかろうか。

・美味い

身を切るような改善スタイルということで、ファミマに対する個人的な好感度は上がった。しかし純粋に客の立場からすれば、その辺はぶっちゃけ関係ない話。売り方のほかに重要なのは味だろう。心配していないのは冒頭に述べた通りだが、いざ食べてみると……

やっぱりウマい

従来のスタイルで作られているファミマのおでん と比較してどうなのかは全くわからない。しかし、純粋におでんとしてしっかり美味い。味も汁もしっかりと程よく染みているし、調理の具合もいい。

例えばタケノコの、柔らかさとシャキシャキ感のバランスなど、なかなかヤルではないか。きっと調理からパッケージングまでのプロセスで、ベストな状態を維持するための技術が使われているのだろう。

汁の濃さもちょうどよく、しかも最初からたっぷり入っている(というか最初から袋に入っていた分が、ほぼそのまま入っている)のもいいではないか。汁だくが良いのに足りないという事態はまず起きないだろうし、いらない人は捨てればいいのだしな。

ひたすら茹でっぱなしで、従業員に加水やら廃棄やらの判断が任されている(ガイドラインがあるのだろうが、実情としてはルーズになっているものだろう)と思しき従来のスタイルより、クオリティの安定化も図れて良いのでは? 

・袋のままでも売ってほしい

まとめると、個人的には、味、衛生度、提供までの手間などについて実に素晴らしいと思った。欲を言えば、開封せず袋のままでも売ってほしいところ。家でパッケージの外側もよく洗浄・消毒し、さらなる衛生度を確保して、好きなタイミングでレンチンして食べたいのである。

従来の売り方が不快であるがゆえに、生涯を通じて1度も買うことはなかったコンビニのおでん。しかしここにきてファミマであればアリだと思うようになった。人生で30余年目にしてついに、コンビニでおでんを買うという選択肢をファミマが提供してくれたわけである。

些細なことだが間違いなく嬉しいことだ。しかし従来からの顧客は選択肢を大きく失ったのも事実。この変更で離れる者もいるだろうが、それこそ私のようにこの方法なら買うという者もいる。

客観的に考えると、プラス面もマイナス面も同じくらいにあるのでは……と思える、ファミマの新しいおでんの販売方式。なんにせよ、本来の目的である食品ロス削減は、間違いなく取り組むべき事柄である。方向性はこのままに、全方面で満足度が上がるような改良を日々模索していってほしいところだ。

Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【新商品】100円ローソンに「バスチー」登場ッ! 本家ローソンと食べ比べた結果…

2020年1月22日、100円ローソンこと「ローソンストア100」から注目の新商品が発売となった。昨年ローソンから発売される否や、歴代コンビニスイーツ屈指の超ヒットを記録した『バスチー』である。

あのセブンが後追いしたほど売れまくったバスチーが、ついに100円で……! 仮にローソンストア100のバスチーが激ウマだったら、毎日食いまくってやるんだ……!! 100円ローソンよ、見せてみるがイイ……お前のバスチー魂を。

・下克上なるか

ついに解禁となったローソンストア100のバスチー。本家ローソンのバスチーが税抜き199円だから、価格はおよそ半分ということになる。仮にローソンストア100のバスチーが本家ローソンクオリティだとしたら、完全なる下克上ではないか。これは試さねばなるまい。

さて、ローソンストア100のバスチーは、なめらか食感に仕上がるよう「直火焼製法」で仕上げられたとのことで、およそ3カ月に及ぶ試行錯誤を経て完成したという。重量は本家ローソンの74グラムに対し、100円ローソンは61グラム。サイズ的にはやや小ぶりな印象だ。

・半額はでかい

それでも本家ローソンと同等のクオリティであれば何の問題もない。バスチーに限らず、コンビニスイーツはやや値が張るのが玉にきず。特に毎日でも食べたいバスチーが100円ならば文句なく最高だ。ローソンストア100にかかる期待は大きい。

だがしかし──。

結論を申し上げると、下克上はならなかった。むしろローソンストア100のバスチーと本家ローソンのバスチーは、最初から別物だと考えた方がいい。特に以下で述べる2つのポイントは大きな違いがあった。

・その1: チーズの風味が結構違う

あたり前なのかもしれないが、チーズの風味は俄然本家ローソンの方が強い。100円ローソンのバスチーもチーズの風味がしないわけではないが、ほんのりと香る程度。例えるならば「ベイクドチーズケーキ」と「昔ながらのチーズケーキ」くらいの違いがある。

そういう意味でガツンとチーズを感じたい人には、ローソンストア100のバスチーはやや物足りなく感じるかもしれない。逆に言えば、軽いチーズの風味が好みの人はローソンストア100のバスチーの方が向いているハズだ。

・その2: 密度、なめらかさが違う

バスチーの大きな魅力の1つが “濃厚さ” であろう。一口で歯が埋もれるような、また歯の裏にまでこびりつくほどの濃厚さを求めてバスチーを購入する人は多いに違いない。その点、本家と比べてローソンストア100のバスチーはやや軽い。端的に言えば、密度が薄い

密度はなめらかさにも直結しており、本家が絹だとするならば、ローソンストア100はポリエステル。それくらいの違いは感じた。しっとり感に関してはローソンストア100も善戦しているものの、食べ比べてしまうと越えがたい差があったことは事実である。というか、別物だ。

誤解して欲しくないのは、ローソンストア100のバスチーが別に美味しくないワケじゃないということ。100円でこのクオリティならありだし、本家を知らない人が食べたら「バスチーうまッ!」と感じるハズだ。

というわけで、本家ローソンに取って代わる商品ではなかったローソンストア100のバスチー。再三申し上げるように、名前は同じでも違う商品だと思った方が健全である。

参考リンク:ローソンストア100
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

広島の旨い名物が食べたい!広島県の名物ご当地グルメ15選

広島の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?広島には、日本海の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、広島県民にお馴染みのお菓子など、広島自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、広島県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

広島名物を食べる!伝統の郷土料理

1. カキの土手鍋

photo by 広島県観光連盟

「カキの土手鍋」は、鍋のふちに味噌を塗り、牡蠣・野菜・豆腐などを入れ、味噌を溶かしながら煮る郷土料理。土手鍋の名の由来は、鍋の内側に土手のように塗るからという説や、江戸時代に広島から大阪へ牡蠣を輸送していた「かき船」が、川の土手下で牡蠣鍋も販売していたからという説など諸説あるそう。広島では、寒い冬の時期に食される定番鍋。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、あなご飯とともに紹介されている広島を代表する郷土料理です。

取扱店 かき船 かなわ(広島市)、酔心(広島市)ほか
HP かき船 かなわ酔心

 

2. あなご飯

photo by 広島県観光連盟

「あなご飯」は、穴子のアラからとったダシで炊いた醤油風味のご飯の上に、穴子の蒲焼を敷き詰めた宮島名物の丼ぶり。明治時代に、あなごめしの老舗「うえの」の創業者・上野他人吉(たにきち)が、瀬戸内の漁師料理「あなごどんぶり」をアレンジして考案したもの。宮嶋駅(現 宮島口駅)で売り出しだのが始まりと言われています。宮島で100年以上にもわたって親しまれている名物料理です。

取扱店 うえの(廿日市市)、ふじたや(廿日市市)、和田(廿日市市)ほか
HP うえの

 

3. たこめし

photo by 広島県観光連盟

瀬戸内海に面する三原市は、県内屈指のタコの産地。海沿いで見られる干しタコの風景は、三原の夏の風物詩となっています。三原名物「たこめし」は、もともと漁師が、船上で獲れたてのタコをブツ切りにして、ご飯と炊き込んで食べていた漁師めし。三原のたこめしは、タコのプリプリとした食感が楽しめる、新鮮な真ダコを使用するのが特徴。タコの旨味がご飯に染み込み、タコの美味しさを存分に味わえる三原の名物めしです。

取扱店 登喜将本店(三原市)、お食事処 蔵(三原市)ほか
HP 和食処 登喜将お食事処 蔵

 

4. 美酒鍋(びしゅなべ/びしょなべ)

photo by 広島県観光連盟

西日本でも、有数の酒どころとして知られる東広島市西条エリア。「美酒鍋(びしゅなべ/びしょなべ)」は、日本酒をふんだんに使い、塩・こしょうでシンプルに味付けた西条地域に伝わる鍋料理。酒蔵で働く杜氏達が、空腹を満たすために、蔵の中で作って食べたのが始まりとされています。地酒をたっぷり入れて煮ることによって、アルコール分がとび、日本酒の旨味が引き立つため、お酒が苦手な方でも美味しくいただけます。お肉や野菜たっぷりの絶品鍋で、寒い冬に食べたい!体の芯から温まるご当地鍋です。

取扱店 倉凛(そうりん)(広島市)、華てまり(東広島市)、割烹 しんすけ(東広島市)ほか
HP 倉凛(そうりん)華てまり割烹 しんすけ

The post 広島の旨い名物が食べたい!広島県の名物ご当地グルメ15選 appeared first on 旅時間 – 旅のようなステキなひとときを。.

旅時間は、「旅のようなステキなひとときを」をコンセプトとした旅のウェブマガジンです。世界の絶景や世界遺産、人気のリゾートホテルや温泉旅館、定番の観光名所や季節のイベント、地域の絶品グルメや定番のお土産など、思わず旅に行きたくなるような情報をお届けします。