【ふるさと祭り東京】ご当地どんぶり選手権で「殿堂入りした丼を制覇」して思ったこと / サイズ感に気をつけろ! 吉野家の牛丼(並)と重さを比較したら…

「ふるさと祭り東京2020」なるイベントが現在東京ドームで開催中だ。日本各地の名物が一堂に会していること、すごく混んでいること、ナメた気持ちで立ち寄ったら “行列四段構え” に心を打ち砕かれたことを以前に当サイトで紹介したから、覚えている人だっているかもしれない。

それを読んで “人ゴミに揉まれる覚悟” が固まった人は、あとは会場に行くのみ。美味いものを食べまくってイベントを堪能してほしいが、中には人気の「全国ご当地どんぶり選手権」のコーナーに行こうと思っている読者もいるはず。そんな方にお伝えしたい。

このエリアは丼が全般的に小ぶりだってことを。もしあなたが普通サイズを期待して買ったら「こんなもん? これだったらあと3杯は食える!!」となりかねない。結果、「再び丼チケットの行列に並ぶの? 最悪。もう帰ろ」となるだろう。

なので、「全国ご当地どんぶり選手権」エリアのどんぶりは基本ミニサイズだと頭に入れた上で、チケットの購入枚数を決めるのがいいかと思う。

・吉野家とのサイズ比較

参考までに、持ち帰った『和牛すき焼き&ハラミステーキ丼』&『うにめし丼』と吉野家の牛丼(並)の重さを比較したので、以下に記載しておきたい。

・吉野家の牛丼並(380円) → 367g
・和牛すき焼き&ハラミステーキ丼(500円) → 220g
・うにめし丼(500円) → 188g

いずれも容器込みの数値なので、厳密な丼の重量ではない。そもそも同じ店のものでも多少バラけがあるだろうから参考程度に考えてほしいが、丼によっては吉野家牛丼(並)の半分程度だったりもする。

当然ながら出店しているお店によって丼のサイズは異なるので、中にはもう少し大きなものもあるだろう。ただ、「全国ご当地どんぶり選手権」の丼は先述の通り全体的にコンパクト路線。

それは何も運営側がケチっているからではない。価格を500円で統一しているがために、仕方がないのだ。考えてみてほしい。出店しているのはどれも有名店で、ものによってはステーキやらウニやらウナギが乗っている。その丼を500円に収めようと思ったら、サイズが小さくなるのは必然。

何より、来場者のほとんどは「色々なものを食べたい」と思っているだろうから、丼が小さくてもあまり困らない。むしろ、価格を500円に統一することで会計がスムーズになるメリットを考えれば、コンパクトサイズの方が客にとっても都合がいいのだろう。

・2つの殿堂入り丼

サイズのことはこのくらいにして、味の方へ移ろう。今回私が同イベントで食べたのは、『和牛すき焼き&ハラミステーキ丼』『うにめし丼』『あか牛よくばり丼』『八戸銀サバトロづけ丼』『鰻まぶし丼』『名古屋コーチン親子丼』の合計6種類。その中で「普通かな」と感じたものは1つとしてなかった。どれも文句なしに美味

なお、上の6つの中で『うにめし丼』と『八戸銀サバトロづけ丼』はグランプリを2度受賞した “殿堂入り丼” らしい。公式サイトによれば殿堂入りしたのは2つしかないから、私は「全国ご当地どんぶり選手権」の殿堂入り丼を全制覇したことになる。

では、実際に食べてみて殿堂入りの丼が特別に美味かったかというと……そんなことはない。もちろん殿堂入り丼は素晴らしかったが、残りの4つが劣っている印象もなかった。あとは好みの問題な気がする。肉が好きな人は肉系を推すだろうし、刺し身が好きな人はそっち系を推すのだろう。

・お世辞抜きで奇跡の500円

余談だが、フードイベントの場合、たとえ有名店のブースでも残念なものが出てくるのは珍しくないというか、私は過去に何度か経験している。しかし今回のイベントは違った。それどころか、どの店も「味をキープしながらどれだけ多くの人に提供できるか」を十分に研究している印象さえ受けた。

少なくとも私が食べた丼に関して言えば、「奇跡の500円」と言っても過言ではないように思う。

とはいえ!

「行列に4回並ぶのはマジでキツイっす」って人だっていることだろう。そんな人に言いたいのは、「何も全国ご当地どんぶり選手権で丼を買わなくても、周りのエリアに美味そうなものはいっぱい並んでるよ〜」ってこと。丼を扱う店だってゴロゴロある。

そこなら、行列は多くて3回で済む(入場チケット購入時+入場時+購入時)。もしあなたが入場チケットを事前に購入していたり、その店に行列が出来ていないなどの幸運に見舞われれば、入場時の行列に耐えるだけでいいかもしれない。

おまけに、「全国ご当地どんぶり選手権」のエリア外であれば、500円の “しばり” がないから、ビッグサイズの丼もあるぞ。効率的にガッツリいきたい人はエリア外の方がいいだろう。

とはいえ!

「1回でも行列に並ぶのはキツイ。つーか、人ゴミがマジで嫌」って人だっていることだろう。わかるぞ、その気持ち。私も人の多いところが苦手で、たとえ「美味いものが揃っている」と聞いていても混雑を想像したら出かけるのが億劫(おっくう)になるタイプだから、気持ちはよ〜くわかる。

そんな人のために、私が実際にとった行動をお伝えして、本記事を終わりにしたい。

・取材時のリアル行動

よっしゃーーー!

出口の案内発見!

回転扉を出たら……

やっと人ゴミから解放された……!

っておい!

外にも寿司屋が!

っておい!

あれは……!

神座(かむくら)!

さらに……

プロントやデニーズまで!

外にも色々あるやん……

とりあえず神座に入ったら……

ラーメン来たぁぁぁああああ!

はぁぁぁあああああああああ!

ゆったりした空間で食うラーメン、すげえぇぇぇええうまぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああ! 何これ? 超うめぇぇぇえええええええええええええ! 感動したぁぁあああ!! 

結論:「ふるさと祭り東京」には美味いものが揃っているが、その周りにも美味い店はある。人ゴミが苦手な人は事前に欲しいものをチェックしておき、それを買ったらすぐに出て外でお腹を満たすのもアリ。以上。

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

店名 ふるさと祭り東京
会場 東京ドーム(東京都文京区後楽1丁目3−61)
開催日時 2020年1月10日〜19日
開催時間 10:00~21:00 ※19日は18時まで
入場料 当日券1800円(平日1400円)

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【確信】スシローで「わさびなす」注文するやつマジ0人説 → 広報に聞いてみた結果…

くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司、そしてスシロー。世の中的には “4大回転すしチェーン店” なんて言われているが、個人的には「スシロー1強」とさえ思うほど、スシローのコスパは脅威的である。近所にスシローがある人は勝ち組、そう言ってもいいくらいスシローは最高だ。

個人的にも月に2回は足を運ぶが、スシローにハズレメニューは1つもない。……と断言……したいところだが「さすがにコレを頼むヤツはいないだろ」と思わざるを得ないメニューが存在する。それが『黒門伊勢屋のわさびなす』だ。マジでコレ注文するヤツ0人だろ……!

・世の中に1人もいないハズ

スシローの魅力を一言で語るのは難しいが、バラエティ豊かなメニューがラインナップされていることもその1つに挙げられるだろう。海鮮系のにぎり寿司はもちろんのこと、フライドポテトも激ウマ! 麺類だってスイーツだってどれも美味しいのだ。

そういう意味で『黒門伊勢屋のわさびなす』がメニューとして存在することは構わない。しかもスシロークオリティなのできっと美味しいのだろう。だがしかし、数あるメニューの中からわざわざ『わさびなす』を注文する人は、世の中に1人もいないと疑わざるを得ない。

人間が食べられる量は決まっている。私、P.K.サンジュンは12皿と言ったところだが、その12皿は「究極の12皿」を選び抜いているつもりだ。生ハムを2つ行くべきか、生ハム1のえびアボカド1にすべきか……。そこに『わさびなす』が付け入る隙は1ミクロンたりともない。

「漬物だからチェイサー的に食べる人がいるのでは?」という意見もあることだろう。だがしかし、スシローにはガリがある。箸休めとして『わさびなす』を頼む必要はないのだ。これは本気で「スシローでわさびなす注文するやつマジ0人説」はあり得るのではなかろうか?

・広報に聞いた

というわけで、スシローの広報に連絡し、事の真相を尋ねてみることにした。以下でやり取りをご覧いただきたい。

──大変失礼ですが、私はスシローさんの『黒門伊勢屋のわさびなす』を注文する人がこの世にいるとは思えません。実際のところどうなのでしょうか?

「さ、さすがに0人では……」

──いや、0人だと思います。というか、他に優秀なメニューが多すぎますし、実際に店内でわさびなすを食べている人を見たことがありません。

「なるほど。確かに人気メニューではないかもしれませんが、一定の需要があることは確かです」

──需要がある……? 誰が注文するのでしょうか?

「スシローは老若男女、全てのお客様に喜んでいただけるメニュー開発を心がけています。わさびなすに関して申し上げますと、年配の方などには比較的人気があるメニューかと思います」

──おお……その枠があったか。年寄りが食べてるのか……。

「漬物自体も黒門伊勢屋さんのものを使用しておりますし、一定のご支持はいただいているのかと……」

──なるほど。正直、お年寄り客のことは想定していませんでした。でも20代30代でわさびなすを注文する人は0人ですよね?

「それもないかと思います(笑)」

結論から言うと『黒門伊勢屋のわさびなす』を注文する人は0人ではなかった。決して大人気メニューではないものの、年配の方を中心に一定の需要があるようだ。個人的には「1 / 12」にエントリーさせる気はないが、20年後くらいには考えも改まっているかもしれない。

ちなみに撮影用に初めて注文したわさびなすは、ただ漬物がのっているだけでなく、おかかを使用した小粋なネタであった。大人気メニューではなくても手は抜かない、スシローの強さを改めて思い知った次第だ。

参考リンク:スシロー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【飛ぶ】大人気で一時出荷休止の「檸檬堂」とストロングゼロを飲み比べてみた → 檸檬堂に恐怖した

2020年1月16日付けでコカ・コーラ ボトラーズジャパンが、同社初となるアルコール飲料「檸檬堂」シリーズの出荷を一時休止するという発表を行った。人気過ぎて生産が追い付かないのが理由だとか。これについては多くのメディアが報じたため、ご存じの方も多いだろう。

「檸檬堂」シリーズについては2019年5月28日の発売に先駆けて、ロケットニュース24でも報じ、度数5%の「定番レモン」をレビュー済み。それにしても一時出荷休止になるほどの人気だったとは凄い。そんなに美味いのか、他の人気なアルコール飲料と飲み比べてみようではないか。

・ストゼロ

今回「檸檬堂」の対戦相手として選んだのは、昨今ではストロング系アルコール飲料の代名詞的になりつつあるように感じる「ストロングゼロ」シリーズから、「196℃ ストロングゼロ ダブルレモン」(以下ストゼロ)をピックアップ。

ストゼロのアルコール度数は9度であることから、「檸檬堂」からも同じ度数の「鬼レモン」を選択。違う度数だと「度数が低いゆえに飲みやすい」的な、微妙すぎることになりかねないからである。

それではグラスに注ぎ、香りなどを確認してみようと思う。まずはストゼロから。

色も香りもまるでスポーツドリンクのようである。なんならアクエリアスやポカリスエットのボトルと中身を入れ替えられても、すぐには気づかない可能性すらあるレベル。

しかし味はさすがに違う。スッと軽く入ってくるが、後味にはやはりアルコール感が強く残る。原材料に含まれているウォッカの影響だろう。ダブルレモンとなっているが、レモンの味よりも舌に残るウォッカのアルコール感の方が強い気がする。「ウォッカをサイダーで割ってレモンを2、3滴」という感じ。

たくさん飲もうと思っても後味のアルコール感が、飲むペースにブレーキをかけてくれる。ちゃんと「酒を飲んでいる」という感覚が常にあるのだ。逆に言えば、口当たりから「酒を飲んでいる感」を強く味わえるともいえる。

・鬼レモン

続いて鬼レモンにいってみよう。「檸檬堂」シリーズは、山口県で作られているものと、埼玉県で作られているものが流通しているが、今回飲むのは山口県のもの

グラスに注ぐと、色がはっきりと黄色い。飲まなくてもレモンが入っていそうな感じがする。香りもレモン。缶には「レモン1.5個分の果汁」と書かれている。具体的に350ml中の何%がレモン果汁なのかはわからないが、レモンの香りはしっかりする。

味の方もレモンの主張はしっかりしている。そして何より

_人人人人人人人人人人人人_
> アルコール感が無ぇ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これは度数がどうとかいう話ではなく、アルコール特有のクドさというか、薬品感というか、そういうものがめちゃくちゃ希薄。そしてレモンと程よい炭酸。ほぼレモンスカッシュ的なそういう感じ。なるほど……確かにウマい。

ストゼロは材料にウォッカと明記されており、飲んだ感じも明らかにウォッカなのだが、鬼レモンはその辺りが不明だ。材料にもスピリッツとしか書かれていない。

どんなアルコールであるにせよ、相当にスムーズでヤバい。酒を飲んでいる自覚すらも希薄になってしまう。記事を書かなければならないのでストゼロは2口程度で済ませたが、鬼レモンはそうはいかなかった。

「ん? レモン感凄いな(ゴクゴク)」

「アルコール感もほとんど無いじゃないか(ゴクゴク)」

「缶チューハイでこのクオリティはヤバいわ(ゴクゴク)」

「マジでレモンジュースじゃない?(ゴクゴク)」

という感じで、気づいたら寝ていた。幸か不幸か、私はそんなに酒に強くない。酔って記憶を失くすとか、人格が変わるとかする前に寝てしまう体質。しかし、酒に強い方なら限界突破待ったなしだろう。どこまでも飛んでいける気がする

人気が出るのもうなずける。怖いですねこれは。口当たりとしてのアルコール感はせいぜい3%とか、それくらいの「ほぼジュース」みたいなチューハイと同等にしか感じなかった。

しかし実際には堂々の9%。いわゆるストロング系と同格。そしてもう一つ。鬼レモンの甘さはストゼロの甘さと質が違う。檸檬堂は、喉に張り付くようなバチバチの甘さではないところも美味い。

原材料を見るに、ストゼロがアセスルファムK、スクラロースと合成甘味料であるのに対し、鬼レモンは果糖ぶどう糖液糖。この違いだと思われる。値段的にも10円しか差はなかった(コンビニにてストゼロは税込み155円、鬼レモンは税込み165円にて購入)ので、これなら鬼レモンを買う。

今回の一次販売休止の報を受けて、「そんなに美味いなら飲んでおけばよかった」と残念に思った方も多いだろう。安心してほしい。TBSニュースによると、コカ・コーラボトラーズジャパンは1月最終週の出荷再開を目指しているそうだ。またすぐに飲めるだろう。

参照元:コカ・コーラ(pdf)、TBSニュース
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。