【日本の冬絶景】冬が創り出す宝石 ジュエリーアイスが見たい 東北海道の雪景色


北海道美幌峠

夢で見た風景 メルヘンの丘<北海道女満別>

北海道 メルヘンの丘

北海道 メルヘンの丘 女性

大空町女満別のゆるやかな丘陵地に連なる畑「メルヘンの丘」は、7本~8本のカラマツが立つ印象的な風景。畑にはジャガイモや小麦、豆、ビートなどが植えられ、四季折々自然に溢れた美しい姿を見せます。黒澤監督の映画「夢」に使用されたことから、人気スポットになりました。冬に雪で覆われ、真っ白に染まった風景は、絵本で見たような可愛らしさ。ふんわりと優しい印象ですが、冬はほぼ氷点下で極寒ですので、暖かくしてお出かけください。

メルヘンの丘

【降雪時期】例年10月下旬から4月下旬
参考 大空町観光振興計画
http://inbound-jp.info/wp-content/uploads/2016/06/c15512ed51bb6512e1cbb666fc32626d.pdf
【住所】〒099-2356 北海道網走郡大空町女満別昭和
【入場料】無料
【公式サイト】
一般財団法人 めまんべつ産業開発公社: 道の駅 メルヘンの丘
http://www.marchen-hill.com

氷平線を追いかけて べつかい氷平線<北海道野付半島>

べつかい氷平線 夕日 北海道 

べつかい氷平線 北海道 

道東の知床半島と根室の中間にある、日本最大の砂の半島「野付半島」。野付半島の内側の野付湾は、1月~3月中旬頃の厳冬期になると凍ってしまい、氷の大地が現れます。凍った白の大地と広がる真っ青な空。氷平線(ひょうへいせん)の果てまで、どこまでも歩きたくなりますね。ただし、海上なので、個人で歩くのは危険です。安全に楽しむためには、ガイド付きのツアーに参加しましょう。氷平線の景色の中で写真を撮る時のウェアは、黒や紺だと地味目、白だと雪景色に消えてしまいます。ピンクやオレンジなどのカラフルな色や派手目なものが映えますよ。

べつかい氷平線(ひょうへいせん)

【結氷時期】例年1月中旬~3月上旬ごろ
その年の結氷状況によります
【住所】〒086-1645 北海道野付郡別海町野付63
【入場料】ガイドツアー参加 詳細はサイトをご確認ください。
http://betsukai-kanko.jp/ice-horizon/
【公式サイト】
べつかい氷平線【公式】|別海町観光協会
http://betsukai-kanko.jp/ice-horizon/
野付半島ネイチャーセンター ツイッター
https://twitter.com/notsuke_nc

https://youtu.be/C4Dd_eQEvUI
別海町プロモーション2018/ひがし北海道トラベル

冬が創り出す宝石 ジュエリーアイス<北海道豊頃町>

ジュエリーアイス 北海道

ジュエリーアイス 北海道1

北海道の厳寒が作り出す、氷の宝石「ジュエリーアイス」。太平洋に流れ出た十勝川の氷が海岸に打ち上げられ、波にもまれるうちに角が取れて、透明なクリスタルのような氷になったもの。1月中旬~2月下旬頃まで、豊頃町大津にある十勝川河口付近の砂浜で見ることができますが、自然の条件が重なってできるものなので、お出かけ前には公式サイトなどで、状況を確認された方が良いでしょう。

ジュエリーアイス

【結氷時期】例年 1月中旬~2月下旬頃
【住所】〒089-5461 北海道中川郡豊頃町大津元町
【入場料】各種ツアーあり。
【公式サイト】ジュエリーアイス 豊頃町
https://www.toyokoro-kankoh.com

https://youtu.be/LGJ7RgaI-Cw
美しすぎるジュエリーアイス 北海道豊頃町 Jewelry Ice@Ohtsu Coast/ジュエリーアイスJewelry Ice/豊頃町観光協会

写真提供:プライムロード ひがし北・海・道  

あなたのこころをふんわり包む雪景色、日本の冬絶景。今の時期にしか出逢えない風景ですから、温かい格好で防寒して、ぜひ訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年12月現在のものになりますので、詳細につきましては、公式サイトで確認または開催団体へ直接お問い合わせください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

マサイ族の戦士に「どの国のどんな料理が食べたい?」と聞いてみたら意外な答えが返ってきた / マサイ通信:第397回

スパ! 日本もそうだと思うけど、ケニアのコロナ、まじヤバイ。新規感染者は、常に日本よりチョイ多いくらいだ。こりゃ元に戻るのは相当先だぞ。外国人がケニアに来れるようになるのも相当先だ。いつになることやら……。

そんななか、日本のゴー(羽鳥)が、こんなことを聞いてきた。「なあルカ、どの国のどんな料理が食べたい?」と。聞けばゴーは、イタリアに行って、本場のピザが食べたいそうな。行けるのは、いつになることやら……だが、考えるだけなら今でもできる。そうだな、オレは……

まず、アメリカに行きたい。そしてアメリカ料理が食べたい。具体的には、アメリカの牛肉の料理が食べてみたい。でも、アメリカと同じくらいに行きたいのは、日本だ。そして、日本で食べてみたいのは……

日本の野菜だ。

こうオレが答えると、ゴーは「えっ?」と聞き返してきた。何度も言わせるな。オレが日本で食べたいのは「日本の野菜」だ。オレは野菜が好きなんだ。そして、日本の野菜はメチャうまいと確信しているのだ。

なぜオレがこう考えるようになったのかというと、ずばり、ゴーがたまにFacebookに投稿する料理の写真(キッチンはとり)だ。どれもこれも美味そうなんだが、とりわけ野菜が美味そうでな。

特に強く印象に残っているのは「サラダ」の写真だ。ありゃ絶対に美味いに決まっている。日本には、こんな美味そうな野菜がたくさんあるんだろうなぁ……って思いながら「いいね」を押しているよ。

ちなみにオレが好きな野菜はキャベツだ。ゴーと一緒にキマナに行った時も、まずオレはキャベツを買った。そのくらいキャベツが好きだ。なにげに記事にもなっているから要チェキな。

きっと日本のキャベツも美味いんだろう。いつか行ってみたいよ、日本に。そして、日本のキャベツを食べてみたい。いいや、野菜全般を食べ尽くしたい。オレは本当に野菜が好きなんだ。オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【飛ぶ】大人気で一時出荷休止の「檸檬堂」とストロングゼロを飲み比べてみた → 檸檬堂に恐怖した

2020年1月16日付けでコカ・コーラ ボトラーズジャパンが、同社初となるアルコール飲料「檸檬堂」シリーズの出荷を一時休止するという発表を行った。人気過ぎて生産が追い付かないのが理由だとか。これについては多くのメディアが報じたため、ご存じの方も多いだろう。

「檸檬堂」シリーズについては2019年5月28日の発売に先駆けて、ロケットニュース24でも報じ、度数5%の「定番レモン」をレビュー済み。それにしても一時出荷休止になるほどの人気だったとは凄い。そんなに美味いのか、他の人気なアルコール飲料と飲み比べてみようではないか。

・ストゼロ

今回「檸檬堂」の対戦相手として選んだのは、昨今ではストロング系アルコール飲料の代名詞的になりつつあるように感じる「ストロングゼロ」シリーズから、「196℃ ストロングゼロ ダブルレモン」(以下ストゼロ)をピックアップ。

ストゼロのアルコール度数は9度であることから、「檸檬堂」からも同じ度数の「鬼レモン」を選択。違う度数だと「度数が低いゆえに飲みやすい」的な、微妙すぎることになりかねないからである。

それではグラスに注ぎ、香りなどを確認してみようと思う。まずはストゼロから。

色も香りもまるでスポーツドリンクのようである。なんならアクエリアスやポカリスエットのボトルと中身を入れ替えられても、すぐには気づかない可能性すらあるレベル。

しかし味はさすがに違う。スッと軽く入ってくるが、後味にはやはりアルコール感が強く残る。原材料に含まれているウォッカの影響だろう。ダブルレモンとなっているが、レモンの味よりも舌に残るウォッカのアルコール感の方が強い気がする。「ウォッカをサイダーで割ってレモンを2、3滴」という感じ。

たくさん飲もうと思っても後味のアルコール感が、飲むペースにブレーキをかけてくれる。ちゃんと「酒を飲んでいる」という感覚が常にあるのだ。逆に言えば、口当たりから「酒を飲んでいる感」を強く味わえるともいえる。

・鬼レモン

続いて鬼レモンにいってみよう。「檸檬堂」シリーズは、山口県で作られているものと、埼玉県で作られているものが流通しているが、今回飲むのは山口県のもの

グラスに注ぐと、色がはっきりと黄色い。飲まなくてもレモンが入っていそうな感じがする。香りもレモン。缶には「レモン1.5個分の果汁」と書かれている。具体的に350ml中の何%がレモン果汁なのかはわからないが、レモンの香りはしっかりする。

味の方もレモンの主張はしっかりしている。そして何より

_人人人人人人人人人人人人_
> アルコール感が無ぇ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これは度数がどうとかいう話ではなく、アルコール特有のクドさというか、薬品感というか、そういうものがめちゃくちゃ希薄。そしてレモンと程よい炭酸。ほぼレモンスカッシュ的なそういう感じ。なるほど……確かにウマい。

ストゼロは材料にウォッカと明記されており、飲んだ感じも明らかにウォッカなのだが、鬼レモンはその辺りが不明だ。材料にもスピリッツとしか書かれていない。

どんなアルコールであるにせよ、相当にスムーズでヤバい。酒を飲んでいる自覚すらも希薄になってしまう。記事を書かなければならないのでストゼロは2口程度で済ませたが、鬼レモンはそうはいかなかった。

「ん? レモン感凄いな(ゴクゴク)」

「アルコール感もほとんど無いじゃないか(ゴクゴク)」

「缶チューハイでこのクオリティはヤバいわ(ゴクゴク)」

「マジでレモンジュースじゃない?(ゴクゴク)」

という感じで、気づいたら寝ていた。幸か不幸か、私はそんなに酒に強くない。酔って記憶を失くすとか、人格が変わるとかする前に寝てしまう体質。しかし、酒に強い方なら限界突破待ったなしだろう。どこまでも飛んでいける気がする

人気が出るのもうなずける。怖いですねこれは。口当たりとしてのアルコール感はせいぜい3%とか、それくらいの「ほぼジュース」みたいなチューハイと同等にしか感じなかった。

しかし実際には堂々の9%。いわゆるストロング系と同格。そしてもう一つ。鬼レモンの甘さはストゼロの甘さと質が違う。檸檬堂は、喉に張り付くようなバチバチの甘さではないところも美味い。

原材料を見るに、ストゼロがアセスルファムK、スクラロースと合成甘味料であるのに対し、鬼レモンは果糖ぶどう糖液糖。この違いだと思われる。値段的にも10円しか差はなかった(コンビニにてストゼロは税込み155円、鬼レモンは税込み165円にて購入)ので、これなら鬼レモンを買う。

今回の一次販売休止の報を受けて、「そんなに美味いなら飲んでおけばよかった」と残念に思った方も多いだろう。安心してほしい。TBSニュースによると、コカ・コーラボトラーズジャパンは1月最終週の出荷再開を目指しているそうだ。またすぐに飲めるだろう。

参照元:コカ・コーラ(pdf)、TBSニュース
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。