海老が “ぶりんっ!” 絶品「海老ワンタン醤油らぁ麺」の秘密を店主に聞いた / ラーメン屋が推すラーメン屋(2)『中村麺三郎商店』

おいしいラーメン屋さんはプロに聞いてしまおう──という、他力本願はなはだしい企画「ラーメン屋が推すラーメン屋」、第2回は神奈川県相模原市の『中村麺三郎商店』を訪れた。

同店は2016年にオープンするやいなや瞬く間に行列店となり、今では県外にもその名を轟かせる新星……いや、もはや神奈川を代表する巨星だ。そんな注目の店を訪問することになったのは前回、『支那そばや 本店』が推したことから。

・『支那そばや』が推す『中村麺三郎商店』

『支那そばや 本店』といえば、言わずと知れたラーメンの鬼・佐野実氏が創業した名店。その “鬼” と同じ舌の感覚を養うべく、365日 佐野氏と同じ食事をとり続けたという妻のしおりさんは前回、次のように語っていた。

佐野しおりさん「初めて『中村麺三郎商店』のワンタンメンを食べたときは「うわぁ! 旨っ!!」と感動しました。スープの奥行きとキレ。大好きな醤油感。とにかく美味しかったですね~」

ここまで絶賛するならば、と筆者(ショーン)は期待に胸を膨らませ、相模原市にある淵野辺(ふちのべ)駅へと降り立った。そこから歩くこと5分、少しうら寂しい道沿いに客がひっきりなしに出入りする店が目につく──『中村麺三郎商店』だ。

訪れたのは平日の14時ごろ。ランチタイムはとうに過ぎた時間帯にも関わらず、店内をのぞくと満席状態。周辺には大学キャンパスが点在することからさぞや腹を空かせた学生が多いのだろうと思ったが、見渡してみると家族連れからお年寄りまで、その客層に厚さに驚いた。

 

・サプライズが連発「海老ワンタン醤油らぁ麺」

今回、注文したのは「海老ワンタン醤油らぁ麺(1100円)」。クリアな醤油スープにチャーシュー(肩ロース・バラ)、肉厚なメンマ、そして海老ワンタン3つがひしめき合っていて、麺が見えないほど。

その麺を引っ張り出してみると……おお~綺麗な細い平打ち麺がお目見え……

って……麺、長ッ!! 

どのぐらい長いのだろうと目の高さまで持ち上げてみたが、それでも “終わり” が見えないほど。肺活量を総動員して思い切りすすっても、案の定 “すすりきる” ことはできず……。その代わり、なめらかでコシのある麺が口いっぱいに満たされることになり、ウ~ンただただ幸せ。

スープはその透明感ある見た目とは裏腹にかなり奥深い味わい。鶏など動物性の力強い旨味が舌先に切り込み、シャープなカエシ(醤油)がすっきりと喉越しバツグン。“濃厚で始まり、あっさりで終わる” というある種の矛盾をはらんでいて、噂通り感動を覚える美味しさだ。

この時点で「ああ、こんな店が近所にあったら……」と相模原市民に強い嫉妬を覚えたが、肉厚なチャーシューを食べたときには そんな卑しい気持ちが吹き飛ぶほどクラクラきた。噛んだ瞬間にジュンワ~ッと肉汁があふれ、パサつきなどは微塵(みじん)たりとも感じないジューシーさ。もはや主役級のウマさだ。

と、ここで後回しにしていた真の主役ワンタンだが、正直に告白すると私はラーメン屋で「ワンタン麺」を頼んだことはない。中華街がある横浜市で育った私からすれば、ワンタンは中華料理屋で食べるもの。しょせんラーメン屋で出されるワンタンなんて……と期待せずにチュルッと食べてみたら──

\ 海老「ぶりんっ!!」 /

海老が……しゃべった?

「噛んだら “ぷり” ってカワイイ音を立てるかな。もしかしたら “ぷりぷり” って2回鳴らすかもしれない」と思っていたが、まさか野太い “声” でハッキリ「ぶりんっ!!」としゃべり出すとは思わなんだ。しかも激しく美味いじゃないか、コレ……!

 

・店主・中村健太郎さんにインタビュー

海老ぞりになるほど衝撃を受けたので、店主の中村健太郎さんに任意の事情聴取(インタビュー)を申し出たところ、「昼の営業時間を終えた後なら」と快く応じてくれた。

──今回、『支那そばや』さんの “推し” で初訪問させていただきました。

「恐縮です。お客さんから美味しいと言われるのはもちろん嬉しいですが、同業者から、しかも佐野さんから評価されるのはホント嬉しいですね」

──いきなり素朴な疑問ですが、店名の「中村麺三郎」にはどういう意味が?

「深い意味はないですが、自分、三男なんですよ。で、名前が健太郎でラーメン屋なので “麺三郎” です(笑)」

──なるほど! 2016年(当時29歳)にオープンされましたが、それまでの経歴は?

「19歳から飲食業界に飛び込みました。最初は5年半ほど、東京・溜池山王にある中国料理店『聘珍楼(へいちんろう)』で修行していました」

──(ガタッ)へ! へ、へへ……聘珍楼……!?

ご存じない方のために説明すると、『聘珍楼』は横浜中華街に本店を置き、創業130年以上を誇る日本最古の中国料理店だ。中華街でも指折りの “超高級” 料理店に入る。中村店主は、その支店(溜池山王 聘珍楼)で修行を積んでいたというワケだ。

──じゃあ、あの海老ワンタンは……

「あの海老には丁寧な下ごしらえをしていますが、『聘珍楼』で学んだものが全て詰まっています。もう、数えきれないほどワンタンを作ってきましたからね」

──まさか本格的な中国料理店仕込みのワンタンだったとは……! どうりで海老がぷりぷり、いや “ぶりんっ!!” なワケですね。ワンタンもさることながら、「長い麺」も特徴的でした。

「 “すする楽しさ” を味わって欲しくて、あえて長くしてあります。やっぱり麺って他の店と差別化しやすいですし、スープと同じぐらい個性を出しやすいと思いますから」

──そのラーメンを修行したのは『麺の坊 砦(東京・渋谷)』だそうですね。

「『聘珍楼』で5年半ほど修行した後、『砦』でも5年ほど修行しましたね。一時は店長も務めていました」

──『砦』さんといえば「とんこつ」ですが、ご自身が作られるスープは「清湯」「白湯」とあっさりなスープがベース。

「ありがたいことに『砦』にいた当時、限定ラーメンを作る機会をたびたび得られたので色んな味に挑戦していたのですが、試行錯誤した結果「清湯」「白湯」は “可能性” があるな、と。醤油ラーメンはもちろん、担々麺や酸辣湯麺、煮干し系などにもアレンジがきくんです。今の味はオープン当初と比べてだいぶ変わりましたが、基盤となる味は『砦』時代に培いました」

──修行時代から “自分の味” を追求──つまり「独立する」という野心がおありだったんですね?

「もちろんです。『聘珍楼』も『砦』も修行時代は本当につらかったですが、「独立」という目標があったからこそ頑張れました。ハッキリ言って、ラーメン屋は開店するまでが一番シンドイですよ。……と、思ったら開店してからもシンドイですが(笑)」

──今でも “研究” とかで、他のラーメン店へ行ったりするのですか?

「研究というよりは、決まった店へ定点観測的に食べに行ったりしますね。自分もそうですがラーメン屋は日々、味を少しずつ進化させていますから、それをチェックするために食べに行きます。逆に新店開拓はあまりないですね」

──”玄人的” なラーメンの楽しみ方ですね。

ラーメンって、味に作り手の人柄が出るから面白いんですよ! 味でなんとなくわかります、”ああ、店主はこういう人なんだろうな” とか。味が変わると努力の跡も見て取れます。やっぱり、ラーメンが1つの料理として認められミシュランにも選定されるような時代にあるからこそ絶対に手を抜いてはいけない。他店の味を確かめることで、そういうモチベーションにもつながります」

・次回予告『中村麺三郎商店』が推すラーメン屋は……?

──そんな中村さんが “推す” ラーメン屋、教えてください!

「神奈川県横浜市にある『〇〇〇〇〇〇〇』ですね。「塩ラーメン」をリニューアルしたと聞いたので、この前 食べに行ってみたら “塩とスープの力強さ” が前にも増してスゴイな! って思いました」

──ありがとうございました! 行ってきます!

 

聞くと、中村店主に “強い影響” を与えた店主が営むという、このお店。果たして『中村麺三郎商店』が推すラーメン屋とは? 次回をお楽しみに。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 中村麺三郎商店
住所 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-37-23
時間 11:30~15:00 / 18:00~21:00(月・木・金・土・日)、11:30~15:00(火)
休日 水曜

参考リンク:Twitter @n_menzaburou、Instagram @n_kentarou0625
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

品川で1日デートプラン!友達以上恋人未満の女の子と

新幹線が止まり、たくさんの企業が集まる品川。ビル街だけだと思いきや、ちょっと大人なデートが楽しめるスポットがたくさんあるのはご存じでしょうか?

いつもより、場所も値段も背伸びしたい人にぴったりな、品川デートプランをご紹介します。

 

リュクス ダイニング ハプナでおいしいランチをお腹いっぱい

品川デートは、品川駅の高輪口からはじめましょう。品川プリンスホテル内にある「リュクス ダイニング ハプナ」は好きなものを好きなだけ食べられるブッフェレストラン。

朝食(宿泊者優先・予約不可)・昼食・夕食の三食で展開されており、季節ごとに違ったメニューを楽しめるのが大きな魅力。

ランチの目玉はカニとローストビーフ、そして、美味しすぎるデザートです。これらを目当てに毎日たくさんのお客さんが訪れ、週末は予約が取りづらいそうです。

ローストビーフは目の前で切って出してくれるので、ソースをつけて完成です。

カニはハサミで足を一本ずつ切り、ポキッと真っ二つに手で割ります。グッと引っ張って身を取り出すか、カニフォークで身を削り出します。ハサミとカニフォークはカニの近くにあるので、1つずつ持って席へ戻りましょう。

店内は天井がガラス張りになっており、日差しがたっぷり降り注ぎ開放的な造りとなっています。

エリアごとにたくさんの料理が並んでいて、一流シェフが腕を振るって作っているため、一つひとつが感動するレベルの美味しさ。ブッフェというと「元取らなきゃ!」と思う方も多いですが、「リュクス ダイニング ハプナ」のブッフェは質がかなり高いので、デートにもってこいです。

素敵なレストランでのコース料理も良いですが、美味しいものを好きなだけ食べられるのはブッフェならでは。事前に公式サイトの予約画面で予約をしてから向かいましょう。

■詳細情報
・名称:LUXE DINING HAPUNA
・住所:〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル メインタワー1F
・地図:

・アクセス:品川駅高輪口から徒歩約3分
・営業時間:モーニングは6:00〜10:00(宿泊者優先・予約不可)、ランチは11:00〜15:00、ディナーは17:30〜22:00
・定休日:なし
・電話番号:03-5421-1114(予約は9:30〜20:00まで)
・料金:モーニングは2,500円、ランチは4,100円(土日祝日は4,300円)ディナーは6,200円(土日祝日は6,700円)※各料金は時期によって大きく変わります。消費税込、サービス料10%別
・公式サイトURL:https://www.princehotels.co.jp/shinagawa/restaurant/contents/hapuna/

 

マクセル アクアパーク品川で光と生き物の融合を楽しむ

お腹いっぱいになったら、観光の時間。品川プリンスホテル内にあるアクアパーク品川は、音・光・映像、生き物たちが融合して作り出す、最先端の施設です。

入り口すぐには2つの有料アトラクションが。キラキラ装飾されていてとても綺麗です。下の段真ん中のフロアマップはタッチパネルで動くようになっていて、とても便利。おしゃれなアクアパークです。

施設内では季節ごとに特別展示も行われており、訪れたときは「NAKED 花火アクアリウム」という夏のイベントが行われていました。縁日をイメージしたエリアには水槽の前に太鼓が置いてあり、特別プログラム中に太鼓を鳴らすとその生き物にぴったりな花火が打ち上がります。

イルカショーは、昼の部は和太鼓や三味線の音楽で、夜の部は花火と共に楽しめる仕様に。

幻想的な体験ができるクラゲのエリアは、花火の音で水槽の色が代わり、クラゲがいろんな色に彩られるのが楽しめます。

そのほかにも、ペンギンやカワウソ、アシカやエイなど、かわいい動物たちとも出会えるので、まさにデートにぴったり。

お土産はクッキーやチョコレートなどが人気だそうですが、女性が一番手にとっていたのがこのコースター。珪藻土になっており、水滴が垂れてもすべて吸収してくれるのでとても使いやすいんです。柄もたくさんあるので、あなたのセンスでプレゼントをするのもアリですね。

■詳細情報
・名称:マクセル アクアパーク品川
・住所:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
・地図:

・アクセス:品川駅高輪口から徒歩2分
・営業時間:10:00〜22:00(最終入場21:00) ※ 時期により異なる
・定休日:なし
・電話番号:03-5421-1111
・料金:大人2,300円(アトラクションは各500円)
・公式サイトURL:http://www.aqua-park.jp/

 

T・ジョイPRINCE品川のペアシートで距離を縮める

アクアパーク品川で思う存分楽しんだら、隣の映画館でもっと二人の仲を近づけてみませんか?

アクアパーク品川の真隣にあるT・ジョイPRINCE品川には、二人掛けシート(以下ペアシート)があります。ペアシートは両端に設置されており、二人のプライベート空間が楽しめるようになっています。

さらに、真ん中の肘掛を上げて場所を広く使うこともできるので、より二人の密着率が上がるという仕組み。このペアシートは追加料金が掛からないものの、席数が限られているので事前予約を忘れずにしておきましょう。

さらに、こちらのT・ジョイPRINCE品川には、大迫力で楽しめるIMAXデジタルシアターや、座席が一席ずつ区切られている座り心地抜群のプレミアシートなどもあるので、なんども訪れたくなりますね。

■詳細情報
・名称:T・ジョイPRINCE品川
・住所:東京都港区高輪4-10-3- アネックスタワー 3F 品川プリンスホテル
・地図:

・アクセス:品川駅高輪口から徒歩4分
・定休日:なし
・電話番号:03-5421-1113
・料金:1,800円(その他価格は公式ホームページの料金表をチェック)
・公式サイトURL:https://tjoy.jp/tjoy-prince-shinagawa

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【そう来たか】ロッテリア、てりやきバーガーを超えた『超てりやきバーガー』を発表するも超え方が予想外 / まさかの〇〇増量だった

超サイヤ人を超えた超サイヤ人がいるように、てりやきバーガーを超えたてりやきバーガーもまた存在するらしい。ロッテリアが2020年2月13日より期間限定で発売する、その名も『超てりやきバーガー』だ。うむ、かなりそのまんまな名前である。

では一体どこがどう超えているのか? 普通だったらパティの質や量が上がったんじゃないかと想像するところだが、この『超てりやきバーガー』に関してはなかなかトリッキーな動きを見せているので注意が必要だろう。まさか、〇〇が増えるとは……。

・なにが『超』なのか

てりやきバーガー自体は各社販売しているが、カギを握るのはやはりソースである。ロッテリアのてりやきは、1987年から続くオリジナルの特製「てりやきソース」を使用しているとのこと。来たる2月13日より、このソースを使った新商品が5つ発売されるそうだ。

濃厚なたまり醤油とまろやかな甘みが特長の三温糖に、オイスターソースを隠し味として加えたオリジナル「てりやきソース」。『超てりやきバーガー』にはこの「てりやきソース」がなんと、通常の約1.5倍入っているという!

…………。

お、おう……。

・まさかのソース

としか言いようがない。ちなみに資料を読む限り、それ以外は完全に普通の『てりやきバーガー』である。マジかよロッテリア……ソースが1.5倍になっただけで『超てりやきバーガー』なのかよ。いくらなんでも『超』の荷が重すぎるだろ。

フリーザ戦における通常悟空と、超サイヤ人悟空との戦闘力の差を知らんか? ソースが増えたくらいでは到底埋まらんのじゃあ。予想外すぎるロッテリアの一手に戸惑いを隠せないが、気になるのは果たしてこれでいくら取るのか? という点ではないか。そこで調べてみたところ、なななんと……!

お値段変わらず税抜280円だった。

な~んだ! ってことはつまり、いつもの『てりやきバーガー』のソースが無料で1.5倍になるワケだね。よかった~と思うと同時に、この商品に『超てりやきバーガー』と名付けるロッテリアの独特すぎるセンスにも脱帽である。なかなかできることではないぞ。

・来月発売

『超てりやきバーガー』は2月13日から3月中旬までの限定販売を予定されている。何はともあれ、てりやきソースが無料で増量されるのはありがたいよな。読み方が「ちょう」なのか「スーパー」なのかは最後までイマイチ分からなかったが、覚えておいて損はないだろう。

参照元:ロッテリア
執筆:あひるねこ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。