パティシエ自慢のイチゴスイーツが並ぶ「丸ノ内ホテル ストロベリーフェア」

イチゴを贅沢に使ったスイーツが全12種

「丸ノ内ホテル ストロベリーフェア」の期間中は、パティシエが腕によりをかけ、イチゴを贅沢に使ったスイーツを全12種類ご用意。

カフェタイムに好評のアフタヌーンティーセットも、フェアメニューのひとつとしてイチゴをふんだんに使って仕上げました。ランチタイムからディナータイムまで、パティシエ自慢のイチゴスイーツとともに、甘く幸せなひとときが過ごせますよ。

イチゴスイーツがたっぷり味わえる「アフタヌーンティーセット」

アフタヌーンティーセット


イチゴの魅力あふれるアフタヌーンティー。パティシエが趣向を凝らしたイチゴのスイーツを、2段のティースタンドに盛り合わせました。香り高い紅茶のセレクションとともに、ご堪能ください。

「アフタヌーンティーセット」
イチゴのタルトレット/ココア風味のマドレーヌ/イチゴのモンブランシュー/チョコレートプリン/イチゴのムース/ショコラロール/イチゴのジェラート/プレーンスコーン/本日のスムージー/ミルクパンとコールドビーフのサンドイッチ/カリフラワーのフラン/フルーツと生ハムのピンチョス/ベリーのロールサンド/ミニサラダ/旬のジャム/クロテッドクリーム

ストロベリーフェアで楽しめるスイーツメニュー

●ストロベリーのショートケーキ
口どけの良さにこだわった自家製スポンジケーキに、イチゴの甘酸っぱい美味しさが引き立つ、シンプルながら味わい深いスイーツ。生クリームの甘さと絶妙なバランスをじっくり堪能ください。

●ストロベリーパフェ(プレーン/チョコレート)
見た目も美しいイチゴが主役のパフェを2種類ご用意。「プレーンパフェ」は、丸の内はちみつのカステラに、ヨーグルトやコーンフレークをイチゴと合わせました。「チョコレートパフェ」は、チョコチップの食感やチョコレートソースが、イチゴの美味しさを引き立てます。


ストロベリーパフェ(プレーン/チョコレート)

●ストロベリータルト
イチゴとフランボワーズをふんだんに使用し、上品な味わいのカスタードクリームと合わせた、彩り豊かなタルトです。タルト生地のサクサク感とフルーツの食感を味わってください。

●アソートプレート
フェアメニューが一度に楽しめる「アソートプレート」をご用意。ショートケーキ、タルト、ミルフィーユ、パリブレスト、ゼリーの5種を盛り合わせました。多彩なスタイルが味わえる、イチゴ好きにはたまらない一皿です!


アソートプレート

 

ストロベリーゼリー テリーヌ仕立て


ストロベリーシェイク
 

<ストロベリーフェア メニュー>
ストロベリーのショートケーキ    1,416円
ストロベリーパフェ(プレーン)    1,997円
ストロベリーパフェ(チョコレート)  1,997円
ストロベリーの食べ比べ!      1,416円
(2品種のイチゴを、練乳、和三盆糖、チョコレートソースなどをつけてお召し上がりいただけます)
ストロベリーミルフィーユ      1,416円
ストロベリーを添えたパリブレスト  1,416円
ストロベリータルト         1,416円
ストロベリーゼリー テリーヌ仕立て 1,416円
ストロベリーティラミス       1,416円
アソートプレート          2,420円
 ※上記各メニュー共、605円の追加料金でワンドリンクが付きます。
ストロベリーシェイク         968円
アフタヌーンティーセット   1名様 4,000円

※表示価格には、サービス料(10%)、消費税が含まれます。
※天候、仕入れ状況の変化によりメニュー内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※写真は全てイメージです。

 

丸ノ内ホテル ストロベリーフェア
期  間:2020年1月11日(土)~2020年3月31日(火)
店  舗:丸ノ内ホテル8階 フレンチレストラン「ポム・ダダン」
所 在 地:東京都千代田区丸の内1-6-3
提供時間:11:30~22:00(L.O. 21:30)
     ※アフタヌーンティーセットのみ 14:00~ 最終入店16:00
予約・お問合わせ 03-3217-1117(ポム・ダダン 直通)
丸ノ内ホテル公式サイト

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

そごう大宮店「パンフェスタ」全国から人気の高級食パンや総菜パンが大集合!

東西のパンを食べ比べ!あなたはどっち派?【東 編】

<東京>【俺のBakery】銀座の食パン~香~


「銀座の食パン~香~」1本(2斤) 1,001円

初登場<東京>【旬熟成】熟成ローストビーフサンド ※後半限定


「熟成ローストビーフサンド」1パック 981円【実演】

初登場<山梨>【コーナーポケット】八ヶ岳のメープルパン ※前半限定


「八ヶ岳のメープルパン」1本 908円

東西のパンを食べ比べ!あなたはどっち派?【西 編】

初登場<大阪>【髙匠】湯種食パンTokyo Rich


「湯種食パンTokyo Rich」1本(2斤) 850円

初登場<京都>【かわ瀬】だし巻き玉子サンド ※前半限定


「だし巻き玉子サンド」1折 600円【実演】

<福岡>【オスピターレ】スフォリアテッラ


「スフォリアテッラ(プレーン・チョコレート)」1個 各301円
「スフォリアテッラ(ピスタチオ)」1個 各381円 【実演】

日替わりで出店!お目当てはどちら?限定販売のパン

初登場<大阪>【帝塚山 ぱん士郎】本食パン


11月13日(水)~17日(日)限定 ※各日正午からの販売
「本食パン」1本 896円 各日限定200本 ※おひとりさま2本限り

<東京>【高級食パン専門店あずき】AZUKI食パン


11月13日(水)・19日(火)・26日(火)限定 ※各日午後2時からの販売
「AZUKI食パン」1本 1,250円 各日限定120本 ※おひとりさま2本限り

<東京>【考えた人すごいわ】魂仕込


11月16日(土)・17日(日)限定 ※各日午後2時からの販売
【東京】考えた人すごいわ/魂仕込(1本・2斤)/1,080円/各日限定105本 ※おひとりさま2本限り

<栃木>【ブルーベリーブレッド】


11月14日(木)・21日(木)限定 ※各日午後2時からの販売
「ブルーベリーブレッド」1本 640円 各日限定108本 ※おひとりさま2本限り

<東京>【高級食パン専門店 嵜本】極生“ミルクバター”


11月18日(月)限定 ※各日午後2時からの販売
「極生“ミルクバター”食パン」1本 951円 各日限定100本 ※おひとりさま2本限り

<東京>【麺麭食礼賛by recette】姫様の生食パン プレーン


11月20日(水)・21日(木) ※各日午後2時からの販売
「姫様の生食パン プレーン」1本 981円 各日限定80本 ※おひとりさま2本限り

<東京>【麺麭食礼賛by recette】姫様の生食パン キャラメルアーモンド


11月15日(金) ※午後2時からの販売
「姫様の生食パン キャラメルアーモンド」1本 1,121円 各日限定80本 ※おひとりさま2本限り

味わい豊かな個性派食パンに大注目!

<栃木>【シェレンバウム】あん生食パン ※前半限定


和菓子職人の自家製つぶあんは程良い甘さで、豆乳クリーム入りのもちもち生地と相性抜群!
「あん生食パン」1個 400円

<栃木>【金谷ホテルベーカリー】ゴールデンレーズンブレッド ※後半限定


ヒマワリの種とゴールデンレーズンを練り込んだココア生地のパン。豊かな味わいが楽しめます。
「ゴールデンレーズンブレッド」1本 864円

<京都>【グランマーブル】祇園辻利抹茶あん ※後半限定


京都の人気店のデニッシュ。和の食材を生かした逸品です。
「祇園辻利抹茶あん」1本(1斤) 1,404円

 
※地元産以外の原材料を使用している商品もございます。
※酒類を除いた飲食料品は、本体価格に8%の消費税額を加えた「お支払い総額(税込価格)」となっております。ただし、レストラン、店内のテーブル、カウンターでご飲食される場合は10%の消費税率となります。
※数に限りのある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※写真と実物では色・素材感など異なる場合がございます。
※交通事情、天候などにより商品の変更、または販売中止となる場合がございます。
※掲載写真は盛り付け例です。また調理例なども含まれておりますのでご了承ください。
※器など撮影小物は、商品には含まれません。
 

そごう大宮店 パンフェスタ
会  期:11月13日(水)~26日(火)
     【前半】11月13日(水)~19日(火)
     【後半】11月20日(水)~26日(火)
会  場:そごう大宮店 7階 催事場
     ※最終日は当会場のみ午後4時閉場

そごう大宮店
住  所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2
営業時間:10:00~20:00
公式サイト

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【現場レポ】JR両国駅 “幻の3番ホーム” で「熱燗とおでん」を楽しむイベントに参加した結果 → カオスに飲み込まれた / 上級者に見た “攻略法” とは

結論から言うと「お酒は楽しい気分にさせてくれるが、飲みすぎると人をダメにする」──この誰もが知るオトナの常識を再確認させられる体験だった。

私はただ、ちょっとした “非日常” とおいしいお酒を味わいたくて そのイベントに参加したのだが……まさか非日常を通り越して 混沌(カオス)に身を置くことになるとは。振り返ってみるとなかなかに楽しい経験だったので、その模様をお伝えしたい。

・JR両国駅 “幻の3番ホーム”

私が参加したイベントは『第2回 おでんで熱燗ステーション』(※期間限定イベント / 現在は終了)。その名の通り「おでん」と「熱燗」を楽しむ催しなのだが、特筆すべきはその開催場所──東京・墨田区にあるJR両国駅 “幻の3番ホーム” なのだ。

「3番ホーム」は普段、臨時列車しか止まらず、基本的に立ち入ることもできないため “幻の3番ホーム” と呼ばれているとのこと。そんなマル秘スポットが、おでんと熱燗が供される “会場” として特別に解放されたというワケだ! ザッツ・非日常。

指定された時間に会場の入り口に着くと長蛇の列。ちなみに参加費は前売り券2500円 / 当日券3000円で、50分の入れ替え制だ。

無事にチェックインを済まし、ホームへ上がるとすぐさま係員からトレーを手渡される。

トレーに入っていたのは、以下の4点。

・おでん用の器
・熱燗用のおちょこ
・日本酒の試飲チケット(10枚つづり)
・お箸

何を隠そう、このアイテムの一部がのちにカオスを引き起こす原因となるのだが、とにもかくにも準備が整ったので、宴(うたげ)スタート!

 

・まずは「おでん」を受け取る

まずは、ホーム入口の近くに「おでんブース」があるので、そこで紀文の「ご当地おでん(レトルトパック)」5種類から1品 受け取る(※おでん代は参加費に含まれる)。

おでんを受け取ったら、会場内に設置されているテーブルにトレーを置いて “場所取り” をしよう。

無事に自分の “陣地” をテーブルに確保できたら、ココでおでんを食べながら調達した熱燗(※後述)を立ち飲みするスタイルである。ちなみに、おでんはアツアツ状態で普通に美味しい。最近はファミリーマートのおでんもレンチンになったが、こういうので十分だな。

 

さて、肝心な酒(熱燗)である。

 

・「熱燗」はチケットと引き換えに

前述したように、入場時には 日本酒の試飲チケット(10枚つづり) おちょこ が渡される。

この2つを持って「お酒ブース」へ行き……

1. 「試飲チケット」を1枚 渡す
2. 「おちょこ」にお酒を注いでもらう
3. テーブルに戻っておでんを食べながら飲酒
4. 最高

これ(1~4)を10回 繰り返すだけである。実に簡単な手順だ。試飲できるお酒の銘柄も「全国燗酒コンテスト」で入賞したものばかりなので、日本酒好きなら つい目移りしてしまうだろう。

しかし、繰り返すが イベントは50分の入れ替え制。本来なら、ちびちび味見をしながら飲みたいところだが、タイムリミットが刻一刻と迫っている。この状況にあせったのか、まるでテキーラのように熱燗をハイペースで煽る参加者がそこかしこで見られた。

ほどなくして参加者らに酔いが回り始めたのだろう……

いよいよカオスが始まったのだ。

 

・「チケット」を忘れる奴が続出

ブースで「チケット」と引き換えにお酒を飲むシステムにも関わらず「あ~ん、チケットをテーブルに忘れちゃった☆」という参加者が続出し始めたのだ。それでもブースに並びなおすのが面倒なのか、「後で(チケットを)払うのじゃダメ?」──と、ツケ飲みを交渉する人も見られた。常連のオヤジか。

このあたりで十分カオスづいていたのだが、この後 さらなるカオスが待っていた。

 

・「おちょこ」を忘れる奴が続出

ブースで「おちょこ」にお酒を注いでもらうシステムにも関わらず「あ~ん、おちょこをテーブルに忘れちゃった☆」という参加者が続出し始めたのだ。”両手をお椀” にして酒を注いでもらうつもりだろうか。病院行った方がいいぞ。

まったく愉快な人たちだぜ、とその光景を楽しんでいたら今度は……。

・「チケット」と「おちょこ」両方 忘れる奴が続出

ブースで「チケット」と引き換えに お酒を「おちょこ」に注いでもらうシステムに関わらず「あ~ん、両方 忘れちゃった☆」という参加者が続出し始めたのだ。”金(チケット)もないし、器もないけど、酒だけは飲ませてくれ” ということだろうか。輩(やから)ですやん。

 

そんなハッピーなイベントもついに時間切れとなり、係員が鐘を鳴らして「終了の合図」を参加者たちに知らせる。

 

「みなさ~ん! もうお時間でーす! お帰りになる準備をして下さ~い!」

 

ところが──

 

・終了時間の合図をシカトする奴が続出

「もうパーティーは終わりだ」と言われているのに飲み続ける参加者が続出……いや、この時ばかりは私含め会場の全員が1つとなり係員をガン無視させていただいた。コール&ノーレスポンスという不思議な現象によって “幻の3番ホーム” に一体感が生まれた感動の瞬間だった。

一方、係員は「やっぱりだよ。終わりの時間になるとみんな聞こえないフリをし始めるんだよな~(苦笑)」と嘆いていた。その姿を見ながら食べるおでんは本当にメシウマだったが、結局イベントは非公式なロスタイム10分を経て、終幕! ごちそうさまでした。

・熱燗10杯を飲み尽くすためのコツ

終わってみると、私は10枚つづりの試飲チケットを3枚 余らせてしまうという、少し悔いが残る結果となってしまった。制限時間50分なので、熱燗1杯にかけられる時間は5分という計算だ。おでんを食べながらとなると事実上5分もないだろう。まさに時間との勝負である。

そんななか、試飲チケット10枚すべてを消化した強者もいた。その参加者は、おでんに全く手をつけず……というか、そもそも受け取ったおでんのレトルトパックを開けずに、カバンに入れて持ち帰ったようだった。

おそらく事前に小腹を満たしておいたのだろう。そうすればイベント中はおでんを食べる必要がないし、熱燗を飲むことに徹することができる。すきっ腹でなければ泥酔するリスクが抑えられることは言うまでもない。いやはや、実に賢い “攻略法” だなと感心させられた。

・楽しいカオス

さて、しきりに「カオス」感を煽った形になったレポートだったかもしれないが、特にトラブルも発生せず、おでんも熱燗も堪能できて 終始楽しい雰囲気のイベントだったことは強調しておきたい。ちなみに2019年の夏には「ギョーザ版」のイベントが催されていたのを筆者は目撃した。

今年2020年の夏にも「ギョーザ」版が開催されるかもしれないし、今回 筆者が参加した「おでんと熱燗ステーション」の第3回目も来冬にあるかもしれない。少し変わった非日常感と混沌を味わいたければ、是非とも参加してみてはいかがだろうか?

参考リンク:おでんと熱燗ステーション
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。