おひとり様大歓迎!東京都内の“ひとりごはん”が楽しめるお店13選

みんなで食べるのも楽しいけど、たまには一人でご飯を食べたい時ありますよね。今回はおひとり様大歓迎のお店を13選にしてご紹介いたします。焼肉、イタリアン、フレンチ、様々なジャンルをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね!(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

RETRIP(リトリップ)は旅行・おでかけメディアです!インターネット上で見つけた、あらゆる旅行・おでかけ情報を自由に組み合わせ、保存、紹介することが出来ます。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

フレンチの気鋭シェフが現代の食生活に「干物」をアップデート

希少部位の食べ比べ、サーフ&ターフ、グラスフェッドビーフ、肉割烹……次から次にスタイルが細分化され、とどまることを知らない肉ブーム。2019年も新たな波がボクらの飽くなき“肉欲”を誘惑するに違いない。

一方、魚はどうか。

急速に魚離れが進んでいる。2000年以降減少の一途。2008年にはついに魚介類の消費は肉類を下回った()。

思えば、自宅で魚料理を食べる機会がどれだけあるだろう。調理するのが面倒、煙やニオイが気になる、骨があるから苦手、理由はさまざま。とかく“手がかかる”の印象が、いつしか食卓から魚料理を遠ざけてしまったのかもしれない。

こうした魚離れの現状にアクションを起こした人物がいる。

※水産庁『水産白書』肉類と魚介類の摂取量が逆転参照。

大胆不敵なアプローチ

フレンチ出身の田村浩二シェフ。フランス版ミシュランガイド『ゴエ・ミヨ』において、期待のシェフ賞を受賞した気鋭の料理人だ。いま、氏が取り組んでいるのは、その技術を活かしながら食の領域の課題解決だ。

魚食の減少に大胆不敵なアプローチでつくりあげたのは、とびきりヘンテコな干物だった。自身も海のそばで育った田村さん。らしい着眼点だ。

現代のライフスタイルに寄りそう新しい干物の在りかたを考え、明治10年から続く真鶴の干物専門店「魚伝」とともにリリースしたのが「アタラシイヒモノ」。キッチンを汚さず、簡単につくれて、脇役ではなくメインデッシュになる干物だ。まったく新しいコンセプトなので、名前もそのまま。

干物といえば、お腹から開いた魚介類を天日や風で水分を蒸発させて乾燥させることで、保存性を高め、同時にうまみを凝縮させた乾物。独特の食感も干すことによって生まれる。

塩汁(塩水)に浸してから干すわけだが、アタラシイヒモノ(金目鯛)は塩汁からしてすでにイノベーティブ。

塩、砂糖、スパイス、さらにニンニクを合わせた調味液で漬け込む。従来の製法では考えられない塩汁こそ、洋風干物の真骨頂。フランス料理で素材の塩漬けに用いる技法“ソミュール液”の応用というわけだ。

アクアパッツァ、パエリア、リゾット
アレンジ自在

塩汁が変われば、調理法も変わる。

フライパンで焼き目をつけ、香味野菜、ハーブ、水を加えて軽く煮込むだけでできあがるのは、あのアクアパッツァ。ほかにも簡単な調理でリゾットやパエリアにも応用がきく。もちろん焼くだけでも酒の肴にもってこいだ。

旅館の朝食という印象はどこへやら。従来の干物のイメージが180度変わる。手軽さも味わいも、本家に引けをとらない。

一尾2,700円(税込)で、3〜4人でも十分楽しめる大ぶりサイズ。伊勢丹新宿店の本館地下1階フレッシュマーケットにて販売中。

まったく新しい干物体験が、クセになる。

Top image: © dot science

TABI LABOは、カルチャーやライフスタイル、トレンドにテクノロジー、おもしろいモノから、感動するコトまで。いま世界で起きているあらゆるトピックを扱う、「世界とつながるネクストマガジン」です。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

〈2019 食通が惚れた店〉わざわざ食べに行きたい! 軽井沢の繊細フレンチ

〈2019 食通が惚れた店〉

平成から令和へと元号が変わった2019年。外食シーンにおいても、新しい時代の幕開けを感じさせる飲食店や、グルメにまつわるトピックスが盛りだくさん。そこで、グルメ情報を熟知した方々に、2019年に最も感動したお店について教えてもらいました。「2019年のNo.1」「2,000円以下のプチプラグルメ」「2020年の注目店」をそれぞれご紹介します。

 

今回は、食べログ グルメ著名人の松尾たいこさんにお答えいただきました。

 

教えてくれる人


松尾 たいこ
広島県呉市出身。イラストレーター。少食・好き嫌いなし・お酒大好き。代々木上原界隈・軽井沢・福井(敦賀)のボリューム少なめアラカルト料理&お酒が楽しめるお店をメインに紹介、気軽に行けるひとりごはんのお店を日々探求中。これまでに手がけた本の表紙装幀画は300冊以上。江國香織との共著「ふりむく」、角田光代との共著「Presents」、著書に「古事記ゆる神様100図鑑」、「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」、「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと」など。NHK「トップランナー」、「日曜美術館」などに出演。

2019年のNo.1飲食店

Q 2019年に行ったなかで、〈最も感動した飲食店〉はどこですか?

出典:りかるじーにょさん

A 「レストラン トエダ」です。

オープン当初から年に1〜2度ほど伺っていますが、一皿ごとのお料理の見た目の美しさと繊細なおいしさ、食べるたびに幸せになる味、そしてお二人(ご夫婦)の控えめだけど行き届いたサービスとお店の雰囲気が好きです。毎回ワクワクして、その期待を裏切られることがありません。

Q そのお店で〈印象に残った一皿〉は?

撮影:松尾たいこ

A 「信州サーモン(野沢菜のジュレかけ、有明産海苔巻き)」です。

見た目が斬新で美しく、口に入れると一瞬和食のような味わいもあり、地産地消にこだわっているのも素晴らしいと思います。

 

<店舗情報>
◆レストラン トエダ
住所 : 長野県北佐久郡軽井沢町長倉1877-1
TEL : 0267-45-7038
営業時間 : 11:30〜14:00(Lo) 17:30〜21:00(Lo)
定休日 : 要予約・不定休

 

2,000円以下のプチプラグルメ

Q 2019年に行ったなかで、人におすすめしたい〈2,000円以内のプチプライスで食べられる幸せ〉は何ですか?

撮影:松尾たいこ

A 「シガニーベイクアンドコーヒー」の「ランチプレート」です。

植物があふれていてとても落ち着ける雰囲気の中で、体にやさしいおいしいランチが食べられます。ランチプレートはサンドイッチが選べて、サイドとして日替わりのデリ・スープ、追加でカフェラテなどもお得プライスでオーダーできます。サンドイッチは焼鮭ときんぴらごぼうにしました。

 

ランチプレート1,000円〜、ランチドリンク200円〜(税抜)

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

 

<店舗情報>
◆シガニー ベイク コーヒー
住所 : 東京都渋谷区上原1-17-7 フレニティハウス 2F
TEL : 03-6804-7270
営業時間 : 11:00〜1700 18:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日 : 水曜日

 

2020年 注目のお店

Q 2020年、〈注目したい飲食店〉はどこですか?

出典:みるみんくさん

A 「セジール」です。

「肉 サカエヤ」の神保さんが手掛けているお店。サカエヤのお肉は本当においしくて毎月「わくわく定期便」で送ってもらっているぐらい。少食なのでお肉はたくさん食べないけど、サカエヤのお肉は別格です。神保さんのお肉への愛情や向き合い方を知っているだけに、いつかお店に行ってみたいなぁと思っています。

 

<店舗情報>
◆SAISIR
住所 : 滋賀県草津市追分南5-11-13
TEL : 077-561-3329
営業時間 : 11:30~13:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
定休日 : 水曜日、最終火曜日

 

文:松尾たいこ・食べログマガジン編集部