ふりかけ『ゆかり』には妹がいる! 妹の『かおり』と『あかり』を見たことある人いる? メーカーに問い合わせてみたら意外な事実が判明!

白米大好き日本人! その白米にピッタリな国民的ふりかけの1つといえば『ゆかり』ではないだろうか? あの絶妙な塩気と赤ジソのほんのりとした酸味がたまらないですよねえ。

さてそんな『ゆかり』には妹がいる。ゆかりは3姉妹の長女なのだ。何年か前にネットで話題になったのでご存知の方も多いかと思うが、実際に妹たちに出会ったことがある人はどれくらいいらっしゃるだろうか?

・『ゆかり』には妹がいる

2020年は『ゆかり』誕生から50周年。姉のアニバーサリーなタイミングで、いま妹たちも「ゆかり三姉妹」として注目されている。その妹というのが緑の青じそふりかけ『かおり』とオレンジ色のピリ辛たらこ『あかり』だ。

・次女だけ見つからない

と、それは良いのだが。……ない! ない! ない‼‼︎ 次女『かおり』だけがどうしても見つからない! 

私が『かおり』に出会えないのは、たまたまかもしれないが、『あかり』とのエンカウント率だって『ゆかり』ほどは高くない。一体、どこでなら姉妹全員をゲットできるのか。とても気になったのでメーカーに問い合わせることにした。

・問い合わせてみた!

お話を伺ったのは製造販売を行う「三島食品」の広報ご担当の方だ。

──まず3姉妹のプロフィールについておさらいさせてください

三島食品「ゆかりは1970年生まれ、今年50周年になります。かおりは業務用として誕生したのが1984年です。その後、一般のお客様向け商品も発売されました。そしてあかりは2009年に誕生しています」

──あかりが2009年生まれですか? オンラインショップで「3姉妹がそろって8年」とあったのですが……となると3姉妹がそろったのは2011年になりますが、あかり誕生からの2年の間に何かあったのでしょうか?

三島食品「あかりは当初「料理素材シリーズ」として『あかり 料理素材 カリカリ梅』と『あかり 料理素材 ピリ辛たらこ』として発売されていたのですが」

──そこで何が……⁉

三島食品「その後、2011年にリニューアルし、ピリ辛たらこのみを残してパッケージも「料理素材」を外してシンプルに『あかり』となったのです」

こうして「ゆかり・かおり・あかり」の三姉妹がそろったというわけだ。さてここからが本題。なぜ妹たちは目撃情報が少ないのだろう。思い切って聞いてみると……

──3姉妹で流通量は異なるのでしょうか? 『かおり』『あかり』を見たことがないという声が多く、私自身、『かおり』には出会ったことがないのですが……

三島食品「そうですね、『ゆかり』がダントツで『かおり』も実績はあるのですが……」

──かおりも発売から30年以上経ってますもんね。

三島食品「ですが、リピートが多いのは『あかり』の方ですね」

リピートが多いのは『あかり』!

このリピートというのは小売店からのリピートである。そのような事情があり、近年の出荷量は「ゆかり > あかり > かおり」となっているという。どうりで『かおり』には出会えないわけだ……

これはあくまで全体の傾向でお店によって入荷の種類や数は異なってくる。実際に「かおりは買ったことがあるが、あかりは見たことがない」という人もいる。確実に3姉妹をゲットしたいなら公式オンラインショップを利用するのがスマートだろう。

・今後についてちょっと聞いてみた!

さて3姉妹の状況はよくわかった。現状を聞くと、つい『かおり』を応援したくなってしまう。それも含めて個性というか……アレですね、擬人化が捗りますね!

ネットではゆかり三姉妹のイラストや漫画を発表するユーザーも見かけるが、50周年を機に公式でもやる、なんてことにはならないだろうか? そこで聞いてみると 

三島食品「擬人化の予定はありません。私たちでゴールを決めるのではなく、こういう言い方も何ですが、皆さまに楽しんで遊んでもらえたらと思います」

とのこと。三島食品さん、二次創作に寛容だった。

公式での擬人化はないと判明したが、三島食品のTwitterをのぞいてみると何やら新企画が始まっているようだ。今のところ全く何の話かはわからないのだが……今年はゆかり50周年、何か新しいことが始まるのかもしれない!

参考リンク:三島食品公式Twitter三島食品
Report:沢井メグ
Photo:三島食品,used with permission、Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

お値段もリーズナブル!もちもち食感の“黒糖生タピオカ入りドリンク”が新登場

神戸市にある「miel mignon(ミエルミニョン)」は、思わず持ち歩きたくなる可愛らしいパッケージが特徴のポテトチップスとタピオカドリンクを販売するお店。今回、タピオカドリンクがもちもちとした食感が特徴の“黒糖生タピオカ”にリニューアル!新しい味が楽しめますよ。

リニューアルした新タピオカドリンクって?

タピオカドリンクを、もっちりとした食感と黒糖の甘みが特徴の“生タピオカ”入りに刷新しました。本場インド・アッサム地域の茶葉を使用したアッサムミルクティーの他、ストロベリー、黒糖などの女子中高生に人気のフレーバーをリーズナブルな価格で楽しめます。

「miel mignon」とは

「miel mignon」は、味の美味しさと思わず持ち歩きたくなる可愛らしいパッケージが特徴のポテトチップスとタピオカドリンクのお店。プリントシール(以下、プリ)機専門店「girls mignon*2(ガールズミニョン)」三宮ゼロゲート店に併設しており、フリューの人気プリ機「#アオハル」や最新機種「AROUND20」での撮影もできます。“美味しくて映える”メニューの体験やプリ撮影が楽しめます。

メニュー
■ポテトチップス(Rサイズ 540円、Lサイズ 650円/税込)
全5種類(ハニーバター、キャラメルナッツ、カルボナーラ、クワトロフォルマッジ、ジャークチキン)

■タピオカドリンク
全5種類:アッサムミルクティー(340円/税込)
     クレームブリュレ、黒糖、杏仁ミルク、ストロベリー(各370円/税込)
※タピオカドリンクの提供方法は、カップ形式またはパウチ形式(650円/税込)から選べます。
※カスタマイズできるお菓子はマーブルチョコ、トロピカルソーダ、アーモンドドラジェ、
ジェリービーンズミックス、スタータブレットの全5種類(各110円/税込)

「girls mignon」三宮ゼロゲート店
(ポテトチップスとタピオカドリンクのお店『miel mignon』併設)
[営業開始日] 2019年2月8日(金)
[住所] 兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目11番3 三宮ゼロゲート4F
[営業時間] 11:00~21:00
[展開内容] プリントシール機7台・メイクアップカウンターの設置、
ヘアアイロンレンタルサービスなど
[公式サイト] https://www.puri.furyu.jp/mignon/gm/
※『girls mignon』店舗一覧は公式HPよりご確認いただけます。

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【引いた】私が「いきなり! ステーキ」に行かなくなった、たった1つの理由

どうもみなさん、こんにちは & こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。どうやら今年は花粉の量が比べて例年より少ないらしいんですが、個人的にはウソだと思ってます。だって、正月明けから鼻水全開ですもの。少なくともスピード感に関しては、例年より手強いと感じている次第です。

さて、聞くところによると『いきなり! ステーキ』が苦境に立たされているようですね。どうですか? みなさんは『いきなり! ステーキ』で食事をしていますか? ぶっちゃけ、私はほとんど行かなくなってしまったんですが、それには “たった1つの理由” があるのです。

・店そのものは好き

最初に断っておきますが、私は現在進行形で「いきなり! ステーキってイイ店だよな」と思っています。大衆向けの量り売りステーキ店としてはパイオニア的存在で、気軽にステーキが食べられる環境を整えた功績は非常に大きいのではないでしょうか。

実際に一時期は週1くらいで通っていましたし、特に糖質制限のダイエット中なんかはしょっちゅう「いきなり! ステーキ」のお世話になっていました。いまでも “アレ” さえなければ、きっとそれなりのペースで「いきなり! ステーキ」を利用していたと思います。

・あるテレビ番組がきっかけ

さて、もったいぶらずに本題に入りましょう。私が「いきなり! ステーキ」を利用しなくなったのは、あるテレビ番組がきっかけです。2019年7月29日にTBSで放送された「坂上&指原のつぶれない店」という番組を見て、私は「いきなり! ステーキ」を利用しなくなりました。

私はこの番組のファンでも何でもなく「今でも続いているのか?」「そもそもレギュラー番組なのか?」「単発ものなのか?」すら知りません。当然、この日の特集が「いきなり! ステーキ」だということも知らず、たまたまテレビを付けたらこの番組がやっていた、というワケです。

んでもって、私が「いきなり! ステーキ」に行かなくなった理由ですが、一言でいえば「いきなり! ステーキの体質に引いた」といった感じでしょうか。実際にどうなのかはわかりませんが、少なくともVTRを観た私は「うわ……」と思いました。

・朝礼の点呼に引いた

この日は「一瀬邦夫社長」も出演しており、スタジオでの対応は問題なかったように思います。私が引いたのはVTRで映し出された朝礼の風景。もっと言うと点呼の様子でした。社長が発する「番号!」の掛け声とともに点呼が始まるのですが、これが私の目には理不尽に映ってしまったのです。

社長が納得するまで、何度でも繰り返されるという点呼。一瀬社長が「2が遅いんだよ」とつぶやく様子と、緊張しまくりの社員の挙動を目にして以来、私は「いきなり! ステーキ」に足が向かなくなってしまいました。ちょっと変な理由かもしれませんが、コレが私の「いきなり! ステーキに行かなくなった理由」です。

・今でも行きたい気持ちはあるけれど

先述のように、実際のところどうなのかはわかりません。また「店が良ければいいじゃん」という意見もあることでしょう。さらに言えば、社長が経営者として非常に優秀であることは疑いようがありません。社長の剛腕が「いきなり! ステーキ」をここまで大きくした理由でもあるのでしょうから。

とはいえ、最近何度か張り出されている「社長の直筆メッセージ」を見ても「久しぶりに行ってみようかな」……とならないこともまた事実。ホント、「いきなり! ステーキ」自体はイイ店だと思うのでたまには行きたいんですが、なんかモヤモヤして行く気にならないのです。

意地になっているつもりはサラサラないんですが、私がもう1度「いきなり! ステーキ」に通うにはどんなきっかけが必要なのかもわかりません。今はただ「いきなり! ステーキ」を陰ながら見守るばかりです。

参考リンク:いきなり! ステーキ
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。