【Uber Eats限定】実店舗を持たない「ゴーストレストラン」の唐揚げ専門店がオープンしていたので利用してみた

皆さんは「ゴーストレストラン」という単語を聞いたことがあるだろうか。オンラインデリバリーに特化した、実店舗を持たない飲食店のことである。そうと知らなければディズニーハロウィンの新アトラクションと勘違いしてしまいそうなこのサービス形態が、近ごろ注目を集めているらしい。

そして去る2019年12月には、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文可能な「唐揚げ専門ゴーストレストラン」が新たにオープンしたのだとか。都内であれば自宅やオフィスで本格唐揚げが楽しめるという触れ込みに惹かれ、唐揚げジャンキーの筆者はさっそく利用してみることにした。

そのお店「からあげ専門店 あげたて」は、中野店、東長崎店、板橋店、江戸川橋店の計4店舗を展開しており、それぞれの周辺地域が配達可能エリアとなっている。

メニュー表にはスタンダードな醤油味の「からあげ」に加え、「タルタルチキン南蛮」や「自家製たれの油淋鶏(ユーリンチー)」などが揃っているが、中でも気になったのは「からあげグランプリ」で金賞を受賞したという手羽先「やじてば」だ。

説明書きでは「伝説の手羽先」とも謳われており、かなり期待が持てる。個人的にこの世で最も好きな賞レースが「からあげグランプリ」ということもあり、今回は手羽先の3本入り(700円)と醤油唐揚げの5個入り(750円)を注文することにした。

自宅からスマホでオーダー後、約30分で唐揚げが到着。唐揚げ好きからすれば、もうこの時点で感動がすごい。人類の最終到達点ではないかと思ってしまう。便利な世の中になったものだ。

ともあれ、まずは醤油唐揚げの容器を開けてみたところ、食欲をそそる茶色い姿がお目見えした。

と同時に箸でつかむ。

そして食らいつく。

唐揚げを前にすると自制が利かなくなる。まして出来立てで熱々のものとなればなおさらだ。熱い温度とともに、口の中にジューシーな醤油味が広がっていく。にんにくの風味も感じ取れ、サクサクの衣に包まれたパンチのある味わいがたまらない。

味付けも揚がり具合も高クオリティだ。他の唐揚げ店のそれと遜色ない。あとこれは個人の感想だが、自分で作ることもせず外に出ることもなく労せずして手に入れた唐揚げというのは一際美味しく感じる。スマホが唐揚げ生成器に見えてきた。

続いて期待の手羽先の方にかじりついてみると、醤油唐揚げ以上のインパクトに見舞われた。甘辛いタレが塗ってあるのだが、これが驚くほど抜群に美味しい。

甘すぎず塩辛すぎない絶妙なテイストがパリパリの皮と組み合わさり、味わった者をどこまでも引きずり込む魅力を生んでいる。初めてこんなに奥深い味の手羽先を食べた。シェフを呼んでくれと言いたくなったが、自宅にむなしく響くだけなので何とか堪えた。

2品ともぺろりと平らげてしまったので総括すると、初めての「唐揚げ専門ゴーストレストラン」体験は満足度の高い結果に終わったと言えよう。欲を言えば価格がもう少し抑えめだと嬉しいが、これだけのものをお手軽に食べられるなら、財布のヒモも緩めざるをえない。

今回頼んだメニュー以外にも、ご飯がセットになった弁当や個数のバリエーションも用意されているので、また機会があればぜひ利用したいところだ。「幽霊」という名前とは真逆の、温かな親しみやすさを覚えるお店だった。

参照元:からあげ専門店「あげたて」東長崎店
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

「台湾ランタンフェスティバル2019」現地ルポ【2】おいしい台中編



2月の旧正月を祝う一環として、台湾の主要都市ではランタンフェスティバルを開催。台北・台中・台南を旅しながら、各地の見どころを現地からリポートするこの企画。今回は、台湾第三の都市「台中」にやってきました。美しいランタンを眺めつつ、絶品屋台グルメを堪能します!

台湾で最も住みやすい町「台中」

台中ランタンフェスティバル 2019_ランタン02

台北から高鐵(日本で言うところの新幹線)で約1時間。温暖な気候・アート・グルメなどが魅力の「台中」は、最も住みやすい町として台湾人から人気のスポットです。

台中ランタンフェスティバル 2019_ランタン03

「台中ランタンフェスティバル」、今年の会場は南屯區の「文心森林公園」です。

きらびやかなアーチに注目!

台中ランタンフェスティバル 2019_アーチ01

ゲートをくぐるとまず、”レインボーアーチ” でお出迎え。その美しさはまるで、7色に輝く天の川のよう・・・。

台中ランタンフェスティバル 2019_アーチ02

お次は”ランタンアーチ”。ずらりと並ぶ色とりどりの提灯が、お祭り気分を盛り上げてくれます。

台中ランタンフェスティバル 2019_アーチ03

こちらはロマンチックな ”傘のアーチ”。写真を撮る恋人たちで溢れかえっています。

インパクト大!メインオブジェは空飛ぶブタ

台中ランタンフェスティバル 2019_ランタン04

ターンテーブル構造で360度どこから見ても楽しめるメインオブジェ。マントを羽織ったブタが空高く飛ぶのをイメージしています。「台中に豊かな富がもたらされる」という願いが込められているそう。

台中ランタンフェスティバル 2019_ランタン05

台中市と友好交流協定を締結している青森県・平川市。昨年に引き続き「ネプタ」が展示されていました。その存在感は一際目を引く美しさ、見る者全てを魅了します。

絶対食べたい屋台グルメ!ちょっとレアな3品を厳選

グルメの町「台中」、お楽しみはランタンだけにとどまりません。台湾のB級グルメがドーンと会場に集結。フェスティバル期間限定で、特別夜市を開催!

炭火焼き「深坑・臭豆腐

台中ランタンフェスティバル 2019_フード01

台湾名物と言えば強烈な匂いを放つ「臭豆腐」。夜市でよく見かけるのは揚げ・煮こみタイプが多いのですが、こちらは珍しい”炭火焼き”バージョンです。更に臭豆腐の街として有名な「深坑」のものとあり、期待度も急上昇!

台中ランタンフェスティバル 2019_フード02

大きめの臭豆腐を食べやすい大きさにカット、にんにくが効いたお漬物をトッピング。お好みでピリ辛ソースをオンすれば出来上がりです。勢いよくかぶりつけば、ジューシーな肉汁ならぬ臭豆腐汁が滴り落ちる!

超特大!「香蔥肉捲」

台中ランタンフェスティバル 2019_フード03

香ばしい匂いに誘われてやってきたのは、「香蔥肉捲」店。看板を見ると”松坂肉”の表示が。これは気になる・・・聞けば松坂牛ではなく「松坂豚」なんだとか。

*日本産ではありません。

台中ランタンフェスティバル 2019_フード04

「香蔥肉捲」とはネギを豚肉で巻きじっくりと炭火で焼いたもの。こちらの屋台、何が凄いかと言うとその大きさ!一品で満腹になってしまうほど、特大ボリュームなんです。

台中ランタンフェスティバル 2019_フード05

さて、実食。甘辛の特製ソースにマリネされた豚肉は、噛めば噛むほど味が滲み出てきます。驚いたのは中に包まれたネギ。これまで食べてきたのとは全くの別物ではありませんか!?どちらか言うと、”野沢菜のお漬物”に近いお味。旨味がじゅわっと染み込み、ほのかに甘く大変美味。「宜蘭三星蔥」というイラン産の高級ネギが使われているのだそう。

女性の強い味方!「山藥煎餅」

台中ランタンフェスティバル 2019_フード06

「山藥煎餅」とは、紫山芋・砂糖・片栗粉をフードプロセッサーにかけ、鉄板で焼いたシンプルなもの。昔から、台湾の素食として親しまれてきました。「補血(血液を補う」食べ物としても知られ、特に女性の健康に良いと言われているんです。

台中ランタンフェスティバル 2019_フード07

ヘラでぺたぺた潰し、こんがり焼き目がついたら完成。

台中ランタンフェスティバル 2019_フード08

という事で、熱々の焼き立てをいただきます。山芋だけあって、ツルツルもっちり食感。ほんのりと優しい甘みで、おやつ感覚でペロッと完食。「台湾ランタンフェスティバル2019」現地ルポ第二弾は、台湾で最も住みやすい街「台中」からお届けしました。次回は最終回、「台南編」をご紹介します!

*今年の「台中ランタンフェスティバル」は、終了致しました。
[All photos by Ai Kaneko]

『「台湾ランタンフェスティバル2019」現地ルポ【1】ハイテクな台北編』もあわせてどうぞ。

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

カロリーが気になるあなたに。罪悪感なく飲めるデザートティーはいかが?

デザートティーって何?

甘いデザートが食べたいけれど、カロリーも気になって躊躇してしまう・・・。そんな時にピッタリなのが、ART OF TEAから発信しているデザートティー。デザートのような甘い香りが漂うという新しいお茶です。罪悪感なく楽しめるデザートティーは、特にヘルシー志向のアメリカ・カリフォルニア地域では数年前から広がっているのだとか。香りは甘く、味はスッキリとカロリーを気にしなくて済むデザートティーで、新しいお茶の世界を楽しんでみませんか。

全6種類となったチョコレートコレクション

今回は、人気のデザートティーに、新商品「アステカチョコレートスパイス」が加わり、チョコレートコレクションが全6種類となりました。チョコレートコレクションは、カカオニブやチョコレートをルイボスやプーアル茶をベースとし、様々なスパイスやボタニカルブレンドした甘いチョコレートの香りが楽しめるユニークなお茶です。

豊かな甘い香りに包まれますが、すっきりとした飲み心地で、ガトーショコラなどとも相性は抜群。チョコレートを欲しているけれど、我慢したいときにも楽しめるティーです。


アステカチョコレートスパイス
プーアル茶をベースに、ピリッとしたエキゾティックなチョコレートブレンド。
有機プーアル茶、有機シナモン、有機ハニーブッシュ、有機カカオニブ、有機矢車菊、有機チリフレーク、チョコレート、香料


 
  
チョコレートモンキー
滑らかな味わいのチョコレートと隠し味のスパイシーなピンクペッパー。甘いバナナの香りのハーモニーが絶妙なルイボスティーフュージョン。
有機ルイボス、有機ハニーブッシュ、グラウンドチョコレート、有機カカオニブ、有機ピンクペッパー、有機アップルビッツ、バナナビッツ、香料    


ダークチョコレートペパーミント
力強いプーアールに、まろやかなチョコレートとスッキリしたミントが合わさった甘い香りのブレンド。体を温めると言われているプーアル茶は、特に寒い季節にぴったりです。
​有機ルイボス、有機ハニーブッシュ、有機ハイビスカス、有機黒すぐり、ホワイトチョコレート、香料有機プーアル茶、有機カカオニブ、有機ペパーミント、有機ピンクペパー、香料

ART OF TEA
URL:http://www.artoftea.jp

[PR TIMES]

~人生に旅心を~