台湾なのにまるで昭和?頭城老街観光のランチは「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」がおすすめ【台湾】

頭城老街のおすすめグルメ店「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」を調査

頭城老街
頭城駅から徒歩5分くらいの場所に、頭城老街(トウチェンラオジエ)として親しまれている古くからの街並みが残されている通りがあります。数十年前に時間が戻ってしまったかのような、懐かしさを感じる建物に趣を感じます。

老街懷舊食堂
頭城老街散策の合間にランチを楽しみたい時は、老街のすぐ近くにある「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」がおすすめ。レトロ感たっぷりなこのお店では、古くから台湾で親しまれている料理や宜蘭県の名物グルメなどがいただけます。

レトロ感たっぷりな店内に観光気分が盛り上がる!

レトロ感たっぷりの店内
一歩店内に足を踏み入れれば、そこはまるで昭和レトロを思わせるような雰囲気です。でも、ポスターなどに使われている文字は当然ながら漢字ばかり。不思議な雰囲気の店内に観光気分が盛り上がります。

映画館の窓口のよう
注文兼会計窓口も、まるで映画館のチケット売り場のようです。

駄菓子屋さん?
料理だけでなく、駄菓子やおもちゃなども販売されています。気になるものをお土産に買って帰るのもよいですね。

台湾で昔から親しまれている料理や宜蘭名物グルメが豊富

メニュー表
こちらがお店のメニュー表です。台湾定番料理や宜蘭名物グルメ、飲み物などがずらりと並びます。人気のメニューには「超人氣」などの表示がされているので、参考に選んでみるのもよいでしょう。お店一番のおすすめは、懷舊滷排骨飯(懐かしの豚スペアリブご飯)のようです。

台湾ならではの料理をぜひ


筆者たちはそこまでお腹が空いていなかったため、魯肉飯や乾麵など軽めの料理とスープ類をオーダーしてみました。

天霸王滷肉飯
こちらは天霸王滷肉飯です。白いご飯に豚そぼろとザーサイ、目玉焼きがのっています。豚肉のとろっとした食感がおいしいです。

乾麺
こちらは打魯乾麵です。汁なし麺に、豚そぼろが少しかかっています。滷肉飯も乾麵も、味は街の食堂の平均レベルかなぁと感じました。

山苦瓜排骨湯
こちらは山苦瓜排骨湯という、苦瓜と豚のスペアリブが入ったスープです。肉の旨味たっぷりのスープに、苦いゴーヤの組み合わせがおいしいです。

「老街懷舊食堂」はメニュー数が豊富で、お腹の空き具合で料理を選びやすいので使い勝手がよいなと感じます。お腹がすいていれば、台湾ならではの名物グルメを注文しつつ、宜蘭の名物グルメをみんなでシェアしながらいただくスタイルがおすすめです。何よりここは内装が凝っているため、観光合間に食事を取りつつ写真撮影を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

老街懷舊食堂
住所:宜蘭縣頭城鎮青雲路三段177號

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

長野に“千曲川ワインバレー”の新名所!「ワイン&ビアミュージアム」誕生



長野県を流れる千曲川の流域に、個性豊かな個人経営ワイナリーが点在する“千曲川ワインバレー”と呼ばれるエリアがあるのを知っていますか?東御市を中心とする“千曲川ワインバレー”のワインを紹介し、体験できる新名所「ワイン&ビアミュージアム」が誕生しました!

世界品質のワインを生み出す“千曲川ワインバレー”

長野県の東部に位置する“千曲川ワインバレー”は、降水量が少なく日照時間が長い気候と水はけの良い土壌が、良質のワインぶどうを実らせ、世界品質のワインを生み出しました。2015年には、近隣8市町村からなる「千曲川ワインバレー特区」を申請し、内閣府から認定されています。



「ワイン&ビアミュージアム」では、東御市を中心した“千曲川ワインバレー”のワインを紹介し、体験できる施設として誕生。館内には、ワインの試飲コーナーや展示エリアをはじめ、ワインコンシェルジュおすすめの「ワイン飲み比べ」を楽しんだり、近隣のワイナリーから造り手を招いたセミナーなど、楽しく学べるイベントも開催されます!

コンシェルジュ厳選ワインが試飲できる

試飲エリアでは、東御市産ワインはもちろん、姉妹都市締結をしているモルドバ共和国産ワインやオラホビールを飲むこともできます!



セルフサービスで試飲できるワインサーバー「エノマティック」にて、専属のワインコンシェルジュが選び抜いた8種類のワインを、少量(20ml~40ml)ずつ試飲することが可能です。



カウンターでは、コンシェルジュが厳選したワインや隣接するオラホビール工場にて生産しているクラフトビールの試飲ができます。各種ワインに合うおつまみ(有料)も添えて楽しめますよ。

個性豊かなワイナリーを知ろう

展示エリアでは、東御ワインの歴史や市内にある近隣のワイナリー情報を紹介しています。


≪出店ワイナリー&ヴィンヤード一覧≫
■ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー
■ARC-EN-VIGNE(アルカンヴィーニュ)
■Rue de Vin(リュードヴァン)
■はすみふぁーむ
■ドメーヌ ナカジマ
■カーヴ ハタノ
■ナゴミ・ヴィンヤーズ
■496ワイナリー(シクロヴィンヤード)
■アグロノーム
■ぼんじゅーる農園
■児玉邸
■Ro_vineyard(アール オー ヴィンヤード)
■OH!LA!HO BEER(オラホビール)

地元食材を使った料理とワインを味わうセミナーも開催

セミナーエリアでは、東御ワインを“みて・知って・楽しんで”もらう各種イベントが開催されます。第1回目は、フード&ワインジャーナリスト・鹿取みゆき先生を講師に招き、東御市ワインと東御産食材のマリアージュを体験するイベントが行われます。東御市特産のクルミや旬の野菜を使った料理と一緒に、気軽にワインを味わって、楽しく学べる内容となっています。

ワイン&ビアミュージアム 第1回ワインセミナー
知る・味わう・楽しむ とうみワイン
~季節のとうみ産食材と共に~

講  師:フード&ワインジャーナリスト 鹿取みゆき先生
日  時:2019年5月3日(金・祝)
時  間:15:00~17:00
料  金:3,500円(おひとり様、税込)
場  所:ワイン&ビアミュージアム セミナーエリア(湯楽里館2階)
定  員:30名
交通手段:田中駅より往復送迎バスあり
     (行き15:20田中発 帰り17:30湯楽里館発)
お申込み:お電話( 0268-75-0885 )若しくは
     Email( winebeer@tomi-kosya.com )にて受付
※定員になり次第受付終了

「ワイン&ビアミュージアム」へのお得な交通のご案内

8月から11月中に運行する観光周遊バス「まるっと信州とうみ号」を利用すると、ワイン&ビアミュージアムを始め、市内ワイナリーを巡ることができます。また、5月より運行を開始する「ワインタクシー」では、田中駅・小諸駅(選択可)より、2時間でご希望の場所を巡るこもとができるので、こちらもご参考に。

【問い合わせ詳細】
信州とうみ観光協会HP:http://www.tomikan.jp/
ワイン&ビアミュージアム
オープン:4月11日(木)
営業時間:10:00~18:00
定 休 日:毎週水曜日
連 絡 先:0268-75-0885(ワイン&ビアミュージアム直通)
     0268-63-4126(湯楽里館直通)
HP   :http://tomi-wine.jp/wb_museum/
住  所:〒389-0505 長野県東御市和3875番地
アクセス:
【車でお越しの場合】
 東部湯の丸ICから浅間サンライン(県道79号)を上田方面へ湯楽、里館入口信号を右折
【電車でお越しの場合】
 しなの鉄道 田中駅または大屋駅からタクシーをご利用下さい。
 ※お車、自転車を運転される方へのアルコール類のご提供はお断りしております。

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【鼻ぺちゃ探訪記】看板犬『どんぐり君』が可愛ぃぃぃぃ!! ちょっぴりツンデレなペキニーズが出迎えてくれるカフェに行ってみた / 奈良「ここはな」

「鼻ぺちゃ」が好きだ。幼いころにパグ犬を飼っていたせいか、どうしようもなく鼻が “ぺちゃん” とした生きものが好きだ。しかしながら、生憎(あいにく)今の我が家は賃貸。生きものを飼うことができない。となれば、残された手段はひとつ。そう、会いに行くしかない! 

そんな欲望のままに突撃したのは、奈良にある『ここはな』というカフェ。出迎えてくれたのは、看板犬のどんぐり君だ。こげ茶色の、まさしく “どんぐりカラー” をしたペキニーズである。いやはや、彼の可愛さといったら……この世に、この愛らしさを表現する言葉が存在するのであれば教えてほしいほどだ。とにかく見てくれ!! 

・奈良町にあるカフェ

『ここはな』が店を構えるのは、奈良町(ならまち)と呼ばれるエリアだ。今でこそ、このあたりはカフェや雑貨店などでにぎわい、観光客も多い。しかし、ひと昔前まではそんなことはなかったという。

そんな際に「奈良町にもちょっとお茶をできる場所があれば」という声を聞いた同店オーナーが、カフェをオープンしたという訳だ。店内はしっとりと落ち着いた雰囲気。ランチやドリンクを楽しめるほか、衣料品なども販売している。そこに居るだけで、ホッコリしてしまうこと必至である。

そして中でも特段輝きを放っているのが、レジ奥にちょこんと置かれたオフホワイトのクローバー柄のボックス。そう、このボックスこそが件(くだん)のどんぐり君のアジトなのだ。そっと記者がのぞくと……いたー! 寝てるぅぅぅぅー!!! 

・だいたい出勤しているどんぐり君

思わず気持ちが高ぶってしまった。失礼。まずは遠目に、かのどんぐり君を観察してみたところ、カフェの主のごとくくつろいでいた。可愛い。齢7歳という彼は雨の日も風の日もだいたい毎日出勤し、客人を迎えているそうだ。うん、可愛い。

初対面の記者に対して警戒していたようだが、小1時間そばにいると、幾分か心を許してくれた気がする。オーナーさん曰く「3回会えば仲良しになれる」とのことなので、しばらく通ってみることにしよう。ツンデレなのかな、可愛いな。

また、どんぐり君はストーブが好きなようで、なんでも最近尻尾の毛を焦がしたそうだ。ドジっ子かよ、可愛すぎるだろ。そんなこんなで店内のストーブのそばにいるかと思えば、先述したボックスに入ったり、時には2階や庭に出たりと自由などんぐり君。眺めているだけで幸せだ。ただひたすらに可愛い。

いつまでも、この幸せな空間に浸っていたくなる……『ここはな』はそんな店だった。同店はペット同伴可なため、愛犬愛猫と共に訪れ、どんぐり君と戯れるもよし。または人間のみで美味しい食事やドリンクを味わいながら、どんぐり君との親睦を深めるもよしだ。

いやあ~、ここしばらく抱え込んでいた「鼻ぺちゃに会いたい欲」が一気に解消されてしまった。冗談抜きに、どんぐり君の魅力は尋常ではない。犬好きでなくとも、どんぐり君を目の前にすれば一瞬でトリコになること間違いなしだ。記者が保証するぞ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 ここはな
住所 奈良県奈良市鳴川町24
時間 10:00頃〜17:00
定休日 月・火曜(月祝日の場合は繰延べで火曜・水曜休み)

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。