肉の絨毯が手打ちそばに浮かぶ! 品川・青物横丁『そば切り うちば』の「肉そば」が激ウマ / 立ち食いそば放浪記:第196回

肉そばが好きだ。柔らかく煮込まれた肉本体の味はもちろん、肉の甘みが染み出したつゆがウマイ。あっさりしたつゆと肉の脂が奏でるハーモニーは、そばとも相性抜群である。

ただ、当たり外れも大きいのが立ち食いそば屋における肉そばだ。肉がかたかったり、値段のわりに少なかったりすることも多いので、私(中澤)は、立ち食いそば屋で肉そばを頼む時は「賭け」だと思っている。今回、そんな賭けに勝ったためお伝えしたい。大勝利だ。

・リクエスト……届くっ……!

もったいぶらずに言ってしまうと、その大勝利の肉そばがあるのは品川の京急線青物横丁駅近くにある『そば切り うちば』である。うまいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。先日、ロケットニュース24の読者から私宛に以下のリクエストが届いていた。

「『立ち食い蕎麦放浪記』も私も立ち食い蕎麦好きということもあってお気に入りの一つなのですが最近私が気に入っている立ち食い蕎麦屋さんをご紹介したいと思い突然ですがメッセージを送らせていただきました。

品川区青物横丁駅から歩いて5〜6分 ジュネーブ平和通り沿い都立八潮高校の2軒手前にある『そば切り うちば』です。天ぷら自体は特筆すべきレベルではないかもしれませんが手打ちの二八蕎麦はなかなかのレベルだと思います!」

──実は、この『そば切り うちば』、私が次に行ってみようと思っていた店である。そうか、やっぱりそばがウマイのか。というわけで、このリクエストにも背中を押される形で『そば切り うちば』に向かったわけだ。

・ざわ… ざわ…

立ち食いそば屋としては小綺麗な外観をしているこの店。ニ八の手打ちそばということで、「ざるそば(税込440円)」や「鴨汁そば(税込700円)」などのつゆと別のそばにしようか迷ったが、店の外にある券売機を見ているとあることに気づいた

肉そばがオススメっ……!

税込700円と決して安くはない。しかし、券売機の1番上の段に肉そばをぶち込む心意気。これは自信の表れと見て間違いないだろう。ならば、私も賭けようじゃないか。券売機で食券を購入し、入店してカウンターで店員さんに渡す。

・僥倖っ・・・!

店内は、カウンターと、向かいの壁沿いに立ち食い用棚が設置された細長い空間。そこで6人ほどの男たちがそばをすすっている。どうやら肉そばを注文している人はいないようだ。

水を入れてぽつんと空いたひと席分のスペースにすべり込んで待っていると、背中から「肉そばのお客様!」と呼ぶ声がした。振り返ったところ……

僥倖っ・・・! なんという僥倖っ・・・!

絨毯のような豚肉がそばに浮かんでいる! その大きさは丼の半分を覆わんばかりだ。思わず箸で持ち上げてみると自重で少し崩れる豚肉。ホロッホロやないか!!

そんな豚肉は食べると口の中でトロける。豚肉の脂と甘辛い味で舌まで溶けそうだ。感謝っ・・・! 圧倒的感謝っ・・・!

・セイジ、豪遊っ……!

しかも、特筆すべきはそば自体のクオリティーの高さである。立ち食いそば屋でこういったジャンクみのあるそばを注文した場合、トッピングのパンチだけでそば自体はいまいちなことも多い。しかし、この店は、それでもそばが主役となっているのだ。

太めの麺は食べごたえが抜群だが、のど越しがスッキリしている。ざるそばやもりそばで食べてもウマイに違いない。コク深く爽やかなつゆもろとも飲み干した。かぁ~~~~~っ! 染み込んできやがる……! 体にっ……!

バランスとして最強の『そば切り うちば』の「肉そば」。700円でも大勝利と言えるだろう。立ち食いそば屋でこれほどの肉そばに出会うとは……。これだから肉そばはやめられない。至福っ……! 圧倒的至福っ……!

Report:肉そば黙示録・セイジ
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

関西に初登場!ミッフィーのお花屋さん「あべのand」に期間限定ショップ

フラワーミッフィー POP UP SHOP あべのand店

フラワーミッフィー  POP UP SHOP あべのand店

オランダ発の人気絵本「ミッフィー」をテーマにしたお花屋さん「フラワーミッフィー」の期間限定ショップが、大阪の天王寺駅近くの商業ビル「あべのand」に登場します。ミッフィーを模ったパッケージデザインのブーケやミッフィーを一緒に飾ったフラワーアレンジメントなど、絵本の世界観が楽しめるフラワーショップです。

フラワーミッフィー  POP UP SHOP あべのand店

お花だけじゃない、ミッフィーグッズがたくさん

フラワーミッフィー  POP UP SHOP あべのand店

フラワーミッフィーでは、ブーケやフラワーアレンジメントだけでなく、ミッフィーがのった可愛いらしい小皿やソープ、バッジタイプの刺繍ブローチなどさまざまなミッフィーグッズを販売しています。

フラワーミッフィー  POP UP SHOP あべのand店

【フラワーミッフィー POP UP SHOP あべのand店】
住所: 〒543-0055 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-40 あべのand1階
TEL: 06-6625-1783
営業時間: 11:00~21:00 
営業期間: 2019年9月4日(水)~2020年2月(予定)
フラワーミッフィー公式サイト: http://www.benelic-flower.com/
あべのand公式サイト: https://www.d-kintetsu.co.jp/and/

日本初!ミッフィーのドリンクスタンドもオープン

フラワーミッフィー  juice garden Hoop店

「フラワーミッフィー POP UP SHOP あべのand店」に隣接するファッションビル「Hoop」の1階では、日本初となるミッフィーのジューススタンド「フラワーミッフィーjuice garden」も期間限定で出店。キッチンカーでは、ゼリーが入ったソーダドリンク「カラフルゼリーソーダ」や「キャロットスムージー」など、全7種類のドリンクが提供されます。

【フラワーミッフィー juice garden Hoop店】
住所: 〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 Hoop1階南側
営業時間: 12:00~20:00 
営業期間: 2019年9月13日(金)~2020年2月(予定)

Miffyコピーライト

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【新商品】100円ローソンに「バスチー」登場ッ! 本家ローソンと食べ比べた結果…

2020年1月22日、100円ローソンこと「ローソンストア100」から注目の新商品が発売となった。昨年ローソンから発売される否や、歴代コンビニスイーツ屈指の超ヒットを記録した『バスチー』である。

あのセブンが後追いしたほど売れまくったバスチーが、ついに100円で……! 仮にローソンストア100のバスチーが激ウマだったら、毎日食いまくってやるんだ……!! 100円ローソンよ、見せてみるがイイ……お前のバスチー魂を。

・下克上なるか

ついに解禁となったローソンストア100のバスチー。本家ローソンのバスチーが税抜き199円だから、価格はおよそ半分ということになる。仮にローソンストア100のバスチーが本家ローソンクオリティだとしたら、完全なる下克上ではないか。これは試さねばなるまい。

さて、ローソンストア100のバスチーは、なめらか食感に仕上がるよう「直火焼製法」で仕上げられたとのことで、およそ3カ月に及ぶ試行錯誤を経て完成したという。重量は本家ローソンの74グラムに対し、100円ローソンは61グラム。サイズ的にはやや小ぶりな印象だ。

・半額はでかい

それでも本家ローソンと同等のクオリティであれば何の問題もない。バスチーに限らず、コンビニスイーツはやや値が張るのが玉にきず。特に毎日でも食べたいバスチーが100円ならば文句なく最高だ。ローソンストア100にかかる期待は大きい。

だがしかし──。

結論を申し上げると、下克上はならなかった。むしろローソンストア100のバスチーと本家ローソンのバスチーは、最初から別物だと考えた方がいい。特に以下で述べる2つのポイントは大きな違いがあった。

・その1: チーズの風味が結構違う

あたり前なのかもしれないが、チーズの風味は俄然本家ローソンの方が強い。100円ローソンのバスチーもチーズの風味がしないわけではないが、ほんのりと香る程度。例えるならば「ベイクドチーズケーキ」と「昔ながらのチーズケーキ」くらいの違いがある。

そういう意味でガツンとチーズを感じたい人には、ローソンストア100のバスチーはやや物足りなく感じるかもしれない。逆に言えば、軽いチーズの風味が好みの人はローソンストア100のバスチーの方が向いているハズだ。

・その2: 密度、なめらかさが違う

バスチーの大きな魅力の1つが “濃厚さ” であろう。一口で歯が埋もれるような、また歯の裏にまでこびりつくほどの濃厚さを求めてバスチーを購入する人は多いに違いない。その点、本家と比べてローソンストア100のバスチーはやや軽い。端的に言えば、密度が薄い

密度はなめらかさにも直結しており、本家が絹だとするならば、ローソンストア100はポリエステル。それくらいの違いは感じた。しっとり感に関してはローソンストア100も善戦しているものの、食べ比べてしまうと越えがたい差があったことは事実である。というか、別物だ。

誤解して欲しくないのは、ローソンストア100のバスチーが別に美味しくないワケじゃないということ。100円でこのクオリティならありだし、本家を知らない人が食べたら「バスチーうまッ!」と感じるハズだ。

というわけで、本家ローソンに取って代わる商品ではなかったローソンストア100のバスチー。再三申し上げるように、名前は同じでも違う商品だと思った方が健全である。

参考リンク:ローソンストア100
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。