【そっちかよ】てんやの “中の人” にお気に入りの「天ぷらの食べ方」を聞いたら…まさかのNOてんつゆ! 困惑の末に納得した

“天つゆ” か “塩” か。そんな論争が、数年前にネット上で巻き起こったのをご存知だろうか。知らない人もいるだろうから簡単に説明しておくと、天ぷらの食べ方をめぐり、ある者が「天つゆこそ至高」と言えば、またある者は「塩以外は邪道」と主張し、両者相譲らず……という争いである。

だからこそ、今回『てんや』の中の人がお気に入りの食べ方を教えてくれたとき、私は「そっち?」となった。なぜなら、てんやは “天つゆ” でも “塩” でもない第三のパターンを繰り出してきたからだ。

引っ張るのは好きじゃないので、さっさと紹介してしまいたい。その方法とは……

大根おろし+醤油

──である。ただし、すべての「天ぷら」に合うわけではない。どちらかといえば、魚介系の天ぷらがいいようだ。その点については、てんやの人が送ってくれたメールに分かりやすく記載されている。掲載許可をもらったので以下にコピペしておくぞ。

「サイドメニューの単品小鉢の「大根おろし」に醤油をかけ揚げたての魚介系の単品天ぷらにのっけて食べます。口の中で「熱&冷」がたまりません。醤油がガツンとくるのもいいですね」

誤解がないように補足するならば、上のアレンジはあくまでも「こういう食べ方を気に入っている者も社内にはおりますよ」的な感じだってこと。てんやの全社員が実践しているわけでもなければ、てんやが社をあげてオススメしているわけでもない。

ってことを踏まえた上で、私が実際にやってみた感想をお伝えしたい。まず手順的にはこんな感じだ。

1:適当な天ぷら(魚介があればベスト)を注文。今回は「オールスターてんぷら定食(並盛り940円)」をオーダー

2:「大根おろし(60円)」を追加で注文

3:大根おろしに醤油を適量たらす

4:それを天ぷらにオン

5:食う

──以上

・注意点

ご覧の通り、やり方としては簡単。だが私が実践してみたところ「ここには気をつけた方がいい」ってポイントがいくつかあったので、それを以下で紹介しよう。

1つ目は、醤油の量。一気にドバっとかけるのではなく、チョロチョロと足しながら調整するのがオススメだ。

というのも、「大根おろし+醤油」が天つゆに比べて優れている点は、天ぷらの素材の旨味をより感じられるってところ。天つゆにドボンとしたら消えてしまう部分が、おろし醤油の中では生きているのだ。

しかし、その部分は派手な主張をするわけではなく、実に繊細。人間で言えばめちゃくちゃ人見知りで、口数の多い人に囲まれたら何も喋らなくなってしまう人の如しである。醤油を一気にドバドバかけるってことは、そういうことだ。

2つ目は、この方法を試すなら天ぷらがアツアツのときがベストってこと。なんなら、アツアツという名のボーナスステージだけで許されるスペシャルな食べ方だと思っても差し支えない。逆に、ちょっとでも冷めてしまったらやるべきではないと、個人的には思う。

なぜなら、先に述べた通り「大根おろし+醤油」によって生まれる旨さは繊細。天ぷらがちょっとでも冷めてしまったら、そこを感じる前に「冷めてるな」ってところに気持ちがいってしまう。おろし醤油をオンした時点で天ぷらの温度は一気に下がるから、どうしても “冷え” が目立ってしまうのだ。

しかし、アツアツであればそんなことはない。むしろ、おろし醤油と天ぷらの温度差が不思議な調和を生み出す。逆アフォガード的なハーモニーとでも言おうか。

それから3つ目。これは2つ目ともやや被るのだが、天ぷらが冷めたら気にせずに塩でも天つゆでも何でも使えってこと。こういう内容を紹介すると、「大根おろし+醤油で食べるが通(つう)なのか?」と思われる方がいるが、そういう話ではない。結局のところ、自分の好きなように食べるのが一番

私自身、アツアツのときこそ「大根おろし+醤油」を試したが、ちょっと温度が下がったら天つゆに切り替えた。それでも十分に美味い。正直なところ、天つゆがあればそれでOKなのでは? って気がしなくもなかったが、「大根おろし+醤油」を試したことがない人だっているだろうからシェアした次第である。

・味噌汁のアレンジも

ざっとこんなところ。あとは各々てんやの店舗で試してみくれ! ……って感じなのだが、てんやの方から味噌汁のアレンジも教えてもらったので、最後にそれも紹介しておこう。特にこの時期は試してみたくなるだろうから。

「定食についてくる天つゆ用のおろし生姜を、少しだけみそ汁に。生姜の香りが味噌とよくあいます。体もぽかぽか温まります」

参考リンク:天丼てんや、J-CAST「天ぷらの「通」なら「塩で」?」
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「飲食店の “中の人” に お気に入り のアレンジを聞いてみた

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【台湾】台南限定!レアなお土産に「マンゴーポテトチップス」



軽くて便利で特別感のある台南のお土産物はいかがでしょうか。今回は、台南のレアなお土産、マンゴーポテトチップスのご紹介です。

人気の台湾の古都、台南を訪れる際にはぜひマンゴーポテトチップスをお土産に!

鄭成功マンゴーポテトチップスは台南文化局発売

鄭成功ポテチ

台南のレアなお土産物、鄭成功のポテトチップスのご紹介です。



台南の文化局から出ていて、台南限定でしか買えません。中でも珍しいのはマンゴーのポテトチップス。

筆者は今回、これを目当てに、台南まで買いに行きました。かさばるので、爆買いしたら段ボール2箱分に。

やっぱりマンゴー味!

マンゴーポテチ

袋を開けるとすぐにマンゴーの香りがふんわりと立ち上ります。南国の香りです。

お味はやはりマンゴー味のポテチです。酸味と甘みがあり、初めて食べる味ですが、おいしいと思いました。

他にも種類が3種類あります。こちらはえんどう豆のスナック菓子です。絵柄は媽祖様。台湾で広く信仰される道教の女神で、物事を良い結果に導いてくれるそうです。

えんどう豆のスナック

こちらはチキンスープのフレーバー。このパッケージは孔子様です。一生懸命勉強したら必ず勝つそうです。

チキンフレーバーのスナック

マンゴーーポテチの色違いで、塩味のポテチです。鄭成功で必ず成功するそうです。

塩味のポテチ

それぞれ成功するという内容の激励やおめでたい言葉が書いてありますので、就活やお受験の方に差し上げると良いかもしれません。どれも手ごろな大きさです。

後日友達7人のランチの時にマンゴーポテチを持参して試食会をしました。まずマンゴーポテチの袋を開け匂いを嗅いでもらいましたら、みんな一様に「あっ!」と言いました。マンゴーの香りが想像以上にムンムンなんです(笑)。

なんだか袋を回しながら匂いを嗅いでいるのは、危ない人たちのようでしたが・・・(苦笑)。その後みなさんに味わっていただきましたが、みなさん「おいしい!」とのことでした。わざわざ台南まで買いに行ってよかったです。

鄭成功ビールもあります

鄭成功ビールの棚

また、ビールもありますが、筆者は残念ながら下戸ですのでビールは味わっていません。

鄭成功ビール

ビールも35元、スナックも35元です。

どこで買えるの?

台南の中でも買えるところは限られていて、以下の7か所くらいしかありません。主に台南の古い建築物の観光地で販売されています。

赤崁樓
安平古堡
安平樹屋
億載金城
延平郡王祠
愛國婦人會館
1661臺灣船園區

筆者は延平郡王祠内のギフトショップで買いました。

広い敷地内に延平郡王祠というお寺と鄭成功歴史文物館の建物があります。延平郡王祠の中の右手の赤い廻廊を進んで行くと、一番奥にギフトショップがありますよ。

鄭成功歴史文物館
住所:700台南市中西區開山路152號
電話:06 213 6207

ウェブサイトはこちら

[All Photos by Taipeijin]

『【特集】台湾のおいしくて可愛いお土産』もあわせてぜひチェックを!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【新商品】100円ローソンに「バスチー」登場ッ! 本家ローソンと食べ比べた結果…

2020年1月22日、100円ローソンこと「ローソンストア100」から注目の新商品が発売となった。昨年ローソンから発売される否や、歴代コンビニスイーツ屈指の超ヒットを記録した『バスチー』である。

あのセブンが後追いしたほど売れまくったバスチーが、ついに100円で……! 仮にローソンストア100のバスチーが激ウマだったら、毎日食いまくってやるんだ……!! 100円ローソンよ、見せてみるがイイ……お前のバスチー魂を。

・下克上なるか

ついに解禁となったローソンストア100のバスチー。本家ローソンのバスチーが税抜き199円だから、価格はおよそ半分ということになる。仮にローソンストア100のバスチーが本家ローソンクオリティだとしたら、完全なる下克上ではないか。これは試さねばなるまい。

さて、ローソンストア100のバスチーは、なめらか食感に仕上がるよう「直火焼製法」で仕上げられたとのことで、およそ3カ月に及ぶ試行錯誤を経て完成したという。重量は本家ローソンの74グラムに対し、100円ローソンは61グラム。サイズ的にはやや小ぶりな印象だ。

・半額はでかい

それでも本家ローソンと同等のクオリティであれば何の問題もない。バスチーに限らず、コンビニスイーツはやや値が張るのが玉にきず。特に毎日でも食べたいバスチーが100円ならば文句なく最高だ。ローソンストア100にかかる期待は大きい。

だがしかし──。

結論を申し上げると、下克上はならなかった。むしろローソンストア100のバスチーと本家ローソンのバスチーは、最初から別物だと考えた方がいい。特に以下で述べる2つのポイントは大きな違いがあった。

・その1: チーズの風味が結構違う

あたり前なのかもしれないが、チーズの風味は俄然本家ローソンの方が強い。100円ローソンのバスチーもチーズの風味がしないわけではないが、ほんのりと香る程度。例えるならば「ベイクドチーズケーキ」と「昔ながらのチーズケーキ」くらいの違いがある。

そういう意味でガツンとチーズを感じたい人には、ローソンストア100のバスチーはやや物足りなく感じるかもしれない。逆に言えば、軽いチーズの風味が好みの人はローソンストア100のバスチーの方が向いているハズだ。

・その2: 密度、なめらかさが違う

バスチーの大きな魅力の1つが “濃厚さ” であろう。一口で歯が埋もれるような、また歯の裏にまでこびりつくほどの濃厚さを求めてバスチーを購入する人は多いに違いない。その点、本家と比べてローソンストア100のバスチーはやや軽い。端的に言えば、密度が薄い

密度はなめらかさにも直結しており、本家が絹だとするならば、ローソンストア100はポリエステル。それくらいの違いは感じた。しっとり感に関してはローソンストア100も善戦しているものの、食べ比べてしまうと越えがたい差があったことは事実である。というか、別物だ。

誤解して欲しくないのは、ローソンストア100のバスチーが別に美味しくないワケじゃないということ。100円でこのクオリティならありだし、本家を知らない人が食べたら「バスチーうまッ!」と感じるハズだ。

というわけで、本家ローソンに取って代わる商品ではなかったローソンストア100のバスチー。再三申し上げるように、名前は同じでも違う商品だと思った方が健全である。

参考リンク:ローソンストア100
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。