春を先取り!レモンが香る“ふわとろスイーツ”東京ばな奈のレモンケーキ登場

東京ばな奈から春恒例のこだわりレモンケーキ

東京ばな奈が長年こだわり続ける“ふわとろスイーツ”『銀座のケーキシリーズ』から、“春の気配は、レモンの香り”をテーマに作り上げた『「銀座の春先きレモンケーキ」です。』です。

みずみずしいレモン果汁がとけこんだ“爽やかレモンクリーム”と、コクのある優しい味わいの”まろやかミルククリーム”を、ふわふわのスポンジケーキの中で二層仕立てに閉じ込めました。お口の中で、とろりと広がる春先取りの美味しさが楽しめますよ。

パッケージも春の気分のカラーコーディネート

パッケージカラーも、もちろん爽やかなレモンイエロー。リーフグリーンのリボンがアクセントのキュートなコーディネートは、春のお土産や贈り物にぴったりです。ケーキにも可愛いワンポイントのレモン印をプラス。春の気分をいち早くお届けできるギフトです!

 

「銀座の春先きレモンケーキ」です。 ※「 」も商品名に含まれます。
価  格:4個入483円(448円)/8個入1,029円(953円)/12個入1,543円(1,429円)
     ※(  )内は本体価格
発 売 日:1月22日(水)
販 売 店:JR東京駅・品川駅・上野駅(2月1日(土)より販売開始)、羽田空港ほか、東京ばな奈ワールド商品取扱店の一部で販売
公式オンラインショップ(2月1日(土)より出荷開始)

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

インド発紅茶ブランド「プリミアスティー」丸の内にオープン!

贅沢なオープン記念ギフト

プリミアスティーギフト

9月14日より丸の内ビルディングB1Fに新店舗をオープンするのは、自社基準で原産国100%の混じりけのないブレンド(インド紅茶局認定茶葉)を扱う、インド発紅茶ブランド「プリミアスティー」です。

インド国内におけるテイスティング大会上位入賞歴のあるティーテイスター達が、この厳選された茶葉を確かなブレンド技術によって「心を満たす一杯」に仕上げます。

今回は、9月14日から9月30日の間オープン記念ギフトとして、3,000円(+Tax)以上お買い上げのお客様、先着100名様に特別な秋のフレーバーティー3種類をプレゼント!(※無くなり次第、終了となります)

・内容
モンブラン・マロン・ラム(インド紅茶使用) ティーバッグx2個
ドゥ―ス・ラ・フランス(煎茶使用) ティーバッグx2個
ルージュ・アン・スリール(レッドルイボスティー使用) ティーバッグx2個

ゆったりとしたひと時に、本物の味わいで満ち足りたティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

紅茶品質へのこだわり

ヒマラヤ山脈のふもとに広がる「ダージリン」、北東部の「アッサム」、そして南部の「ニルギリ」がインドの3大紅茶産地として有名です。茶葉の多くは、人の手によって摘み取り、新芽の一番おいしい部分だけをひとつひとつ丁寧に選んで収穫。

全ては癒しのティータイムの為に。プリミアスのこだわりが詰まった紅茶で、本物を知る喜びを味わってみてください。

プリミアスティーとは

プリミアスティー2

「人」と「心」を結びつける紅茶として、1988年「プリミアスティー」がハスムク・A・シャー氏によって創設されました。

当時、シャー氏は世界中どこへ行くにもマイティー(My Tea)を持って出かけるほど、お茶に対して強いこだわりを持っていました。ある日、その紅茶で海外の友人との会話がより弾み、花が咲いた事をきっかけに、紅茶は人と人とを結ぶコミュニケーションだと確信。以後、美しい紅茶のある幸せを世界中の人々に届け続けています。

現在では、インド生まれでありながら、「国賓へのおもてなし紅茶」としてインド政府に献上するなど、世界20ヵ国以上で展開しています。

プリミアスティーMAP

PREMIER’S Tea Boutique Marunouchi
プリミアス ティーブティック 丸の内
住所:〒100-6390東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディングB1F
電話:03-6206-3206
営業時間:11:00~21:00 日祝11:00~20:00
※連休の場合は最終日のみ日曜祝日の営業時間となります。
公式HP:https://premierstea.jp/

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【衝撃】うなぎ界の二郎! 新小岩「和友」のうな重がハピネス…!! 圧倒的ハピネスに震えた…ッ!!

確かなウマさと見る者を圧倒する絶大なインパクトで、完全に文化として根付いた感のあるラーメン二郎。例えるならば、しょう油・とんこつ・みそ・二郎……といった具合で、もはや二郎はラーメンにおける1つのジャンルとして考えていいだろう。

その二郎は「大盛り」もしくは「デカ盛り」の代名詞として使われることも多いが、今回は「うなぎ界の二郎」と称される東京は新小岩の『和友(かずとも)』をご紹介したい。結論から申し上げよう──。和友のうな重は、お腹いっぱいどころか、腹がはち切れんばかりの激盛りうな重でした。

・今まで行かなかった理由

新小岩にうな重の二郎があるらしい。そんな噂を小耳に挟んだのは2年ほど前だっただろうか? 以来、チャンスがあればぜひとも出かけてみたいと思っていたが、ダラダラと時間ばかりが過ぎ去ってしまった。理由はただ1つ「メチャメチャ混んでいる」と聞いたからである。

View this post on Instagram

うなぎ和友@新小岩 うな重(福)¥4,300. 地鶏親子丼¥900. お正月、食べていない物探したらうなぎでした<img src="https://s0.wp.com/wp-content/mu-plugins/wpcom-smileys/twemoji/2/72×72/1f605.png" alt="

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。