【ガチ検証】「いきなり! ステーキ」より俄然お得と評判の『ステーキガスト』の食べ放題に行ったらこうだった

一部でささやかれている「いきなり! ステーキ」の大ピンチ説。全店に社長直筆の手紙が張り出されていたり、また一部店舗の閉鎖が噂されているが、最近になって密かに開始されたのが『ワイルドステーキ食べ放題』である。

みんな大好き「食べ放題案件」とあって早くも大きな話題を集めているが、同時に注目されているのが『ステーキガスト』の食べ放題だ。ネット上では「ステーキガストの圧勝」「比べるまでもない」……などと強気な声も見受けられるが、果たしてどちらの食べ放題の方がお得なのだろうか?

・まずは内容を比較

いきなり! ステーキの「ワイルドステーキ食べ放題」は制限時間60分で税別3980円。単純計算すると、ワイルドステーキを3枚(900グラム)食べれば元を取れることになる。同店の食べ放題を体験した佐藤記者によれば「元を取るのは比較的簡単だけど、得するには胃力が必要」とのことだ。

一方、ステーキガストの『カットステーキ食べ放題』は90分で税別2199円だから、この時点でいきなり! ステーキよりかなりお得な雰囲気が漂っている。なにせ制限時間は30分長く、さらに価格はおよそ半額。しかもステーキガストには「サラダバー」「カレー」「デザート」も含まれている。

ちなみに、カットステーキ食べ放題の “カットステーキ” とは同店の「熟成カットステーキ」のことで、160グラムサイズが税別1199円、240グラムサイズが1499円。食べ放題ではまず240グラムが提供され、追加は160グラムずつやってくる。つまり、1度おかわりすれば元が取れる計算だ。

事前情報だけだと、いきなり! ステーキ惨敗の可能性も感じざるを得ないが、何事も体験してみなければわからない。また、カットステーキ食べ放題は「店舗限定」かつ「不定期開催」なので「行けば必ずありつけるワケではない」ことも記述しておく。

・食べ放題スタート

さて、さっそく「カットステーキ食べ放題」をオーダーし、サラダバーなどを物色。そこにあったのは “ソースバー” である。そう、ステーキガストには常時数種類のステーキソースが用意されており、この日は計7種類がラインナップされていた。いきなり! ステーキ、万事休すか。

到着したカットステーキは、厚みこそいきなり! ステーキのワイルドステーキに劣るものの、柔らかさは抜群。肉そのものは「いい肉使ってるなぁ」……とはぶっちゃけ思わなかったものの、肉欲を満たすには十分であろう。普通にウマい。

瞬殺で1皿目を食べ終え、食べ放題開始20分後には2皿目を完食していたから、残り70分は純粋なお得タイムということになる。また2皿目以降はフライドポテトが付いていなかったことも地味に嬉しかった。もちろん七色のステーキソース効果が絶大だったことは言うまでもない。

結局、この日は5人前(合計880グラム)を平らげて大満足で店を後にした。いきなり! ステーキには申し訳ないが、食べ放題に関してはステーキガストの圧勝……! 完全勝利……!! 話にならねえッッッ!! ……と言いたいところだが、実は気になる点もあった

・ステーキガストで気になったこと

それは追加注文してからの提供時間である。2皿目は注文してから5分ほどでやってきたが、3皿目以降から徐々に間隔が空き始め、長いときには10分弱待つ必要があった。通常の注文ならば気にならないが、食べ放題でのタイムロスは致命的である。ズバリ、マイナスポイントだ。

その点、いきなり! ステーキは食べ終わる前に「焼きますか?」とスタッフから声がかかり、常に肉が目の前にある状況を作り出していたそうだ。相当な胃力があることが前提になるが、フードファイター並みに食べられる人、また力の限り肉を喰らい続けていたい人は、いきなり! ステーキの方が向いているかもしれない。

とはいえ、価格や制限時間、また各種食べ放題やソースを考慮すると、万人受けするのはステーキガストの食べ放題ではなかろうか。少なくとも元を取るためのハードルの低さについてはステーキガストの圧勝であろう。

実際にどちらの食べ放題に行ってみたいかは読者の判断に委ねるが「ステーキ食べ放題」自体がロマンあふれるサービスであることは間違いない。もしステーキ食べ放題に出かける機会があれば、せっかくなので万全のコンディションを整えることをオススメする。

参考リンク:ステーキガスト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

スヌーピーコーヒー第6弾!新フレーバー「スヌーピーコーヒー Cafe Assort」

INIC coffee(イニックコーヒー)の特徴

霧状にしたコーヒー抽出液を瞬間的に乾燥する特殊な製法で作った「プレミアム微顆粒パウダー」は、驚きのきめ細かさで、アイスもホットもたったの5秒で溶かせるんです。そして、コーヒー豆の魅力を最大限活かす抽出方法で、まるでドリップしたかのような贅沢なおいしさを実現しました。忙しいときにも、贅沢な本格コーヒーを楽しめますよ。

新フレーバー3種のデザートコーヒー

INIC coffee(イニックコーヒー(R))「PEANUTS coffee」

お湯やお水、牛乳などを注ぐだけで、ドリップしたのような本格コーヒーが楽しめる「INIC coffee(イニックコーヒー(R))」から、世界で愛される人気キャラクター、スヌーピーがデザインされる「PEANUTS coffee」シリーズの第6弾が発売されました。新しいフレーバーは、3種類のデザートコーヒーです。

価格: 3,445円((税込)
・Cafe Cinnamon(シナモン): 1本21g
・Cafe Vanilla(バニラ): 1本18g
・Cafe Mocha(モカ): 1本23g
オンライン販売サイト: https://www.inic-market.com/fs/inicmarket/206041/4560466077528

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

糖質を極限までカットした日本酒「月桂冠 糖質ゼロ」を飲んでみた / 声優・石川界人さんにもぜひ教えてあげたい

人気声優・石川界人さんが先日、ラジオでの不適切な発言を理由に日本酒キャラクタープロジェクト『神酒ノ尊 -ミキノミコト- 』の越乃寒梅役を降板し話題になった。具体的な内容は報じられていないが、ネットでは「糖質制限をしているから日本酒は飲めない」という旨の発言が原因と噂されている。

もちろん噂レベルの話なので真偽は不明だが、米から作られる日本酒の糖質が他のお酒と比べて高いのは事実だ。そういった意見があるのは十分理解できる。ただ、石川さんは知っていただろうか? 日本酒には糖質を極限までカットした「糖質ゼロ」が存在するということを。

・話題のツイート

一連の騒動と時を同じくして……というか、完全に被せてきたっぽいツイートを投稿したのが日本酒メーカー「月桂冠」だ。こちらが該当のツイート。

「何を隠そう実は弊社、糖質ゼロの日本酒をかれこれ10年以上前に開発し、販売してございます……。」

そう、石川さんについては一切触れていないものの、確実に狙って来ている。「やってんなコイツ」という臭いがプンプン漂うツイートだ。事実、Twitterで「月桂冠」と検索すると予測変換で「石川界人」が表示されるので、これはもう “そういうコト” だと思っていいだろう。

・糖質ゼロ

2008年9月に登場した『月桂冠 糖質ゼロ』は、糖質を0.5g未満まで減らしているため、甘味や酸味が非常に少なく超淡麗辛口とのこと。カロリーも普通酒と比べて25%カットされているらしいぞ。これなら石川さんも飲んでくれるのではないか。

・飲んでみた

かくいう私(あひるねこ)も、日本酒は大好きだが糖質ゼロ系は飲んだことがないため、この機会に初体験しておこうと思う。器に注いだ感じはほとんど水のようだ。が、鼻を近付けると日本酒特有のアルコール臭がツンと鼻を突く。

すいと口に含むと……

うおお……。甘みまったくねぇ。酸味もねぇ。月桂冠の説明通り、スパッと切れ味鋭い超淡麗辛口だ。どこまでもクールで、どこまでもクリア。もしこの酒を擬人化したとしても、無口キャラすぎて声優はいらないだろう。それくらいドライな日本酒である。

ただ、やはり糖質を削っているからか、味に深みらしきものはほとんど見当たらない。それは飲み口が軽いとも言い換えられるのだが、ボディを肉抜きしまくって軽量化したかのような、一抹の物足りなさをどうも感じてしまうのだ。

とは言え、糖質ゼロであることを考えれば十分すぎるほどに日本酒だろう。クセがないので長く飲めそうだし、パッケージにも書いてあるように自分なりのアレンジの余地がある。糖質オフ中の料理酒としても使えるのではないか。

・石川さんに捧ぐ

まあ、上等な純米酒や吟醸酒と比べてどっちがウマいかと聞かれれば、それは100%前者だが、糖質を気にしつつもどうにか日本酒が飲みたいという人にとっては、これ以上ない神アイテムと言えるはずだ。ぜひ石川さんにも教えてあげたい。

参照元:Twitter @GEKKEIKAN_SAKE
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。