松崎しげるくらい黒い!『吾妻屋』の暗黒つゆに感じるこの胸のときめきは何? 立ち食いそば放浪記:第198回 埼玉・蕨

関東の立ち食いそばのつゆは黒い。と言うと、マニアから「関西でも黒いつゆあります! 店によります!!」的な意見があがることがあるが、実際大阪出身の私(中澤)が上京して驚いたことの1つはそばつゆの黒さだ。スタンダードの色がすでに黒い

まあ、そんな論争はさて置き、私は黒いつゆが好きである。むしろ、そばつゆは黒くあって欲しいとすら思っている。そして、この度また新たな暗黒つゆに出会ったためお伝えしたい

・埼玉の蕨駅前

その店の名は『吾妻屋』。埼玉県蕨駅の東口出てすぐにある立ち食いそば屋だ。この立ち食いそば屋がなんか良いっぽいという噂を小耳に挟んだのである

本当に小耳に挟んだ程度なので、何が良いのかは分からないのだが、百聞は一見にしかずということで入店してみた。たのもー

・店内に漂う懐かしさ

店内は、正しく「立ち食い」だった。近頃、立ち食いと名乗ってはいるが椅子が設置されている店も多い中、カウンターのみのスッキリした内観にはどことなく懐かしさすら感じる

券売機で「天ぷらそば(税込370円)」の食券を買ってカウンターのおやっさんに渡すと「はい! ありがとうございます!」とシャキッとした声が返ってきた。元気を分けてもらえるような威勢の良い声である。すぐにそばがカウンターに置かれのだが……

黒い

真っ黒なつゆがそばやかき揚げを染め上げんばかりにひたひたと丼に闇を作っている。その色はまるで芸能界のダークマター・松崎しげるのようではないか。

・胸のときめき

だが、これぞ私が求めるそばである。かき揚げはふわふわタイプで麺は太め。まず、つゆを飲んでみよう。ゴクリ。

醤油味の中に、甘みと少しの酸味を感じる。そして、何よりとてもコク深い味だ。闇の色をしたつゆは、味的にも潜って潜っても底の見えない深淵である

そんなつゆが染みた麺は、ぼそぼそとした歯ごたえだが、これがまた猛烈に立ち食いそばしてる。なんだこの胸のときめきは?

View this post on Instagram

古き良き味

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Jan 20, 2020 at 6:51pm PST

例えば、昭和の白黒写真を見た時のように胸の奥がうずくのである。自分がその時代を生きたわけでもないのに、なぜか感じる懐かしいような気分。言葉さえ置き忘れそばを食べた。美しい人生よ。限りない喜びよ。この世に必要なのは立ち食いそばだけだとあなたは教えてくれる

初めて来たはずなのに、なぜか懐かしさを感じるこの店。立ち食いそばファンにとってのエヴァーグリーンなヒットナンバーがここにある。これぞ、立ち食いそばのメモリー。この胸のときめきをあなたに。

・今回紹介した店舗の情報

店名 吾妻屋
住所 埼玉県蕨市塚越1-2-14
営業時間 6:30~翌1:00
定休日 無休

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【困惑】いきなりステーキが店舗限定で「いきなり宴会コース」を開始するも、まさかの事前予約必須ッ! いきなり行けねぇ!!

相変わらず世間を賑わせ続ける「いきなり! ステーキ」。数日前には第一パンとコラボし、社長の主張が強すぎる「ハンバーグパン」になったばかりである。とそこへ、またまたまたまたいいネタを放り込んできやがったのでぜひお伝えしたい。

なんと「いきなり! ステーキ」は店舗限定で宴会メニューを提供しているらしいのだ。その名も『いきなり宴会コース』。ならばいきなり宴会だァァァァァアアア! と思いきや、そこにはとんでもない罠が潜んでいた。

・いきステの宴会コース

『いきなり宴会コース』を実施しているのは、東京・墨田区にある「墨田太平店」だ。こちらは平日ランチタイムは研修センターとして機能しており、その時間帯に限っては鉄皿メニューが100円引きで提供されるという、少々特殊な店舗となっている。

墨田太平店の店舗情報を見てみると、そこにはたしかに「店舗限定! 宴会メニューの登場です!」の文字が。

・宴会コースの内容

さあ、それでは気になるコース内容を見ていこう。料理は7品。そのうち、まず6品を以下にまとめてみた。

・いきなり牛串(1本)
・厚切り牛たん(たんなか2枚4切り)
・生牡蠣(2個)
・ポテトサラダ or いきなりサラダ(スモール)
・ガーリックライス or ライス or ガーリックブレッド
・水大福(1個)

もちろんステーキもあるぞ。サーロイン・トップリブ・ミドルリブ・ヒレの中からグループ単位で1種類を選択するシステムで、一人につき100g × 人数分の厚切りステーキが提供されるそうだ。つまり5人の場合、500gのステーキが出てくるってワケだな。

加えて生ビール、ハイボール、グラスワイン(赤 / 白)のほか、コーラや黒烏龍茶、ノンアルコールビールなど90分間の飲み放題が付くぞ。2名以上から利用可で、料金は一人につき税抜4000円となっている。

・衝撃の結末

いかがだろうか。普通に注文すると料理だけで3000円前後になるので、お酒をよく飲む人ならそれなりにお得にはなりそうだ。なら行っちゃう? 今からいきなり宴会しちゃう? 『いきなり宴会コース』だけにッ! と思いきや、まさかの……

2日前までの予約必須……!

いきなり行けねェェェェエエエエ!!!!

– 完 –

参照元:いきなり! ステーキ
執筆:あひるねこ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【偶然か?】マクドナルドが『ごはんバーガー』を発表した日に吉野家が「定食のご飯おかわり24時間無料」を発表 → ぶっちゃけ狙ったのか吉野家に聞いてみた

これは偶然なのか? ──本日2020年1月28日、マクドナルドが『ごはんバーガー』を発表し、吉野家が同日づけのリリースで「定食のご飯の増量・おかわりを24時間無料にする」と発表した。マクドナルドの『ごはんバーガー』は2月5日から販売で、吉野家は1月29日からと実施日は異なるものの、正式発表の日はまったく同じ

念のために言っておくと、本日は「ご飯の日」でも「ライスの日」でもない。にもかかわらず、ご飯にまつわる新サービスの発表日が丸かぶり。ってことは……もしかして……もしかして……これは吉野家の意思表示だろうか? 

ご飯の市場のシェアは渡さすかボケ! そっちが来るっていうなら、こっちも受けて立つぞコラ!! まずは『定食のご飯の増量・おかわり24時間無料』砲で迎撃じゃああああ!!」

──って感じなのか?

・マクドナルド「ごはんバーガー」販売の意味

考えてみれば、マクドナルドの「ごはんバーガー」発売は、ご飯ものを扱う外食チェーンにとってはライバルが増えるのと同じ。お世辞を抜きに考えれば、歓迎すべき事態ではないはずだ。

なぜなら、消費者が「あ〜ご飯もの食べたい」って気分の時に、今後はマクドナルドも選択肢に入ってくる可能性があるってことなのだから。たとえば、今までご飯モードのときは「吉野家いくか? やよい軒いくか?」くらいだったのが、そこに「マックいくか?」も入ってくるということ。

やめてくれ! と思っている外食チェーンは少なくないだろう。相手が外食産業の巨人と言われたマクドナルドだけに、そうなるのは当然と言えるかもしれない。そして、危機を感じたら対策を講じるのが自然の流れ。

吉野家にとって、その1つが「定食のご飯おかわり24時間無料」……ではないのか? そもそもマクドナルドは正式発表の前にTwitterで「ごはんバーガー」の発表を匂わせているし、飲食業界の人が「どうやらマクドナルドがお米のハンバーガーをやるらしい」的な情報を事前につかんでいても何ら不思議ではない。

だから、吉野家は発表日をあえてぶつけてきた……ってことか? それはつまり……宣戦布告!?

・中の人に聞いてみた

気になったので、吉野家の “中の人” に聞いてみた。すると……

中の人「それは偶然ですね(笑)。マクドナルドさんの『ごはんバーガー』は存じ上げませんでした」

──見事なほどの、完全なる否定。当初は「仮に言葉でははっきり認めなかったとしても、“多少は意識してました” 的なニュアンスを感じさせる回答なのではないか?」と予想していたのだが……完全にアテが外れてしまった。予想外ではあったが、空気的にめちゃくちゃ偶然感が出ていたので、おそらくそうなのだろう。

それにしても、まさか『ごはんバーガー』の存在自体を知らなかったなんて……と、個人的には少し残念な気持ちになったものの、テンションの上がる情報も教えてもらったので、それを以下に記載しておきたい。

「ご飯のおかわり無料は、朝定食はもちろん『牛すき鍋膳』など鍋も対象です。もちろん、何杯おかわりしても無料になります」

参考リンク:吉野家(PDF)、Twitter @McDonaldsJapan
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。