今年も開幕! 都市型やきいもフェスティバル『品川やきいもテラス2020』 / 防寒対策は万全にして出かけるべし!

寒い! 猛烈に寒い!! 今年は暖冬と言われていたのだが、『tenki.jp』によればここ数日は関東でも気温が低く、雪への警戒も必要らしいので、外出時には十分に気を付けて欲しい。そんな寒い盛りに、毎回あのイベントは行われている。

都市型やきいもフェスティバル「品川やきいもテラス」だ。今年も来たぞ! 回数を重ねるごとに来場者数も増え、今年は初日に開場1時間で売り切れたお店もあった。みんなやきいも好きすぎだろ!

・やきいもモンブランクレープ

2017年1月に初開催したこのイベントは、今年で4回目。初回から好評を得ており、回を追うごとに来場者が増え、累計来場者数はなんと13万人にも及ぶそうだ。やきいも人気ハンパない! その開催初日(2020年1月27日)に開催初日に会場の品川シーズンテラス イベント広場に行ってみると、人気店には早くも長蛇の列。

この日は例年に比べて風が弱く、くもり空の割には過ごしやすかった。が! やっぱり寒い。いつ買えるかもわからないのに、列でジッと待てるほど、私はやきいもを愛していない。できるだけ早く買えるものを選ばなければ! そう思い、最初に向かったのは「やきいも処 Doco? 弐番館:山形県鶴岡市」のブース。

ここで購入したのは、「やきいもモンブランクレープ」(1000円)である。寒いからみんなアツアツのやきいもを買い求めるはずだ。きっとクレープは並ばずに買えるだろう……と思ったら真のやきいもファンは違った。寒さ負けじとクレープを買う! アイスまで買う!! やきいも愛に寒さは関係ないらしい。約5分待って私(佐藤)もクレープを受け取った。

アイスでも入っているかと思ったら、中にはクリームとダイス状にカットした紅あずま。クレープのてっぺんには、ペースト状にしたいもをしぼり出している。クリのモンブランのように見えるが、食べてみるといも!

冷たくないから寒くても食べられる。このほかこのお店では、やきいもホットスムージー(600円)や、やきいもブリュレクリーム(600円)を販売しているぞ。

・メープル・バニラ・やきいもポタージュ

何かあたたかいものを飲みたいと思い、次に選んだのは「やきいもコロ:愛知県知多郡」のブース。イベント会場でしか提供していないメニューの1つに、「メープル・バニラ・やきいもポタージュ」(700円)がある。

ポタージュ!? それあったかいんじゃないの? と思ったら、このメニューは、安納芋のあたたかいポタージュの上にバニラアイスをのせてメープルシロップをかけるという、冷と温を一度に楽しめる飲みものだった!

お店の人いわく、バニラアイスをポタージュに混ぜると、ちょうど良い甘さになるのだとか。言われるままにアイスをよく混ぜて溶かしこむと、いもの甘さにアイスのコクが加わって、実にまろやかな旨味になる。

美味しいのはたしかなのだが、気温を考えればもう少しアツアツのメニューをチョイスすべきだった。ちなみにこのお店では、紅はるか(500円)、なんたん蜜姫(S400円、M700円、L1000円)のほか、やきいもコロッケ(3個500円)などを購入することができるぞ。

・種子島紫

十分に堪能したのでもう帰ろう。寒いし……。

と、会場を離れようとしたところで、大事なことに気付いた。いも、食ってない! ということで引き返して、比較的スムーズに買えそうなところを選んでいもを食うことにした。最後に選んだのは、「薩摩芋蜜匠 あめんどろや:東京都文京区」である。

私は今回3回目の参戦だが、いまだに1度も食べていないものがあることに気付いた。それは紫芋である。ここのブースで扱っている種子島紫(M400円)を購入し、食べてみることにした。

表皮は一般的なサツマイモに比べて白いのに、半割りにしてみると中はとても鮮やかな紫色だ。食感はホクホクとしていて、柔らかい甘さ。蜜感の強い他のいもに比べると、優しく上品な印象を受ける。

ちなみにこちらのブースでは他に、おいもの蜜とりんごのパイ(400円)、いも蜜大学芋(200g 600円)などの販売を行っている。

開催期間中は厳しい寒さが予想されるので、防寒対策を万全にして出かけて欲しい。なお、販売商品の売り切れ情報等については、公式Twitter( @yakiimo_terrace )を確認するといいだろう。

・イベント情報

名称 品川やきいもテラス2020
場所 品川シーズンテラス イベント広場(東京都港区港南1丁目2-70)
会期 2020年1月27日~2月2日
時間 12:00~19:00 / 2月1日10:00~19:00 / 2月2日10:00~18:00

参考リンク:Twitter @yakiimo_terracetenki.jp
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【超特盛】麺500グラムまで増量無料なうえにスープをハーフ&ハーフにできる “つけ麺天国” が存在した / 東京・秋葉原「つけ麺専門 百の輔」

超特盛の500グラムまで増量無料のつけ麺屋がある」という情報をネットで目にした時、筆者の胸に歓喜と不安が同時に訪れた。世に言うジレンマである。「お安くたくさん食べられるのは心底嬉しいが、そこまで多いと途中でスープの味に飽きてしまわないだろうか」と。

しかし、そんな底の浅い悩みはそのお店にはお見通しだったらしい。なんと今回ご紹介するつけ麺屋「百の輔(もものすけ)」では、お値段据え置きで4種類のスープのうち2つまで選べてしまうのだ。途方もない善意である。麺もスープも増やせる “つけ麺天国” に、さっそく突撃してみた。

・サービス精神が止まらない

詳しくご説明すると、「つけ麺専門 百の輔」は、5月13日に新宿御苑から秋葉原に移転オープンしたばかりのお店である。秋葉原駅の電気街口を出て徒歩5分ほどで、その看板が見えてきたが……

看板の下には人気を表すように列ができていた。筆者が訪れたのは午後2時半頃の昼下がり。それでもこの盛況ぶりだ。「移転オープンしたばかりだから」という理由だけではないだろう。

なにせ前述の通り、「並盛200グラム」から「大盛300グラム」、「特盛400グラム」などの段階を挟み、「超特500グラム」まで無料で麺を増やせるうえに……

「魚介豚骨」、「エビとイカスミ」、「カレー」、「和風トマト」の4種類のスープから2種類を選べる「ハーフ&ハーフ」システムが存在するのだ。人気が出なければ世も末である。

しばらく並んで待ったあと、店内に通されて食券を買う。

食券機の下の方に「ハーフ&ハーフ つけ麺(850円)」のボタンを発見したので購入。普通のつけ麺と同じ値段だ。ありがたすぎる。食券から温かみを感じて、これが良心の温度かと思う。

優しさに触れたせいか詩的なテンションになっていたところ、店員さんに麺量を聞かれたので、迷わず「超特」を頼んだ。ちなみにそれでも足りない方は、プラス80円ごとに100グラム追加できるようだ。

スープの方は魚介豚骨と和風トマトを選択。麺を熱盛にもできるとのことなので、せっかくなのでそうしてもらう。あとは丼を待つだけだ。

カウンター席で胸をときめかせていると、まもなくスープを2つ連れてつけ麺が登場した。

ドドンと擬音がしてきそうなほど圧巻の麺量だ。丼にギチギチに麺が詰まっているのが見た目でわかる。

麺量のみならず、2種類のスープも特徴的であるがゆえに、目線が定まらず困る。

魚介豚骨のいかにも濃厚そうな色も、和風トマトの魅惑の鮮やかさも、競うように食欲をそそってきてたまらない。これで850円ってマジなのかと驚きつつ、いざ実食。

・楽しみが増えて、飽きが来ない

まずは定番の魚介豚骨スープの方に麺をくぐらせていく。

一口すすると、スープの中に丁寧に織り込まれた魚介の旨味に舌をもてなされた。王道の香りと安心の深みだ。少しとろみがあるような感じで、モチモチの太麺によく絡む。濃厚でありながらクセがなくオーソドックスなので、このスープだけでも麺を平らげてしまえそうにさえ感じる。

とはいえ、スープが2種類あれば、そのぶん楽しみも2倍だ。期待をこめて、今度は和風トマトスープの方に麺をつける。

トマトベースに魚介を合わせ、さらにピリ辛に仕上げられており、新鮮で奥深い味わいが口全体を刺激する。和風のテイストが混ざっていながら、洋風さも失われていない。繊細なバランスの上に成り立ったスープだ。

お店のホームページに「女性に大人気」のスープと書いてあったが、それも頷ける。熱盛にしたおかげでスープパスタ感がいや増していて、酸味と辛味のアクセントも手伝ってスルスルと食べれてしまう。

夢中になってひとしきり箸を動かし、だいぶ食べ進めたなと思って丼に目をやっても、まだまだ麺は底の方までぎっしり。

しかし「うんざり」なんて感情は全く生まれない。2つのスープを交互に食べることで、思っていた通り、いや、それ以上に飽きが来ない。たっぷりと麺があることが純粋に嬉しい。麺の量はすなわち幸福の量である。

「ハーフ&ハーフ」と銘打たれているものの、スープの量は決して少なくなく標準的だ……が、麺量のせいもあって、食べ進めるうちに少なくなり、ぬるくもなってくる。そんな時も、どちらか片方のスープのおかわりができるので安心だ。

そして食べ終わったあとは、もちろんスープ割りを楽しむことができる。最初から最後まで至れり尽くせり。痛み入るほかない。魚介スープをダシで割っても美味しかったが、トマトスープを割った時のさっぱり感が特に印象的だった。

・絶対に来てほしい、絶対にまた来たい

というわけで、麺量も心づかいもてんこ盛りの「百の輔」をご紹介してきたが、このお店が間違いなく “つけ麺天国” であることは皆さんにもおわかりいただけただろう。好みに応じて幅広いバリエーションのつけ麺を存分に堪能できるため、万人に訪れてほしい場所だ。

味わえなかった残り2つのスープが気になるので、筆者もぜひリピートしに行きたい所存である。今度は不安など欠片もなく、100%の歓喜をもって足を運べることだろう。

・今回紹介した店舗の情報

店名 つけ麺専門 百の輔
住所 東京都千代田区外神田1-6-3
営業時間 11:00~18:00
定休日 不定休

参考リンク:つけ麺専門 百の輔
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【超速報】マクドナルド初の「ごはんバーガー」誕生! 夜マック限定で販売開始へ!! → 世界一早く食べてみた結果…

2020年1月28日、日本マクドナルドが禁断のメニューを発表した。なんと世界初のなる「ごはんバーガー」を夜マック限定で販売開始するというのだ。マックが……ごはんだと? やべえ、メッチャ気になる! というわけで『ごはんバーガー』の商品記者発表会に潜入してきたのでご報告しよう。

・構想5年で誕生

1月28日、都内某所で記者会見は行われた。ゲストには『ごはんバーガー』のCMに出演する「ナイツ」のお二人や、ラグビー日本代表・田中史朗選手が登場。さらには代表取締役副社長が直々に『ごはんバーガー』を猛烈アピールしていたから、どうやらマックは本気のようだ。

さて、まずは『ごはんバーガー』の概要を説明しよう。ごはんバーガーとは100%国産米で出来たバンズに具を挟んだライスバーガーのこと。メチャメチャ簡単に言うならば「モスライスバーガー」と思って間違いない。構想から足掛け5年、ついに完成したのが『ごはんバーガー』だという。

これまでは国内ライスバーガー市場のほぼ全てを「モスバーガー」が握っていたが、今後はマックとモスの “仁義なきライスバーガー戦争” の火ぶたが切って落とされることになる。果たして勝者はいったい……?

・夜マック限定発売

それはどうでもいいとして、今回発表された『ごはんバーガー』は3種類。

「ごはんてりやき」と……

「ごはんベーコンレタス」と……

「ごはんチキンフィレオ」である。

価格は「ごはんてりやき」が390円、「ごはんベーコンレタス」と「ごはんチキンフィレオ」がそれぞれ410円。冒頭でもお伝えした通り “夜マック” の時間帯、つまり17時からだけの限定販売となっている。

さてさてさて──。

マックから『ごはんバーガー』が発売されるには構わない。だが肝心なのはあくまで味……! 最近はすっかり影の薄いモスバーガーだが、モスライスバーガーが激ウマであることは変わりない。というわけで、ついでに試食会にも潜入し、世界で1番早く『ごはんバーガー』全種類を食べてみることにした。

・食べてみた

まず「ごはんてりやき」だが、個人的にはこれが1番ウマいと感じた次第だ。甘いテリヤキソース味ではなく、レモンソースがアクセントになっており、意外とバクバクいける。違和感があるどころか、ロングセラー商品級の風格があった。

そして「ごはんベーコンレタス」も意外と言っては失礼だが、非常に美味しかった。何より素晴らしいのは一体感があったこと。具もソースもバラバラではなく口の中に入るとそれぞれがきっちり機能していた。

最後の「ごはんチキンフィレオ」は、サクサクとした食感は良かったものの「ちょい一体感に欠けるかなぁ?」といった印象である。決して美味しくないワケではないが、てりやきとベーコンレタスの完成度が高かったため、やや見劣りした感は否めない。

総じて言うと、マクドナルド初のライスバーガーであるにもかかわらず『ごはんバーガー』の完成度は想像以上に高かった。モスバーガー大ピンチ! ……かどうかはさておき、マックの本気度をヒシヒシと感じた次第である。

『ごはんバーガー』は2月5日から5月中旬まで販売される予定だ。気になる人はぜひ夜マックで『ごはんバーガー』をご賞味いただきたい。

参考リンク:マクドナルド
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。