〈2019 食通が惚れた店〉ラーメン通ミュージシャンが思わず唸る、最高の“一杯”

〈2019 食通が惚れた店〉

平成から令和へと元号が変わった2019年。外食シーンにおいても、新しい時代の幕開けを感じさせる飲食店や、グルメにまつわるトピックスが盛りだくさん。そこで、グルメ情報を熟知した方々に、2019年に最も感動したお店について教えてもらいました。「2019年のNo.1」「2,000円以下のプチプラグルメ」「2020年の注目店」をそれぞれご紹介します。

 

今回は、サニーデイ・サービスのベーシストで食べログ グルメ著名人の田中貴さんにお答えいただきました。

 

教えてくれる人

 

田中 貴

サニーデイ・サービスのベーシスト。1994年にメジャーデビュー。国内外多くのアーティストのライブサポート、レコーディングセッション、プロデュースでも活躍中。デビュー以来、25年以上日本全国の店を食べ歩いているほどのラーメン好きで、テレビなどにも多数出演。著書「Ra:」を出版し、ラーメン評論家の大崎氏、石神氏から「掲載されている地方の店はほとんど知らない。やられた感満載、くやしい」と評価を受ける。同書ではラーメン好きミュージシャンを集めユニットを結成。個人SNSアカウントでも食の情報を発信中。

2019年のNo.1飲食店

Q 2019年に行ったなかで、〈最も感動した飲食店〉はどこですか?

撮影:田中 貴

A 「ラーメン拾番(新潟市)」です。

もう二十年近く、十数回通っている店だが、常に感動させてくれるラーメン。料理の美味しさを、前評判無しに冷静に判断できる人は少ない。この店が、深夜営業ではなく、古い蕎麦屋のような店構えであったら、評価は大きく変わっていたであろう。79歳になられる寡黙な真保店長の、見事な職人技にも惚れ惚れする。

Q そのお店で〈印象に残った一皿〉は?

撮影:田中 貴

A 「ラーメン」です。

豚骨、鶏ガラ、魚介類、野菜を煮立てぬように、じっくりと炊き上げたスープは、タレにも醤油はほとんど使わず、極限まで澄んでいる。コリっとした食感がいいメンマも、味は付いていない。食べ進めると、じわじわとやってくる旨味に思わず唸ってしまう。

 

<店舗情報>
◆ラーメン拾番
住所 : 新潟県新潟市中央区古町通10番町1664
TEL : 025-224-7629
営業時間 : 18:00~翌4:00
定休日 : 水曜

 

2,000円以下のプチプラグルメ

Q 2019年に行ったなかで、人におすすめしたい〈2,000円以内のプチプライスで食べられる幸せ〉は何ですか?

撮影:田中 貴
撮影:田中 貴

A 「万葉軒(マンヨーケン) 要町店(千葉市)」の「トンかつ弁当」です。

いわゆる普通の卵とじのカツ丼ではなく、ご飯の上にカツがのった、古くからその街で愛されている料理を食べ歩いている。千葉に行くと食べるのがこれ。薄いロースカツを、ウスターソースに浸したものがご飯の上にのるチープなお弁当。どのくらい千葉の人に馴染みがあるかは知らない。これが500円というのも安いかどうかわからない。とりあえず、近くに行くと買う。豚のコックが描かれたパッケージも味わい深い。要町店にあるイートイン・スペースには電車の椅子が設置されており、駅弁気分も楽しめる。

 

トンかつ弁当 500円(税込)

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

 

<店舗情報>
◆万葉軒 要町店
住所 : 千葉県千葉市中央区要町3-6
TEL : 043-224-0666
営業時間 : 7:00~17:00
定休日 : 無休

 

2020年 注目のお店

Q 2020年、〈注目したい飲食店〉はどこですか?

撮影:田中 貴

A 「ホープ軒」です。

東京オリンピックが開催される今年、ミシュランに掲載されたラーメン店には、海外からの観光客が大行列を作るであろう。そんな中、国立競技場の目の前に堂々とそびえ立つホープ軒はどんなことになるのか。今もお元気な牛久保店主が、60年かけて改良を重ね作り上げた背脂のパンチがきいた豚骨ラーメン。ラーメンの歴史を塗り替えたこの味が、今、世界的にどう評価されるのか。あとまあ単純に、吹きっさらしの立ち食いラーメン屋で、外国人が並んで一心に極太麺を啜る姿を見てみたい。

 

<店舗情報>
◆ホープ軒
住所 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-33-9
TEL : 03-3405-4249
営業時間 : 24時間営業
定休日 : 無休

 

文:田中貴・食べログマガジン編集部

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

新横浜ラーメン博物館にカナダの人気店が出店!逆輸入ラーメンは旨いのか!?

日本にない発想で生まれた、カナダ発ラーメンの味は!?

新横浜ラーメン博物館に10月17日、カナダ・トロントの「リューズ ヌードル バー」がオープンする。

新横浜ラーメン博物館では世界21国38都市のラーメンを調査し、2013年より、日本にお店がなく、海外で独自に誕生し、地元で支持を得ているラーメン店を紹介する企画をスタート。この企画はラーメンを作る環境が整っていない海外で、知恵と工夫で日本では生み出せないラーメンが誕生しており、その味や志を紹介するというもの。

その第5弾となる今回のお店は、カナダ留学後に永住権を獲得した店主・高橋隆一郎さんが2013年にトロントで開業したラーメン店「リューズ ヌードル バー」。高橋さんは「本格的な日本のラーメン×カナダ人が好む味覚の融合」を目指しているという。

「RYUS鶏白湯ラーメン」900円、ミニサイズ570円

 

良質な鶏と野菜を長時間弱火で煮込み、一晩熟成させます。翌日、一気に強火で炊き上げ白湯に仕上げる。長時間かけて抽出した鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、そして凝縮した魚介ダシのコクが調和した鶏白湯は、日本では味わえない独自性に富んだ、まさに“カナディアン鶏白湯”。麺はスープとのバランスを考え、ミネラル豊富な全粒粉を使用した中細のストレート麺を使用。

「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」950円

 

長年カナダ人から愛されているという「銀鱈の西京焼き」からヒントを得たのがこちらの「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」。味噌だれは西京味噌をメインに4種類の味噌をブレンド。芳醇な香りと心地の良い甘味は、カナダ人の舌を虜にしている。麺は全粒粉をブレンドした太麺を使用。

「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」980円

 

カナダ人客の20%を占めるというベジタリアン。彼らに人気なのが「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」。スープのベースはカリフラワー、ジャガイモを中心とした野菜をポタージュ状にして和出汁と豆乳をブレンド。ベジタブルラーメン特有の物足りなさを一切感じさせない出来栄えに。

 

そのほかにもカナダらしいトッピングメニューである、カナダ産のメイプルシロップをバターと合わせスモークし、メイプルリーフの型で抜いた「自家製スモークメイプルバター」(150円)もおすすめ。最初はスープ本来の味を楽しみ、徐々にメイプルバターを溶かし、スモーキーな香りと、メイプルバターの深いコクとほんのりした甘味の変化を楽しめる。日本にはない発想で作られたカナダの逆輸入ラーメン。日本のラーメンとは異なる味わいを求めて足を運びたい。

 

新横浜ラーメン博物館

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

新横浜駅(JR東海道新幹線・JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーライン)より徒歩5分
横浜市営地下鉄8番出口より徒歩1分

入場料(1日入場券):大人 (中学生以上)310円、小人 (小学生)100円、シニア (60歳以上)100円

※小学生未満は無料
※再入場の際は、ゲートにて手続きが必要
※障害者手帳をお持ちの方と、同数の付き添いの方は無料

※価格は税込

 

文:秋吉真由美

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「天下一品」における第4の選択肢 “味がさね” を初めて食べてみた / 4種の薬味が織りなす新感覚ラーメン

「こってりでよろしいですか?」──ラーメンチェーン「天下一品」で注文を行った際、こうした問いを投げかけられることがある。こってり味かあっさり味かを尋ねるものだ。しかし「天一」のこってりが好きで来店している者にとって、その問いは「太陽は東から昇りますか?」と聞いているにも等しい。誰かと言えば筆者である。

おそらく筆者以外にも同様の方は多いだろう。こってりとあっさりの中間である「こっさり(屋台の味)」という選択肢もあるものの、毎度吸い寄せられるようにこってりを頼んでしまう。だがつい最近、ふと思い出した。前述した3種以外の第4の選択肢。同店に通っていながらまだ頼んだことがない、「味がさね」の存在を。

「天一」に来たら毎回決まってキムチセットを頼むくせに、何となくポーズでメニュー表を見ながら注文するきらいがある筆者だが、そのたびに視界の端にぼんやりと「味がさね」の文字は見えていた。

そもそも「味がさね」が何かと言えば、公式HPによると、専用のラーメンに複数の薬味を投入して “味を重ねていく” 食べ方のようだ。通常の「天一」の味とは異なる、新たな「もう1つの味」とも表現されている。

そんな「味がさね」を今まで食べたことがないわけだが、理由は明白で、こってりの吸引力に抗(あらが)えなかったからである。自分はこってりから生まれてきたのではないかと思うほどの安心感から抜け出せなかったのである。こういったケースもまた、筆者以外にも多いと思われる。

とはいえ、「味がさね」を体験しないまま墓に入る人生というのは、文字通り味気ないのではなかろうか。そう思い立ったが吉日、近場の「天一」に足を運んだ。ちなみに「味がさね」は取扱店舗が決まってはいるが、ほとんどのお店で食べられる

入店したのち、今日の自分は文字通り一味違うとばかりに同メニューを注文。やがてやってきた実物は、こってり偏重の思考に新たな風を吹き込む、そんな見た目だった。

普段よりシックな黒い器の中に入っているのは、このメニュー以外では見慣れない白菜

加えて通常の「天一」のものより明らかに太い造りをした麺

そして何より特徴的なのが、丼に添えつけられた4種類の薬味たちである。ノーヒントでこれらの薬味をさばくのはかなりセンスが要りそうだが、ここで役立つのが公式HP。トッピングをする上でのおすすめの順番が記載してある。

まずはトッピングの前にプレーンな状態で1口食べてみると、こってりベースながら味噌の風味が強い。普通のこってりよりも身体に染み渡るようで、すでにだいぶ新鮮かつ美味しい。

この状態からさらに化けるのだろうかと思いつつ、最初のトッピングとして白ごまを投入し、麺をすする。口の中をふわりと香ばしさが舞った。非常に美味しい。

これだけでも十分だが、続いて入れるのは揚げねぎだ。ぱらぱらと振りかけたなら、風味が厚みを増して味わい深くなった。本当に美味しい。

もはや完成されているのではと考えたところで、それでも加えるのがおろしニンニクだ。ジャンクなテイストが上乗せされ、思わず笑みがこぼれる。いやはや美味しい。

とうとう語彙も尽きかけてきた頃合いで、極めつけに肉味噌を溶け込ませる。ピリリとした辛味によって丼全体が引き締まり、最後まで箸の勢いは衰えなかった。

そんなこんなで食べ終わってから感じたのは、このラーメンがこってりやあっさりとは完全に別物だということだ。トッピングを重ねるごとに旨味が累増する奥深さからは、今さらながら「天一」の新境地がうかがえた。「味がさね」の名は伊達ではない。

どの薬味をどれだけ配合するかで変わってくる部分もあるだろう。興味の湧いた方や、普段こってりに偏りがちな方にはぜひ試してもらいたい。筆者としても、今回出会えた「味がさね」を通じて、よりいっそう「天一」との付き合いを積み重ねていきたい所存だ。

参照元:天下一品 公式HP「味がさね」
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。