〈今夜の自腹飯〉おひとり様もOK! グルメから噂の的のカジュアルフレンチが東日本橋にあった

〈今夜の自腹飯〉

予算内でおいしいものが食べたい!

インバウンドや食材の高騰で、外食の価格は年々上がっている。一人30,000円以上の寿司やフレンチもどんどん増えているが、毎月行くのは厳しい。デートや仲間の集まりで、「おいしいものを食べたいとき」に使えるハイコスパなお店とは?

グルメたちをざわつかせている
噂の“ザ・フレンチ”「mille」

東京・東日本橋にオープンしたフレンチビストロが「アミューズブーシュが可愛い!」「カジュアルなのに本格的なフランス料理」「イケメンシェフ!」と話題になっている。フランス料理とあまり馴染みがない街に誕生したとあって“おいしいアンテナ”を張りめぐらせる人々をざわつかせているが、果たして噂は本当なのか?

センスある店構えに扉を開けずにはいられない

東日本橋駅から3分も歩くと見つけることができる

周りにない雰囲気の佇まいに、通りがかる人たちが足を止める。家に向かう道すがらであろうスーツ姿の男性や買い物袋を持った女性、あるいはどこか良い店を探している様子のグループが中を覗いては安心するのか、ゆっくりと扉を開けて入ってくる。

カウンター8席、4人掛けのテーブル1つ。ゆったりとして居心地が良い空間

入ってみると全12席とは思えぬほど広々と感じる。「ワインがおいしくなる気がするので、絶対に肘掛け椅子にしたかった」と話すのはオーナーシェフの千葉稔生さん。

 

低めで奥行きのあるカウンター、高い天井、木の温もりとコンクリートやメラミン樹脂といった人工的な素材をミックスした空間は、たとえ初めて訪れたとしても馴染みの店のようにくつろげる。

フランス料理の基本を守りながら食材の声を聞き、とっておきの皿に仕上げていく

そんな洒落た空間でひとり腕をふるう千葉シェフは、料理好きの母の誕生日に兄が奮発して連れて行ってくれたフランス料理店の味に感動し、調理師専門学校に入学。卒業後に入った店から、フランス料理の修業が始まった。

 

29歳で渡仏、そこで千葉シェフは自身の店を持つ同年代の料理人とのモチベーションの違いに打ちのめされた。「完全に遅れをとったと思いました」と奮起し、帰国後は独立を目指して一心不乱に腕を磨いていった。

カウンター、自然派ワイン、そして“ザ・フレンチ”な料理!

自分の店のイメージはフランスから帰国後、料理長として店を任されたときに完成した。

 

それはカウンターで話をしながら料理を作り、ワインは自然派のみ、修業先である芝公園「クレッセント」のようなクラシックでクオリティの高いフランス料理を提供し、ひとりでもふらりと立ち寄れるカジュアルな店だ。

 

そして2019年4月、念願が叶い、「mille」をオープンさせたのである。

本日のアミューズブーシュより

評判のアミューズブーシュは、右上から時計回りに「ブリオッシュフォアグラ」500円、「トリュフと卵サラダのエクレア」600円、「玉ネギとベーコンのファーブルトン」250円、「タスマニアサーモンのサブレ」400円、「聖護院カブのババロワ」350円など、常時5〜6種類を用意しており、ひとり2〜3品を選ぶと良い。

 

どれも見た目はケーキのように可愛いが、味は塩気がありシャンパンやスパークリングに合う“大人の味”だ。

「活〆サワラの炙りとあやめ雪と金柑のマリネ」2,200円(写真はハーフサイズ 1,100円)

「活〆サワラの炙りとあやめ雪と金柑のマリネ」は、金柑の甘さとコラトゥーラ(イタリアの魚醤)のコクが味の鍵を握るひと皿。コラトゥーラは数滴サワラにのせているだけというが、塩には出せない旨みが加わり独特な風味を醸し出す。

 

炙った香り、コク、甘み、酸味、食感……、様々な味覚のレイヤーを巧みに操り、主役のサワラを見事なまでに昇華させている。

「ズワイガニのクルスティヤン ちりめんキャベツとカニみそのソース」2,800円(写真はハーフサイズ 1,400円)

思わず歓声をあげてしまったのは冬の美味、ズワイガニを余すところなく使った見目麗しい前菜。白身魚のムースに塩茹でしたズワイガニの身をほぐして混ぜ、ラップに包んで蒸したものをパートブリック(薄いクレープ状の皮)で巻き、カラリと焼きあげている。

 

中はふわふわでカニの風味をたっぷり感じさせ、外側のパリッとした食感との異なるエッセンスが楽しめる、春巻きのフレンチ版だ!

まさにズワイガニの新しい扉が開かれたといえる料理!

正直に言って、これだけでも十分おいしいのに、ズワイガニの殻やワタリガニとともに野菜を炒め、白ワインと水で煮出し、生クリームとカニみそで仕上げる贅沢な味わいのソースが、至高の味へと導いている。

「仏産ビュルゴー家の鴨のロースト」4,500円(写真はハーフサイズ 2,250円)、「レ・コステ ロッソ」グラス1,250円

こちらは、「仏産ビュルゴー家の鴨のロースト」。ビュルゴー家の鴨は、飼料から飼育方法まで独自の厳しい基準をクリアした農家が生産する鴨のみを、100年以上続く伝統技法で処理している。フランス・ロワール地方のシャラン鴨の中でも、他では真似のできない別格の味といわれている。

 

セオリー通りに皮目をカリッと、きめ細かな身はしっとりと焼き、芳醇な脂のコクと香りとともに口の中がおいしさであふれる。ソースは鴨ガラと赤ワイン、そして八角とハチミツを少々。スパイシーでスイート、この抜群の鴨にぴったりだ。

食材の声を聞き“ベストな瞬間”を逃さない

千葉シェフの料理には、これ以上でもこれ以下でもない、完璧な組み合わせと思わせる不思議な力がある。それは緻密な計算のもとに作られたものではなく、自分がおいしいと思うものや記憶に残った味を、自分なりの解釈でアレンジしてできた料理なのだ。

 

ごちゃごちゃしていない東日本橋の町並みが気に入って即決した、六叉路の角地。あらゆる方角から人が集まるこのレストランは、外食に困っている地元民、そしておいしいものを求める人々に愛され続けていくだろう。

 

【本日のお会計】
■食事
・ブリオッシュフォアグラ 500円
・トリュフと卵サラダのエクレア 600円
・聖護院カブのババロワ 350円
・玉ネギとベーコンのファーブルトン 250円
・タスマニアサーモンのサブレ 400円
・活〆サワラの炙りとあやめ雪と金柑のマリネ(ハーフ) 1,100円
・ズワイガニのクルスティヤン ちりめんキャベツとカニみそのソース(ハーフ) 1,400円
・仏産ビュルゴー家の鴨のロースト(ハーフ) 2,250円
■ドリンク
・レ・コステ ロッソ(グラス) 1,250円
合計 8,100円

 

※価格はすべて税抜

 

<店舗情報>
◆mille
住所 : 東京都中央区東日本橋2-8-1 ケインズ東日本橋 1F
TEL : 03-5829-8138
営業時間 : 18:00~24:00(L.O. 23:00)
定休日 : 日曜

 

撮影:外山温子
文:高橋綾子

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ジョコビッチがズベレフを倒し、セットを落とさず準決勝へ [フレンチ・オープン]

cover image

 今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)の男子シングルス準々決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を7-5 6-2 6-2で倒し、ベスト4に進…

「テニスマガジンONLINE」はテニス専門誌『Tennis Magazine(テニスマガジン)』の公式サイトです。国内・海外のテニスニュース、選手、技術&レッスン、アイテム、プレーヤーのための部活動「テニマガ・テニス部」の最新情報を配信します。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

〈2019 食通が惚れた店〉タベアルキストが「これこそが料理」と評す一皿とは?

〈2019 食通が惚れた店〉

平成から令和へと元号が変わった2019年。外食シーンにおいても、新しい時代の幕開けを感じさせる飲食店や、グルメにまつわるトピックスが盛りだくさん。そこで、グルメ情報を熟知した方々に、2019年に最も感動したお店について教えてもらいました。「2019年のNo.1」「2,000円以下のプチプラグルメ」「2020年の注目店」をそれぞれご紹介します。

 

今回は、食べロググルメ著名人のマッキー牧元さんにお答えいただきました。

教えてくれる人

マッキー牧元
株式会社味の手帖 取締役編集顧問 タベアルキスト。立ち食いそばから割烹、フレンチ、エスニック、スイーツに居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ・テレビ出演。「味の手帖」「料理王国」「食楽」他、連載多数。日本鍋奉行協会会長。著書に「東京・食のお作法」文藝春秋刊、「出世酒場 ビジネスの極意は酒場で盗め」集英社刊ほか。

2019年のNo.1飲食店

Q 2019年に行ったなかで、〈最も感動した飲食店〉はどこですか?

撮影:マッキー牧元

A 「割烹智映」です。

従来の日本料理や魚料理に全くとらわれず、様々な魚介と野菜の魅力を引き出した唯一無二の料理。不世出の天才である北山智映さんが作ると、今まで知っていた魚や野菜、キノコから別の魅力を感じることができる。

 

北山智映さんは、2019年12月7日に亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。

 

<店舗情報>
◆智映
住所 : 東京都中央区銀座7-7-19 ニューセンタービル B1F
TEL : 03-3573-7022
営業時間 : 18:00~21:00(最終入店)
定休日 : 無休

 

Q 2019年に行ったなかで、〈印象に残った一皿〉は?

撮影:マッキー牧元

A 「Restaurant État d’esprit(レストラン エタデスプリ)」の「イラブチャーの料理」です。

刺身でも加熱しても素っ気ない、沖縄の魚イラブチャーを、皮だけ取り外し、揚げるように焼き付け、身はバターの中でゆっくり火を入れ、強めの塩をして、元に戻した料理。

 

あの素っ気なかったイラブチャーが、しっとりと繊細になり、穏やかな甘みを滲ませる。粗野を、エレガントに変身させた。これこそが料理である。

 

<店舗情報>
◆レストラン エタデスプリ
住所 : 沖縄県宮古島市伊良部字池間添1195-1
TEL : 050-5597-0512
営業時間 : 18:00~22:00(完全予約制)
定休日 : なし

 

2,000円以下のプチプラグルメ

Q 2019年に行ったなかで、人におすすめしたい〈2,000円以内のプチプライスで食べられる幸せ〉は何ですか?

ハスタ
出典:ハスタさん

A 「小布施堂本店」の「雁の山」です。

日本人が、和菓子に託してきた自然の美学が、この点心には息づいている。小布施から望む雁田山にちなんだ「雁(かり)の山」は、小豆あんを山に、裏ごしした栗を空に見立てた生菓子である。

 

小豆あんの甘みは、決して栗の甘みを邪魔することなく、蒸して裏ごししただけの栗は、小豆あんの思いやりに感謝して、そっと微笑む。なんとエレガントな生菓子なのだろう。エレガントとは、食べた瞬間に、現実から解き放つ優雅であり、自然の厳しさと美しさを教える品位である。この生菓子は、その真実を、静かに証明している。

 

栗あん生菓子 雁の山 650円(税込/9月10月限定商品、本店レストランで提供)

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

 

<店舗情報>
◆小布施堂本店
住所 : 長野県上高井郡小布施町808
TEL : 026-247-1110
営業時間 : 食事 11:00~15:00 喫茶 10:00~16:00 栗菓子の販売 9:00~17:00 ※季節により営業時間の変動あり。
定休日 : 年中無休

 

2020年 注目のお店

Q 2020年、〈注目したい飲食店〉はどこですか?

写真:お店から

A 「élan(エラン)」です。

2020年1月10日に開店した、元「エスキス」の信太竜馬シェフの独立店。リオネル・ベカ氏から学んだ料理哲学と新たな食材の捉え方を、日本人としてどう展開していくのか。大いに期待したい。

 

<店舗情報>
◆élan
住所 : 東京都渋谷区神宮前5-10 GYRE 4F
TEL : 03-6803-8670
営業時間 : 18:00~21:00L.O.
定休日 : 水曜日

 

文:マッキー牧元・食べログマガジン編集部