吉野家でW定食を頼んだら「肉タワーのような丼」になった / お値段690円という奇跡

上の写真は、トッピングを追加して作った丼ではない。大盛りでもない。まぎれもなく、通常の一人前。いわゆる、デフォの量だ。

そりゃまぁ、高さが出るように若干盛ったことは認める。「高い方がインパクトあるよな」と思っていたことも認める。だけど、具材を追加するとか、写真を加工して大盛りに見せるといった小細工は一切していない。

それでいて、このモリモリ感。なおかつ690円という価格。なおかつ全国の吉野家で食べられるって……結構おいしいサービスではないだろうか? もちろん受け取り方は人によるだろうけれど、私が実際に試してみたところ「めっちゃアリ」と思ったので紹介したい。

・吉野家が始めたW定食のポテンシャル

そもそものきっかけは、吉野家が2020年1月29日から始めた『W定食』なるサービス。その名の通り、こいつを頼めば定食の具がダブル。お馴染みの牛皿に加えて、『牛カルビ』『牛カルビ生姜』『豚生姜焼き』『炙り塩鯖』などのうち、どれか1つがついてくる定食だ。

価格は、どのおかずを選んでも698円(税別)。さらに、以前の記事でお伝えした通り、吉野家では定食のご飯が24時間おかわり無料になっている。つまるところ、おかず2つにご飯おかわり自由で698円(税別)ってこと。

ただし、W定食は午前11時から翌朝4時までの提供と時間的な縛りがある。そこは注意が必要だが、コスパとしては悪くない。むしろ、ボリュームを考えたら相当いい気がする。

しかもだ。吉野家では2月18日23時までの期間限定で、「15時から23時までは定食10%オフ」的なキャンペーンをやっているから、そのへんをうまく使えばもっと安くなる。私は15時以降に入店してW定食を注文し、税込690円だった。

ちなみに、私が追加したのは『牛カルビ』。牛に牛を重ねていく選択を690円で出来たことにちょっとした感動を覚えつつ、メニューを眺めながら到着を待つ。

・オペレーションの懸念

それにしても、オペレーション的には大丈夫なのだろうか。店員さんからすれば、W定食を頼む人がいれば当然仕事量が増える。したがって、料理が出てくるまでに時間がかかるかも……ってことが実は入店前から気になっていたので、注文から提供までの時間を計ってみた。その結果がこうだ。

2分弱。定食であることを考えたら決して悪くない。もしかしたら、普通の定食よりも早いかも。ただ、私が店を訪れたときは混雑してなかったので、お昼時などであれば結果はまた変わってくるだろう。また、『牛カルビ』ではなく他のおかずを選んだら多少前後するはずだ。

まぁそんなことはさておき──

到着したW定食を眺め……

肉(牛皿)……

肉(牛カルビ)……

──の存在を確認して幸せな気分にひたったところで、幸福段階をもう1つ上げていく。牛皿を……

ドン

と重ねていけば……

牛皿だけでご飯が埋まってしまった。……まだ半分ある。そう、『牛カルビ』がまるまる1つ残っているのだ。その事実に驚きしかない。そして巻き起こる幸福のビッグウェーブ。至福の嵐。あぁ、なんて幸せなんだ……

と感じると同時に……!

このご飯は牛皿で食べて、

おかわりしてから『牛カルビ』をドンすべきか……

もしくは……!

おかわりなんて後のことは考えずに……

一気に『牛カルビ』をドンすべきか……

贅沢な悩み、発生。

幸福を最大限にすることを考えれば……

『牛カルビ』はおかわりに回すべき。

だけど……

だけど……!

牛カルビ、ひとくち食ったけどスゲー美味いんだ。

味がしみてる。

おかわりに回したら……

その時はお腹が多少ふくれてるだろうから……

今ほど美味しく感じないかも……

どうすべきなのか……?

あぁ……!

あああああああああああああああああ!!!!

[おわり]

参考リンク:吉野家(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

店舗限定”のむスイーツ”登場! 東京ミルクチーズ工場が秋葉原にオープン



アトレ秋葉原に、東京ミルクチーズ工場「Cow Cow Kitchen」が6月27日(木)にオープン!秋葉原店限定の “のむスイーツ”や、店内厨房で焼きたての「ミルクパイ」も登場します。オープン記念としてオリジナルクリアファイルのプレゼントキャンペーンもありますよ。

秋葉原店限定 “のむスイーツ”

秋葉原店限定の “のむスイーツ” は、ショートケーキ(680円・税込)とレアチーズケーキ(680円・税込)の2種類。



ショートケーキ(680円・税込)
甘酸っぱい苺ソースの上に、苺の香りひろがるスムージー、マスカルポーネでコクを出した生クリームの3層が混ざり合い、まるでショートケーキのような味わいです。

レアチーズケーキ(680円・税込)
アカシア蜂蜜とレモンピールのソースの上に、マスカルポーネとヨーグルトのスムージーを重ね、最後にマスカルポーネでコクを出した生クリームを絞っています。レモンの酸味がクセになる、レアチーズケーキのようなのむスイーツです。

店内厨房で焼きたての「ミルクパイ」も



ミルクパイ 1個:270円(税込)  5個:1,350円(税込)
店内のオーブンで焼き上げたサックサクのパイに、北海道産ミルクたっぷりのクリームを詰め込んだ、ここでしか食べられないパイです。

オープン記念キャンペーンのプレゼント



東京ミルクチーズ工場「Cow Cow Kitchen」アトレ秋葉原店にてお買い上げのお客さま先着2,500名様に、オリジナルクリアファイルを1枚プレゼント!無くなり次第終了となりますので、お早めに。


東京ミルクチーズ工場「Cow Cow Kitchen」アトレ秋葉原1店
住 所:〒101-0021 東京都千代田区外神田1-17-6アトレ秋葉原1店1F
営業時間:10:00~21:00
HP:http://tokyomilkcheese.jp/

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

今年も開幕! 都市型やきいもフェスティバル『品川やきいもテラス2020』 / 防寒対策は万全にして出かけるべし!

寒い! 猛烈に寒い!! 今年は暖冬と言われていたのだが、『tenki.jp』によればここ数日は関東でも気温が低く、雪への警戒も必要らしいので、外出時には十分に気を付けて欲しい。そんな寒い盛りに、毎回あのイベントは行われている。

都市型やきいもフェスティバル「品川やきいもテラス」だ。今年も来たぞ! 回数を重ねるごとに来場者数も増え、今年は初日に開場1時間で売り切れたお店もあった。みんなやきいも好きすぎだろ!

・やきいもモンブランクレープ

2017年1月に初開催したこのイベントは、今年で4回目。初回から好評を得ており、回を追うごとに来場者が増え、累計来場者数はなんと13万人にも及ぶそうだ。やきいも人気ハンパない! その開催初日(2020年1月27日)に開催初日に会場の品川シーズンテラス イベント広場に行ってみると、人気店には早くも長蛇の列。

この日は例年に比べて風が弱く、くもり空の割には過ごしやすかった。が! やっぱり寒い。いつ買えるかもわからないのに、列でジッと待てるほど、私はやきいもを愛していない。できるだけ早く買えるものを選ばなければ! そう思い、最初に向かったのは「やきいも処 Doco? 弐番館:山形県鶴岡市」のブース。

ここで購入したのは、「やきいもモンブランクレープ」(1000円)である。寒いからみんなアツアツのやきいもを買い求めるはずだ。きっとクレープは並ばずに買えるだろう……と思ったら真のやきいもファンは違った。寒さ負けじとクレープを買う! アイスまで買う!! やきいも愛に寒さは関係ないらしい。約5分待って私(佐藤)もクレープを受け取った。

アイスでも入っているかと思ったら、中にはクリームとダイス状にカットした紅あずま。クレープのてっぺんには、ペースト状にしたいもをしぼり出している。クリのモンブランのように見えるが、食べてみるといも!

冷たくないから寒くても食べられる。このほかこのお店では、やきいもホットスムージー(600円)や、やきいもブリュレクリーム(600円)を販売しているぞ。

・メープル・バニラ・やきいもポタージュ

何かあたたかいものを飲みたいと思い、次に選んだのは「やきいもコロ:愛知県知多郡」のブース。イベント会場でしか提供していないメニューの1つに、「メープル・バニラ・やきいもポタージュ」(700円)がある。

ポタージュ!? それあったかいんじゃないの? と思ったら、このメニューは、安納芋のあたたかいポタージュの上にバニラアイスをのせてメープルシロップをかけるという、冷と温を一度に楽しめる飲みものだった!

お店の人いわく、バニラアイスをポタージュに混ぜると、ちょうど良い甘さになるのだとか。言われるままにアイスをよく混ぜて溶かしこむと、いもの甘さにアイスのコクが加わって、実にまろやかな旨味になる。

美味しいのはたしかなのだが、気温を考えればもう少しアツアツのメニューをチョイスすべきだった。ちなみにこのお店では、紅はるか(500円)、なんたん蜜姫(S400円、M700円、L1000円)のほか、やきいもコロッケ(3個500円)などを購入することができるぞ。

・種子島紫

十分に堪能したのでもう帰ろう。寒いし……。

と、会場を離れようとしたところで、大事なことに気付いた。いも、食ってない! ということで引き返して、比較的スムーズに買えそうなところを選んでいもを食うことにした。最後に選んだのは、「薩摩芋蜜匠 あめんどろや:東京都文京区」である。

私は今回3回目の参戦だが、いまだに1度も食べていないものがあることに気付いた。それは紫芋である。ここのブースで扱っている種子島紫(M400円)を購入し、食べてみることにした。

表皮は一般的なサツマイモに比べて白いのに、半割りにしてみると中はとても鮮やかな紫色だ。食感はホクホクとしていて、柔らかい甘さ。蜜感の強い他のいもに比べると、優しく上品な印象を受ける。

ちなみにこちらのブースでは他に、おいもの蜜とりんごのパイ(400円)、いも蜜大学芋(200g 600円)などの販売を行っている。

開催期間中は厳しい寒さが予想されるので、防寒対策を万全にして出かけて欲しい。なお、販売商品の売り切れ情報等については、公式Twitter( @yakiimo_terrace )を確認するといいだろう。

・イベント情報

名称 品川やきいもテラス2020
場所 品川シーズンテラス イベント広場(東京都港区港南1丁目2-70)
会期 2020年1月27日~2月2日
時間 12:00~19:00 / 2月1日10:00~19:00 / 2月2日10:00~18:00

参考リンク:Twitter @yakiimo_terracetenki.jp
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。