伝説のすた丼屋の新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』のコンセプトがパワー系すぎて笑った! これが、ハンバーグの正しい使い方…!!

ただでさえ野郎メシのイメージが強い「伝説のすた丼屋」であるが、本日2020年1月29日より発売となった新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』の場合、そもそものコンセプトが狂おしいほどに漢(おとこ)なので覚悟が必要だ。

いやまさか、すた丼の肉山の中にハンバーグを丸々1個ブチ込んでくるとは思わなかったぞ。やることが完全にパワー系のそれというか、いつまでも変わることのない男子的メンタリティーには感動さえ覚えてしまう。まあ要はバカだ、バカ! さっそく食いに行くぞ! バカ最高ォォォォオオオ!!

・期待の新メニュー

ここのところ、いい感じのヤバイ商品を立て続けに発売している「すた丼屋」。前回食べた『トリプルすたみな爆肉丼』なんて、最終決戦みたいな内容で震えたものである。当然、今日から始まる『パワフルバーグ合盛りすた丼(税込920円)』にも期待したいところ……なのだが。

食券機を前にしてとんでもないことに気付いてしまった。そうか、今日は29日で「肉の日」だったんだ! 貼り紙によると……何ーーー!? マママ、マジかよ! すた丼の肉50%増量キタァァァァアアア!!

その結果……

肉の山の中に……

え?

なんかおる。

箸でよけてみると……。

こ、これは……!

ハンバーーーーーーーグ!!!!!!!

・まさかのダブル主演

なんと増量された肉の隣に、ハンバーグが丸ごと1個ねじ込まれていたのである。ちなみに、ハンバーグが「すた丼屋」に登場するのはこれが初めてとのことだ。いや、ならハンバーグ単体でもよかったろ! 両A面シングルかよ!! しかし、この過剰さこそ「すた丼屋」の本領と言えなくもない。

肉をかき分けるように食べ進め、

いざハンバーグにかじりつく! も……むむ? 「すた丼屋」によると、フライヤーで揚げることで外はカリッ&中はジュワッの新食感になっているという話だったが、私(あひるねこ)が思い出していたのは、子供の頃に食べたお子様ランチのハンバーグだった。

・懐かしい(?)味

そう、あらびき感のある肉っぽさとはまるで無縁で、なんかこうやたら柔らかいのだ。いや、ソースはニンニクが効いているし、これはこれでウマいが、どこがカリッやねんという気はちょっとしてしまったな。もしかして揚げ忘れたのだろうか? まあ、普通揚げないもんね。ハンバーグって。

こうして、豚肉のチェイサーにハンバーグを食べるという狂気の野郎メシタイムがしばらく続くことになる。肉、ハンバーグ、肉、ハンバーグ……。途中で「いやどっちも肉だろ」「ハンバーグはチェイサーではない」と気付きながらも、やはり極上にハピネスなひと時だ。我、カロリーを一身に浴び。

・できれば今日行け

ちなみに360円(税込)追加すると、ハンバーグが2枚になって総重量450gを超えるらしいぞ。なるほど、いよいよ戦争だな。期間限定なので食べたい人は急いだ方がいいだろう。今日中に行けば肉1.5倍だ! きっとあなたはそこで、ハンバーグの正しい使い方を知ることになる。

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

米原駅の駅弁ならコレ!米原駅でおすすめの人気駅弁5選

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!米原駅には、米原の美味しいものや琵琶湖地方の特産品を盛り込んだバラエティ豊かな駅弁が揃っています。今回は、米原駅でおすすめの人気駅弁を5個、ご紹介します。

1. 井筒屋 「湖北のおはなし」

photo by ekiben.or.jp

「湖北のおはなし」は、季節に応じて変わるおこわと湖北地方の名産品を盛り込んだお弁当。東京駅~新大阪駅間の東海道新幹線「こだま」の停車駅で誕生した「新幹線グルメ」として、昭和62年に米原駅で販売が開始されました。華やかで多彩なおかずは、田舎のおばあちゃんの味わいに仕上げ、季節のおこわは、春は山菜、夏は枝豆、秋は栗、冬は黒豆と、季節を感じられる旬のおこわが入っています。数量限定で販売される米原駅の名物弁当です。

取扱店 米原駅構内 新幹線上りホーム売店、新幹線下りホーム売店、在来線5番ホーム売店ほか
商品 湖北のおはなし: (税込)1,150円
お品書き 季節のおこわ、鴨のロースト、赤かぶ漬、海老豆、鶏のくわ焼き風、小芋、こんにゃく煮、玉子焼き、山ごぼう漬など
HP 井筒屋

 

2. 井筒屋 「元祖鱒寿し」

photo by ekiben.or.jp

「井筒屋」は、 安政元年に旅籠屋として創業。明治22年(1889年)に東海道線開通に合わせて駅弁屋を始めた老舗店です。「元祖鱒寿し」は、琵琶湖・湖北地方の名物を初めて駅弁に仕立てた一品。とろけるようなマスにあっさり仕上げた酢飯を合わせ、上品な味わいに。寿司の上にのせられた山椒の実が、美味しさのポイント!昭和12年(1937年)に発売されて以来のロングセラー商品です。

取扱店 米原駅構内 新幹線上りホーム売店、新幹線下りホーム売店、在来線5番ホーム売店ほか
商品 元祖鱒寿し: (税込)1,200円
お品書き 鱒寿し、わさび、醤油、ガリなど
HP 井筒屋

 

3. 井筒屋 「近江牛大入飯」

photo by ekiben.or.jp

「近江牛大入飯」は、カレー風味に炊き上げたご飯の上に、近江牛の焼肉をたっぷりのせた豪快なお弁当です。井筒屋特製のタレを絡めて焼き上げた近江牛が、ハイカラ風味と呼ばれるカレー味のご飯と相性抜群!ボリューム満点で、一気に食べ進められる人気の駅弁です。

取扱店 米原駅構内 新幹線上りホーム売店、新幹線下りホーム売店、在来線5番ホーム売店ほか
商品 近江牛大入飯: (税込)1,150円
お品書き カレー風味炊き込みご飯、近江牛焼肉、赤かぶ漬など
HP 井筒屋

 

4. 井筒屋 「琵琶湖の鮎・氷魚ごはんと一夜干し」

photo by izutsuya.cc

「氷魚(ひうお)」とは、鮎の稚魚のことで、冬の琵琶湖の風物詩です。「琵琶湖の鮎・氷魚ごはんと一夜干し」は、滋賀県産米のご飯の上に、琵琶湖で獲れた鮎の一夜干しと氷魚(ひうお)を散りばめた琵琶湖の恵みが詰まったお弁当です。おかずは、赤こんにゃくやえび豆など、琵琶湖エリアの素材や名産品を盛り込んだ内容となっています。このお弁当は、12月から2月、6月から8月頃までの期間限定のお弁当となっています。

取扱店 米原駅構内 新幹線上りホーム売店、新幹線下りホーム売店、在来線5番ホーム売店ほか
商品 琵琶湖の鮎・氷魚ごはんと一夜干し: (税込)1,000円
お品書き 氷魚白飯、鮎の一夜干し、玉子焼き、小芋、赤こんにゃく、えび豆、枝豆など
HP 井筒屋

The post 米原駅の駅弁ならコレ!米原駅でおすすめの人気駅弁5選 appeared first on 旅時間 – 旅のようなステキなひとときを。.

旅時間は、「旅のようなステキなひとときを」をコンセプトとした旅のウェブマガジンです。世界の絶景や世界遺産、人気のリゾートホテルや温泉旅館、定番の観光名所や季節のイベント、地域の絶品グルメや定番のお土産など、思わず旅に行きたくなるような情報をお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ベルギー産チョコでコーティング!東京ラスクの限定商品「アマンドショコラ」

ベルギー産チョコレートを使った「プレミアム・アマンドショコラ」


キャラメリゼした香ばしいカリフォルニア産アーモンドを、ココアパンのラスクの上にのせて焼き上げました。

ひっくり返した裏面には、ローストカカオとフレッシュフルーツのアロマの香り高い、ベルギー産のダークチョコレートでたっぷりコーティング。香り豊かで、高品質なカカオを使用した、大人のためのラスクを味わってください!
 

プレミアム・アマンドショコラ
価  格:1,080円(税込)
販売期間:1月15日~2月29日
販売店舗:麻布十番本店他/東京ラスク全店舗
     オンラインショップ

手土産にぴったり「東京ラスク」

ラスクをメインとした菓子を製造し、東京駅や空港などで店舗展開している、手土産やプレゼントに人気のラスク専門店です。

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~