ミルクチョコレートで優しく包み込んだ限定品「横浜レンガ通り ミルフィーユ」

サクサクパイとキャラメルナッツクリームの上品なミルフィーユ


ウイッシュボンの横浜土産のロングセラー「横濱レンガ通り」から、冬季限定「横濱レンガ通り ミルフィーユ」を発売。キャラメルナッツのリッチなクリームを、サクサクに焼き上げたパイ生地にサンドして、ミルクチョコレートで優しく包み込みました。バレンタインの贈り物にもおすすめです。

新横浜のキオスク・工場・オンラインショップでの限定販売

「横濱レンガ通り ミルフィーユ」は、新横浜駅の「グランドキヨスク新横浜」「ギフトキヨスク新横浜西」、オンラインショップ、工場直売店のみの限定販売になっています。プレミアムな「横濱レンガ通り」をどうぞ味わってください。

横濱レンガ通り ミルフィーユ
価  格:4個入 594円(税込)/8個入 1,080円(税込)
発 売 日:2020年1月29日(水)
販売店舗:JR新横浜駅 グランドキヨスク新横浜/ギフトキヨスク新横浜西(2月19日~)
     ウイッシュボン公式オンラインショップ
     工場直売店

●グランドキヨスク新横浜

●ギフトキヨスク新横浜西

【工場直売店】
所 在 地:神奈川県横浜市金沢区福浦1-2-6
営業時間:10:00~16:00
定 休 日:日曜日・月曜日
Instagram

 
[@Press]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【世界で2店舗だけ】本物のベトナム「エッグコーヒー」はハノイと横浜にある / CAFE GIANG(カフェ ジャン)

ここ数年、タイと並び東南アジアの観光地として人気を博しているのがベトナムだ。暖かな陽気と物価の安さ、さらには日本人の口に合うグルメも多く、都内にはベトナム料理専門店が軒を連ねている。中でもフォーやバインミー、バインセオあたりはもはやポピュラーな料理と言ってもいいだろう。

だがしかし、今回ご紹介する『エッグコーヒー』は、ベトナムの首都・ハノイと横浜でしかいただけない希少なコーヒーだ。ハノイはわかる。だがなぜ横浜なのか……? それについても以下で説明しよう。

・エッグコーヒーとは

まずは『エッグコーヒー』の情報から。エッグコーヒーとは、苦みの強いコーヒーに卵黄と砂糖、練乳などで作ったエッグクリームを混ぜて飲む、ベトナムの伝統的なコーヒーである。その歴史は古く、1950年代からカフェの定番メニューであったという。

もちろん、ベトナムに行けば多くの店でエッグコーヒーは提供されているし、日本でもエッグコーヒーが飲める店は少なくない。だがしかし “本物のエッグコーヒー” が飲めるのは、冒頭でもお伝えした通りハノイの横浜の2店舗だけなのだ。

なぜならば、今回ご紹介する「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」こそがエッグコーヒーの元祖であり、現オーナーの父「グエンバン・ザン氏」がその生みの親であるという。CAFE GIANGはハノイの本店と横浜の2号店だけ。つまり……そういうワケだ。

・元祖「エッグコーヒー」の店

さて、2018年に横浜でオープンしたCAFE GIANG2号店は、中華街の中に店を構えている。エッグコーヒー(ホット)は税込み480円、その他には「エッグコーラ(480円)」や「エッグビール(680円)」も楽しめるようだ。

今回注文したのはもちろんエッグコーヒー。この日は暑かったのでアイスにしようかとも思ったが、店員さんによれば「ホットが基本です」とのことなので、ホットを注文した。提供までにはやや時間がかかるが、席まで店員さんが運んでくれるぞ。

初対面のエッグコーヒーは、黄色い泡に覆い尽くされたカプチーノっぽいビジュアル。コーヒーと泡を別々に楽しむのではなく、よく混ぜてから飲むのがポイントのようだ。底の方からスプーンでよくかき混ぜてからいただこう。

・甘みと苦みのコントラスト

気になるお味はというと、口当たりはまさにカプチーノ。そして甘みの奥からくる苦みが印象的な、振れ幅の広い1杯だ。練乳を入れて飲む「ベトナムコーヒー」もそうだが、このコントラストを楽しめるのがエッグコーヒーの魅力なのであろう。

なお、エッグコーヒーと一緒に食べるバインミーもとても美味しかった。中華街巡りの途中にエッグコーヒーで一服……なんてコースもいいのではなかろうか。何度でも言うが、本物のエッグコーヒーが飲めるのは、ハノイと横浜だけである。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 CAFE GIANG(カフェ ジャン)
住所 神奈川県横浜市中区山下町78-3
時間 日~木10:00~22:30 / 金土10:00~23:00
休日 無休

参考リンク:CAFE GIANG(カフェ ジャン)
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ギフトにも最適!濃厚なめらか恋いちごプリン【函館】

「はこだて恋いちご洋菓子店」とは

「はこだて恋いちご洋菓子店」では「いちごスイーツを通した新しい発見」をコンセプトに、自社で栽培された「はこだて恋いちご」を使ったスイーツを展開。どの商品も一つ一つ丁寧に手作りされたものばかりで、いちご生産者だからこそ作れる素材を最大限に活かした味に仕上がっています。

もともと、函館は日本で最初の国際貿易港として栄え、様々な文化や食材が行き交った場所。今でも、西洋建築と日本文化の融合が街のあちらこちらに見られ、観光地としての魅力が溢れています。「はこだて恋いちご洋菓子店」では、いちごスイーツを味わってもらうことはもちろん、もっと皆さんに函館のことを知ってもらいたい!そんな想いから、いちごスイーツのブランドを立ち上げました。

食べたら恋に落ちるいちごプリン

いちごプリン

函館を訪れたお土産としても人気がある濃厚なめらかいちごプリンは、自社生産の「はこだて恋いちご」と函館で採れた牛乳を使用。地元食材にこだわることはもちろん、最も美味しい食感と味を体感してもらうためにも、100回以上の試行錯誤を積み重ね、他では味わうことのできない深みのある甘さと甘酸っぱさが特徴のプリンが完成しました。

一般的な苺の平均糖度は10度前後ですが、「はこだて恋いちご」の糖度は15度。ときめく甘さが数字として証明されている上に、いちごを生産する者として「いつ」収穫すれば最高の状態でいちごを届けることができるのかを熟知しています。通常はベストなタイミングで収穫しても、小売店を通してお店に届くまで時間がかかってしまいます。しかし、「はこだて恋いちご洋菓子店」なら、収穫してから美味しいスイーツになるまでの時間を極限まで短縮することができます。

完熟して真っ赤になった美味しい苺は甘さと微かな酸味、いちご特有の幸せな香りが感じられる、まさに食べたら恋に落ちてしまう美味しさです。

はこだて恋いちご洋菓子店
住所:北海道函館市末広町15-1 ルネッサンス末広 1F
電話:0138-86-7617
営業時間:10:00~18:00
公式HP:https://hakodate-koi-ichigo.com/

[@Press]

~人生に旅心を~