カノーブルから口どけの融点をバターで変えた新感覚のチョコレート

新しい口溶けの新世代チョコレート

食べるバターブランドとして様々な商品を生み出し続けている「カノーブル」より誕生したのは、新感覚のチョコレート「THE BUTTER CHOCOLATE」です。その魅力は、お口の中でチョコレートがとろける温度をコントロールし3段階に分けることで、今までにない芳醇なカカオ本来の香りとまろやかなバターの旨味を感じられること。

THE BUTTER CHOCOLATE

口溶けのタイミングをコントロールするために、通常カカオ豆に含まれるカカオバターを使用してチョコレートを製造するところ、「カノーブル」ではミルクのバターを使用しています。バター製造で培った最新の技術により、分離しない技術やフレーバーをつける製法を編み出しています。

口溶けの融点が異なることで、舌、上顎、鼻に抜ける香りを順に追って楽しめるようになり、カカオとバター両方の味を楽しめるだけでなく、バターの口溶けとカカオのとろける香りがチョコレートの新たな可能性を引き出しています。

新開発のモールドは上品なデザインに

新開発のモールドは上品なデザインに

モールド(流し型)は、ブールアロマティゼの伝統的なパドルシェイプ(手作業で生じた溝)を模したストライプブロックと、お好みのジャムやクリームを乗せて楽しむポケットブロックを組み合わせた個性的なパターンデザインで仕上げています。そのまま食べても美味しいですし、バターの特徴を活かしてリベイクしたパンなどにのせていただくのも贅沢な味わいにまとまります。

さらに、チョコレートと相性の良いフルーツと一緒にデザート感覚で食べたり、寒い季節にぴったりなホットチョコレートとして溶かすのもオススメ。大人な女性には、最高な組み合わせとしてお酒のお供を提案します。パッケージもシンプルで洗練された贈る相手を選ばないデザインなので、ビジネス上でのお礼や友人など幅広く使えそうですね。

第一弾のフレーバーは個性あふれる3種

第一弾はチョコレートとバターを組み合わせ、カカオの特性、バターの加工方法、フレーバーによって3種をラインナップ。各フレーバーは1ロットのみの製造で、季節によって新たなフレーバーが登場します。今後はビーントゥバーなどにも展開を予定しています。

・TERROIR (テロワール)
産地によるカカオ豆の個性とミルクのバターが持つ口溶けや風味を最新の技術でメタモルフォーゼすることで、カカオの香りの解像度を上げて一層の個性を引き出した、シンプルで奥深いバターチョコレートです。

マダガスカル

No.001 商品名「マダガスカル」
マダガスカル産カカオのチョコレートとフレッシュバター、ベリーのフルーティーな風味とナッツのアロマ、バターと合わさることで一層強いカカオ感を実現しました。

・TOILE BLANCHE (トワルブランシュ)
濃厚なココアバターと口溶けのミルクバターそれぞれの美味しさを最新の技術でメタモルフォーゼして、リキュールやスパイスで個性をまとった、新しい価値観のチョコレート。

ジンジャーアマレット

No.002 商品名「ジンジャーアマレット」
ホワイトチョコレートにアーモンドリキュールと杏仁のフレーバーをほんのりと加え、国産フレッシュバターを練り込み、辛味の強いジンジャー(生姜)をアクセントに加えた大人のスイーツです。

・BEURRE NOISETTE (ブール・ノワゼット)
焦がしバターとカカオが生み出す四次元の味。「焦がす」ことで姿をあらわす素材の本当の姿を最新の技術でメタモルフォーゼした、驚きのバターチョコレートです。

スカッチ

No.003 商品名「スカッチ」
焦がしバターとミルクチョコレートをミックスすることで、体験したことのないカカオの魅力が満載。てんさい糖とバターを焦がした「バタースカッチ」(飴)を細かく砕いて練り込んでいるので、濃厚な甘さもアクセントになっています。

商品詳細
商品名:「THE BUTTER CHOCOLATE」No.001〜003
内容:1個入り(約40g)
価格:1,420円(税込)
賞味期限:冷凍保存(-15℃以下)未開封で60日間
※開封後は常温(28度以下)で保存可能(お早めにお召し上がりください)
※岡山店・東京店での販売は2月10日から
※公式HPにてネット予約が可能です
公式HP:https://depa.stores.jp/
(商品の発送は2020年2月7日以降を予定)

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

話題のアイス『たべる牧場いちご』をインスタ映えにアレンジしてみた

2018年にブームとなったアイスのひとつに『たべる牧場ミルク』がある。豊かなミルクの風味に加え、縦長のカップに入っているのが特徴。SNSユーザーがこぞって好みのアレンジを投稿して人気となった。

そんな『たべる牧場ミルク』にこの度、新商品『たべる牧場いちご』が登場して再びSNSユーザーの間で話題となっている。筆者は味を確かめつつ、アレンジにも挑戦してみることにした。

・『たべる牧場いちご』を実食

『たべる牧場いちご』の通常価格は税込208円。全国のファミマにて数量限定販売となっている。筆者はファミマのアイスコーナーに立ち寄ってみたところ、同商品を発見。ポップもデカデカと掲示されていた。

それではさっそく食べてみよう。上の白い部分だけをひとくちいただくと、ふんわりとした口あたりと共にミルクの風味と甘みが広がった。昔ながらのソフトクリーム系アイスを彷彿とさせる味わいで、あっさりしていて食べやすい。

続いて、いちごの部分を味わってみたら、果肉感がありながらも口どけ滑らかなイチゴジェラートに仕上がっていた。いちごらしい甘酸っぱさ効いていて、こちらも良いぞ。

また2つ一緒に味わえば、いちごミルク味へと変化。インパクトはないが、さっぱりとした味わいがナイスだ。また、シンプルなだけに「たべる牧場ミルク」と同じくアレンジを誘う仕上がりと言えそうである。

(さらに…)

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

日本の味に近い!?台湾人と台北・公館で人気のラーメン屋「十二巷拉麺(シーアーシャンラーミエン)」へ【台湾】

台湾人もラーメンが大好き!

台湾人に「日本旅行では何を食べたい?」と聞いてみると、候補の中にはほぼラーメンが入っています。台湾人もラーメンが大好きで、特に豚骨ラーメンが人気のようです。今回このラーメン屋さんに連れて行ってくれた友人も、日本には何度も旅行に行っている方なので、期待は高まります。「試試看吧!(試してみるといいよ!)」とのことで、さっそく行ってみました。

台北MRT公館駅4番出口から徒歩でアクセスOK「十二巷拉麺」

十二巷拉麺
台湾人の友人おすすめのラーメン屋「十二巷拉麺(シーアーシャンラーミエン)」は、台北MRT公館駅4番駅から歩いて数分の細い通りの中にあります。なんだか居酒屋のような雰囲気だなぁと思ったら、看板には定食居酒屋という文字も掲げられていました。雰囲気のあるお店です。

座席数豊富!清潔感のある店内

十二巷拉麺 入り口
座席数は豊富で、一階だけでなく二階にもテーブル席がたくさんあります。シンプルで清潔感があり、気持ちよく食事ができる雰囲気です。

お茶はセルフサービスで

お茶もセルフサービスでいただけます。

メニューは日本語表記ありで安心

メニューには日本語も書かれている
こちらがお店のメニュー兼注文票です。日本語表記もあり、注文しやすいです。メニュー数は豊富で、ラーメンだけでなくうどんや定食、カレーなどもあります。ラーメンのスープは白濃、醤油、味噌、辣味(スパイシー)、蒜味(ガーリック)の5種類から選択可能です。

看板に居酒屋とあるようにお酒も飲むことができ、台湾ビールはもちろん、冷酒やサワーなどもあります。枝豆や揚げ物などのつまみもあるので、公館夜市を散策した後にお酒を楽しみたい方にもおすすめです。

特製豚骨ラーメンのお味は?


筆者とりあえず、人気だという「特製豚骨拉麺(豚骨ラーメン)」を注文してみました。スープは白濃で。 138元(約500円)と、そんなに高くないです。ラーメン類は一回までは麺のおかわり(替え玉)が無料となります。しばらく経って運ばれてきた豚骨ラーメンは、大きなチャーシューが2枚と半熟玉子ものっていておいしそうです。

特製豚骨ラーメン
さっそくいただいてみると、豚骨の旨味がたっぷりでありながらも、あっさりめのスープがおいしいです。台湾人は濃すぎる味わいのラーメンが苦手な方が多いので、台湾人の好みに合わせてちょっとあっさりめにしているのかもしれません。

筆者も濃すぎるラーメンは苦手なので、ちょうどよい濃さだと感じました。チャーシューも柔らかくてほろっととろけ、肉の旨味たっぷりです。海外でいただく日本料理は不思議な見た目や味わいであることもよくありますが、ここのラーメンは全体的に見て、日本の味にかなり近いと感じました。

日本の行列ができるようなラーメン屋さんの味には敵わないですが、思った以上においしくてお値段も手頃だったので、台湾にいる間に日本のラーメンが恋しくなったらここに来ようかなぁと思いました。味に厳しい台湾人がおすすめしてくれるお店は、今のところ外れたことがありません。

十二巷拉麺
住所:台北市中正區羅斯福路四段12巷1號

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~