マカオで買いたいお土産9選!東洋と西洋が混じり合う文化を感じよう

東洋と西洋が混ざった文化のマカオ。旅で訪れたら他では見られないユニークなお土産が見つかるかもしれません。ここではマカオで買って帰りたいお土産をご紹介します。

*編集部追記
2019年4月に公開された記事に新たに追記しました。(2020/02/09)

 

エッグタルト

photo by shutterstock

マカオと言ったらエッグタルトとイコールで結びつけられるほど、有名なお土産の一つ。もともとポルトガルのデザートですが、ここマカオでも大人気です。専門のお店がいくつかある上に、マカオのフェリー乗り場にもエッグタルトのお店が入っているので、何処へでも手に入ります。

どうしても夜遅くなってしまう場合は、ベネチアン・ホテルの一階にあるエッグタルトのお店「Lord Stow’s Bakery」がおすすめです。売り切れたら終わりなので、お店は24時近くまで営業していますが、せめて22時前には訪れましょう。

エッグタルトはパイの中にプリンとカスタードが入っているもの。お店によって卵の風味が強いもの、パイの生地が若干異なるので、一つとは言わずいろんなお店のエッグタルトを食べ比べてみてください。お土産でも1〜2日は持つので、お土産として日本に持って帰るなら最終日に購入するのが良いでしょう。

■詳細情報
・名称:Lord Stow’s Bakery
・住所:Shop 870, Mask Street, Level 3, ベネチアンマカオ内
・地図:
・アクセス:空港からシャトルバスで約5分、市内中心地からシャトルバスで約15分程度
・営業時間:10:00〜23:00(金曜日・土曜日は10:00〜24:00)
・定休日:なし
・電話番号:+853 2886 6889
・公式サイトURL:https://www.lordstow.com/

 

石鹸

photo by pixta

ポルトガル産の石鹸を見つけるのもおすすめです。石鹸はいくらあっても様々な用途で利用することができる上に、基本的に外国産の石鹸は匂いが良いものが多いので、女性や家族へのお土産にぴったり。

とにかくパッケージが可愛らしく、思わず何個も手に取ってしまいそう。色もカラフルで青や赤、黄色など好きなものを自分に大量買いしてしまいそう。

特に、ポルトガル雑貨を置いているメルカリア・ポルトゲーザ(MERCEARIA Portuguesa)は、可愛らしい外装で大人気です。SNSに思わず載せたくなるような物ばかり。マカオに行ったらぜひ立ち寄ってみてください。

■詳細情報
・名称:MERCEARIA Portuguesa
・住所: 8 Calçada da Igreja de São Lázaro, マカオ
・地図:
・アクセス:モンテの砦から徒歩約5分
・営業時間:11:00〜19:00
・定休日:なし
・電話番号:+853 2856 2708
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/merceariaportuguesa/

 

ポルトガルワイン

photo by shutterstock

マカオにはポルトガル由来のお土産が数多くありますが、その中でもお酒好きな人に人気なのがポルトガルワイン。

ワイン博物館をはじめ、マカオにいくつかポートワインを試飲できるスポットがあり、そこで購入することもできます。

ボトルで買うと重い上に、割れないようにしっかり包装をする必要があります。気になるようであれば、お店で相談するのが良さそうです。気に入ったワインを購入することができるので、ワイン好きは買いすぎないように気をつけましょう。

※現在、ワイン博物館は一時閉館中で再オープンは未定です

■詳細情報
・名称:ワイン博物館
・住所:Rua Luis Gonzaga Gomes 431地階(ツーリズム・アクティビティ・センターCAT内)
・地図:
・アクセス:マカオフィッシャーマンズワーフから徒歩約7分
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:火曜日
・電話番号:+853 8397 1825
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.museums.gov.mo/eng/museums.html

 

ホテルで販売しているオリジナルグッズ

photo by shutterstock

マカオのコタイエリアには、年々たくさんのホテルが建てられており、その一つ一つにテーマが定められています。たとえば、ザ・パリジャン・マカオはパリ、ベネチアン・ホテルはイタリアのベネチアなど。テーマごとにホテルがオリジナルグッズが販売されており、そこのホテルでしか購入できないものばかりです。

宿泊をしなくてもホテルのオリジナルグッズを購入することができるので、もしホテルの雰囲気が気に入ったら、メモやキーホールダー、Tシャツ、バッグなどを購入してみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:ザ・パリジャン・マカオ
・住所:Estrada do Istmo, Cotai Venetian Macau, マカオ
・地図:Google Mapを埋め込み
・アクセス:マカオ・フェリーターミナルから車で6分、タイパ・フェリーターミナルから車で10分、マカオ国際空港から車で8分(フェリーターミナルと空港から無料シャトルバスあり)
・電話番号:+853 2882 8833
・公式サイトURL:https://www.parisianmacao.com/

 

マカオビール

photo by 桃

お土産にはやっぱりご当地ビール!マカオにもマカオビールというご当地ビールがあります。スーパーマーケットで缶ビールを購入することができるので、自分用にはもちろん、友達や両親にプレゼントしても良さそうです。そこまで高くない上に、350mlなのでそこまで重たくなく持ち帰ることができるのもメリットです。

ただ、ポートワインをお土産に購入した方は特に、免税範囲は超えないように気をつけてくださいね。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【最強そば屋のカレー】牛すじ・カツ・チーズ・温泉卵が全部のせ! 小川町『河北や』のスペシャルカレーが男のロマンすぎた!! 立ち食いそば放浪記:第157回

みんな大好きカレーライス! ただでさえウマイのに多くの食材と調和する懐の深さまである。どんな具を乗せてもそれぞれの強みを生かしまとめ上げる圧倒的リーダーシップ。カレー専門店の全部乗せは理にかなっていると言える。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。この度、そんな専門店の全部のせにも負けない夢のカレーに出会った。牛すじ・カツ・チーズ・温泉卵が集結! 小川町『河北や』のスペシャルカレーが男のロマンすぎた!!

・牛すじカレーがウマイ

都内に数多くある立ち食いそば屋。安さと早さで勝負する店から、立ち食いクオリティーを超えた味を提供する店まで、その個性は様々だ。そんな激戦区でオリジナリティーを確立しているのが小川町にある『河北や』である。

鶏で出汁をとり、具にも鶏肉を使う山形県河北町の名物 “つったい(冷たい)肉そば” が食べられるこの店。実はカレーも和牛すじを煮込んだ本格派であることは以前の記事でお伝えした通り。

・漂う王者の風格

中でも王者の風格を醸し出しているのが「スペシャルカレー(税込990円)」だ。響きからすでに気になるこのメニュー。どれくらいスペシャルなのか注文してみたところ……

カツ、ドーン! あーんど……

おんたま~\(^O^)/

・牛すじ&カツ

ただでさえ牛すじカレーなのにさらにカツ。小鉢の温泉卵を乗せてみると、なるほど確かにスペシャルっぽい雰囲気が感じられる。でも、これだとカツカレーとそんなに違わない気もするな……と思いきや

チーズびよ~ん\(#´▽`)人(´▽`#)ノ

カツの下にチーズが隠されていた!! カレーに合うトッピングの嵐。食べてみると、ただでさえまろやかな牛すじカレーがさらにトロけるような味わいとなっていた

・ウマさはもちろん嬉しい

オールスターにしてドリームチームなトッピングの布陣は、野球で例えるなら巨人、サッカーで例えるならレアル・マドリードに似たワクワク感を感じる。ウマさはもちろん嬉しいカレー……それが『河北や』のスペシャルカレー。文字通り、スペシャルな気持ちをありがとう!

・今回紹介した店舗の情報

店名 河北や
住所 東京都千代田区神田錦町1-2
営業時間 月~金10:30~23:00
定休日 土・日・祝

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【注意】絶対にヤンヤンつけボーの「つけデコパーティーセット」で1人さびしくヤンパーしてはいけない

一番好きなお菓子は何ですか? と聞かれたら、迷わず「明治の『ヤンヤンつけボー』です!」と答えるくらいにヤンヤンが好き。その愛は、「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」なる記事も書いたくらい。

そんな私にとっても、ヤンヤン界の最強セット商品「つけデコパーティーセット」は未知なる領域だった。なぜならヤンヤンの素晴らしさを共感できる「ヤン友」がいないからである。ずっと一人のヤン活だった。

しかし、いつまでも逃げてばかりはいられない。もしかしたら1人でも楽しくヤンパー(ヤンヤンパーティー)できるのかも? 試してみた。

先に結論から書いてしまおう。

虚しかった。

泣きたくなるほど虚しかった。

もう二度と、1人で孤独ヤンパーするものかと強く心に誓った次第だ。

なぜそう思ったのかといえば、「つけデコパーティーセット」のセット内容が、あまりにも楽しげだったからである。

まず、開封した時点で……

テンションMAX。

ヤンヤン×3に、さまざまな「つけ具」が入っているうえ、それらを入れる釣具入れのような「ヤンヤン専用トレー」まで入っている。

あのヨーグレットまでヤン化できちゃうなんて夢のようだ。

中心のくぼみにはヤンヤンがピッタリ。

そして、いつものようにチョコをつけて……

パウダーと共にヨーグレット……

マーブルチョコもwithして……

仕上げにパチパチキャンディーも付けちゃって……と、本来であればメチャクチャ楽しいヤンヤンタイムなのであるが、なぜか今回ばかりはスンゲーーーー虚しくなったのである。泣きたくなるほどの虚しさだった。

昔から一人遊びは得意だし、メシも1人で食べられるし、寂しさや虚しさにも比較的強いタイプなのだが、なぜか今回ばかりは耐えられなかった。

きっとこれ、大勢のヤン友と一緒にやったら絶対に楽しい。間違いなく盛り上がる。その確信が強ければ強いほど、寂しく単独ヤンパーしている自分に虚しさを感じてしまったのである。幸せな商品、「つけデコパーティーセット」。孤独のヤン者は、気をつけて。

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。