UberEatsで見つけた名前のクセが強い店『肉テロ! 肉らしくてぎゅう』 実はあのステーキ屋だった!

外出自粛以降、出前の利用頻度が上がった人も多いはず。しかしそのおかげで、知らなかったお店を発見することがある。出前館やUberEatsを見ることで、街を歩いていても気づかなかったお店に出会えるのだ。

最近私が発見したお店は、名前を見た時点で完全に目を奪われた。心を奪われた。もっと言えば胃袋を奪われたと言ってもいいだろう。そのお店は『肉テロ! 肉たらしくてぎゅう』という。名前を見ただけで「お!」と思ってしまい、気が付けば注文を完了していた……。

・導かれるように

「肉テロ」が飯テロを由来とした名前であることは、容易に察しがつく。お店のページを開いてみると、トップにはステーキとハンバーグの画像が。こりゃ、もう頼むしかなかろう。

幸い私はこの日、1人でポールダンスの練習をしてきたばかりだ。運動習慣を再開したばかりなので、「動くと腹が減る → 暑いからスタミナも欲しい → ステーキを食おう」となるのは自然の流れ。導かれるようにして注文した。

頼んだのは、「肩ロースカットステーキ丼」。デリバリー限定という言葉が、なんだか魅力に感じたのだ。のちのち「あれ? 配達専門店じゃないのかな? デリバリー限定って当然だよね……」と思ったが、実はこのお店、イートインもできる店舗だった。ただし違う名前で営業をしている。詳しくは後ほどお伝えしよう

肩ロースカットステーキ丼(1380円)を肉450グラム(+1540円)で注文。別料金でご飯も増量できたのだが、肉をたらふく食えれば満足じゃ! 配送料150円にサービス料292円(特別オファーで100円引き)。合計3262円。肉テロに乗せられたとはいえ、ちょっと奮発しすぎた……。

・あの音が聞こえてくるようだ

30分と待たずに商品が届いた。コロナ禍でも配達してくれる人がいるから、うちで美味しものを食べられる。本当に助かっている。これから暑くなるので、配達スタッフの皆さんには熱中症に気を付けて欲しい。玄関前置きだったので直接は言えなかったが、心の中でありがとうと言って受け取った。

フタを開けると、そこには夢の世界が広がっていた。茶色だ。肉がゴロゴロ寄り集まった茶色い世界が広がっている。だがしかし! 私にはそれが花畑のようにさえ見えるぞ。何しろ腹が減ってるから、完全にメルヘンの世界に見えるのだ。

見てくれよ、この肉。ソースをまとって内側から肉汁がジワリとしみて出てきているじゃないか。聞こえるぞ、私には焼かれていた時の「ジュー」という音が。あの音はこの世で1番聞き心地の良い音である。

ひと切れ口のなかに放り込むと、見た目通り、いや見た目以上である。デリバリーメニューのために焼き加減は「ミディアムウェルダン」限定ではあるが、それでも肉は十分柔らかく美味しい。これがミディアムレアだったらもっと美味いのかも? と思ったが、それでも大満足。大大満足である。

・ここは⁉

そういえば、このお店の住所を見た時、「知ってる気がする」と感じた。地図を見て、「こんなところに『肉テロ!』なんて看板がかかっていたら、絶対に忘れないはずだけどなあ」と不思議に思ったのである。自分のことだから、メモ代わりに写真を撮ってるはずなんだけど……。

そう思いながら別日に住所地に行ってみたところ、やはり知ってる場所だった。そこは……

ステーキマックス中野北口店だった

ステーキマックスといえば、固形燃料で鉄板を加熱するステーキ専門店だ。唐揚げを付け合わせにしていることを売りにしており、ふらんす亭の跡地にお店を展開している。なるほど。実店舗はステーキマックスとして、デリバリーは肉テロとして営業している訳だ。

最近は配達だけの営業を行う有名店も増えている。中には、有名店の一部商品を集めてUberEatsだけで営業する「取り寄せ店」も存在する。配達需要の高まりを受けて、出前市場は今後さらに競争が激化していくことになりそうだ

・今回紹介した店舗の情報

店名 肉テロ! 肉たらしくてぎゅう 中野北口店
住所 東京都中野区中野5-61-6 サンモール富士ビル2F
営業時間 11:00~翌1:00

参照元:UberEats
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【筋肉割引】タコベルに「タンクトップ」を着ていくと新商品が半額になるってマジかよ! 実際にマッスルポーズをキメてみたらこうなった

タコスやブリトーで有名なアメリカ発のファストフードチェーン「タコベル」が本日2019年7月9日、新メニュー『ネイキッドチキンタコ』を発売した。タコスの生地がまるまるフライドチキンになっているという、なかなかブッ飛んだ商品のようだ。

メキシカンポテト、もしくはナチョチップスとドリンクが付いた『ネイキッドチキンタコ コンボ』は税込780円なのだが、この時 “あるもの” を着てお店に行くと、なんとこのコンボが半額になるらしい。一体どういうことなのか?

・半額にする方法

780円の『ネイキッドチキンタコ コンボ』を半額で食う方法を教えてやる──。そんな甘い言葉に誘われ、タコベルの店舗前へとやって来た私(あひるねこ)。しばし待っていると、遠くの方から見覚えのある男が歩いてきた。

当編集部のサンジュンである。

──サンジュンさん、本当なんですか? クーポンも使わずに新商品を半額で食べる方法があるというのは。

「セイセイセイ。サンジュンではない。タンクトッパーサンジュンと呼んでくれ。今日の俺の服装を見てもらえば、答えは おのずと分かるはずだが?」

──いやぁ、分かんないですね……。だっていつも通りのサンジュンさんじゃないですか。

「セイセイセイ! よく見ろチキンボーイ!! タンクトップだよ、タンクトップ! 今タコベルにタンクトップを着ていくと、『ネイキッドチキンタコ コンボ』が半額になるんだよ!! あとサンジュンじゃなくて、タンクトッパーサンジュンな」

そう、実はこれ、サンジュンの妄言ではなく本当に実施されているキャンペーンなのだ。ノースリーブ(タンクトップ、キャミソール、ベアトップ)の着用が割引の条件とのことだぞ。マジかよ、それで半額!? さすがサンジュンさん、ダテに乳首浮いてないっすね!

・実際にキメてみた

ただしサンジュンによると、タンクトップを着ているだけではダメらしい。注文時に “最強チキンポーズ” なるものをキメる必要があるんだとか。何だそれは。

サンジュン「要はフロント・ダブル・バイセップスのことだな。ボーイよ、俺をしっかりと見ておくんだ」

そう言い残し、スタスタとレジ前まで歩いていくサンジュン。どう見ても不審者のため、自分だけでも逃げる用意をしていると……。

サンジュン「すいません。『ネイキッドチキンタコ コンボ』を一つ……」

下さいッッ!

はい終わったーーーーー! 撤収ゥゥゥゥゥウウウウ!! ところが……。

店員さん「……かしこまりました(笑)」

な、何ィーーーーーー!? 店員さんによれば、この行動で本当に半額の390円になるみたいだぞ。マジかよォォォォオオオオ! ちなみに、サングラスは必要ないとのこと。さらに言うと、筋肉も別にいらない。タンクトップさえ着ていればいいのだ。簡単である。

・生地がチキンに

さて、念願の『ネイキッドチキンタコ』だが、マジで生地がフライドチキンになっていた。チキン風味などではなく、チキンが生地の代わりに使われているのだ。タンクトップばかりに目が行っていたが、こっちもこっちで相当に意味不明な代物である。

ところが、食べてみるとこれが実にウマい! 中には野菜とたっぷりのマヨソース、そしてチーズが入っていて食べ応え十分。なにより、チキンがまるで脂っぽくなくて驚いてしまった。思った以上にサッパリと食べられるではないか。これが半額とか最高かよ!

・今月末まで

キャンペーンは7月31日までとなっており、1万コンボに達し次第終了となるため急いだ方がいいだろう。Tシャツの袖をまくるだけではダメだぞ。ノースリーブ着ている人限定だから注意してくれ。あと、勢い余って裸になるのも禁止だからな。

・自分を開放しろ

ポーズをキメるのが恥ずかしい。体型に自信がない。そんな人は、ぜひサンジュンのことを思い出してもらいたい。彼は羞恥心の欠片も持ち合わせていなかったため、結果的に激ウマチキンを半額で食べることができたのだ。やらなきゃ損々である。ぜひみんなもノースリーブを着用の上、お店まで行ってみてくれよな!

参考リンク:タコベル
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

『琉球バブルコーラ』は泡盛ビギナーにもオススメ! クセは “ほぼ0” な上にアルコール度数も低めだぞ!!

夏! 青い海!! そして泡盛のロック!!!! って最強だよね。まあ今年は外に出辛いが、泡盛は自宅で飲めるので良しとしよう。ちなみに記者の推し泡盛は “瑞泉” だ。キリッとしていて美味しいよな。そうは言うものの、泡盛は好き嫌いの分かれる酒であるような気もしている。よくわからないが、味のクセが強いのかしら。

好みなので何とも言えないものの、酒が飲めるのに泡盛を飲んだことがナイというのであれば、ちょいとモッタイナイ気がする。しかし、いきなり飲むには抵抗があるという人にオススメなのが『琉球バブルコーラ』だ。コーラで割っているのでクセがないうえ、アルコール度数も低め。どお……? 飲んでみたくなって来たんじゃない? 

・控え目な泡盛リキュール

「Ryukyu Bubble Cola(琉球バブルコーラ)」は、久米島の久米仙という酒造メーカーが販売する商品だ。泡盛をコーラで割っていて、なんとアルコール度数が5%という控え目さ。ほぼビールと変わらんじゃないか。

希望小売価格は税抜250円とのことだが、記者は近所のコンビニで190円で入手。ちょっぴり値下げされて棚の隅で寂しそうにしていたため、我が家に迎えたという訳だ。なんだろうな、関西人にはまだちょっと早かったのかな。販売され始めたのは、だいぶ前のことなんだけどな。

入れものは瓶。ただでさえ瓶コーラってテンションが上がるものだが、加えて “Ryukyu Bubble” と入っているのだから嬉しさ2倍だ。ハイビスカス柄もあしらわれており、手に取れば気分は一気に沖縄だ。イーヤーサーサー♪ 

・泡盛ビギナー向け

アロハシャツでも着て飲みたいところではあったが、残念ながら我が家にはないので白ティーで我慢だ。香りをかぐと、コーラそのまんま。飲んでみると……コーラそのまんまだ! あまりアルコールを感じないな。グビグビ飲むと危険なやつかもしれないとは思いつつ、あっという間に1本飲み干してしまった。

結果的に、それほど酔った感じはしなかった。もちろん個人差があるが、酒にそこそこ耐性がある人ならば、記者と同じくグビッといっちゃって大丈夫かとは思われる。弱い人は気を付けてくれよな。それはさて置きこの商品、蓋を開けてすぐにそのまま飲むことを意識して作られていたらしい。

早く言ってくれよ、グラスに移して大人しく飲んじゃったじゃないか。次回まためぐり合う機会があれば、ぜひともガッといきたいところである。正直さほど泡盛感はないが、後味スッキリでのど越しさわやか。飲みやすいこと、この上ない。泡盛ビギナーや、ちょっと軽めに飲みたい時にオススメだぞ! 

参照元:久米島の久米仙 Ryukyu Bubble Cola
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。